韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

コウモリ外交

人類の理想形!! 中国とバ韓国が孤立する世界が目の前に!?

中国の一帯一路にバ韓国は参加するべき


アメリカ政府が、バ韓国に対して「EPN」の参加を促していたようです。



支那畜どもが構築している「一帯一路」に対抗するため、日本を始めとしたアジア経済圏を自分たちの陣営に入れるためでしょう。


日本としては迷うことなく、「EPN」に参加するべきでしょう。

中国に利することは国益に反しているので、これに反対する政治家や団体などは売国奴の連中くらいなものです。



しかし、バ韓国側は参加の有無に関してのらりくらりと返答を先延ばしにしています。


中国の顔色も伺いたいし、米国にも逆らいたくない……。


いつものジレンマです。



ただのどっちつかずの状態なのに、バランサーを気取って上手く立ち回れるポジションを模索しているのかもしれませんねwww




ここは是非とも中国側に頑張っていただきたいものです。


市場からの締め出しを匂わせ、強引にバ韓国を引き込んでほしいものです。



なにしろ、バ韓国がいる陣営のほうが負け組になるのは確定しているのですから。





中国とバ韓国が孤立する世界……。


多くの人類がそれを望んでいることは間違いありません。




-----------------------
米国、韓国に「中国孤立」用経済ブロックへの参加求める

 米国政府が、韓国に対し、米国中心の経済ブロック「経済繁栄ネットワーク(EPN、Economic Prosperity Network)」の構築を提案・論議したと20日(現地時間)明らかにした。

 キース・クラーク米国務省経済次官は同日、アジア太平洋メディアハブの特別電話ブリーフィングで「われわれは米国、韓国などの国々が一体となるためのEPN構想について話し合った」として「EPNは世界で同じ考えを持つ国、企業、市民社会などで構成され、民主的価値によって運営される」と話した。さらに「われわれ(韓米)国民は信頼されるパートナーシップを構築するための共同の価値を共有する」とも述べた。

 これに先立ち米国は昨年5月、わが政府に対し「反・華為(ファーウェイ)キャンペーン」への参加を要請し、昨年11月には韓米間のグローバル経済協力を強調した。今回は新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって米中間の対立が激化する中、中国を孤立させるための経済ブロック結成に参加するよう求めてきたわけだ。

 これについて韓国外交部は「EPNについてはすでに聞いているが、まだ初期の構想段階であり具体的な要請はない状態」と説明した。しかし今後、米国の圧力が本格化すれば、韓国に莫大な外交・経済的負担をもたらすとの見方が出ている。

 これに関連し、外交部は「米国政府がEPNを含めさまざまな構想を検討中であることをわが政府もよく分かっている。鋭意注視している」と説明した。EPNへの参加の有無については「まだそれを論じる段階ではない」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/21/2020052180295.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【新型コロナ】バ韓国政府による入国制限、しかしアメリカと中国の2国は除外とかwwww

大邱コロナでバ韓国塵が死に絶えますように


「バ韓国国民の入国を禁止している国に対し査証免除と無査証入国を暫定停止するニダ!!」


と大風呂敷を広げていたバ韓国政府。



しかし、


アメリカと中国からの入国者はフリーパス状態を続けるようですwwww




まさにコウモリ外交の究極形ですね。


両国の顔色を窺いつつ、どっちつかずのコウモリ状態wwww



今後ますます新型コロナウイルスが猛威を振るうことでしょう。



感情論でしか政治を行えない屑チョンなので、これからも犠牲者を出し続けてくれるはず。


この調子で突き進んでほしいものです。




-----------------------
総選挙1週間前に外国人の入国防ぐという韓国政府…肝心な米中は対象外

 丁世均(チョン・セギュン)首相は8日、「韓国国民の入国を禁止している国に対し査証免除と無査証入国を暫定停止し、不要不急な目的の外国人の入国制限を拡大する」と明らかにした。

 韓国政府は1日からすべての海外からの入国者に対し14日間の義務的な自主隔離措置をしている。ここに査証審査強化により入国する外国人の数を減らすことで、海外からの新型コロナウイルス流入の手綱をさらに引き締めるということだ。


 丁首相は今回の措置の背景と関連し、「最近の新規感染者のうち海外から流入した割合が半分近くを占める。ほとんどが留学生など韓国国民だが、まだ1日5000人以上が入国しており負担になっているのは事実」と説明した。

 法務部によると7日の入国者は合計5073人だ。国籍別では韓国が3811人、米国が206人、中国が190人、欧州が57人、その他が809人だ。

 政府当局者は「全入国者の70~80%は留学生など韓国国民。それでも一部外国人も入国後に陽性が確認される事例があり入国制限を強化するという意味」と説明した。

 だが政府の今回の措置をめぐり、実効性をめぐる議論が出ている。7日の入国統計だけ見ても最近入国した外国人は米国籍と中国籍が最も多いが、これらの国は査証免除と無査証入国停止措置には該当しないためだ。

 米国は先月に新規ビザ発行業務を暫定中断したが、既存のビザの効力は維持しており韓国国籍者の米国入国は禁止していない。中国は当初からノービザ入国ができなかったため今回の措置とは関係がない。済州島(チェジュド)の場合も2月に中国人の無査証入国の効力を停止した。

