韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

チェ・スンシル

【バ韓国・国政介入】ミシュランマン? 醜すぎるスン汁婆wwwww

ミシュランマンさながらの体型


この醜さはバ韓国塵ならではのもの


スン汁婆の醜さは屑チョンの中でもピカイチ


先日逮捕状が出されたスン汁婆。

いやぁ、呆れるほどの醜さですね。


ところで、

白い服を着せられているのはミシュランマンのコスプレのつもりなんですかねぇwwwwwww



-----------------------
「民主主義じゃない」

 25日午前、崔順実(チェ・スンシル)被告に対する逮捕状が執行された。崔被告は江南区特別検事室へ連れて行かれる際、詰めかけた報道陣に対し「特別検察は自白を強要している。とても悔しい。これでは民主主義の特別検察とは言えない」と訴えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/25/2017012501963.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








逮捕間近か!? バ韓国・サムスン電子の副会長が検察に召喚!!

逮捕秒読みとなったサムスン電子の副会長


バ韓国・サムスン電子の副会長であるイ・ジェヨンが、検察に召喚された模様です。


屑チョンらしく「知らないニダ、存じないニダ!」とシラを切っていましたが、

いよいよ外堀が埋まってきたといった感じでしょう。


メディアがサムスンのブランドイメージの低下に触れていましたが、

元々サムスンのイメージなんざマイナスでしかありません。

それが更に低下するのですから、ついにバ韓国経済崩壊の序章が始まったといったところですね。


チェ・スンシル婆が、こんな形でバ韓国を終わらせるだなんて……。

実に頼もしい婆ですねwwwww

このまま経済崩壊してもらい、屑チョンどもが5000万匹くらい自殺してくれれば最高ですwwwwww



-----------------------
サムスン副会長が贈賄容疑で拘束か、企業イメージに“傷”懸念も=「やっぱり政経癒着はあった」「そもそも韓国に正義なんてない」―韓国ネット

 2017年1月12日、韓国・JTBCによると、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チーム(特検)に召喚され取り調べを受けた。 

 李在鎔副会長は、2014年から2016年までに朴槿恵(パク・クネ)大統領と単独で3度の面談を行い、その中で崔順実(チェ・スンシル)被告親子への支援を依頼され、これを実行した疑いを持たれている。特検はサムスンの主要な役員からこれを裏付ける供述を得ているが、李在鎔副会長は12日現在、容疑を否認している。特検は賄賂罪のほか、崔順実被告に渡った100億ウォン台(1億ウォン=約975万円)のサムスン資金の横領罪適用も視野に検討している。李在鎔副会長の拘束令状請求の有無については、来週初め頃決定される見通しだ。 

 このような状況を受け、英フィナンシャル・タイムズは「李在鎔副会長の召喚で、これまで上昇してきたサムスンの肯定的イメージが打撃を受けるだろう」とサムスンのブランドイメージへの影響を懸念した。米ブルームバーグ通信は「もし特検の疑いが事実であれば、何年も準備してきた李在鎔副会長の継承作業が困難になるだろう」と述べている。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。 


李在鎔を拘束できなければ、朴槿恵に免罪符与えることと同じだ」 

「やっぱり政経癒着はあった」 

こんな大金の授受を李在鎔が知らなかったはずはない」 

特検は、関係者を全員拘束するまで頑張ってくれ」 


「明日の食事の心配をしているような人がいる一方、こんな大金を『渡した』、『渡してない』と言っている人がいる」 

韓国には、そもそも正義なんてものはないからな」 


「サムスンに頼まずに朴槿恵が崔順実親子にお金をやればよかったんだ」 

これは賄賂ではなく、朴槿恵による恐喝」 


「大企業に富が集中し過ぎると、多くの社会的問題が発生する。経済システムのパラダイムチェンジが必要だ」 

実質的にサムスンが韓国社会に与える影響は目に見えない部分まで含めたら計り知れない。李在鎔が拘束されたら、大韓民国は第2のアジア通貨危機クラスの打撃を受ける

http://www.recordchina.co.jp/a160891.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・国政介入事件】チェ・スンシル婆が「注射おばさん」の存在を認める!!!!

股の臭い婆2匹で国政を左右とかwwww


先日もお伝えした「注射おばさん」のことを、ついにスンシル婆がゲロったようです!!



