韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

テポドン

周りの国の軍拡が怖いニダ! 日本を抱きしめて、保身のための外交をするしかないニダ!!

糞韓国の馬鹿どもはサザエさんの起源まで主張してましたね


以下は韓国のメディアの載っていた韓国の馬鹿教授の妄言です。


1998年の北チョンのテポドン発射を契機に、日本と中国の軍拡が進んでるニダ!
ウリは金も技術もないからまともな戦力では追いつけないニダ!
だから広い心で日本を抱きしめ、中国との対話を進めるニダ!


といった具合です。


未開の土人未満の生物が、なにを勘違いしてか大国のつもりでバランサー気取りですか。



ま、糞韓国の連中は北チョンの脅威に心底怯えていますからねえ。

有事の際は、日本も中国も物理的距離のおかげでなんらかの対策を取れます。
しかし韓国は、事が起こると同時にソウルが火の海になるのですから、生きた心地がしないでしょう。


北チョンがこの先、いつ滅ぶかはわかりません。
そう遠くはないと思いますが、最後に一花咲かせてから逝ってもらいたいものです。
ま、キムチ臭い朝鮮人の血なので、綺麗な花とはいかないでしょうがね。



-----------------------
韓国‘度量が大きな外交’見せる時

 日本の軍事再武装が対応無策で急速に進んでいる。1998年8月31日、北朝鮮がテポドンミサイルを発射するやいなや再武装の道に本格的に入った日本は中国が尖閣を伺い始めるとすぐ決心したように軍事力を増強している。北朝鮮が口実を与えたテポドンミサイルには諜報衛星4機体制の構築で対抗し、地球上すべての物体を一日に一回探知できる水準になった。

 中国の海洋勢力拡大に対し潜水艦16隻体制を22隻体制に拡大し、中国の潜水艦と水上艦が東シナ海、南中国海に出るまで8隻の潜水艦を常時配置し牽制態勢に入った。北朝鮮のテポドンミサイルを大気圏で迎撃するためのイージス艦も6隻体制から8隻体制に増やしムスダンリでミサイル発射の兆候が見えさえすれば東海に2隻を急派するという。

 空中給油機も2個部隊に増やす。1部隊に4機ずつであるから8機になる。戦闘機24機に空中給油機6機が必要だから非常事態が発生すれば日本の戦闘機は24機がいつも空に浮いていられることになる。

 今、日本と中国の在来軍事力を評価すれば質的な面では日本が優勢で量的な観点では中国が有利だ。潜水艦を例にあげれば日本は潜水艦外部に吸音タイルで武装した、そうりゅう級ステルス潜水艦を保有し中国潜水艦に対し圧倒的実力を誇る。まだ本格的に試みられていないが日本のロケットの実力はすでに大陸間弾道弾能力が確保された状態で軍事用ミサイル転用は時間の問題だ。

 外交的にも再武装の道に入った。安倍政権の集団自衛権政策構築で日本の軍隊は米国が外国から攻撃を受ければ参加できるようになり、米国はこの政策を支持した。日本再武装を防いだ米国が60余年ぶりに賛成に転じたのだ。米国の途方もない財政赤字で国防費負担が大きいのが理由だ。

 もし日本が実効支配している尖閣諸島(中国名:釣魚島)が中国の侵略を受ければ米国が自動介入することになっている。日本の再武装でも中国の海洋勢力拡大はもはや止まりにくい局面になっているのが韓半島をめぐる東北アジア情勢だ。中国は大陸南端の海南島に水中で出入り可能な潜水艦基地を完工し、次期航空母艦が寄港できる埠頭を建設した。射程1500キロを越える東風21ミサイルを東部海岸側にぎっしりと配置する計画で米国の航空母艦はむやみに接近できないようになるだろう。

 1945年第二次世界大戦が終わって70年近くなり韓国は周辺国の激しい軍備競争に直面している。この状況をどのように打開すればよいか。まず、軍事的には最大限、不均衡戦力に対抗しなければならないだろう。日本と中国より経済力が弱い韓国が軍備競争で対処はできない。むやみに武器だけ買うのは無理ではないか。防御力が高いミサイルや隠密な軍事力の潜水艦戦力で対抗しなければならない。

