韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ソウル

バ韓国・ソウルで行われた海外就職博覧会! 日本企業が最多の65社も参加だと!?

バ韓国で行われた海外就職博覧会


バ韓国のソウルで海外就職博覧会が行われていました。


このイベントは、日韓関係の悪化で2か月ほど延期されていたとのこと。


大勢の屑チョンが職を求めて殺到していたようですが、

日本企業がこのイベント最多の65社も参加していたのが驚きです。



本当にふざけた話です。


バ韓国から大勢の犯罪者を呼び寄せるだなんて、とんでもない蛮行です。





あれだけ反日運動をしておきながら、よくもまあ日本で就職したいなどと言えるものです。


どうしても日本で就職したいのなら、全匹のDNAを採取しておき、去勢を義務付けるべきでしょう。


あ!

全匹に電子足輪を装着させておくのも必要でしょうねwwww




-----------------------
反日運動で2カ月延期された海外就職博覧会に1000人

 ソウル市内のホテルでは12日午後、日本、米国など9カ国の企業100社が採用ブースを設け、面接を行っていた。参加企業は日本企業が65社と最多で、韓日関係悪化がうそのように面接希望者が絶え間なくブースを訪れた。ブース近くの椅子には正装した青年らが準備してきた履歴書や企業情報をチェックしていた。

 今回の行事は雇用労働部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が青年の就職支援を目的として開いたものだ。会場には全国各地から1000人以上の青年が集まった。日本ボイコットのムードが色濃い中、前年(1011人)並みの参加者を集めた。

■韓日関係悪化で2カ月延期

 今回の行事は雇用労働部の主催で毎年2回開かれる韓国最大規模の海外就職博覧会だ。日本国内での求人難から韓国の人材を求める日本企業の参加が毎回最も多い。ところが、そのせいで当初9月初めに予定されていた博覧会は中止寸前となった。7月に日本の輸出規制で韓日関係が急速に悪化すると、雇用労働部は開催を保留した。雇用労働部関係者は当時、「関係がぎくしゃくする中、日本企業を就職博覧会に招くのは体裁が悪い」と話した。そして、反日ムードがやや和らいだことから、2カ月後に控えめに博覧会を開催した格好だ。

 遅れたものの開催された博覧会には、ソニー、日産、ハウステンボスなど65社が参加。各社は外交問題などお構いなしに韓国の人材確保に集中した。日本の家電メーカー関係者は「社内には韓国人に対する差別は全くない。悪化した雰囲気の中でも志願してくれた韓国人に感謝するばかりだ」と話した。参加者のPさん(26)は「日本企業は父母がどうしているかや健康状態、家庭状況などを尋ねた。韓国に帰ってしまうことがないように、長く働ける人材を探しているという印象を受けた」と語った。

 韓国統計庁が発表した9月の青年拡張失業率(体感失業率)は21.1%に達する。青年の5人に1人が仕事を持たない計算だ。雇用労働部関係者は「海外就職は容易ではない選択だが、国内の雇用が不足しているため、海外就職に目を向ける青年が多いようだ」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/13/2019111380064.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これは期待大!! バ韓国の首都ソウルに、1兆7000億ウォンを投じて地下都市が作られる!?

バ韓国ソウルに巨大地下都市建設計画あり!


バ韓国のソウル市が、1兆7000億ウォン以上を投じて巨大な地下都市を建設する計画があるようです。


全長630メートルで、地下ターミナルとなり全7階層になるとのこと。



いやぁ、素晴らしいじゃないですか!!



なんとしてでも計画倒れとならず、完成にこぎつけてほしいものです。



どうせ、地盤調査も地下水の位置も分からないまま工事を強行するに決まっています。


その結果、震度ゼロでこの地下都市が崩落するわけです。


大量の屑チョンがそのまま生き埋めとなるので、埋葬費用もかかりませんねwwww



いつものように適当にでっち上げた調査資料を基に工事を始め、計画通り2027年の完成を目指すべきです。


今からワクワクが止まりませんなぁ。



-----------------------
韓国最大の地下都市建設計画に専門家が警鐘=ネットでも反対の声多数

 2019年10月21日、韓国・東亜日報によると、早ければ2027年にもソウル市江南(カンナム)区COEX付近に韓国最大の地下施設が建設されるが、「地下水」が問題となっているという。

 記事によると、地下鉄2号線三成(サムソン)駅と9号線奉恩寺(ボンウンサ)駅の間、永東(ヨンドン)大路の1キロ区間に、バス、地下鉄首都圏広域急行鉄道(GTX)の乗り換えが可能な大規模地下ターミナルが建設される。長さ630メートル、幅63メートル、深さ52メートル、全7階建てで、地下通路と商業施設も備える。

 建設費だけで1兆7000億ウォン(約1573億円)以上が投じられる見通しで「永東大路地下空間複合開発事業」と称される。今月15日に同事業に関する「都心地複合地質災害研究推進討論会」が開かれたが、ソウル市は「安全に問題はない」としており、事業を進める事業団も「施設が入る地盤の状態は比較的良好だ」と判断したという。

