韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

シェア

【バ韓国経済】スマホ世界市場、ついに中国メーカーの収益がサムスンを越える!!

バ韓国・サムスン製スマホはただの危険物


世界のスマホ市場で、中国メーカーの収益がサムスンを越えたようです!



高級スマホではアップルに惨敗し、低価格スマホでも中国メーカーに市場を奪われているサムスンwwww



中国メーカーの高級機種も増えてくるので、そのしわ寄せが今後もサムスンを襲うことになります。



いやぁ、なんともワクワクさせられますね。


バ韓国経済が崩壊し、大量のヒトモドキの死体を目にするのが楽しみでなりません。



-----------------------
サムスン電子、中国「ビッグ4」に収益で抜かれる

 世界のスマートフォン市場で、中国メーカーの収益がサムスン電子を抜いたことが分かった。4-5年前までコピー商品を生産しているにすぎないと思われていた中国メーカーは、販売台数だけでなく、収益規模でもサムスンを抜き始めた。サムスン電子はプレミアム市場の雄であるアップルと中低価格帯の市場を掌握した中国メーカーの板挟みとなるサンドイッチ現象が深刻化するのではないかという懸念が聞かれる。

 香港の市場調査会社、カウンターポイントが発表した4-6月期のスマートフォン市場分析によると、華為(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)という中国「ビッグ4」は、スマートフォン市場で合計20億ドル(約2240億円)の利益を上げた。これは世界のスマートフォンメーカー約600社が上げた収益全体の20%に相当する。アップルは62%、サムスン電子は17%をそれぞれ占めた。また、アップル、サムスン電子、中国メーカー4社で収益全体の99%を占めた。

 中国メーカーは2年前、収益面でサムスン電子の相手ではなかった。アップル(62.8%)とサムスン電子(28.8%)で全体の91.6%を占め、中国メーカー4社の割合は7.9%にすぎなかった。サムスン電子は当時、「中国メーカーは中国、インドなど開発途上国と一部先進国で低価格機種の販売に集中しており、当面脅威となるライバルではない」との立場だった。しかし、年間で億単位の台数を販売する中国メーカーが相次いで高級機種を発表し、サムスンの主力市場に食い込んでいる。

 電子業界の関係者は「100万ウォン(約10万円)以上の最高級市場でアップルの牙城が揺るがない中、サムスン電子は50万-100万ウォン台のプレミアム市場で中国メーカーに追い上げられている」とした上で、「アップルと中国メーカーによる上下からの圧力の中で、今年の新機種『ギャラクシー9』が予想より不振で、サムスンが突破口を見いだすのは難しい状況だ」と分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/17/2018091700867.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【崩壊まっしぐらwww】バ韓国・サムスン電子、中国のスマホ工場を閉鎖する見込みwwww

バ韓国サムスンが中国のスマホ工場を閉鎖か


年間3600万台のスマホを生産していたサムスンの中国工場が操業停止となるようです。

ま、当然でしょうね。


粗悪品をどれだけたくさん生産しても、キチガイ以外は誰も買わないんですからwwwwwww


中国市場において、わずか5年前までは20パーセントのシェアを占めていたサムスンのスマホ。

しかし、現在は1パーセント未満というのですから、本当に笑えますねwwwwww



現在、サムスン電子はベトナムなどの東南アジアでの生産にシフトしているようですが、

数年もしない内に同じような閉鎖のニュースが流れるに違いありません。



バ韓国塵の皆さん。

さっさと生きる事を諦めてみてはいかがですか?



-----------------------
サムスン、中国天津の携帯電話工場の操業停止を検討、年間3600万台生産―海外メディア

 2018年8月13日、中国メディアの網易科技は、韓国サムスン電子が、販売低迷や労働コストの上昇を理由に、中国天津の携帯電話工場の操業停止を検討していることを伝えた。 

 網易科技は「海外メディアのロイター通信が13日、韓国紙エレクトロニック・タイムズの報道を引用して伝えた」とし、サムスン電子が天津にある天津三星通信技術での携帯電話生産を今年停止することを検討しており、撤退する可能性もあると報じた。 

 サムスン電子は13日、ロイターに対し、「天津事業の今後については何も決まっていない」とした上で、「スマートフォン市場全体が成長鈍化によって難局に直面している。サムスン電子の天津通信事業は競争力と効率性を高める活動に注力することを目指す」とコメントしたという。 

 ロイターは「サムスン電子は約5年前まで中国の携帯電話機市場で20%のシェアを持っていた。だが、価格競争力に優れる華為技術(ファーウェイ)や小米(シャオミ)などの中国ブランドに押されて今年は1%未満に落ち込んでいる」「サムスン電子のスマートフォン売上高は、ライバルが低価格で高性能な機種を続々と投入していることから、第2四半期決算は、利益の伸びが1年超ぶりの低水準となった」「サムスン電子は中国で、天津のほかに恵州でも携帯電話を生産しているが、近年はベトナムやインドの携帯電話工場への投資を強化している。同社は先月、インド・ニューデリー近郊に世界最大のスマートフォン工場を開設すると発表した」などと伝えている。 

 エレクトロニック・タイムズによると、天津工場の生産量は年間3600万台、恵州は7200万台、ベトナムの2カ所の工場は計2億4000万台という。

https://www.recordchina.co.jp/b634016-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【当然の結果www】バ韓国・サムスン製スマホ、中国市場のシェア0パーセント台に突入!!!!!!!!!

バ韓国製のスマホは自爆装置つき


な、なんと! 中国市場でのサムスンのスマホのシェアがゼロパーセント台に突入したようです!!