 そして韓国が主導して軍備競争を減らす東北アジア平和プロセス体制をスタートさせなければならない。そのためには韓日関係を早く改善しなければならない。日本の過去問題は持続的に追求しても、巨視的側面から韓日関係は改善されなければならない。中国と違い、韓国と日本はそれでも民主主義の経験が多い国だ。民主主義を中国に伝えてこそ東北アジアの平和と繁栄という未来がある。だから好きでも嫌いでも日本を抱きしめて進まなければならない。外交通路とメディアを通じて韓日関係改善のための水面下の作業が真っ最中であることを知っている。

 大乗的次元で韓国が先に手を差し出し、日本を抱きしめて中国との対話を進め武器購買競争状態の東北アジアを経済繁栄の体制に変化させなければならない。東北アジアに平和の対話体制を作る資格が最もある国が韓国だ。過ぎ去った歴史で韓国は周辺国を侵略したことがない国で、国際的地位も世界の中の韓国になっている。度量が大きい外交の機会が韓国に来ている。

http://www.segye.com/content/html/2013/12/13/20131213004178.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








在日韓国人をテポドンにくくりつけて韓国に撃ち込みましょう

韓国人に死を!

日本中で嫌韓感情が巻き起こっていますね。バ姦国はそんな日本の状況が気になって夜も眠れないようです。


「在日韓国人をテポドンにくくりつけて韓国に撃ち込みましょう」、個人的には大賛成です。しかし、そんな妄想よりももっと実現可能なことをコツコツと実行していきたいものです。


・チョン製スマホを使わない。
・チョン企業の製品不買。
・パチンコに金を使わない。

など、誰にも実行可能なことがたくさんあります。

一人一人の力は小さいですが、塵も積もれば山となります。
韓国の息の根が止まるまで走り続けようじゃありませんか!


-----------------------
「新大久保のゴキブリの皆さんこんにちは。こちらは『全日本・社会の害虫を駆除しよう清掃委員会』です」

「在日韓国人をテポドンにくくりつけて韓国に撃ち込みましょう」

日本国内の一部右翼団体の“韓国叩き”が度を越えている。3月からほぼ毎週日曜日に東京・新宿や大阪など韓国人密集地域で右翼の極端な扇動が続いている。

日本の主要メディアが懸念するほどだ。「『敵』を見つけ、暴力的な言葉を浴びせる人々がいる。それを容認し、駆り立てる空気がある」(28日付朝日新聞)、「表現の自由として議論する問題ではなく、こうした行動や発言を日本国民として受け入れられるのかどうかをまず考えるべき」(26日TBS)。

状況が極端に進み右翼団体と韓国人の衝突まで懸念されると、同じ右翼勢力内でも自省の声が出ている。新右翼「一水会」の木村三浩代表は「やりすぎだ。大使館に行きちゃんと抗議すれば良いこと」と嘆いた。朝日新聞は28日に在特会の反韓デモに参加し懐疑を感じ“転向”する39歳の男性の経験談を紹介した。この男性は2011年8月からデモに65回参加した。歴史問題でいつも日本が攻撃を受けているという考えだった。

ノートパソコンとカメラを持ってデモ現場をインターネットで生中継した。だが、デモ参加者と一般市民の間の温度差を感じ韓国に対する“怒り”の根拠を探すことになった。歴史の本で在日韓国人がなぜ日本に住んでいるのか歴史的な経緯を初めて知ることになったという。

彼は先月、悩んだ末に「決別宣言」をネットで配信した。「殺せ、ゴキブリと言いながらのデモには、もう賛同できない。スタンスの違う人からは、モンスターに見えるのではないか」。彼の宣言が出されると1時間で「在日認定」「氏ね(死ね)」などの批判コメントが5471件殺到したという。

ソース 中央日報
http://japanese.joins.com/article/993/170993.html?servcode=A00&sectcode=A10
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る