韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ゾンビ企業

「日本の輸出規制に対抗するニダ!」バ韓国の補正予算がゾンビ企業につぎ込まれていたwwww

税金の無駄遣いが天才的なバ韓国の文酋長


「これからは日本の素材に頼らず国産で賄うニダ!!」


そう息巻いていたバ韓国の文大統領。


2732億ウォンもの予算を投じ、国内の中小企業を支援していましたが……。





バ韓国政府は、それらの企業の財務情報を全く把握していなかったんだとかwwww


さらに、赤字を垂れ流しているゾンビ企業にもその予算がつぎこまれていたようです。




もう見え見えですね。


文政権に深く関係している企業にジャブジャブと税金が使われたわけです。






反日を隠れ蓑にしながら私腹を肥やすとは……。


遠慮しないでもっとやってください。バ韓国という国が滅ぶその日まで!!



-----------------------
韓国の「日本輸出規制に対応する」予算、別のところに使われていた?=ネットから非難集中

 2019年11月8日、韓国・毎日経済は「日本の輸出規制に対応するための予算の一部が別のところに使われていた」と報じた。

 記事は、国会予算決算特別委員会所属のイ・ジョンべ議員(自由韓国党)の発言を伝えている。それによると、産業通商資源部(産資部)と中小ベンチャー企業部(中企部)は「日本の貿易規制措置に対応しなければならない」という理由で、補正予算として2732億ウォン(約257億6000万円)を編成した。当該予算は素材部品の技術開発、機械産業の主要技術開発、中小企業の技術革新などの支援に使われたとされている。

 しかし内訳を分析した結果、産資部は予算を支援した企業225社のうち35社に対する財務情報を把握しておらず、残りの190社についても5.8%に達する11社が限界企業であることが明らかになったという。限界企業は外部支援により破産を免れており、製品の商用化や本格的な研究開発(R&D)の遂行が難しいことから、「ゾンビ企業」とも呼ばれている。

 中企部も同様に、予算を支援した154社のうち29社の財務情報を確保できておらず、財務情報のある企業125社の7.2%が限界企業だったという。

 これを受け、韓国のネット上では「分からないなんてことある?しっかり調査して処罰して」「文政権のことだから、どうせ分かっててやったんでしょ。お金はきっと側近たちの懐に…」「(文大統領は)大企業のトップに大口たたいたかと思ったら、結局また“事故”を起こしたね」「雇用創出でもこんなやり方で巨額のお金が飛んで行った」など文政権に対する非難が集中している。

 その他に「国の金を食うゾンビ企業が1~2社だけだと思う?自分が知ってるだけでも2001年度から数十社以上。何を今さら」「日本のように徹底して準備しなきゃ。計画もなしに慌てるからこんなことになる」などの声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b758262-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の“有力企業”、1割が3年連続赤字経営のゾンビ企業とかwwwwww

会社が赤字でも賃上げを要求するバ韓国塵ども


経済が崩壊しまくっているバ韓国。

そんなバ韓国で「有力企業」とされている500社のうち、一割の企業が3年連続ゾンビ企業状態のようです。

ゾンビ企業とは、営業利益で借入金の利息を賄えない企業とのこと。


いやぁ、凄いですね。

そんな赤字状態で3年が続いているのに、まだ会社が存在しているだなんて!

しかも、それが「有力企業」だというのですから!!




ま、人類に嫌われるために生まれ、自殺するために生きているバ韓国塵どもにはお似合いですね。


-----------------------
韓国大企業10社に1社が「ゾンビ企業」

 韓国の大企業10社のうち1社が稼いだ利益で金利も支払えない「ゾンビ企業」であることが分かった。

 企業経営情報誌後「CEOスコア」がこのほど、韓国の有力企業500社のうち、金融機関と事業報告書、連結監査報告書を未提出の企業を除いた380社の公示資料を分析した結果、インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業利益で借入金の利息を賄えているかを示す指標)が3年連続で1に満たない企業が43社(11.3%)あることが分かった。数値が1未満というのは、営業活動で稼いだ利益で借入金の利息を賄えていないことを示す。通常は3年連続で1未満の場合は、破綻リスクが大きいと見なされる。

 33社を業種別に見ると、建設・建設資材関連の9社が最多で、石油化学、造船・機械・設備がそれぞれ6社だった。CEOスコア関係者は「これら企業はいずれも政府が構造調整を進めている業種に当たる」と説明した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/21/2016042100698.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








カウントダウン開始!!!!! バ韓国経済崩壊まで10分を切る!!!!!!!!!!!!!

バ韓国経済を救っても我々人類には一利もない!


バ韓国経済がいよいよ終わります。

以下の記事は長いので要約すると……。


国内外の経済事情が悪化している

海外からの投資マネーも引きあげられ、赤字を増やすだけのゾンビ企業だらけ

産業構造の遅れによる“慢性疾患”なので有効な経済対策が存在しない


それゆえ、バ韓国経済の崩壊のカウントダウンが始まっているとのことです。



いやぁ、楽しみで楽しみでしょうがないですね。



バ韓国経済の崩壊ついでに、この日本国内に巣食うゴミ屑のような在日どもも一掃することも忘れちゃいけません。

朝鮮半島のみならず、この地上から朝鮮ヒトモドキどもを完全に駆逐することが肝心なのですから。



-----------------------
韓国衝撃のアンケート 経済の終末まで「あと10分」 IMF危機よりも悪質

 韓国経済の危機まで「あと10分」-。核戦争の危険性を示す「世界終末時計」になぞらえた韓国の大企業の経営者や学者らのアンケートで、経済の現状を「午後11時50分以降」とみる回答が相次いだ。頼みの中国経済も失速状況で、市場では「韓国売り」が加速。朴槿恵(パク・クネ)大統領も1997年の「IMF(国際通貨基金)危機」の再来に言及する非常事態だ。

