飲酒運転の取り締まりを強化するバ韓国


バ韓国では飲酒運転による死亡事故が後を絶たないようです。

それを受け、飲酒運転の取り締まりを強化する動きが始まったとのこと。


ま、全くの無駄でしょうね。



屑チョンなんざ、飲酒の有無にかかわらず正常な判断ができない生き物にしか過ぎないのですから。


どれだけ取り締まりを強化しようとも、屑チョン運転手による死亡事故は減らないでしょう。


どうか1匹1殺の勢いで、どんどん殺し合っていただきたいものです。



屑チョンの生息数の半分が死亡事故を起こしてくれれば、

我々人類の宿願である朝鮮ヒトモドキの絶滅があっという間に達成できるのですからwwww



-----------------------
摘発2回で免許取り消し…韓国警察、飲酒取り締まりと処罰を強化

 相次ぐ飲酒運転による人命事故に対する警戒心が高まる中、警察が飲酒運転取り締まり基準と法定刑を強化し、飲酒運転2回摘発時には免許を取り消す制度を導入する。 

 警察庁は28日、こうした内容の飲酒運転根絶対策をまとめ推進する計画だと明らかにした。警察はまず道路交通法を改正し、現行の取り締まり基準である血中アルコール濃度0.05%を0.03%に強化する。 

 警察関係者は「現行法上の飲酒運転の法定刑が低いという指摘が相次いでおり、基準引き上げを推進することにした、2杯ぐらいは大丈夫だという認識を遮断するため取り締まり基準も強化する方針」と明らかにした。 

 ただ、法改正までは立法手続きなどが必要で、実際の導入までは多少時間がかかると予想される。 

 また、車両の押収も積極的に行われる。飲酒運転の場合は再犯の懸念が高いという判断からだ。警察は飲酒前科者が飲酒運転で死亡事故を起こした場合には車両を押収するという現行指針に「重傷害事故」を追加する方針だ。 

 合わせて「過去4年間に4回以上」飲酒運転をした前科者が再び摘発された場合に車両を押収するという規定を「過去5年間に3回以上」に強化する。 

 「ツーストライクアウト制度」も導入する。これまでは飲酒運転3回摘発時に免許取り消しになったが、実効性が弱いという指摘が出ていることから「2回」に強化した。 

 一方、警察は来月1日から3カ月間にわたり「全国飲酒運転特別取り締まり」に出る。警察は午前0時から午前6時まで飲酒取り締まりを強化し、毎週金曜日の夜間には全国で同時集中取り締まりを実施する。 

 特に歓楽街、飲食店、遊園地などを中心に20~30分単位で取り締まり場所を移す方式で取り締まる予定だ。 

https://japanese.joins.com/article/520/246520.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------


この日本で飲酒運転による事故を起こしている屑チョンも相当な数になります。


これ以上我々日本人に犠牲を出さないためにも、この日本で朝鮮ヒトモドキどもに車を運転させることを禁じたいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