韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ゲーム業界

被害額は数十兆ウォン以上!? 中国がバ韓国製ゲームを完コピしまくるwwwww

中国がバ韓国製ゲームを丸パクり


現在の支那製ゲーム界は、異常な事態になっているようです。


どれもこれもバ韓国製ゲームを丸パクリしていて、カオスになっているんだとかwww



限韓令で中国市場から締め出され、挙句の果てにこの追い打ち……。



「バ韓国のゲームを完コピして売りまくれ!」


そんな命令を中国政府が出していても不思議じゃありません。



ま、自業自得でしょう。


今現在も他国の技術・文化・歴史をパクりまくっているバ韓国。


泥棒風情が被害を訴えるだなんてちゃんちゃら可笑しい話です。





支那畜どもの行いは許しがたいものですが、バ韓国経済を疲弊させるのに大いに役立っているとも言えます。



ここは渋々ながら支那畜どもを応援するのもアリですねwww



-----------------------
あまりにもそっくり、中国コピーゲームに韓国業界は我慢の限界

 韓国のゲーム開発業者が中国製の「コピーゲーム」に対し、訴訟という強硬手段に出た。韓国のゲーム業界が中国を相手にけんかを仕掛けるのはかなり異例のことだ。中国製のコピーゲームは2000年代初めに韓国のゲーム開発業者が中国市場に進出したころからの慢性病だ。しかし、中国という世界最大のゲーム市場を失いかねないと考え、韓国メーカーは様子をうかがってばかりだった。コピーゲームの存在を知りながら、見てみぬふりをすることが一種の慣行となっていた。訴訟にも消極的だった。モバイルゲームの平均寿命は6カ月から1年にすぎないが、訴訟には2-3年かかる。勝訴したとしても、原作ゲームは既に市場から消えており、得るものはないからだ。

 しかし、現在は強硬な立場に転じた。パクりの程度が臨界点を超えるほど深刻になったからだ。それに中国が最近3年間、韓国のゲームに新規許可(版号)を出していないことも韓国ゲームメーカーの態度変化のきっかけになった。ゲーム業界関係者は「中国は既に『失った市場』になって久しく、これ以上顔色をうかがう必要もない。原作ゲームが世界市場でコピーと競争しなければならない笑えないケースも多く、これ以上傍観することはできなくなった」と話した。

■訴訟に乗り出した韓国ゲーム企業

 ネクソンは近く、中国のゲーム業者「4399コリア」(中国企業4399の韓国法人)を無断盗用で告訴する計画だ。4399コリアの人気モバイルゲーム「奇跡の剣」のユーチューブ広告に登場する鍛冶屋のキャラクターがネクソンの「ダークアベンジャー3」に登場する鍛冶屋と酷似しているからだ。実際に両キャラクターは白髪を束ねたヘアスタイルとゴーグルを着けた姿はそっくり。ネクソン関係者は「ダークアベンジャー3のキャラクターのデザインをそっくり真似た映像とみられる」とし、今月9日に4399コリアに対し、著作権の侵害を中断するよう文書で申し入れたことを明らかにした。ネクソンが中国企業に法的対応を取るのは、2017年に自社の人気ゲーム「アラド戦記」(韓国名・ダンジョン・アンド・ファイター)のコピーゲームを告訴して以来2例目だ。当時ネクソンはコピーゲーム「アラドの憤怒」を展開していた業者を相手取り、サービスの差し止めを求める訴えを起こして勝訴した。

 ウィーメイドは韓国のゲームメーカーで中国との法的闘争に最も積極的だ。人気ゲーム「ミールの伝説」(中国名・熱血伝奇)シリーズを開発したことで知られる同社は、中国の37ゲームズ(37遊戯)、キングネット(カイ英網絡科技)、シャンダ・ゲームズ(盛大遊戯)などの中国企業と訴訟を展開している。中国で「伝奇類」と呼ばれるジャンルのゲームが人気を集め、コピーゲームによる被害も大きい。2016年から訴訟戦に乗り出したウィーメイドは1400種類以上のコピーゲームを摘発し、アップルのApp Storeから削除させた。今月8日には中国の37ゲームズが開発した「伝奇覇業モバイル」を巡る著作権侵害訴訟の一審で勝訴した。このほか、ウィーメイドは多数の中国企業を相手取り、40件以上の訴訟を起こしている。

