バ韓国産エノキダケはただの毒物


世界中に糞迷惑なものを輸出しているバ韓国。


爆発するスマホや車、性病まみれの売春婦、そして病原菌まみれの汚物……。



今回発覚したのはアメリカに輸出されているバ韓国産エノキダケ。



当ブログで過去にもお伝えしていますが、またまた食中毒でアメリカ人を殺していました!



バ韓国産エノキダケによりアメリカ人4名が死亡、そして2人の妊婦が流産してしまったようです。




バ韓国産のものを口にしたのですから自業自得と言えるかもしれません。



しかし、きゃつらにとって産地偽装は当たり前のことになっています。


我々ももっと気をつけなければ、いつ毒物を口にするか分かったものではありません。



特に、AEONだのトップバリュだのは危険です。



企業ぐるみで産地偽装して、汚物を店頭に並べる常習犯ですから。





-----------------------
米国で韓国産エノキダケからまた食中毒菌…「火を通して食べれば安全」

 米国に輸出された韓国産のエノキダケからまた食中毒菌が検出された。この2カ月間で3度目の検出で、韓国産エノキダケの米国向け輸出が当分難しくなった。韓国国内ではエノキダケ食中毒菌問題は起きていないが、食中毒を予防するにはキノコを別に保管し煮て食べるのが安全だ。

 農水産食品流通公社は4日、米食品流通会社のH&Cフードが韓国から輸入したエノキダケから食中毒菌が見つかり、該当製品をリコールしたと明らかにした。今回検出されたリステリア菌は頭痛、筋肉痛、発熱などを引き起こすことがある。また、髄膜炎と流産を誘発することもあり、高齢者と妊婦は特に気を付けなければならない。米食品医薬品局(FDA)はH&Cフードに対し輸入警報を発令した。

 米国で韓国産エノキダケからリステリア菌が検出されたのは、3月にソンホンフードなどが輸出した製品に続き3度目だ。当時エノキダケを食べて4人が死亡し2人の妊婦が流産した。昨年の韓国のエノキダケ輸出額は2270万ドルで、このうち米国に輸出される割合は40%に達する。

 米国でエノキダケ食中毒問題が起き続けているが、韓国では大きな問題がないことに対して韓国政府は「食文化の違い」を主な理由に挙げる。韓国はエノキダケに火を通して食べるが、米国ではサラダスタイルでそのまま食べるという違いがあるということだ。韓国では生で食べることはほとんどないためエノキダケに対する食中毒菌実態調査も特に実施していない。マツタケ、コウタケ、イワタケなども同じだ。

 しかしキノコは基本的に毒性がある可能性があり、生で食べない方が良い。カトリック大学家庭医学科のソン・サンウク教授は「キノコではなくても食中毒菌汚染が疑われる食品は注意すべき。食中毒菌は熱に弱いので必ず火を通して食べなければならない」と助言した。

 食中毒を予防するには食材を70度以上で3~10分ほど加熱すれば良い。食中毒菌がほとんどなくなるためだ。肉や魚は72度、鶏肉や鴨肉などは83度まで加熱した後に食べれば大きな問題はない。保管も気を遣わなければならない。火を通して食べる食品と生で食べる食品は分けて保管することが望ましい。特にリステリア菌は0~10度の冷蔵下でも生きるため冷蔵庫に食料を保管する時は専用の密閉容器に入れなければならない。

https://japanese.joins.com/JArticle/265563
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