韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

チョン・ギョンシム

【仮病www】バ韓国チョ・グクの妻、裁判中に気絶して緊急搬送される!!

バ韓国チョ・グクの妻であるチョン・ギョンシム


バ韓国の元法相チョ・グク。

夫婦そろって権力を振りかざし、ヤリたい放題だったわけですが……。



先日、妻の裁判が行われていました。



その裁判の最中、体調不良で倒れて病院に緊急搬送されたんだとかwwwww


緊急搬送されるバ韓国のチョン・ギョンシム




金持ちの犯罪者が車いすに乗って登場するというのがバ韓国のお約束でしたが、


これからは急に気絶するというのが流行りそうですね。



-----------------------
韓国”タマネギ男”チョ・グク元法相の妻、裁判中に倒れ緊急搬送

 韓国の”タマネギ男”ことチョ・グク元法相の妻チョン・ギョンシム東洋大教授が裁判中に倒れ、緊急搬送された。

 ソウル中央地裁は17日、資本市場と金融投資業に関する法律違反などの容疑を受けるチョン教授の公判をおこなった。

 この日午前、検察尋問がおこなわれる直前、チョン教授の弁護人は「チョン教授は朝から体調が悪いと話している」とし、「現在も吐き気がしているため、検事の反対尋問の際に待機席で少し休むことはできないか」と裁判部に交渉。これに、裁判部は休廷を決めた。

 およそ10分の休廷を挟んで再開すると、弁護人は「いま状態がかなり悪く、きょうは早めに終えて治療を受けるべきだと思う」と明かした。

 裁判部は「欠席許可に対する証明資料が必要ではあるが、法廷で見る限り、非常に体調が悪そうに見える」として欠席を許可。この直後、席を立とうとしたチョン教授は突然、その場に倒れた。呼びかけに応じず意識を失ったため、裁判部は救急車を要請し緊急搬送された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/03c7a49c401a70f57a553664cdd38a70c3626cba
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【どうする文大統領?】バ韓国次期法相候補チョ・グクの妻、私文書偽造で起訴される!!!!!!!

バ韓国・次期法相候補チョ・グクの妻、起訴される!!


バ韓国を騒がせている次期法相候補のチョ・グク。

その妻が、起訴されたようです!!!!!!!!!


私文書偽造の罪が確定したようですねwwww


さて、これで文大統領がどう出るか見ものです。



チョ・グクを法相に据えないと、任期終了後確実に逮捕される文大統領。

保身のために、任命を強行しそうですね。




「バ韓国は検察の力が強すぎるニダ! もっと弱体化させるニダ」

……と就任当時から訴えていたのが文大統領です。


検察の弱体化を望むなんて、最初から犯罪者の立ち位置だったわけですwwwwww



-----------------------
韓国、法相候補の妻を在宅起訴

検察、私文書偽造の罪で

 韓国メディアは7日、文在寅大統領の側近で法相候補のチョ国氏(54)に浮上している疑惑を巡り、検察がチョ国氏の妻のチョン・ギョンシム韓国東洋大教授を私文書偽造の罪で在宅起訴したと報じた。家族の在宅起訴を受け、チョ国氏を法相に任命するかどうかについて文氏は難しい決断を迫られそうだ。

 報道によると、チョ国氏の娘は2014年に釜山大大学院に合格した際、「東洋大総長賞の表彰を受けた」と記入した履歴書を提出した。しかし、東洋大総長は表彰状を与えたことはないと主張しており、チョン教授が偽造した疑いが浮上していた。

https://this.kiji.is/542727934583833697?c=39546741839462401
-----------------------



自分が投獄されるのを避けるため、国益を無視しまくっている文大統領。

ヒトモドキを終わらせるのはやはり彼しかいません。


なんとしてでも彼の任期中にヒトモドキどもを根絶やしにしたいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る