■被害累計で数十兆ウォン、政府に対応要求

 中国のコピーゲームは中国現地だけでなく、韓国市場をも脅かしている。今年8月に中国のゲームメーカー、レインボーホースが開発したゲーム「レジェンド・オブ・ブルームーン」はウィーメードの「ミールの伝説2」を盗作したという理由で、韓国のゲーム市場から追放された。しかし、レインボーホースは「不当だ」と主張し、韓国のユーザーに「ペイパル」を利用した代替決済手段を案内している。ネクソンのキャラクターを真似た疑いが持たれている4399コリアの「奇跡の剣」も韓国のグーグルプレイでゲーム売上ランキングの5位以内に入る人気作だ。

 韓国ゲーム協会のウィ・ジョンヒョン会長は「過去20年間で中国のコピーゲームによる韓国のゲーム産業の被害規模がどれだけに上るのか誰も分からないことが大問題だ。政府が把握すべきだが、調べようという試みすらない」と指摘した。ウィーメイド関係者は「『ミールの伝説』にコピー問題だけで既に4兆-5兆ウォン(3800億-4700億円)に達する被害を受けたと推定される。韓国全体で見れば、数十兆ウォンの被害を受けたのではないか」と話した。

 業界からは「個別の企業による訴訟戦にはどうしても限界がある。結局は政府レベルでの措置が求められる」との声が出ている。あるゲーム業界関係者は「コピーゲームを発見し、ようやくアプリストアから削除させたころには、似たよなゲームが何個も配信されている。外交部と文化体育観光部が率先し、中国に公式に抗議を行い、コピー行為に対する共同対応指針を示すなど抜本的な対応策を講じるべきだ」と主張した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/27/2019122780079.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















中国のゲーム規制で、バ韓国のゲーム業界が窮地に!!!!!!

中華製ゲームがバ韓国をむしばむ


中国政府が国内のゲーム認可を縮小した影響が現れています。



国内で稼げなくなったゲームメーカーが、バ韓国に対するゲーム輸出に力を入れ始めたというのです。

その結果、バ韓国のゲーム業者は大打撃を受けているとのこと。



いやぁ、いい傾向ですね。

屑チョンどもが苦しむことは、そのまま我々人類の発展につながることになります。


耳障りが不快ですが、もっときゃつらに醜い悲鳴を上げさせたいものです。



-----------------------
中国ゲーム業界、本国の規制強化で韓国進出

 中国のゲーム業界が厳しい規制による損失を取り返すため、韓国への進出を加速する動きを見せている。中国政府は先月末、「青少年の視力が低下する問題を解決せよ」という習近平国家主席の指示に従い、青少年のゲーム利用時間制限、新規にゲーム認可縮小を骨子とする大規模な規制案を明らかにした。年間で8000種類以上のゲームが登場する世界最大のゲーム市場で発売が困難になると、モバイルゲームを中心にトレンドが似ており、内需市場が大きい韓国をターゲットにし始めた格好だ。一部の中国メーカーは開発コストを取り戻すため、ダンピング輸出に乗り出しているという。

 韓国のゲーム業者も週52時間労働の導入でゲーム開発にかかる費用と時間が増えていることから、独自開発よりもコストパフォーマンスが優れた中国製ゲームの輸入に積極的だ。中国のモバイルゲームの韓国への輸出件数は2016年の111件から昨年は136件に増え、今年も20%以上伸びると予想されている。韓国のゲーム業界関係者と専門家は「中国からの輸入ゲームが増えれば、中小・中堅のゲーム業者には大きな打撃になる。中国のゲーム規制による最大の被害者が韓国のゲームになりかねない」と懸念した。