支那畜どもも相当な低能ですが、こんなに早くバ韓国製スマホに見切りをつけるとは驚きです。


その他の国でも相次いでシェアを落としているので、

バ韓国崩壊が今後ますます加速していくことでしょう。


ちなみに、この日本でのサムスン製スマホのシェア率って完全なゼロですよね?


使っているのは糞尿臭い在日や帰化チョンくらいなものでしょうしwwww



もし使っているような馬鹿がいたら、国籍をはく奪して朝鮮半島に廃棄したいものです。


-----------------------
サムスンもびっくり!?中国市場でスマホシェア0%台に、慌てて対応へ=韓国ネットから懸念の声

 2018年4月9日、韓国・中央日報によると、中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアが0%台に下がったという調査結果が発表された。 

 米国の市場調査会社「ストラテジーアナリティクス」は8日、「昨年第4四半期(10〜12月)の中国スマートフォン市場におけるサムスンのシェアは0.8%を記録した」と明らかにした。これについて、記事は「プレミアム製品でシェアを回復した米アップルと、中低価格製品で成果を上げた中国企業の間に挟まれ苦しんだ結果」と伝えている。 

 また、サムスンはインドでも四半期別のシェアで6年ぶりに1位の座を奪われたという。中国のシャオミが昨年第4四半期のインドのスマートフォン市場で26.2%のシェアを記録し、23.9%のサムスンを抑えて初めて1位の座を獲得した。 

 記事は「世界市場でみれば昨年もシェア1位はサムスンだった」としつつも、「2つの市場での不振はサムスンの事業危機につながるという点で重要な問題」と指摘している。中国は年間4億5000万台以上のスマートフォンが売れる世界最大の市場、インドは最も成長が早い市場として、昨年に米国を抜いて世界2位の市場に浮上したという。 

 一方、これに危機を感じたサムスンは対応を急いでいるという。昨年末にはギャラクシーSなどに搭載された人工知能(AI)アシスタントサービス「ビクスビー」の中国語バージョンをリリース。中国法人の責任者を交替し、営業を強化するため販売組織も新たに整備したという。さらに先月には中国・広州の海心沙でS9シリーズの発表会を実施。中国企業とメディア関係者ら約2500人が参加する中、サムスン電子は「中国の主要IT企業と提携し、中国の消費者に合わせてAIやモノのインターネット(IoT)などの革新技術を適用したい」と述べたという。 

 さらにインドでも市場の傾向に合わせた製品「ギャラクシーオン7」を発売した。サムスン関係者は「先月発売されたギャラクシーS9の中国・インド市場での反応は悪くない。シェアは回復するだろう」と述べている。 

 業界では「サムスンのスマートフォン事業の運命はフォルダブル(折りたたみ式)モデルが握っている」との見方も出ている。 

 これについて、韓国のネットユーザーの間では「サムスンの時代は完全に終わった」「なんとなくこうなると思っていた」「サムスンが崩壊したら韓国経済は終わり」「スマホを折りたたむメリットは?」など後ろ向きムードが漂っている。また、「スマホの価格が下がるだろう。韓国を除く国で」「国民から信頼されず愛されていない企業は長くは続かない」「韓国だけで高く売り、韓国人をカモにしているからだ」「李在鎔(イ・ジェヨン副会長、朴前大統領への贈賄罪などに問われ、今年2月に執行猶予付きの判決を受け釈放された)が釈放されたのにスマホが売れない?罪を犯した上に経営も駄目なら、韓国の積弊清算の対象だ」とサムスンへの厳しい指摘の声も。 

 そのほか、「中国の成長が怖い」「中国のスマホはサムスンの半分の値段なのに性能はほぼ同じ」「サムスンのスマホが好きな人は中国のスマホを使ったことがない人」など中国製品と比較する声も多く見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b590653-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【中国市場】バ韓国製スマホのシェアが20パーセントから1.6パーセントに急落wwww

世界中で爆発しているサムスンのスマホ


中国市場でのサムスン製スマホは、一時期20パーセントを越していたそうです。

しかし!

現在は、1.6パーセントにまで急落しているとのこと。


いやぁ、驚きですね。

まだ1.6パーセントもあったとはwwwwwww


いつ爆発するか分からないスマホを持ち歩く人の気持ちがまったく理解できません。

あ!

持ち歩いているのは人ではなく、ヒトモドキどもでしょうけどwwwwww


-----------------------
サムスン製スマホの中国シェア、ピーク時は20%超も今では1.6%―中国メディア

 2017年10月2日、中国メディアの今日頭条に、「中国で惨敗のサムスン、スマートフォン市場で1.6%のシェア残すのみ」とする記事が掲載された。 

 記事は、中国の調査会社Sigmaintell(群智諮詢)の調査結果を引用し、中国のスマホ市場で2013年に20%を超えていた韓国・サムスン電子のシェアが、今年4〜6月期には1.6%まで落ち込んだと伝えている。 

 記事によると、サムスンの中国シェアはファーウェイ(華為技術)など中国メーカーに「山分け」されており、北京の携帯電話ショップの店員は「中国ブランドのスマホは性能面でいまやサムスンと同じくらい優れている。サムスン製品を買い続ける人は少なくなり、ファーウェイ製品に乗り換える人も多い」と話しているという。 

 記事は、サムスン製スマホのシェアが落ち込んだ原因として、1年前の「ギャラクシーノート7」の発火事故と在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題を挙げている。 

 記事はまた、サムスンは薄型テレビの中国市場でも振るわないとし、英調査会社IHS Markiの調査で、サムスンは2016年の世界のテレビ市場で首位となる20%のシェアを獲得したが、中国でのシェアは3%で9位にとどまっていると伝えている。

http://www.recordchina.co.jp/b192315-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る