韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ストレス

バ韓国で流行の「模擬監獄」、その理由は……

生ごみを主食にしているバ韓国塵


バ韓国では、「模擬監獄」というものが流行っているようです。

多忙な生活に疲れた屑チョンどもが、1匹になる時間を求めて利用しているんだとか。



呆れるほどお目出度い連中ですなぁwwww


朝鮮半島そのものが監獄みたいなものだと気付いていないのでしょうか?



あ! 監獄という表現はちょっと言いすぎでしたね。


朝鮮半島なんてものは、生ごみの集積場にしか過ぎないのですからwwww




-----------------------
韓国で人気の「模擬監獄」、忙しすぎる現代人の駆け込み寺に

 2018年12月3日、新京報によると、韓国では仕事などで多忙な日常から逃れて心身を休める「模擬監獄」が人気を集めている。携帯電話や財布などを預けて身一つになり、24時間一人になって過ごす「独房」が、忙しすぎる現代人の駆け込み寺になっているという。 

 「模擬監獄」があるのは、韓国北東部の洪川郡。敷地内には28の「独房」があり、ドアは鉄でできており、鎖で閉められ、中から開けることはできない。1時間90ドル(約1万円)を払えば誰でも「収監」されることが可能。「模擬監獄」は24時間から1週間ほど滞在が可能で、過去5年で2000人以上が利用したという。 

 「独房」の中はシンプル。机とポット、茶器、日記と洗面器がある。窓はあるが、ベッドはなく、「受刑者」は暖房が入った床にマットを敷いて眠る。携帯電話は入る時に係員に預け、ブルーの「囚人服」を着る。目覚まし時計も鏡もなく、あるのは自分だけだ。食事はおかゆ、蒸したサツマイモ、バナナ飲料など簡素なもので、定時になると入口の前に置かれる。

 記事によると、独房に入っている28歳の女性は、ベンチャー企業で経理を担当している。「独房」に24時間に入ることで「自由」を感じたという。「私は忙しすぎるんです。仕事が山ほどあって、本当はここにいる場合じゃない。でも一時中断してくることに決めました」と話しているという。

https://www.recordchina.co.jp/b667553-s0-c30-d0045.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【神の見えざる手】自殺を図るバ韓国の小中高生が急増中! 6年間で12倍にも!!!!!!

自殺を図る児童が急増中のバ韓国


当ブログの管理人である私は、


人種差別とバ韓国塵が死ぬほど嫌いです。




そんな私でも、好きなバ韓国塵がいます。


【子供を作る前、若くして自殺した屑チョン】

【2匹以上の屑チョンを道連れにして自殺した屑チョン】


……この2種類だけは、一定の評価を与えても構わないと思っています。



最近、バ韓国では自殺を試みる小中高生が急増しているとのこと。


その数は、6年間で12倍にもなっているんだとか!!


しかし、残念ながらその成功率はあまり高くないようです。


昨年でいえば、451匹の児童が自殺を図っていたようですが、見事死んでくれたのはたったの114匹!!



うーん、いくら低能生物とはいえ、失敗率が高すぎますね。


もっと確実に自殺できる方法が、児童の間に広まってくれることを祈るばかりです。




バ韓国の全国民が、私が好きな2種類の屑チョンのどちらかになってくれれば、

ヒトモドキが地上から消え去ってくれる日がグンと近づいてくれます。



どうかそんな世界になってくれますように。



-----------------------
昨年自殺試みた韓国児童・生徒451人=6年間で12倍

 ここ数年間、自ら命を絶とうとしたり、自殺を試みようとしたりする小中高生が急増していることから、教育当局が警戒している。教育部(省に相当)は、自殺を試みる児童・生徒の心理を分析した事案報告書まで作成するなど、対策作りに着手した。

 教育部が国会のパク・キョンミ議員=共に民主党=に提出した「自殺企図者報告書現況」によると、自殺を試みた児童・生徒は2011年の37人から15年には258人に増え、昨年は451人と過去最多を記録した。この統計は、学校が市・道教育庁に自主的に報告した内容なので、実際の数はこれよりはるかに多いと予想される。

 実際に自殺した児童・生徒は11年の150人から15年には93人と徐々に減っていたが、16年に108人と増加に転じ、17年には114人と2年連続で増えた。専門家は「韓国の子どもたちは心理的災難状況に直面している」と診断する。

■自殺試みた小学生も数十人

 翰林大学は、教育部からの依頼により2014年から児童・生徒の自殺死亡者の心理剖検(自殺した人の周りの人々からの証言や遺書などにより、自殺に至った経緯・理由の調査)をしてきた。ところが最近は児童・生徒の自殺も自殺企図も急増していることから、予防の観点から自殺企図者の家庭・学校・友人関係などを総合的に分析した報告書を出した。