 しかし、事業を進める地域には、かつて炭川(タンチョン)の支流が流れていたため、その地点に沿って地下水が流れる可能性が大きく、それだけ地中の水の流れは複雑で「地下工事に慣れた専門家たちも舌を巻くほど」だという。こうした場所に地下施設を建設すれば、工事中に地下水が噴出する可能性もあり、地下水の水位が下がれば地盤沈下が起きたり、施設に亀裂が生じたりする恐れもあるという。

 このため専門家らは「この事業の最大の問題は、地下水の『治水』だ」と警鐘を鳴らしている。討論会では「より精密な分析を行うことが必要」と口をそろえ、「炭川水系の影響も考慮した、地中の水の流れをきちんと把握するための分析」を進めることを提言したという。

 また記事は「韓国は地下水モデリングにおいて世界的水準にあるが、リスク評価面では具体的数値を提示する機関がなく、現状では具体的で客観的なリスク評価ができないとの指摘も出ている」とも伝えている。

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「普通に地上に建設すべき。シンクホールが怖いよ」「慎重にアプローチすべきだ。専門家の声によく耳を傾けるべき」「地下施設だけの問題じゃなく、周辺の大型ビルにも影響を及ぼす恐れがある。地下水が流れ出たら、地中に大きな洞窟のような空間ができ、シンクホールが発生する。最悪の場合、ビルが崩壊する惨事になるかも。地下水が多くかつて河川があった場所なら危険なはずだ」「それだけの予算を学生に支援したらどう?不必要なことはするな。こんな事業を進めて崩壊したら大惨事だ」「ソウルには江南しかないのか?」「江北(カンブク)のほうも開発してくれよ」「江南には空室が多いのが問題になっているのに?財テク用不動産として造ろうとしているとしか見えない」など、反対意見が殺到している。

 また、「漢江(ハンガン)のすぐ脇で地面を掘ったら水が出るのは当たり前じゃないのか。やらせてみればいいよ。(ソウルの)朴元淳(パク・ウォンスン)市長が恥をかくところを見ようじゃないか」「税金を注ぎ込んでこんなものを造らなきゃいけない理由を聞かせてくれ、ソウル市長よ」など、ソウル市長への批判の声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b753839-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ソウルの橋、疲労破壊でいつ崩落しても不思議じゃないwwww

バ韓国・ソウルの端に崩落機器


ソウル・東大門にある橋。


屑チョンどもの往来も激しく、車の行き来も多いようです。


本来その橋は駐停車禁止になっているようですが、不法駐車が後を絶たないとのこと。


その橋が、「疲労破壊」によっていつ崩落してもおかしくない状況なんだとかwwww



ま、バ韓国の建造物なんてものは、震度ゼロで崩壊するのがデフォルトなので、

何の不思議もありませんがwwww



どうせなら、屑チョンどもが大量に巻き込まれるであろう週末に崩落してほしいものです。



今回のように問題提起されても、あの連中は3日もしないうちに忘れてしまうことでしょうね。


-----------------------
ソウルの橋に崩落危機、その原因は?=韓国ネット「無責任過ぎる」

 2019年10月18日、韓国・イーデイリーは、ソウル・東大門(トンデムン)にある橋が崩落する恐れがあると報じた。

 記事によると、この橋は05年に建設され毎日のように車が行きかっているが、週末になると近くにある市場を訪れる人々の路上駐車が問題になるという。同メディアの記者が13日に現場を訪れると、「車両駐停車時、2000万ウォン(約184万円)以下の罰金」と書かれた看板があるにもかかわらず、歩道の半分ほどが車でふさがれていたという。記事は「韓国では橋の上での駐車は不法行為にあたる。また、橋は人や車が行き来することを前提として設計されているため、車が長時間止まっていると橋に亀裂が入り崩落につながる可能性もある」と指摘している。

 しかし、ソウル市の安全課関係者は「渋滞が起きた時に橋の上に車が停車することを考慮して設計しているので問題ない」と説明したという。17年にソウル市が外部機関に依頼して該当当該の橋の安全診断と精密点検を行った結果、B等級と判定された。B等級は「全般的に安全だが観察が必要な状態」を指すという。同関係者は「B等級の構造物は2年ごとに安全点検を行っている」と話したという。

 一方、アン・ヒョンジュン建築工学博士は「疲労破壊」の可能性を指摘し、「通常、橋の安全点検は車のない状態で行われる。週末になると橋の上に止まっている車が増えるのであれば、これを考慮して点検を行う必要がある」と訴えた。また「何よりも不法駐車の取り締まりをしっかり行えば済む問題」「自治体が違法車両を厳しく取り締まるべき」と指摘したという。

