韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

サムスン電子

中国の反応が見ものwww バ韓国・サムスン電子とSKハイニックスがファーウェイへのチップ供給を中断!!!!

米中の間で板挟みになるバ韓国。


バ韓国のサムスン電子とSKハイニックスが、中国・ファーウェイとの半導体取引を中止することになったようです。


アメリカが主導する中国制裁案に一枚噛んだ形ですね。


今回の取引中止を受け、中国がどんな反応を見せるのか楽しみですwwww




でも、既に密約が行われていそうです。

トンネル会社でも作って、裏取引することになっているのかも?



ま、屑チョンどものやる事なので、すぐにバレそうですがwwww



バランサー気取りのバ韓国が、いよいよ首を括るところまで追い込まれそうですね。



-----------------------
サムスン・ハイニックスもファーウェイへのチップ供給中断へ…米国の制裁に参加

 サムスン電子とSKハイニックスが15日から中国ファーウェイ(華為技術)との半導体取引を中断する。米国のトランプ政権が先月17日に発表したファーウェイ追加制裁案に基づく措置だ。

 部品業界によると、SKハイニックスは米国のファーウェイ追加制裁案が適用される前日(14日)までファーウェイにDRAM・NAND型フラッシュメモリーなどを供給し、サムスン電子半導体(DS)部門はファーウェイとのすべての新規取引を中断する。

 米商務省は先月、追加制裁案を発表し、「第3国の半導体企業でも米国のソフトウェア(SW)と技術・装備を使用した場合、ファーウェイに納品する前に事前承認を受けなければいけない」と明らかにした。世界で米国の技術・装備を使用しない半導体企業は事実上一つもない。このためサムスンとハイニックスもファーウェイとの取引関係を継続するのが難しくなった。

 台湾の半導体市場調査会社DRAMエクスチェンジは「9月中旬から始まる追加制裁に対応し、ファーウェイが半導体の在庫を増やしている。DRAM現物価格が最近上昇している理由もファーウェイの買い占めが影響している」と分析した。

 今回の措置でSKハイニックスは相当な営業被害を受ける見込みだ。SKハイニックスは今年上半期全体の売上高(15兆8050億ウォン)のうち41.2%(6兆5172億ウォン)が中国で発生した。中国企業が購入したメモリー半導体の多くはファーウェイのスマートフォン・タブレット生産に使用される。

 サムスン電子もアップル、ドイツテレコム、ベライゾン、香港テクトロニクスと共にファーウェイが今年上半期の5大販売先に含まれる。これはサムスン電子の子会社サムスンディスプレイのOLEDパネル販売分まで含めた数値であり、サムスン電子の年間売上高のうちファーウェイの比率は約3%。

https://japanese.joins.com/JArticle/270034
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵630万匹以上が使っていた5Gは偽物だったことが判明wwww

バ韓国の5Gは真っ赤な偽物でしたww


世界で一番最初に5Gを商用化したニダ!!


顔を真っ赤にしながらそう言い張っていたバ韓国ですが、その実態が明らかになっていました。



630万匹以上が5Gに加入していたようですが、実際に使われていた回戦は4G帯に毛が生えた程度のものだったと判明。


本来なら4Gの20倍の通信速度になるはずですが、5Gではなかったため通信速度は3倍ほどだったんだとかwwww



いやぁ、さすがバ韓国ですね。


堂々とスマホに「5G対応」と記載しておきながら、

最初から5Gの28GHz帯に接続できないものを売りつけていたとは。



ま、驚くべきことじゃありませんでしたね。


これがバ韓国の日常なんですからwww



-----------------------
なに?韓国で600万人以上が1年以上使っていたのは「偽の5G」?—中国メディア

 中国のテクノロジー系ニュースサイトの快科技は24日、「なに?韓国で600万人以上が1年以上使っていたのは『偽の5G』?」とする記事を掲載した。

 記事は、「2019年4月、韓国の通信事業者は5G商用を発表し、世界で初めて5Gを商用化した国となった。しかも、時差を利用して米国の事業者より数時間先行し、米国の事業者を憤懣(ふんまん)やるかたなくさせた。だが今では、韓国のメディア自身が、韓国がこの1年使用していたのは『偽の5G』だと伝えている」とした。

 その上で、「韓国紙コリア・ヘラルドが業界関係者の話として伝えたところによると、韓国の商用5Gの通信速度は4G/LTEの3~4倍でしかなく、使用しているのは4Gと3.5ギガヘルツ(GHz)帯であり、本当の意味での5Gではない。真の5Gとは、28GHz帯のことで、その通信速度は4G/LTEの20倍に達する」と説明。「韓国サムスン電子のフラッグシップスマートフォンGalaxy S20は、5G対応と称しているが、韓国で販売されているS20は28GHz帯をサポートしていない」とした。

 記事は、「韓国の通信事業者は、28GHz帯を使用するサービスを今年下半期に商用化する方針だった。だが新型コロナウイルス感染拡大などにより、当初の計画よりも遅れることになりそうだ」と伝えた。韓国政府が公表しているデータによると、韓国の今年4月末時点の5G加入者数は634万となっているという。

https://news.biglobe.ne.jp/international/0626/rec_200626_7522247591.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・李明博元大統領に懲役17年の判決!!!!!!!