 最近の自殺企図者の最大の特徴は年齢低下だ。昨年自殺を試みた児童・生徒451人のうち、最も多いのは高校生で213人(47%)だったが、小学生が急増傾向にある。小学生の自殺企図者は11年は全くいなかったが、15年には19人に増え、昨年は36人だった。このうち、小学1-3年生は4人いた。実際に自殺した生徒も、昨年の114人のうち、小学生は5人だった。このような現象は、多くの子どもたちが小さいころから学業の負担でストレスを感じているのに、家庭不和や共働き家庭の増加で親とのコミュニケーションの時間が不足しているためと分析されている。昨年自殺を試みた児童・生徒は、その理由に「うつ・不安解消」(277人)、「怒りの解消」(125人)などを挙げた。

 特に、現在の児童・生徒たちは小さいころからスマートフォンを通じて自殺・自傷行為のコンテンツに接していることも影響しているとの指摘が多い。小学生の間では、今年初めから動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」に投稿された「頭を突っ込んで自殺しよう」という動画の「自殺ソング」が流行しており、10代の間では自傷行為の写真をソーシャル・メディアに掲載・共有する現象もある。保健福祉部と警察庁が昨年7月に2週間にわたりインターネット上の自殺関連コンテンツを監視したところ、8039件も見つかった。これは昨年同時期より38倍も多い。このうち自傷行為の写真は84%だった。

 翰林大学医学部精神科のホン・ヒョンジュ教授は「子どもたちはインターネット放送やソーシャル・メディアで自殺・自傷の写真・動画をよく目にするため、これを何ともなく思ってまねするケースもある」と話す。10代の間で自殺コンテンツが過度に拡大していることから、国会では先月、自殺コンテンツを青少年有害メディアに指定する法改正案が発議された。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/19/2018101901580.html
-----------------------



あ!

セウォル号の船長のように、



【数多くの屑チョンを殺した英雄】



ってのも、大好きでしたwwwwww



そんな連中が増えてくれることに期待したいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の動物園、劣悪環境のせいで毎週月曜に動物が死んでいく……

バ韓国の動物園、動物虐待が日常化


バ韓国の動物園で行われている“体験動物園”の実態が明らかになっていました。


・猿の赤ちゃんに天敵であるニシキヘビを近づける

・ライオンやトラを狭いコンテナに閉じ込めている

・フェレットを鳥かごのような小さいケージに入れている

・放し飼いにされているカナリアが、客に踏まれて死亡

・週末に体験動物園が開催され、そのストレスで週明けの月曜に大量の動物が死亡


……これらはほんの一部ですが、こうした虐待が毎日のように行われているのです。



ヒトモドキの分際で動物園を運営していることが大きな間違いでしょう。


これ以上可哀そうな目にあう動物が出ないよう、一刻も早くあの害獣どもを根絶やしにしたいものです。



-----------------------
サルの赤ちゃんに「天敵」ヘビを近づける韓国の動物園

 職員1人がニホンザルの赤ちゃんを抱いている。別の職員は長さ2、3メートルのニシキヘビを首にまいてそばに立っている。ニシキヘビの頭を突然サルに近づけると、サルは驚いてキッーという声を発した。「動物福祉問題研究所AWARE」が5月、嶺南(ヨンナム)地域の室内体験動物園で目撃した場面だ。1人あたりの所得3万ドルの国であったことだ。AWAREのイ・ヒョンジュ代表は「サルの赤ちゃんは天敵のヘビを見たことがなくても、捕まって食べられるかもしれないという本能的な恐怖から悲鳴をあげる」と説明した。続いて「天敵を目の前に突きつけるような深刻な動物虐待は動物園では絶対にあってはならない行動」と話した。 

 大田(テジョン)動物園でのピューマ脱出・射殺事件で動物の福祉に対する声が高まっている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の掲示板には動物園の廃止を主張する書き込みも見える。実態はどうなのだろうか。全国に散在する小型「体験動物園」が問題だった。室内の狭い空間に動物を入れて、餌を与えたり触ったりできるようにしたところだ。一部は野生動物が繁殖するほどうまく管理しているが、ほとんどの場合は「虐待」という表現がふさわしいほど動物をむやみに扱い、環境は劣悪だった。 

 体験動物園の実態はAWAREが今年全国20カ所を調査した結果で明らかになった。1カ所を1-3回ほど訪問して調査した内容だ。京畿道(キョンギド)のある動物園はライオンを4、5坪のコンテナの中に入れて展示していた。現行の規定上ライオンを飼育するための最小面積(14平方メートル、4.3坪)に合わせたようだ。韓国の野生動物飼育の最小面積基準はライオン・トラが1頭あたり14平方メートル、ピューマは8.4平方メートル(2.5坪)。ライオンがいるコンテナの床は浴場のようなタイルだった。AWARE側は「簡単に水で清掃できるようにタイルを使用している」と分析した。しかしライオンには居心地が悪い。床が滑りやすくて動きにくい。野生の習性で爪を掻くところもない。ネコとイタチ科のフェレットを小さなケージに入れている動物園もあった。鳥かごや小さなケージの中の動物は動ける空間が不足し、ほとんど眠っているだけだ。 