これをきっかけに、パククネ婆の証言が嘘だったことが次々に判明していくことでしょうね。


嘘で嘘を塗り固める屑チョンなので、一つの嘘がバレることによってドミノ倒しのように今までの偽証が暴かれることでしょう。


ま、最初からきゃつらが本当の事を言うわけがないのは分かっていましたがwwwwwwwww



-----------------------
韓国国政介入事件の崔被告、「外部から医師呼んで朴大統領に注射」認める

 2017年1月3日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告らによる国政介入事件で、崔被告の弁護人は2日、朴大統領が執務で疲れた際、崔被告が外部から医師を呼んで注射をさせていたことを明らかにした。環球時報(電子版)が伝えた。 

 弁護人によると、規則では大統領が疲れて注射を受ける際、医療担当者に命じて記録を残すことが必要だった。手続きが比較的複雑だったため、崔被告が「非公式な診療」として外部から医師を呼び、注射をさせていたという。 

 捜査当局によると、韓国大統領府の秘書の携帯電話の記録を確認したところ、大統領府行政担当者から13年5月、5度にわたって着信があり、内容は「注射担当の女性が大統領府にいる」などだったという。崔被告の家政婦によると、「注射担当の女性」は毎週現れ、崔被告にも注射をしていた。家では通称「注射のおばさん」と呼ばれていたという。捜査当局はこの女性が着信記録にあった女性と同一人物とみて調べている。

http://www.recordchina.co.jp/a159898.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・国政介入疑惑】スンシル婆の娘チョン・ユラがデンマークで逮捕される!!!!!!!!!!!!!!

整形前も後も不細工なチョン・ユラ


国外に逃亡していたチェ・スンシル婆の娘が、

デンマークで現地警察の手によって逮捕されていました!!!!!!!!


どうやら一昨年に生まれた屑餓鬼も一緒に捕まったとのこと。


その容疑は不法滞在とのことで、早速バ韓国に引き渡される予定のようですね。


どの程度口裏合わせが行われているのかは不明ですが、

これでますますパククネ婆やスンシル婆が窮地に追い込まれるのは確実でしょう。


母親であるスンシル婆が、この強制送還を一番恐れているに違いありませんね。

送還中の飛行機が墜落してくれと本気で思っていることでしょうねぇwwwwwwwww


-----------------------
韓国警察庁「チョン・ユラ氏の緊急引渡拘束を請求する計画」

 チョン・ユラ氏(21)がデンマークで不法滞在の疑いにより、1日午後8時ごろ(現地時間)に現地警察に逮捕されたことを受け、韓国警察庁もインターポールを通じてチョン氏に対する緊急引渡拘束を請求する計画だと2日、明らかにした。司法連携を結んでいる国家間で正式に犯罪人引渡し拘束を請求する前に、緊急に身柄拘禁を請求できる制度だ。警察関係者は「犯罪人引渡は基本的に法務部で行われるが、警察庁でインターポールを通じて請求するのが最も速いため、法務部と該当内容を協議中」と明らかにした。 

 これに先立ち、デンマーク警察は現地の情報提供に基づき、オールボー市郊外の周辺地域にある住宅でチョン氏など5人を不法滞在の疑いで逮捕した。逮捕当時、2015年生まれの子供も一緒にいた。しかし、チョン氏に対するインターポール国際手配(Red Notice)とパスポートの無効化措置はまだ発令していない状態だ。李哲聖(イ・チョルソン)警察庁長は2日の記者会見で「インターポールを通じてチョン・ユラ氏に対する国際手配の決定を迅速に下すように働きかける」と話した。デンマーク警察が現地法に則り、チョン氏を拘禁できる時間は24時間(疑惑がない場合)、または72時間(疑惑がある場合)であると警察は把握している。 

 チョン氏とともに逮捕された人が4人なのか5人なのかもまだ定かでない。インターポールが警察庁に送った電文には「チョン・ユラ氏を含めて4人。2015年生まれの子供もいる」と書いてあるので、さらなる確認が必要だというのが警察の説明だ。ただし、一緒に逮捕された男性2人は20代後半から30代初めの韓国人男性に見えるという内容がインターポールからの電文に記されているという。 

 チョン氏の送還時点も現在としては明らかでない。セウォル号事故以来、フランスで捕まった故兪炳彦(ユ・ビョンオン)元セモグループ会長の長女ユ・サムナ氏の事例のように、チョン氏が現地で「韓国送還を阻止してほしい」という裁判を申請すれば、国内送還の手続きが長期化する可能性もある。2014年5月に逮捕されたユ氏に対してフランスの裁判所が「韓国に送還するべき」という確定判決を出すのに約22カ月かかった。一部では、不法滞在の疑いで逮捕され、デンマーク滞在期間が短かっただけに、送還が早急に行われるだろうという観測もある。 

 チョン氏が国内に送還された場合、梨花(イファ)女子大学の入学および学事管理関連の特別待遇に対する捜査が早急に進むものと特検チームは期待している。特検は、その他にもチョン氏に関連した乗馬協会への圧力疑惑、サムスンなど大企業からの特別支援疑惑についても捜査している。

http://japanese.joins.com/article/214/224214.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|inside_right
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る