韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

サムスン電子

さすが朝鮮脳www バ韓国で中国製家電が大ブームに!!

中国の家電を買いあさるバ韓国塵www



現在、バ韓国塵どもは自国メーカーの家電よりも、中国製の家電を買うことが多くなっているようです。


その理由は、価格!


どんなに故障しやすくとも、バ韓国メーカーの半額以下で売られているので購入しているとのこと。



その結果、サムスンやLGのシェアがどんどん落ちているようです。


海外でもバ韓国メーカー製品は嫌われ、自国でもソッポを向かれているだなんてwwwww



本当に朝鮮ヒトモドキって後先を考えられない下等生物なんですねぇ。


-----------------------
サムスン・LGの「牙城」韓国家電業界で中国シャオミ製品が大ブーム

 ソウル市に住む30代の会社員Iさんは先月、中国のスマートフォン大手、小米(シャオミ)の空気清浄機「Miエアプロ」を海外通販で購入した。中国製品は信頼度が低いという懸念もあったが、韓国ブランドに比べ価格が5分の1というコストパフォーマンスを信じ、小米製品の購入を決めた。Iさんは「アフターサービスの面で難があるが、故障してもう一つ買うとしてもお得だ。安価でデザインも優れており、周囲では小米製品を買ったという人が多い」と話した。

 サムスン電子、LG電子の牙城だった韓国家電業界に中国・小米が旋風を巻き起こしている。小米は2010年に中国で創業したIT業者だ。創業10年目の小米はサムスンやLGの半額にも満たない価格でデザインや性能が優れた空気清浄機、ロボット掃除機などさまざまな分野に事業を拡大している。4-5年前に小米の補助バッテリーが人気を集めた際は一時的なブームに終わるとの見方が多かったが、最近はサムスン、LGの社員からも「小米のコスパが恐ろしい」との声が漏れる。

■半額以下の価格、韓国製品の80%の性能で勝負

 既に流通業界は「小米ブーム」を実感している。電子商取引(EC)サービスのオークション、Gマーケットを運営するイーベイコリアによると、小米のロボット掃除機、空気清浄機の売り上げが昨年は前年比で53%、14%増加したという。韓国の通販業者ダナワでも販売量、問い合わせ件数を総合した家電カテゴリーごとの人気順位で3位以内に入っている。ポータルサイトに開設された小米ユーザーの掲示板には40万人が登録している。中国の小米本社は韓国国内での売り上げを公表するのは難しいが、スマートフォンは全製品群を投入していないにもかかわらず、既に5大ブランドに入ったとし、「韓国市場には大きな可能性があると考えている」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【カウントダウン!】バ韓国・サムスン電子、営業利益が前期比4割近くもダウン!!!!

バ韓国・サムスnの営業利益が激減!


いよいよサムスンがヤバいことになっているようです。


屋台骨である半導体分野の需要が減少したことにより、

営業利益が4割近くも下がっていたのです!!



世界のあらゆる流れがバ韓国を滅ぼす方向に向いているようですねwwww


2019年もこの流れを継続させ、朝鮮ヒトモドキどもを一刻も早く根絶させたいものです。


-----------------------
「半導体ショック」、サムスン電子の営業益が前期比38.5%減

 韓国最大の企業サムスン電子が、昨年第4四半期(10-12月期)の連結決算(暫定集計)で市場の期待値を大幅に下回る売上高・営業利益を記録し「業績ショック」に見舞われた。自動車・造船など韓国の主力産業が振るわない中、韓国経済を下支えしてきたサムスン電子まで減速し始めたのだ。

 サムスン電子が8日に発表した昨年第4四半期の連結決算は、売上高が59兆ウォン(約5兆9000億円)、本業のもうけを示す営業利益は10兆8000億ウォン(約1兆800億円)だった。過去最高の業績を記録した昨年の第3四半期(7-9月期)に比べ、売上高が9.9%減、営業利益は38.5%減となった。特に営業利益は市場予測値(平均13兆3000億ウォン)を大幅に下回った。サムスン電子の四半期ベースの実績が前年度を下回ったのは、同社のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火事故があった2016年第3四半期以来となる。

 サムスン電子は同日、暫定実績に関する説明資料を発表するという異例の対応を取り「半導体メモリは世界景気の低迷とそれに伴う各企業の投資萎縮により、需要と価格が予想より大幅に下落した。また、スマートフォン事業も成長が鈍化する中、競争激化で販売量が増えなかった」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/08/2019010880164.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の半導体産業が崩壊か!? 中国が半導体の自給率引き上げに向かって始動!!!

バ韓国の半導体が崩壊することに


中国政府が主導する形で、中国の半導体の自給率が急上昇していくことになりそうです。


半導体の輸出による利益で、首の皮一枚残っているバ韓国経済。

つまり、中国の自給率が上がればバ韓国が壊滅的なダメージを受けることは間違いありません。



支那畜どもの半導体なんざ低品質で粗悪なものに違いないでしょうけど、

バ韓国にトドメを刺してくれそうなので期待せざるを得ませんねwwww



害獣どもの数を一気に減らしてくれることになるので、ここは中国を応援したいものです。



-----------------------
中国、半導体開発で「自力更生」目指す、韓国は「経済に過酷な北風」と危機感あらわに

 中国のインターネット企業と家電企業が次々と半導体分野に進出し、自主開発を加速化している。中国政府は「自力更生」方針を打ち出し、海外の技術への依存を減らすことを提唱。半導体産業が経済を支える韓国は「過酷な北風が吹き付けるかもしれない」と危機感をあらわにしている。 