「先制的な改革をしなければ、IMF危機当時に経験した大量失業の痛みや莫大な社会的コストが再現されるかもしれないと多くの専門家が警告している」

 朴大統領は13日の国民向け談話で経済の現状について、1997年のアジア通貨危機をきっかけに、IMFの管理下で改革を余儀なくされた事態を引き合いに出した。

 経済の専門家たちの危機感も強い。韓国日報がサムスン電子や現代(ヒュンダイ)自動車など主要大企業の最高経営責任者(CEO)45人と、経済学者・経営学者20人を対象にしたアンケートでも衝撃の結果が出た。

 核戦争による世界の滅亡(午前0時)までの残り時間を分単位で象徴的に示した世界終末時計に韓国経済の現状をなぞらえると、「午後11時以降」、つまり危機までの時間が1時間との回答が約64%にものぼったという。さらに「午後11時50分以降」、つまり危機突入まで10分も残っていない状況だとの認識を示した回答も約26%あったと報じた。

 企業が直面する問題として「世界的な景気の不確実性」「核心となる技術力の不備」に加え、朴政権の「不安定な政策」を問題視する声もあった。

 こうした懸念を反映するかのように、市場では年明けから「韓国売り」が出た。中国株の暴落に加え、北朝鮮が、本家の終末時計の針も進めさせるかのような「水爆」と主張する核実験を実施すると、約5年半ぶりのウォン安と約4年ぶりの株安に見舞われた。

 ウォン安は、輸出産業に偏重している韓国にとっては好材料という側面もあるが、米国の利上げや新興国経済への懸念による投資マネーの流出という側面もあり、素直に喜べる状況ではない。

 最大の輸出先である中国経済が失速しているため、単純に輸出を伸ばすことも難しい。ウォン安は中国の人民元安と連動する形で生じているため、中国に技術力で猛烈に追い上げられている韓国の製造業にとっては、価格競争力で差を縮められない構図だ。

 中東情勢も韓国経済には痛手だ。韓国の国土交通省によると、昨年の韓国の中東地域での建設受注額は165億ドル(約1兆9430億円)で、前年の313億5000万ドル(約3兆6930億円)から半分近く減った。韓国の建設産業にとって中東諸国は主要な取引先だが、原油価格の下落で中東諸国の財政が悪化し、発注が減少したという。イランとサウジアラビアの断交問題が緊迫すれば、さらなる打撃となりそうだ。

 営業利益で借金の利子も払えない状況が続く「ゾンビ企業」が増加し、内需も不振で家計の負債は増加の一途をたどっている。

 韓国の通信社ニューシスは、韓国経済は「四面楚歌(そか)」に陥っていると報じた。

 1997年に始まったアジア通貨危機により、IMFの支援を受けた際や、2008年のリーマン・ショックによる世界的な金融危機の時点よりも悲観的だと見る向きもある。

 前出のニューシスは、「現状は当時よりもはるかに悪質だ」「経済の基礎体力が落ちて成長率が低くなっているうえ、中国の景気が鈍化している」とするオ・ジョングン建国大特任教授の声を紹介。危機論が誇張されているとの意見についても、別の専門家が「IMF危機も実際に起こるまでは、韓国の経済基盤は大丈夫だという声が多かった」と警鐘を鳴らす。

 『韓国経済阿鼻叫喚 2016年の衝撃』(アイバス出版)の著者で週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は、「過去の通貨危機は、韓国経済の外貨準備不足を突く“急性疾患”だったが、今後予想される経済危機は、産業構造の遅れによる“慢性疾患”だけに短期的な経済対策の打ちようがない」と分析する。危機へのカウントダウンが始まっているのか。

http://news.livedoor.com/article/detail/11068227/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








打つ手なし!! バ韓国で生ける屍「ゾンビ企業」が全体の15パーセントを占める事態に!!

屑チョンの頭部を破壊してトドメを!



バ韓国の崩壊が本格的に始まってきたようですね。

バ韓国では、借金の繰り返しで延命している企業が急増しているようです。


さらに、営業利益でその借金の利息すら払えていない企業が「ゾンビ企業」と呼ばれているんだとか。



そんなゾンビ企業が全体の15.6パーセントにも及ぶとのこと。



クックック!

企業だけではなく、国も人もゾンビ化するのは時間の問題ですね。


きっちりヘッドショットして、完全に息の根を止めたいところです。



-----------------------
韓国の企業、15.6%は「ゾンビ企業」

 韓国開発研究院(KDI)のチョン・デヒ研究委員は18日、世界的な金融危機以降、債務繰り延べで延命している企業が増加したとの報告書を明らかにした。企業の利払い能力を示すインタレスト・カバレッジ・レシオが1倍を下回り、営業利益で利払いを賄えない企業は、 「ゾンビ企業」と呼ばれる。経営が実質的に破綻しているが、銀行の支援により倒産を免れているからだ。

 報告書によると、企業全体に占めるゾンビ企業の割合は、資産規模ベースで2010年の13.0%から13年には15.6%に増えた。債務繰り延べを受けた企業も10年には9.7%だったが、13年には11.9%に増えた。チョン研究委員は「電機・電子を除く大半の産業でゾンビ企業の割合が増えた」と指摘した。ゾンビ企業の割合は、造船業など「その他輸送設備」分野で10年の7.1%から13年の26.3%に、造船業で同じ期間に26.3%から41.4%に急増した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/19/2014111900792.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る