■ダンピング販売される中国製ゲーム

 韓国のゲーム業界によると、業界大手企業は最近、中国の合弁法人の人員を増強し、中国の大手ゲーム業者との輸入交渉を進めている。対象は開発が完了しているものの、中国では認可が得られなかったゲームだ。別の大手ゲーム業者も中国事業本部を拡大し、韓国に輸入するのにふさわしいゲームを物色し、新規ゲームの開発を発注することも検討している。業界関係者は「競争力があるゲームの場合、韓国国内の業者3-4社が輸入競争を繰り広げるケースも生じている」と話した。韓国ゲーム学会のウィ・ジョンヒョン会長(中央大教授)は「契約金も受け取らずに韓国市場にゲームを売ろうとする中国企業もいる」と明かした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092801118.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【赤字爆増www】中国から締め出されたバ韓国製ゲームwwww

中国製やバ韓国製ゲームはウンコ臭満載


中国による限韓令の影響が、ゲーム業界にまで及んでいるようです。


この1年に限って言えば、中国政府はバ韓国の新作ゲームをただの1本も許可していないんだとか。


さらに、バ韓国国内において中国製ゲームは増加傾向にあり、貿易収支が逆転する勢いとのこと。


まぁ、アルとニダで醜い争いを続けてほしいものです。




支那製や朝鮮製のゲームは、この日本にもかなり潜り込んでいます。

巧みに海外製だということを隠蔽しているので、騙されないよう気をつけたいものです。


-----------------------
中国から締め出される韓国製ゲーム

 中国が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備を理由に過去1年間、韓国の新作ゲームの中国市場での営業許可を1件も下していない。これに対し、韓国に進出した中国のゲームは111件に達することが分かった。新たな輸出貢献産業に浮上した韓国のゲーム産業が中国との不公平な競争で被害を受けているという指摘が聞かれる。

 ゲーム業界によると、中国当局は昨年3月から今年3月に韓国を除く外国製ゲームに412件の許可を出したが、韓国製ゲームには1件も許可が下りていない。特に先月末に楊潔チ・共産党政治局員(外交担当、チはたけかんむりに褫のつくり)は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、THAAD配備に伴う経済報復措置を撤回すると約束したが、中国当局は依然として許可を出していない。一方、中国製ゲームは韓国市場で昨年、70%の増収を記録した。中国政府は韓国製ゲームに対する許可権を武器に実力を行使し、韓国は中国のゲーム会社に韓国市場を徐々に明け渡している格好だ。韓国のゲーム業界関係者は「韓国政府は中国に抗議するどころか、業界からの問題の聞き取りすらしていない」と話した。

■中国製ゲームの市場拡大

 アプリ分析会社、IGAワークスによると、韓国のグーグルプレイ経由で昨年配信された中国製モバイルゲームは136本で2016年の114本よりも22本増えた。THAAD報復が始まった昨年3月以降、韓国に進出した中国製モバイルゲームは111件に達した。韓国ゲーム業界は昨年、中国製モバイルゲームが韓国で2000億ウォン以上を売り上げたと推定される。16年に比べ約800億ウォン伸びた格好だ。業界関係者は「中国製ゲームの中には1年間で売り上げが約3倍増えた人気作もある」と語った。

 韓国ゲーム業界は、この傾向が続けば、韓中間でゲームの貿易収支が逆転しかねないという危機感に包まれている。過去10年余り、中国は韓国製ゲームの代表的輸出市場だったが、輸出の道が断たれ、新たなゲーム大国に浮上した中国に韓国市場まで侵食されている。韓国コンテンツ振興院によると、THAAD報復以前の16年、韓国製ゲームの対中輸出額は1兆ウォン台に達したが、大半はネクソンの「アラド戦記」やスマイルゲートの「クロスファイア」など発売から10年近くたつゲームによる売り上げだ。これらゲームの人気が後退すれば、一気に数千億円の減収が発生する可能性が高い。コンテンツ振興院のカン・ギョンソク・ゲーム本部長は「中国市場に投入された新作がないため、韓国製ゲームの対中輸出は当面低迷が避けられない」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/09/2018040900721.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る