韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

スポーツマンシップ

いつものアレwww スピードスケートWカップでバ韓国塵同士が仲間割れして失格!

バ韓国塵にスポーツマンシップは理解できない


名古屋で行われていたスピードスケート・ショートトラックワールドカップ大会。


そのレース中にバ韓国塵同士による仲間割れが発生していましたwwwwww



前を走る屑チョンを押しのけようとしたため、キムなんちゃらとかいう屑チョンのメスが失格処分になっていたとのこと。

ま、これはバ韓国ならではなのお家芸ですね。


スポーツマンシップという概念が存在しないバ韓国では、当たり前の行動にしか過ぎません。




他国の選手を押しのけると非難が殺到するので、

同じ屑チョン同士で足を引っ張り合っているのでしょう。




ヒトならざるものをこうした大会に参加させるのを、そろそろ止めるべきでしょう。



どんなスポーツにせよ、屑チョンが参加しているだけで人気が下がるし、テレビ中継されていても視聴率は期待できません。


我々は純粋にスポーツを観戦したいだけで、見世物小屋レベルの化け物なんざ見たくないんですからwwww



-----------------------
ショートトラックでまた韓国選手同士が「仲間割れ」=中国ネットは冷ややか

 2019年11月30日、中国の動画アプリ梨視頻の微博アカウントは、日本で行われたスピードスケート・ショートトラックワールドカップ大会のレースで、韓国選手同士による妨害が再び発生したと報じた。

 同アカウントは、30日に行われたショートトラックW杯名古屋大会の女子1500メートルA決勝で、韓国のキム・アランが同じく韓国のキム・ジユとインコースを競り合う中で背後からキム・ジユを押しのけようとする動きを見せたとして失格処分を受けたと紹介した。

 このレースでは結局「被害者」のキム・ジユが優勝したが、同アカウントではこれまでにも韓国勢による「仲間割れ」がしばしば発生しており、昨年の平昌五輪女子1000メートルA決勝では押しのけ合った韓国選手2人がいずれも転倒する結果になったと伝えている。

 今回再び発生した韓国選手同士の「仲間割れ」に、中国のネットユーザーからは「実に韓国らしい」「スポーツマンシップがちっとも感じられない」「もはや伝統芸能」「中国選手を押しのけようとしたのではないから、まあいいけど」「今回が初めてではないし、今回がきっと最後ではない」など、冷ややかなコメントが続々と寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b763787-s0-c50-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国なら当たり前ww 障害者のフリしてパラリンピックで金メダル獲得!!!!!

バ韓国のスポーツ選手、全盲のふりして金メダル


バ韓国のスポーツ選手20匹が、検察の取り調べを受けていました!!


その理由は、


健常者なのに障害者を装っていたというもの!



しっかり視力があるのに、全盲だと偽ってパラリンピックで金メダルを取得した猛者もいたようです。


ま、きゃつらの小さい脳みそではスポーツマンシップという概念を理解するのは不可能でしょう。




あれ?


そもそもおかしいですよね。


ヒトモドキなんてものは1匹の例外もなく障害者です。

だとしたら、オリンピックには参加せず、全匹パラリンピックに出場するべきなのでは?


ま、来年の東京五輪はボイコットするから関係ないはずですよね?


-----------------------
韓国で「障害者」装ったスポーツ選手20人を取り調べ、中国ネットでも話題に=「信頼と名誉は地に落ちた」

 韓国の20人余りのスポーツ選手が、障害者を装っていたとして検察の取り調べを受けた。29日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で中国メディア・時差視頻が伝えた。

 韓国の放送局・JTBCが26日に報じたところによると、調査対象となった選手の中には、かつて柔道の世界パラリンピック大会に出場し、金メダルを獲得した選手も含まれていた。同選手は「全盲」を自称していたが、今年から兵役についていることが分かった。韓国では、身体に障害を負っている人などは兵役を免除される。

 詐称が疑われた20人余りのスポーツ選手とそのコーチらは、「韓国代表チームの選考に影響を与え、公務に支障をきたした」として取り調べを受けた。すでに一部の選手は警察の取り調べに対して容疑を認める供述をしているという。

 このニュースは中国でも大きな注目を集めており、関連ワードが一時、微博の検索ワードランキングの上位に入った。ネットユーザーからは、「韓国のスポーツマンシップと節操のなさって、一体…」「これで韓国のスポーツに対する信頼と名誉は地に落ちたな」「そこまでしてメダルが欲しかったのだろうか」「韓国式スポーツマンシップはすでに障害者競技にまでまん延しているのか」「こんなことをしても、いつか必ずバレることは分かっていただろうに」「本人たちは、恥知らずだとは思わなかったのか?」などと批判的なコメントが殺到した。

 また、「でも、全盲のふりをし通したというのは逆にすごい」「その演技力は認める」などの皮肉や、「韓国にもすばらしいスポーツ選手はたくさんいるが、こういった選手が全体の印象を落としている」という指摘も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b755910-s0-c50-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【胸糞画像★注意】韓国塵にスポーツをやらせてはいけない事がよくわかります

韓国塵が卓球の国際大会で優勝すると

ご覧の写真は卓球の国際大会で、糞チョンが優勝した時の模様です。

多くは語りません。


これが韓国塵なのです。




おっと!
コイツだけが異常なのではありません。

他の糞チョンもご覧の通りです。

他の糞チョンもご覧の通り



そろそろ地上のあらゆるスポーツ界から糞チョンを追放すべきですね。
 



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【難易度高すぎ!!】女子バレーの日中戦で、韓国人が主審とかハードモード過ぎる!!

主審を務めた糞チョンのババア


先日行われた女子バレーボール・ワールドグランプリでのことです。
8月28日から9月1日かけて行われたこのファイナルラウンドは、日本、中国、ブラジル、セルビア、アメリカ、イタリアで争われました。

その日本対中国の試合で、糞チョンがしでかしてくれたようです。
日本は惜しくも負けてしまったのですが、主審が糞チョンだったせいで試合内容がグダグダになっていた模様。

どうしてこういう国際的なスポーツ大会にわざわざ朝鮮ヒトモドキの審判を使うのか、まったくもって意味不明です。
しかも、日中戦だなんて、公平なジャッジをするわけがありません。


スポーツマンシップのスの字も理解できない生き物をわざわざ参加させる意味があると思いますか?


-----------------------
女子バレー日中戦、韓国人主審に日本のネット民激怒=中国報道

 女子バレーボール・ワールドグランプリで31日日本と中国が対戦し、フルセットの激闘のうえ3-2で中国が勝利を収めた。中国メディア・騰訊網は1日、日本のネット上ではこの試合の主審を務めた韓国人審判に対する非難の声が噴出したと報じた。

 2-2で迎えた第5セットの中盤、日本の江畑幸子選手が放ったバックアタックは中国側のワンタッチを誘ったように見えたが、主審はアウトのジャッジを下した。これに対して日本の真鍋政義監督が抗議を行ったところ、主審はこれを遅延行為とみなし、同監督にイエローカードを掲出した。

 記事は、日本のネットユーザーが主審のジャッジや態度に対して「いい試合だったのに審判がクソだった」、「日本は提訴や抗議を行うべき。イエローカードはおかしいだろ」などと批判を噴出させたことを紹介した。

 さらに、「なんで韓国人が日本戦の主審をやるんだ」となどといった声も飛び出し、主審が韓国人だったことにまで不満の矛先が向けられたことを伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130901-00000002-scn-spo
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る