 これに韓国のネットユーザーからは「なんで取り締まりをしないの?」「しっかりと罰金を科すべきだ」「ソウル市の対応は無責任過ぎる」「大事故が起きてからじゃないと対応しないってこと?」「平日だけじゃなくて週末も取り締まりをするべきだ」「看板を置いていながら取り締まりをしないから不法駐車が後を絶たない」「問題ない、問題ないって言いながら崩壊した橋がある。事故は一瞬だ」などソウル市の対応に対する批判の声が上がっている。

 また「歩道と道路に大きな段差をつけたら?」「鉄で作った固定式のガードを設置すればいい」「監視カメラを設置して5分以上駐車したら罰金を科すようにすれば?」「違反車両をレッカー移動させて罰金を科せば二度とそこには止めないだろう」など不法駐車を解決するためのアイデアも寄せられている。

 その他「駐車スペースがあまりにも少ないから不法駐車が後を絶たない」などの指摘も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b753729-s0-c30-d0149.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















全匹泥棒だらけwww バ韓国・ソウルの街路に植えられたリンゴの木、ひとつ残らず果実が持ち去られる!!

バ韓国塵は見かけ次第ぶっロコすしかない


バ韓国のソウル市が、市内の中心部にリンゴの木を植えていました。


その目的は果実を見て楽しんでもらうということで、2500万ウォンの税金が投じられていたようです。



しかし!


街路に植えたリンゴの木52本全てから果実がひとつ残らず持ち去られていましたwwwwww



さすが泥棒国家!!



期待を裏切らない展開ですなぁ。






この日本でも果物泥棒や野菜泥棒は毎年発生しています。


考えるまでもなく、誰がやっているのか分かりますねwwww




在日バ韓国塵や糞帰化チョンどもを1匹残らず粛清すれば、こうした被害は限りなくゼロになることでしょう。



安心して毎日を暮らせる平和な国造りのためにも、やはりヒトモドキを完全に駆逐しなければなりませんね。



-----------------------
ソウル市が植えたリンゴの木、熟す前に実が全て持ち去られる=韓国ネット「市民に良心を求め過ぎ」

 韓国・ソウル市が市の中心部「乙支路(ウルチロ)」に街路樹としてリンゴの木を植えたが、リンゴの実が次々に持ち去られ、一つもない状態になっているという。11日、韓国・ヘラルド経済が伝えた。

 記事によると、ソウル市は先月18日、流動人口の多い乙支路(市庁~乙支路4街区間)にリンゴの木54株を植えた。都会でも果実を見て楽しんでもらおうという趣旨で、2500万ウォン(約230万円)の費用が投じられた。しかし、今月4日の段階では数十個のリンゴの実が確認できていたにもかかわらず、11日現在、実が残っているのは中区庁の広場内に植えた2株のみで、街路の木には実が一つもないという。

 市関係者は「区庁内は人目があるのでができなかったようだが、街路のリンゴの実は全て市民が持ち去ったようだ」「実が赤く実り自然に落ちるところを市民に見てもらいたかったが、実が熟す前に全て取られてしまった」と話したという。また、記事は「リンゴ泥棒は市民か観光客と推測される」とし、「東南アジアの人は本国では栽培されないリンゴを珍しく思い、観賞用のリンゴの実を持ち去るケースがあると聞く」という市関係者の言葉も伝えている。

 2014年に鐘路(チョンノ)4街にリンゴの木75株が植えられた当時も、実が熟す前に市民が全て持ち去ったことがあるという。記事は「数年経っても、市民意識は変わっていない」と指摘している。

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「リンゴが食べたければ買うべきだ。このリンゴも税金で設置された共用物だぞ。盗んではいけない」「排気ガスまみれのリンゴなんて食べたいか?」など、リンゴを盗んだ人への批判の声も寄せられているものの、多くのコメントは「リンゴが無事でいると信じて、費用を投じて設置する政策こそ問題だと思う。散策路の木に実る栗の実を取ろうと、木を足で蹴ったり石を投げたりする国だよ…」「実が落ちるまで残るなんて期待する方がばかだと思う」「道端にリンゴ?。他にもっとお金の使い道はないのか?」「こういう政策はやめるべき。泥棒を生むだけ」「花でも植えればいいじゃないか。目の前に食べ物を置いておいて、市民に良心を求め過ぎじゃない?」「ホームレスとか飢えている人が食べたのでは?。盗まれたくないなら、市民を泥棒扱いしないで、花とか街路樹にすればいい。実が落ちたり腐ったりするより、飢えた人が食べる方がいい」など、市の政策を問題視する内容となっている。

https://www.recordchina.co.jp/b751463-s0-c30-d0144.html
-----------------------

>東南アジアの人は本国では栽培されないリンゴを珍しく思い、観賞用のリンゴの実を持ち去るケースがあると聞く


うわっ! 海外の観光客のせいにするとは!!


誰が盗んでいるのか分かっているくせにwwww


さすが屑チョン!! 見事ですなぁ。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る