 中国は世界最大の半導体市場だ。中国メディアによると、金額で計算すると世界の4割を占める。しかし、自給率はわずか1割前後とされており、2017年の半導体の輸入額は石油を上回る2600億ドル(約29兆3800億円)に達した。 

 半導体分野でよく使用されるメモリーは、韓国のサムスン電子や米国のマイクロン・テクノロジーなどの大手企業が支配している。大規模集積回路(LSI)の開発も先進国の企業がリードし、OEM(相手先ブランドによる生産)は台湾積体電路制造(TSMC)などの台湾企業が優位に立つ。中国大陸のインターネット企業と家電企業が開発するのは自らが使用する特定用途のみで、半導体産業の一部にすぎない。 

 中国網によると、中国政府は半導体自給率の低下に危機感を覚え、2020年までに自給率を40%に、2025年までに70%に引き上げるという目標を掲げた。クラウドサービスの発展に力を入れる阿里巴巴(アリババ)グループの馬雲会長は、半導体分野への進出を宣言。中国の検索最大手の百度が開発した人工知能(AI)半導体「昆侖」は、クラウド端末が取得した音や画像などのビッグデータに基づいて学習し、音声識別や自動運転に活用される。 

 家電大手の康佳集団(コンカ)も5月に半導体科技事業部を設立した。買収についても検討し、5~10年内の売上高100億元(約1600億円)の実現を目指す。華為技術は10月、AIなどの高性能半導体チップを量産すると発表。同社の輪番CEOの徐直軍氏は、華為のチップの計算能力は米エヌビディア社を上回り世界一になると強調した。 

 こうした中国の動向に韓国・中央日報は「半導体にも暗雲…革新がなければ韓国経済は沈没する」との社説を掲載。「世界最大の半導体需要国である中国が『半導体崛起(くっき・抜きんでる意味)』を前面に出してサムスン電子とSKハイニックスなど半導体会社に対する寡占規制の動きを露骨に表している。ただでさえ経済展望が暗いのに半導体産業まで成長の勢いが落ちれば、来年の韓国経済に過酷な北風が吹き付けるかもしれないとの懸念の声が大きくなっている」と警鐘を鳴らした。 

 さらに「半導体輸出にも異常信号がともっている」と言及。「10月の半導体輸出は117億800万ドル(約1兆3000億円)で、数字上では前年同月より21.5%増えたが、今年(2018年)10月の操業日数が昨年10月より5日も多かった点を考慮すれば、半導体の1日平均輸出額はかえって4.4%減ったことが分かった」と憂色を深めた。

https://www.recordchina.co.jp/b666579-s0-c20-d0059.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・サムスン電子、中国半導体市場での談合がバレて危機的状況に!!!!

中国での談合がバレて危機に陥るバ韓国のサムスン電子


世界最大の半導体消費国の中国。

その中国がバ韓国のサムスン電子やSKハイニックス等に対して談合調査を開始したとのこと。


談合によって価格を吊り上げ、不正な利益を得ていたようです。


この流れだと、課徴金の支払いや販売中止といった目に合うのは間違いなさそうですね。



昨年1年間、中国に輸出されたバ韓国製の半導体は総額463億ドル以上!!

少なくともその何割かが泡と消えそうですwwww



これでまた一歩バ韓国崩壊が速まったことになります。

我々が想定していたよりずっと早く屑チョンどもが死に絶えてくれるかもしれませんね。



-----------------------
韓国メモリー2社の対中輸出、談合「クロ」なら大打撃

 中国の競争当局は、韓国のサムスン電子、SKハイニックスと米マイクロン・テクノロジーなどメモリー半導体3社が価格談合を通じ、主力商品のDRAMの価格を人為的につり上げたとして、調査を進めている。2016年6月時点で1個2.94ドル(約331円)だったDRAM価格(8Gb DDR4基準)が今年上半期には3倍近い8.19ドルまで高騰した。その背景に3社の談合があるとの判断だ。

 中国競争当局は今年5月、サムスン電子、SKハイニックス、マイクロンの中国法人を捜索し、約半年間の調査を行った結果、「価格談合調査で重大な進展があった」と公表した。

 中国競争当局による談合調査が注目を浴びるのは、中国が世界最大の半導体消費国だからだ。中国は昨年、世界のDRAM市場の40%、NAND型フラッシュメモリー市場の30%を占めた。しかし、国内にはまともなメモリー半導体メーカーがなく、消費量の大半を輸出に依存している。昨年の中国によるメモリー半導体輸入額は886億1700万ドルで、前年を38.8%上回った。うち韓国製が52%の463億4800万ドルを占める。

 中国半導体市場における韓国企業のシェアは圧倒的だ。英市場調査会社IHSマークイットによると、今年4-6月期に中国DRAM市場でサムスン電子とSKハイニックスのシェアはそれぞれ36%、28%で1、3位だった。主にデータ保存に使われるNAND型フラッシュメモリー市場でも合計シェアは47.4%に達した。中国当局が価格談合だと結論づけ、課徴金の支払いや特定メモリー製品の販売中止を命じた場合、両社には深刻な打撃となる。

 その上、中国は「半導体の崛起(くっき)」を宣言し、2025年までに1900億ドル以上を投資し、半導体の自給率を70%以上に引き上げると宣言している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/22/2018112280034.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る