韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ザパニーズ

バ韓国のマスク販売企業、従業員20匹以上がゲイコロナ集団感染wwwwwww

バ韓国のマスクは糞尿臭がこびりついている


バ韓国のソウルにあるマスク輸出・販売企業で、ゲイコロナの集団感染が発生していました。


もう一度言います。


バ韓国のソウルにあるマスク輸出・販売企業で、

ゲイコロナの集団感染が発生していたのですwwww



従業員どもはマスクも着けずに狭い部屋で食事するなど、感染防止の意識がなかったようです。



こんなキチガイどもが作るマスクってwwww


そもそもパッケージにハングルが書かれているマスクを使うのは、屑チョンと同レベルのキチガイくらいなものでしょう。



あ!


あの馬鹿どものことですから、パッケージに富士山や大銀杏を結った力士の写真を使っていそうですね。


日本企業に偽装することで外貨を稼いでいる連中なので、充分あり得る話です。



-----------------------
韓国、マスク販売企業でコロナ集団感染、輸出許可出たばかり

 中国メディアの新華網は17日、「韓国ソウルのマスク販売企業で新型コロナウイルスの集団感染が確認された」と報じた。

 報道によると、集団感染が確認されたのはソウル市江南(カンナム)区のマスク輸出・販売企業。同社では9日に従業員1人の感染が確認された後、16日までに21人の感染が確認されている。原因は従業員が正しくマスクを装着していなかったこと、換気の悪い部屋で食事を共にしていたこととみられるという。

 新華網は関連情報として、「韓国国内の医療用外科マスクおよび飛沫防止用マスクの供給が十分であることから、韓国食品医薬品安全処は今月15日から国外への輸出を許可していた」と報じている。

https://www.recordchina.co.jp/b836599-s0-c30-d0052.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国製の走る棺桶www】アメリカの現代・起亜車60万台がリコールされることに!!

世界中で爆発しているバ韓国車


アメリカで販売されている現代・起亜自動車約60万台が、リコールされることになったようです。


その原因はエンジン火災wwww


油圧コントロールに欠陥が発見され、エンジンにいつ着火してもおかしくない状況だったようです。


相変らずアメリカでのリコールは迅速ですね。



これがバ韓国国内だったら、数千匹の屑チョンがエンジン火災で死んでもリコールには応じなかったんでしょうね。




車の心臓部分であるエンジンすら、まともに作れないとはwwww


さすが、走る棺桶とまで呼ばれるだけのことはありますね。


-----------------------
現代・起亜自動車、米国で59万1000台のリコール。エンジン火災の危険性

 現代・起亜車は3日(現地時間)、エンジン火災を起こす可能性のあるブレーキ液の漏れを直すため、米国で59万1000台以上の車両をリコールすると明らかにした。

 リコール対象は2013 - 2015年の起亜オプティマ中型セダンと2014 - 2015年の起亜ソレントSUV44万台、2013 - 2015年の現代サンタフェSUV15万1000台だ。

 現代・起亜車は、「ABS油圧コントロールユニット内部でブレーキ液が漏れ、火災を起こしかねない電気段落が発生する可能性がある」と話した。

 起亜車のリコールは10月15日から、現代・起亜車のリコールは10月23日から始まる。現代・起亜自の代理店は管理部位の漏水の有無を点検した後、必要な場合は持ち主に費用なしで交換する。

 米安全規制当局によると、現代車からブレーキ液漏れによるエンジン火災15件、起亜車から8件の報告があった。

https://news.v.daum.net/v/20200904003510447
-----------------------



それにしても、アメリカで現代・起亜自動車が未だに売れていることが不思議でなりません。


日本車のフリをする戦略が今も続いているのかも?



