バ韓国抜きで行われた日米国防省会議


先日、グアムで行われた日米国防相会議。


本来ならバ韓国も参加していたはずですが、中国の機嫌を損ねないように屑チョンは不参加となっていました。


昨日、バ韓国の国防部長官が醜い言い訳を発表していたのですwww



「会議に行ったら自宅隔離が余儀なくされるニダ」


「自身の退任で整理することも多いことから行かないことにしたニダ」


「自宅隔離となったら、自身の離任式や後任の就任式に参加できなくなるニダ!!」


……という苦しい言い訳です。



馬鹿正直に中国や北朝鮮が怖かったとは言えないようですねwww


もちろん、不参加は文在寅の意志でしょうけど、こうも見え見えだと呆れてしまいます。



-----------------------
韓日米国防相会談から抜けた韓国国防長官の釈明「離任・就任式に出席できないから」

 米国が韓日米国防相会議(8月29日グアム開催)の出席を求めたものの、韓国だけが参加しなかったことをめぐり、軍はもちろん政界でも論議を呼んでいる。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官が「会議に行ってきたら自宅隔離が余儀なくされるため行かなかった」という窮屈な釈明をして論議が拡大している。

 鄭長官は31日、中央日報との電話インタビューで「会議に行ったら自宅隔離が余儀なくされるし、退任で整理することも多いことから行かないことにした」と不参加の背景を説明した。また「行ってきたら長官離任・就任式にも参加することができない」とした。

 鄭長官は「青瓦台(チョンワデ、大統領府)と調整の過程で行かないことにしたのではないか」という質問には「そうではない」と一線を画した。また、「韓米国防相会談は今年(11月開催)SCM(韓米安保協議会)もあるから後任長官が上手くできるだろう」と話した。

 だが、このような釈明は事実と違う。外交官や公務員が海外出張に出る場合、事前に現地公館で隔離面題書を発給して疾病管理本部に提出すれば出国と帰国時PCR検査だけで隔離が免除される。その後、スマートフォンにアプリをダウンロードして自己チェックする、いわゆる「能動監視」の形態で業務を遂行できる。

 実際に、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は9日から2泊3日の日程でドイツ出張を行ってきた後、隔離でない能動監視措置がとられた。

 この日に開かれた国会外交統一委員会でも鄭長官の不参加問題は論議の的になった。未来統合党の太永浩(テ・ヨンホ)議員は康京和長官に「北朝鮮問題を扱う席で当事者である韓国が抜けたというのはつじつまが合うのか」という趣旨で質問した。

 これを受け、康長官は「韓米国防両側が時間調整に困難があったと承知している」と答えた。同時に、「この会議に参加しなくてもさまざまなレベルで毎日疎通している」として「例年SCM会議を通じても北朝鮮問題はもちろん、両国の懸案について十分かつ緊密に協議すると期待している」と話した。鄭長官と似たような趣旨で回答したわけだ。

 だが、今回の韓日米国防相会議への不参加をめぐり、専門家の間では「米国大統領選挙を控えた北東アジアの激変期に国防首長が韓日米が調整する席に自ら抜けたのは納得し難い」という指摘が出ている。

https://japanese.joins.com/JArticle/269731
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