韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

スタバ

バ韓国・ソウル市、古い街並みでのスタバ出店を禁止に!!

屑チョンにはコーヒーよりウンコ水のほうがお似合い


バ韓国のソウル市が、

市内の伝統家屋が残る地域でのフランチャイズチェーンのカフェ・飲食店の新規営業を制限するそうです。


これは、 急激な商業化によって古い街並みが損なわれることを危惧したがためなんだとか。


屑チョンの分際で古い街並みもなにもあったもんじゃないでしょうに。


ま、屑バ韓国塵ほどコーヒーの似合わない生物もいないので、いいんじゃないッスかね。

きゃつらがコーヒーを飲んでいる姿を見るにつけ、人間に擬態するために必死なんだなぁとしか思えませんから。


そもそもあの連中にはウンコ酒とウンコ水があるんですから、コーヒーなんて不要でしょうしねwwww


-----------------------
ソウル市、伝統家屋の町から「スタバ」など締め出しへ=韓国ネット「実にいい政策」「史跡の隣に飲み屋やモーテルがある国は世界で韓国だけ」

 2016年5月26日、韓国・イーデイリーによると、韓国ソウル市の伝統家屋が残る地域で、スターバックスコーヒーなどフランチャイズチェーンのカフェ・飲食店の新規営業が制限される。 

 ソウル市は同日、古宮・景福宮の西側に位置する西村地域において、飲食チェーンの新規入店を禁止するなどの都市計画案を可決したと明らかにした。計画案によると、西村の大通り沿いを除く全域でフランチャイズチェーンの飲食・製菓店の入店ができなくなるほか、住宅密集地域では一般の飲食店の入店も制限される。また韓国の伝統家屋である「韓屋」の保存区域では、韓屋と接する韓屋以外の建物では2階まで、それ以外の場合4階までの新築建物の階数制限も設けられる。 

 朝鮮時代の王宮のすぐ隣に位置する西村は大統領府からも近く、古くからソウルの文化・芸術の拠点と位置付けられてきた。近年になって観光地として注目を浴びるようになったが、同時に商業化が急速に進み、古い歴史を持つ町の良さが失われているとの懸念の声が上がっていた。 

 今回の市の計画案について、韓国のネットユーザーからはおおむね肯定的に受け止めるコメントが寄せられている。 


「よくやった。きれいな場所だと有名になり、有名になると商業化が進み、賃貸料が上がって住民が追い出され、チェーンの店が雨後のたけのこのようにできる。そうやってすべての地域が大企業の産業団地に変わってしまうのは残念だよ」 

古宮の横にある食堂やカラオケ店はなくすべき。恥ずかしい。史跡のすぐ隣に飲み屋やモーテルがある国なんて、世界で韓国だけ」 


実にいい政策だ。伝統は守り抜かなくては」 

「コスメショップも入れないで」 

「ソウルでやってくれれば地方もこれに倣う所が多いはず」 

「仁寺洞(ソウル中心部、骨董店や伝統茶店が多い地域)もどうにかならないの?」 


「個人的な意見だけど、全州(全羅北道の古都)韓屋村にはガッカリした。串焼きのにおいに煙、それを買うための長い行列。自分がいったい何をしに来たのか分からなくなったよ」 

「三清洞(景福宮の東側の地域)も昔の雰囲気がなくなって行かなくなった」 

何をいまさら?北村(ソウル中心部、韓屋が多く残る地域)だけでスタバが3店もできてるのに

http://www.recordchina.co.jp/a139750.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








地上の地獄wwww 食品価格が世界トップクラスのバ韓国wwww

屑チョンにはウンコ水がお似合い


スタバのコーヒー、外国産ワイン、肉類など、バ韓国での価格は世界トップクラスなんだとか。

輸入品の流通構造が複雑なので、消費者価格が高くなるためとみられています。


ロクな就職口もないのに物価だけが上がり続けていくバ韓国。

誰もが働かずに一生遊んで暮らせる遺族様になりたがるバ韓国。


さっさと死ぬか、昔のようにキムチと糞尿だけを食べ続けていればいいものを。


もっともっと屑バ韓国塵の生き辛い社会を作り、世界平和を実現したいものです。


-----------------------
韓国のスタバコーヒーや肉価格 世界でトップ

 韓国では、米コーヒーチェーン大手スターバックスのコーヒー、チリ産ワイン、牛肉などの販売価格が海外の都市に比べ高いことが分かった。

 韓国の市民団体「消費者市民の集まり」は12日、昨年6月と10月の2回にわたり世界の主要都市の農畜産物と加工食品25品目、42製品の価格を調査した結果を発表した。調査対象となったのは、韓国(ソウル)をはじめ、米国(ニューヨーク)、中国(北京)、日本(東京)、ドイツ(ベルリン)、フランス(パリ)、英国(ロンドン)、イタリア(ミラノ)、カナダ(トロント)、オーストラリア(シドニー)、スペイン(マドリード)、オランダ(アムステルダム)、台湾(台北)の13カ国・地域。

 調査結果よると、韓国は42製品のうち35製品の価格が高く、上位5位以内に入った。

 スターバックスのカフェアメリカーノのトールサイズ(355ミリリットル)は韓国が4100ウォン(約450円)で最も高かった。価格は2007年以降、7年間で24%(800ウォン)上昇した。最も安かったのはニューヨークで2477ウォンだった。

 チリ産ワイン(モンテス・アルファ・カベルネ・ソービニヨン)も韓国が最も高かった。輸入量の増加などで百貨店での販売価格が2010年の4万7000ウォンから昨年は4万3000ウォンに落ちたが、ほかの国に比べ高い。

 肉類は韓国産、輸入品のいずれも韓国が高かった。韓国産の牛ロースとサムギョプサル(豚の三枚肉)は韓国が最も高く、輸入牛ロースは3番目に高かった。

 輸入果物の価格は、マスカットが1位、パイナップル、グレープフルーツ、レモンが2位、オレンジ、マンゴー、バナナが3位、サクランボ、キウイが4位と、いずれも韓国が上位5位内に入った。

 特に、昨年の米国産サクランボの輸入価格は、12年の韓米自由貿易協定(FTA)発効後19.0%下落したが、消費者価格は42.4%上昇した。輸入果物を含む輸入農産物は流通構造が複雑なため消費者価格が高くなるためだ。

 同団体は、FTA締結などで輸入品の消費者価格が下がると期待されていたが、消費者には関税引き下げの効果がないと指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/12/2015011202995.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る