死ぬまで刑務所入りのバ韓国・李明博元大統領


ソウルの高裁で、李明博元大統領に懲役17年の判決が言い渡されていました。


現在李明博元大統領は78歳なので、95歳になるまで投獄されるわけですねwwww




バ韓国の大統領は、任期終了後に殺されるか投獄されるかの2択しかありません。


そんな国の大統領と何を約束しても、全く意味がないでしょう。


そもそもヒトモドキどもと対等の立場で付き合う必要なんてありません。


家畜未満の存在でしかないので、一方的に何かを命じるだけで十分なのです。



この辺りを熟知している中国をもっと見習うべきですね。




-----------------------
李明博元大統領に懲役17年 再び拘束=韓国高裁

 横領や収賄などの罪に問われた韓国元大統領、李明博(イ・ミョンバク)被告(78)の控訴審判決公判が19日、ソウル高裁で開かれ、高裁は懲役計17年(求刑同計23年)、罰金130億ウォン(約12億円)などの判決を言い渡した。同被告は健康状態の悪化などを理由に昨年3月に保釈されたが、裁判所が保釈許可を取り消したため再び拘束された。

 2008年から5年間、大統領を務めた李被告は、自動車部品会社「ダース」を実質的に所有して巨額の資金を横領した罪や、ダースの米国での訴訟費用をサムスン電子に肩代わりさせるなどして総額110億ウォンを受け取った収賄罪などに問われ、18年4月に起訴された。

 一審は同年10月、李被告が問われた収賄額のうち、サムスンが肩代わりした米国での訴訟費用の一部である約61億ウォンなど、計約85億ウォンを有罪と認定。また、ダースの資金横領などを有罪と見なし、懲役15年、罰金130億ウォン、追徴金約82億ウォンの判決を言い渡した。

 検察は控訴審が進められていた昨年5月、政府組織の国民権益委員会から李被告の追加の収賄容疑を裏付ける情報と資料の提供を受け、捜査を実施した。その結果、サムスンが訴訟費用の名目で渡した金銭がさらにあることをつかみ、起訴状を変更。李被告が罪に問われる収賄額は約51億ウォン増えた。

 これに基づき、検察は控訴審で、一審の求刑(懲役20年)を上回る懲役計23年などを求刑した。一方の李被告側は起訴内容を否認し、無罪を訴えていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/19/2020021980189.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【新型コロナウイルス】中国工場が操業停止!! 大打撃を受けるバ韓国のスマホメーカーwww

新型コロナウイルスでバ韓国経済が大打撃


一連の武漢肺炎の影響で大打撃を受けているバ韓国の自動車業界。

投資先を中国1本に絞っていたツケが、見事に効いているようですwwww



しかも!


バ韓国のスマホ業界にも壊滅的なダメージを与えているというのですから笑いが止まりませんwww



サムスン電子などはコスト削減を狙って中国に工場を展開しており、

それらが次々に操業停止となっているのです。



いやぁ、武漢肺炎さまさまですなぁ。


支那畜とヒトモドキどもに金を持たせると、ロクなことになりません。



きゃつら低能どもは家畜のように扱われ、安い労働力を提供するのがお似合いなんですから。



-----------------------
自動車に続きスマホ業界にも武漢肺炎ショック

 「現在、当社はとてつもない不確実性に直面しています。新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)でスマートフォン需要からサプライチェーン管理まで全分野に影響が及ぶでしょう」

 世界のスマートフォン用通信チップやアプリケーション・プロセッサ(AP)市場の半分以上を占める米クアルコムは5日(現地時間)の実績発表で、「世界のスマートフォン市場が危機に陥るかもしれない」と明らかにした。武漢肺炎による中国のシャットダウン(閉鎖)の影響は自動車産業に続き、スマートフォン業界にも拡散する兆しを見せている。中国は世界最大のスマートフォン生産国であり、消費国でもある。米アップル、中国ファーウェイ(華為技術)・OPPO(欧珀)・VIVOなど主要スマートフォンメーカーはほとんどの生産工場を中国に置いている。また、中国のODM(製造業者開発方式)会社から納品されるスマートフォンはサムスン電子で10%、LG電子で50%以上だ。これらメーカーもほとんど操作が停止している。中国商務省は6日、「準備ができた企業は早急に操業を再開せよ」と通知したが、広東省や河南省鄭州など主力生産基地がある地方政府は移動制限・自宅隔離などの措置を継続している。業界関係者は「労働者たちが完全に復帰するまで工場稼働は難しい。当分の間、生産に支障が出ることになるだろう」と語った。

■ほとんどのスマートフォンメーカーに衝撃

 サムスン電子は製造コスト削減の観点から、全スマートフォンの10%(3000万台)以上の供給を中国ODMメーカーから受けている。ところが、今回の事態でサムスンの2大ODMメーカーであるウイングテック(聞泰科技)・華勤通訊が工場の稼動を9日まで中止するという状況だ。ウイングテックの工場がある上海市などは、春節(中国の旧正月)期間に武漢・湖北省に行ってき住民に14日間の自宅隔離措置を下した。華勤通訊の工場がある広東省や江西省南昌などでは住民の外出を制限する封鎖措置を実施しているという。 LG電子もウイングテック・華勤通訊などから全スマートフォンの50%を超える1600万台以上の供給を受けている。サムスン電子やLG電子側では「今すぐ物量が不足するわけではないが、状況を注視している」と語った。

(中略)

 今回の事態で、今年のスマートフォン市場全体の見通しも困難になっている。台湾のデジタル・タイムズは7日、「1-3月期の中国のスマートフォン市場規模は前年同期比で半減するだろう。年間基準で最大23%減の3億台程度まで縮小するかもしれない」と報じた。

 スマートフォン業界関係者は「5G(第5世代)移動通信網の拡大でサムスン電子、LG電子、ファーウェイなどが今月から新しい5Gスマートフォンの発表を準備しているが、武漢肺炎問題で打撃は避けられないだろう」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/08/2020020880025.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る