韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

サムスン

バ韓国サムスン、中国スマホ市場のシェアがゼロパーセント台に突入!!

バ韓国・サムスン、中国でのスマホシェア1パ―セント未満に!


中国におけるスマホ市場のサムスンのシェアが、とうとう1パーセント未満になったようです。

この事態を受け、サムスンのトップが中国市場での失敗を認めていたのです。



ちなみに、この日本でのサムスン製スマホのシェアは……、

2017年1-3月期で「3.8」パーセント!



こ、これはとても恥ずかしい結果です。


支那畜どものほうがよっぽど正しい判断をしていることになります。


ま、日本でサムスン製スマホを使っているのは真性のキチガイか成りすましどもに決まってるでしょうけど……。


一刻も早く害獣どもを駆逐して、日本でのサムスンのシェアを「ゼロ」にしたいものです。



-----------------------
サムスン、スマホ中国シェア1%満たず、ついに中国市場での失敗認める

 2018年11月24日、米華字メディアの多維新聞は、「韓国サムスン電子のスマートフォンの中国市場におけるシェアは1%にも満たない」とし、「同社はついに中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 記事は、「調査会社ストラテジーアナリティクスの最近の発表によると、サムスンの今年第3四半期の中国でのスマートフォン販売はわずか60万台で、同社のスマートフォン事業トップの高東真(コ・ドンジン)氏が中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 さらに「調査会社カウンターポイントによると、サムスンのスマートフォンの今年第3四半期の世界市場におけるシェアは19%で依然トップの地位にある。だが中国のファーウェイはすでに米アップルを抜き14%のシェアで2位につけている。中国市場では、ファーウェイのシェアは23%と大きくリードしているのに対し、サムスンは6位まで落ち込み、vivoやOPPO、シャオミなどの中国メーカーの後塵を拝した。サムスンは今年第1四半期、中国市場で1%のシェアを有していたが、こうした状況を見ると、現在のシェアは1%に満たないだろう」と報じた。

https://www.recordchina.co.jp/b665355-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】次世代潜水艦にサムスン製のリチウム電池を採用するニダ!!!!!

バ韓国次世代潜水艦にサムスン製のリチウム電池が搭載される


バ韓国防衛事業庁が、

「次世代の潜水艦にサムスン製のリチウム電池を搭載する予定ニダ!」

と発表していました。




いやぁ、コレは見ものですなぁwwwww



いつどこで発火するのか分からないサムスン製電池が、潜水艦に採用されるとは!!


発火のタイミングは海中深くに潜っている時にお願いしたいものです。

そのまま海の藻屑となること間違いナシですからねwwww



やはり屑チョンどものDNAは自殺に向かうように設計されているのでしょうね。



-----------------------
韓国が潜水艦にサムスンのリチウムイオン電池を採用

 2018年11月20日、米国防専門誌「ディフェンス・ニュース」は、韓国防衛事業庁の発表によると、韓国は次世代潜水艦にリチウムイオン電池を搭載する予定だと伝えた。従来の鉛蓄電池と比べ潜水時間を2倍に伸ばせるという。 

 記事は、「韓国防衛事業庁は、現在の通常動力型潜水艦をリチウムイオン電池に変更する方針であることを発表した。30カ月にわたる研究開発を経て、大型のリチウムイオン電池の開発に成功し、すでに技術性能評価に合格しているという」と伝えた。 

 その上で、サムスンは世界最大のスマートフォンメーカーであると紹介。スマートフォンにはリチウムイオン電池が使用されているため、サムスンは世界最大のリチウムイオン電池供給業者でもあるとした。そして「韓国は、次世代潜水艦KSS―3を建造中で、現在のところ3隻が進水したが、別の3隻の潜水艦にはリチウムイオン電池を採用する」と伝えた。 

 韓国防衛事業庁によると、リチウムイオン電池は値段が高いのに不安定であると考えられていたため、これまでは潜水艦に使用していなかったが、長年の研究開発によって満足できるだけの安全性を確保できるようになったという。 

 関係者は、「潜水艦用のリチウムイオン電池は、まず安全性が重要だ。ある程度蓄電量を減らすことでより高い安全基準を確保できた。また、新たな電池は爆発や海水、火災、及び極端な温度などの劣悪な条件でのテストも経験している」と語ったとのこと。 

 しかし記事は、日本の潜水艦はすでにリチウムイオン電池を採用した潜水艦を運用していることを指摘。「そうりゅう型潜水艦は、すでにGSユアサが開発したリチウムイオン電池を使用している」と紹介した。

https://www.recordchina.co.jp/b663982-s0-c10-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【販売禁止命令が出るか!?】バ韓国・サムスンの新型スマホがアメリカで発火!!!!!!!!!