 観覧客が餌を与えることも時には虐待となる。一日中ずっと餌を与えられた動物は肥満になる。何も知らない子どもが虫を食べるフェネックにニンジンを切ったものを与えることも多い。これを食べたフェネックが消化できず下痢になることもよく目撃される。 

 カナリアのような小さな鳥は餌のために生命の危機を迎える。5日、京畿道のA体験動物園では職員が観覧通路に止まっていたカナリアを追いながら飛ばした。観覧客がこぼした餌を食べようとしていたカナリアだ。職員は「客に踏まれて鳥が死んだりけがをしたりすることもある」と話した。 

 動物に触れる「体験」も問題だ。ほとんどの体験動物園はウサギ・ハムスター・サルをはじめ、ヘビ・イグアナのようなは虫類にも触れられるようにしている。動物との共感を高めるための目的であっても野生動物には大きなストレスだ。体温が変わるは虫類にはなおさらだ。「動物のための行動」のチョン・チェウン代表は「観覧客が集中する春・秋の週末には体験動物園の動物のストレスがピークに達する」とし「それで月曜日に動物が死んでしまうことが多かった」と伝えた。このため体験動物園の月曜日を「ブラックマンデー」と呼ぶ動物保護活動家もいる。 

 不適切な環境と虐待、そして接触などによるストレスのため体験動物園の多くの動物は毛が抜ける病気になっている。AWAREによると、調査対象20カ所のうち70%の14カ所で傷を負ったり病気になっている動物が見つかった。自ら羽根を抜くオウムもいた。江原大のファン・ジュソン博士は「身体的・精神的にストレスを受けたり免疫力が落ちた時に表れる異常な行動」と診断した。

https://japanese.joins.com/article/914/245914.html?servcode=100&sectcode=100&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【もっと殺れ!】祝日明けに離婚するケースが急増しているバ韓国wwwwww

バ韓国で秋夕後の離婚が増加中


バ韓国では秋夕や正月の後に離婚するケースが増えているようです。


祝日期間にメスの家事が増え、それがストレスとなって離婚に至っているとのこと。


うーーん、なんとも中途半端ですなぁ。


配偶者同士が憎みあって殺し合いでもしてくれないと、きゃつらの生息数が減らないじゃないですか!


殺し合いが難しいなら、ストレス過多でさっさと死んでいただきたいものです。


-----------------------
韓国で盆・正月後に離婚が増える理由―中国メディア

 2018年9月26日、中国紙・環球時報(電子版)は、韓国の秋夕(お盆)の休暇が終わったことに関連し、韓国・アジア経済の25日付けの報道を引用し、「韓国では近年、伝統的な祝日が家庭を破壊する危険要因となっている。お盆や正月などの休暇期間が終わると離婚率が上昇する」と報じた。 

 韓国最高裁の統計によると、2012年1月から17年8月までのお盆と正月のあった月に、裁判所が受理した離婚訴訟案件は、その他の月に比べ15%多いことが分かった。また民間の調査によると、女性の88.8%が、祝日に家事負担が増えることなどから「かなりのストレスと負担を感じる」と回答しているという。 

 祝日期間に女性が家庭内暴力などの被害を受ける事件も増えている。韓国女性家族部の統計によると、2013~17年の正月とお盆の期間に、全国の「女性緊急電話」に寄せられた家庭内暴力の相談件数は計3万1416件に上ったという。相談件数は2013年の3163件から17年の8779件へと、5年間で2.78倍増加している。被害の内訳は、「家庭内暴力」が60.7%で最も多く、「性的暴行」が4.54%、「性的売買」が1%だったという。 

 23日付の韓国紙・朝鮮日報によると、専門家は「女性は祝日に家事労働だけでなく、しゅうとめや夫の兄弟の妻への気遣いなどのストレスに悩まされる。だが夫の多くはこれを理解せず無関心であるため、知らず知らずのうちに夫婦間に亀裂を生んでいる」と指摘しているそうだ。

https://www.recordchina.co.jp/b647966-s0-c30-d0054.html
-----------------------


祝日期間には、家庭内暴力も増えているようですね。

やはり屑チョン同士であっても、長時間一緒にいると殺意が湧いてくるのでしょう。


バ韓国塵の皆さん。

殺意を抑えるのではなく、どんどんその気持ちを解放してくださいね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る