海外で荒稼ぎしているメスチョンの売春婦と同じように、

現地法人の社員どもは全匹日本風の名前を騙っていてもおかしくありませんね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国「ウリの農水産物を海外にアピールするニダ!! 名前は"スシ"と"納豆"にするニダぁぁぁぁ!」

バ韓国の日本成りすましはキチガイの産物


バ韓国の全羅南道庁が、amazon内に「全羅南道ブランド館」という名のショップをオープンしていました。


しかし!


そこで販売されていたのは、


「SUSHI NORI」


「NATTO(納豆)」


という名の食品wwwww



和食ブランドにタダ乗りする気満々ですね。




日本製品不買運動を行いながら、こんな不様な真似をするとはwwww


さすが、恥という概念の存在しない国ですねぇ。




-----------------------
韓国が米アマゾンで売り出した特産物が「すしのり」「納豆」?=ネットで批判続出

 2020年7月14日、韓国・JTBCによると、韓国・全羅南道が米国市場に売り出した特産物に「日本風の商品名」が付いていることが物議を醸している。

 全羅南道庁はこのほど、インターネット通販世界大手の米アマゾンに「全羅南道ブランド館」をオープンした。韓国の地方自治体としては初めての試みで、道内の農水産輸出企業の海外輸出を支援する目的だという。

 しかし商品の説明を見ると、のりは「SUSHI NORI(すしのり)」、清麹醤(チョングクチャン、大豆発酵食品)は「NATTO(納豆)」となっている。のりはパッケージにも「SUSHI NORI」と書かれているという。これを発見した韓国のあるネットユーザーは「キム(韓国語で『のり』)やキンパ(韓国語で『のり巻き』)という名称は外国人にも知られている。『SUSHI NORI』と言わないと伝わらないという考えは誤りだ」「公的機関が主管なのだから、商品名の決定には慎重になるべき」と指摘し、道庁に商品名の変更を求めたという。

 これに対し、道庁は「国民感情と世界最大ののり主産地というプライドを無視したパッケージデザインだった」とミスを認めたが、「アマゾン内のブランド館は、現地の専門業者が運営を代行している」と説明している。データ分析の結果、「SUSHI NORI」で検索する顧客が多かったため、運営業者が輸出企業に当該表記を提案したものだとしているが、道庁はこれを知りながら商品名を変更しなかったという。

 問題が大きくなったことを受け、道庁はこののり製品をブランド館から除外した。「初めてのことなので、至らない部分があった。これを機に、『SUSHI NORI』ではなく『Gim(キム)』として積極的に宣伝したい」と話しているという。

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「非難されるのも無理はない。国内では日本製品不買運動中だというのに、海外でこんなことを」「公務員はろくなことを考えない」「パッケージに『SUSHI NORI』は、一線を越えているよね」「キムならキムでいいじゃないか。プルコギはプルコギで通用している。そのままの名前が有名になり普遍化したら、それがブランドになる」など、やはり批判的な声が多く寄せられている。

 一方で「パッケージを『SUSHI NORI』にするのはやり過ぎだが、『キム』『清麹醤』で検索する人がいると思う?正直、納豆のほうが有名だ」「清麹醤と書いても誰も見つけてくれないという現実を知って、改善していくことが必要だよ」「こんな調子だから、韓服(ハンボク)も着物と言われるんだ」など、「現実を直視すべきだ」というコメントも多く見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b820975-s0-c30-d0144.html
-----------------------

海外で外貨を稼ぐ屑チョン売春婦と同じ手法ですね。

日本名を名乗っておけば、客を獲得できると分かっているんでしょう。




そして、何か問題を起こすと「アイムザパニーズ」と叫んでトンズラ……。

こんな糞迷惑な連中は一刻も早く根絶やしにするべきでしょう。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・現代自動車】旭日旗を使って日本の企業に成りすますwwww

バ韓国・現代自動車の宣伝ポスター


ご覧の画像は、バ韓国の現代自動車の広告です。



海外で車を売るため、旭日旗を使用して日本製に偽装しているわけです。



まさにキチガイの所業です。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る