バ韓国製のスマホはただの危険物


バ韓国・サムスンの新型スマホ「ギャラクシーノート9」ですが、

やはり自然発火機能が搭載されていたようですwwwwwww



毎度のように今回も発火事故を起こし、


アメリカで損害賠償と販売禁止を求められているとのこと。




世界各国で爆弾テロを起こしているサムスン。

このサムスンの息の根が止まれば、穢れた朝鮮ヒトモドキDNAの淘汰がより捗りますねwww



-----------------------
サムスンまた…新スマホ「ノート9」自然発火か、米で訴訟

 ニューヨーク・ポストやCBS放送など米国メディアは、今月3日にサムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート9」がハンドバッグの中で発火したとして、このスマートフォンのユーザーがニューヨーク州のクイーンズ郡裁判所に提訴したと16日(現地時間)報じた。

 訴えたのはニューヨークに住むダイアン・ジョンさん。ジョンさんによると、新型スマホを使用中、スマホが異常に熱くなったため、使用をやめてバッグの中にしまったところ、直後に音がしてバッグから煙が出始めたという。

 ジョンさんによると、スマホが発火したのはビルのエレベーターに乗っていたときで、煙の出るスマートフォンのせいで指にやけどを負ったとしている。またスマホは、ジョンさんがエレベーターから出て水に入れるまでずっと燃えていたという。

 ジョンさんはこの火災が原因で仕事関係の顧客に連絡を取ることができなくなった上、バッグの中身が全て損傷したと主張している。

 ジョンさんは、サムスン電子がスマホの欠陥を認識しているべきだったとして、損害賠償とギャラクシーノート9の販売禁止命令を求めていると話した。

 これについてサムスン電子は「ギャラクシーノート9の機種に関連し、類似の事件が発生したという報告は受けておらず、本件については現在も調査中」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/17/2018091703213.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済】スマホ世界市場、ついに中国メーカーの収益がサムスンを越える!!

バ韓国・サムスン製スマホはただの危険物


世界のスマホ市場で、中国メーカーの収益がサムスンを越えたようです!



高級スマホではアップルに惨敗し、低価格スマホでも中国メーカーに市場を奪われているサムスンwwww



中国メーカーの高級機種も増えてくるので、そのしわ寄せが今後もサムスンを襲うことになります。



いやぁ、なんともワクワクさせられますね。


バ韓国経済が崩壊し、大量のヒトモドキの死体を目にするのが楽しみでなりません。



-----------------------
サムスン電子、中国「ビッグ4」に収益で抜かれる

 世界のスマートフォン市場で、中国メーカーの収益がサムスン電子を抜いたことが分かった。4-5年前までコピー商品を生産しているにすぎないと思われていた中国メーカーは、販売台数だけでなく、収益規模でもサムスンを抜き始めた。サムスン電子はプレミアム市場の雄であるアップルと中低価格帯の市場を掌握した中国メーカーの板挟みとなるサンドイッチ現象が深刻化するのではないかという懸念が聞かれる。

 香港の市場調査会社、カウンターポイントが発表した4-6月期のスマートフォン市場分析によると、華為(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)という中国「ビッグ4」は、スマートフォン市場で合計20億ドル(約2240億円)の利益を上げた。これは世界のスマートフォンメーカー約600社が上げた収益全体の20%に相当する。アップルは62%、サムスン電子は17%をそれぞれ占めた。また、アップル、サムスン電子、中国メーカー4社で収益全体の99%を占めた。

 中国メーカーは2年前、収益面でサムスン電子の相手ではなかった。アップル(62.8%)とサムスン電子(28.8%)で全体の91.6%を占め、中国メーカー4社の割合は7.9%にすぎなかった。サムスン電子は当時、「中国メーカーは中国、インドなど開発途上国と一部先進国で低価格機種の販売に集中しており、当面脅威となるライバルではない」との立場だった。しかし、年間で億単位の台数を販売する中国メーカーが相次いで高級機種を発表し、サムスンの主力市場に食い込んでいる。

 電子業界の関係者は「100万ウォン(約10万円)以上の最高級市場でアップルの牙城が揺るがない中、サムスン電子は50万-100万ウォン台のプレミアム市場で中国メーカーに追い上げられている」とした上で、「アップルと中国メーカーによる上下からの圧力の中で、今年の新機種『ギャラクシー9』が予想より不振で、サムスンが突破口を見いだすのは難しい状況だ」と分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/17/2018091700867.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る