 これと関連し外交部当局者は「中国は先月から査証審査を厳しくし入国者数が急減した状態」と話した。

 結果的に今回の措置により入国制限を受ける国はオーストラリア、カナダ、フランス、ロシア、タイなど88カ国ほどだ。現在韓国に対し入国禁止措置をしている国は148カ国だが、これらの国のうちビザ免除協定を締結した国は54カ国で、無査証入国可能な国は34カ国だ。法務部と外交部は実務協議を経て近く該当国を発表する計画だ。

https://japanese.joins.com/JArticle/264638
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















米中そして北朝鮮にも媚びへつらうバ韓国、「北の支援事業のため500万ドル出すニダ!!」

金正恩の言いなりとなるバ韓国の文酋長


バ韓国の文政権が、


「北朝鮮の母子保健事業に500万ドル支援するニダ!」


と発表していました。


北のカリアゲ君に相手にされていない文大統領。

なんとしてでもご機嫌を取るべく、必死なんでしょうねwwww




中国やアメリカに媚びへつらうだけではなく、

北朝鮮にも媚びまくっているバ韓国。


いったいナニが楽しくて国を存続させているのか意味不明です。



-----------------------
文在寅政権が対北人道支援5億円 南北対話滞る中

 韓国統一省は6日、世界保健機関(WHO)が北朝鮮で行う母子保健事業に500万ドル(約5億4千万円)を支援すると発表した。北朝鮮は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権との対話を拒み、韓国が6月に国際機関を通じた支援を決めたコメ5万トンの受け取りも拒否したが、同省は「南北関係の状況にかかわらず、母子対象の人道支援は続けていく」としている。

 WHOを通じた支援は2014年以来で、支援金は、産婦人科や小児科で働く医療従事者の教育訓練などに使われる。WHO側が事業再開を望み、「乳幼児や産婦の死亡率低下に寄与すると判断した」という。

 文政権は17年に国際機関による対北人道支援事業への800万ドル拠出を決め、今年、実施した。今回はWHOを介した支援とは別に、政府傘下の国際保健医療財団による児童・障害者支援事業の再開も決めた。

 北朝鮮がミサイル発射を繰り返す中での支援決定は不適切だとの指摘もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000552-san-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















怒り心頭の中国政府! 明日、王毅外相が訪韓してバ韓国に最終警告か!?

バ韓国に引導を渡すことになる王毅外交担当国務委員兼外相


4日から5日にかけて、中国の王毅外相が訪韓するようです。


THAAD配備、GSOMIA破棄の撤回を受け、怒り心頭の中国政府。


果たしてどんなメッセージを出すのか実に楽しみですwwww


中国政府が腰を引くわけがないので、ますますバ韓国の立場が悪化することは確定しています。


こうした中国政府の脅迫に、文政権がどう応じるのか?


溜まりに溜まったコウモリ外交のツケが爆発し、国家崩壊がより現実味を帯びてきました。


追い詰められた文大統領がどんな迷走ぶりを見せてくれるのか?



後の世の歴史書に「この訪韓がターニングポイントだった」と記載されるような展開を望みたいものです。



-----------------------
中国外相、あす「警告状」持参で来韓

 中国の王毅外交担当国務委員兼外相が4日から5日にかけて訪韓し、韓国政府に「米国の中距離ミサイルを配備してはならない」という警告メッセージを伝える方針であることが分かった。慶尚北道星州に一時的に配備されている在韓米軍の「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)」問題にもあらためて言及するとの見方もある。

 外交消息筋は2日、「韓国に駐在する邱国洪中国大使が先日、韓国の議員たちの前で、『米国の武器を韓国に配備するなら、どんな後果(中国語で悪い結果の意)をもたらすか想像できるだろう』と脅迫するような発言したのは、事実上、王毅外相訪韓の予告的な性格が強い。中国の安全保障・通商圧力は王毅外相の訪韓以降、いっそう強まるだろう」と語った。

 王毅外相は今回、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に会い、習近平中国国家主席の訪韓計画を話し合うと共に、米中紛争事案である中距離ミサイル、THAAD、ファーウェイ社問題を取り上げるものと見られる。王毅外相は韓中関係の改善を強調しながらも、韓国が米中間のうち中国側に立ってほしいというメッセージを出すものと予想される。王毅外相に先立って訪韓した劉家義・山東省委員会書記は2日、康京和長官に会い、THAAD問題で行き詰まっている韓中関係を回復させる必要があるとして、中国側にいっそう協力的な姿勢に転じるよう要求したとのことだ。

 こうした中、米国は「これ以上『ただ乗り』はさせない」として韓国政府に防衛費分担金引き上げ圧力を露骨にかけてきている。米国側は3日(現地時間)から二日間、ワシントンで行われる第11回韓米防衛費分担特別協定第4回会議で、従来の5倍に当たる分担金案引き続き要求するもの言われている。米国はまた、同盟国にホルムズ海峡派兵要求を続けており、このため韓国政府も派兵するかどうか苦慮していることが分かった。日本は今月中旬の閣議でホルムズ海峡に海上自衛隊を派遣する案を決定する予定だ。 峨山政策研究院安保統一センターの申範チョル(シン・ボムチョル)センター長は「政府は米中のはざまで様子を見ながらグレーゾーンにばかりいようとせず、原則を定めた上で、周辺国と共同対応してはじめて米中覇権争いの被害を最小限に抑えることができる」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/03/2019120380054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る