韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

カエル

【画像で一言】バ韓国産、カエル入りキムチ

カエル入りバ韓国キムチ


画像で一言お願いします。

*本記事への長文コメントはご遠慮ください。


(追記:2016/06/10 23:46)
以下、当記事のコメントよりいくつか抜粋。



青蛙 緑亀を触ったら必ず手を洗いましょう !
2016-06-11 20:05:36 日本の子供達へ


ウゲッ…。不愉快なもうカエル。
2016-06-11 18:07:27 反韓流


バ韓国では当たり前ニダ
2016-06-11 17:10:08


これが韓国高級宮廷料理「蛙のトンスル風生唾回虫試腹火病キムチのカプサイシン和え」でございます。
2016-06-11 16:41:20


カエルのう○こも入ってます!
2016-06-11 15:55:53 オエー


※他にも色々入ってます
2016-06-11 11:06:31 (´・ω・`)


キムチはうまみが大事にだ。カエル、ゴキ、カタツムリはイイダシが出るにだ。
2016-06-11 10:46:00 再生利用食


気づかないふりして、まぜまぜしてむしゃむしゃごっくん。 
それが朝鮮の大人のおつな流儀。 
2016-06-11 09:09:08 (・(ェ)・)/うん!コクがある


随分変わった具を使ってるんだな(棒
2016-06-11 08:58:28 可ゥんこ喰ゥwww


美味しんぼ『これが究極の料理だ!キムチの乳酸菌で白菜の中でおたまじゃくしがカエルに成長したのだ!
2016-06-11 07:27:54 高麗棒子
 




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








カエルの死体入り!! 中国でバ韓国産粉ミルクの需要が急増中wwww

屑韓国産の粉ミルクは毒物だらけ


バ韓国産粉ミルクからカエルの死体発見




バ韓国で製造された乳児用粉ミルクの中国への輸出が増加しているそうです。


なんとその量は前年比82パーセント増なんだとか!




クックックックっwww


楽しみですね。



屑韓国産の毒入り粉ミルクで果たして何人の乳幼児が死ぬことやら。



その時を楽しみにしようじゃありませんか!




-----------------------
韓国製粉ミルク、中国向け輸出額が過去最高に=「一人っ子」緩和、仕事を持つ女性増で需要伸びる―中国紙

 2014年11月10日、中国紙・環球時報(電子版)によると、韓国で製造された乳幼児用粉ミルクの中国への輸出が増加している。出生率が世界最低水準の韓国では、母乳育児ブームも重なり粉ミルク市場が縮小している。そうした中、新たなチャンスと目されているのが中国市場だ。 

 10日付の韓国・東亜日報は、中国で一人っ子政策が緩和されたことを受け、韓国製粉ミルクが対中輸出品の「ダークホース」に成長していると指摘した。 

 韓国農林畜産食品部によると、今年10月の韓国製粉ミルクの中国への輸出額は747万ドル(約8億5274万円)で、前年比82%増加した。今年1~10月の輸出額は前年同期より25%多い5990万ドル(約68億3790億円)に上っている。 

 韓国製粉ミルクの中国への輸出額は、2009年の470万ドル(約5億3653万円)から、13年の5640万ドル(約64億3836万円)と、5年で12倍も急増している。 

 13億の人口を抱える中国の粉ミルク市場の規模は612億元(約1兆1430億円)と大きい。農林畜産食品部は「中国市場は拡大を続けており、対中輸出額は今後も伸びるだろう」と説明する。 

 韓国・朝鮮日報も、「中国では都市化が進み、仕事を持つ女性が増えたことで、粉ミルクの需要が伸びている」とした上で、韓国の粉ミルクメーカーは健康や食の安全に対する要求と購買意欲がともに高い中国の「80後(1980年代生まれ)」をターゲットにしていると報じた。

http://www.recordchina.co.jp/a97204.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る