韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

テロリスト

【無法国家】米国大使公邸を襲撃したバ韓国塵どもが全匹保釈される!!

大使館を襲撃しても釈放されるバ韓国


昨年の10月。ソウルにある米国の駐韓大使公邸に対してテロを起こしていた屑チョンども。


その内、1匹は選挙に出るという理由で釈放されていました。


(過去記事:アメリカ大使公邸に侵入したバ韓国のテロリスト、選挙に出るという理由で保釈される!!!!!)



今回、残り3匹のテロリストどもに対し、執行猶予の判決が出ていました。


国際的なテロを実行しておきながら、懲役されることなく娑婆に出てくるんですねwwww



さすがバ韓国!


きゃつらには法律の概念が存在していないので、こうなるのは当然かもしれませんね。




-----------------------
米大使公邸に侵入の大学生4人に有罪=ソウル中央地裁

 韓国が米国に支払う防衛費分担金の引き上げに反対し、米国の駐韓大使公邸に侵入した「大学生進歩聯合(大進聯)」所属の大学生4人に対し、一審のソウル中央地裁は29日、業務妨害罪などで懲役1年、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。4人のうち金裕珍(キム・ユジン)被告(29)は4月15日に行われた総選挙に民衆党から比例代表で出馬することを理由に保釈されており、残る3人は今回の判決を受け保釈された。

 4人は昨年10月、ソウル市中区貞洞にある米国の駐韓大使公邸の壁を乗り越えて庭に侵入し、「米軍支援金の5倍増額を要求したハリス(駐韓大使)はこの地を去れ」などと書かれたプラカードを掲げ、違法なデモを行ったとして、業務妨害などの罪で逮捕、起訴されていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/30/2020043080037.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国ではただの日常】選挙妨害のレンガテロ!? 捕まったのは11歳の児童www

バ韓国のレンガテロで破壊されたバス停


大邱コロナ騒動真っただ中で加熱しているバ韓国の総選挙。


その選挙演説中にトンデモないテロが行われていました!!


野党の候補が演説している際、付近にレンガが空から降ってきたのです!!!!!!!!


バス停の屋根を突き破り、地面に落下!


残念ながら死傷者はゼロとのこと。


うーん、狙いが甘かったようですね。



このレンガテロ犯は、11歳の小学生でしたwwwww



ゲームに失敗してイライラしていたとのこと。


うーん、さすが屑朝鮮塵ですなぁ。



刑事罰を受けずに済んだようなので、次こそは大量のヒトモドキをぶちロコしてほしいものです。




-----------------------
朱光徳候補に「レンガ・テロ」、捕まったのは11歳=南楊州警察署

 4月15日の総選挙に出馬した野党・未来統合党の朱光徳(チュ・グァンドク)候補(京畿道南楊州丙選挙区)の選挙演説現場近くにレンガを投げたのは、小学校6年生の児童(11)であることが分かった。

 3日午後5時20分ごろ、京畿道南楊州市内の韓信マンション一帯で行われた朱光徳候補の選挙演説現場にレンガが投げ込まれるという事件が発生した。

 レンガが落ちたのは朱光徳候補が立っていた場所から9メートルほど離れた地点だった。レンガは選挙演説現場付近のバス停のガラス製屋根を突き抜けて地面に落ちたが、幸いなことに人命にかかわる被害はなかった。

 レンガが落ちたのは朱光徳候補が演説をする前で、選挙区の市議会議員が応援演説をしていた時だった。

 南楊州警察署は事件発生後、専門担当班を立ち上げて防犯カメラ映像の追跡や聞き込みなど行い、該当の児童を特定したと8日、明らかにした。

 警察の捜査によると、この児童は事件現場近くの4階建てのビル屋上で携帯電話のゲームをしていたが、うまく行かないことに腹を立ててレンガを投げ、そのレンガが誤って下に落ちてしまったと話しているという。

 この児童は触法少年として刑事罰ではなく保護処分を受けることになる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/09/2020040980127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アメリカ大使公邸に侵入したバ韓国のテロリスト、選挙に出るという理由で保釈される!!!!!

大使公邸に乱入したバ韓国塵テロリストが保釈


昨年10月に在韓アメリカ大使公邸に乱入した屑チョンのテロリストども。


その内の1匹が保釈されることになったようです。


その理由は、

選挙に出馬するからというもの!!



いやぁ、凄い国ですね。


選挙に出るというだけで、犯罪者を釈放するとはwwwww


国民全てが犯罪者なので、過去に殺しをしていても政治家になれるバ韓国ならではですね。



こんな国とまともに付き合えるわけがないのです。


今回の大邱コロナ騒動はいい機会なので、確実に国交を断絶させたいものです。



もちろん、“国交断絶”と国内に巣食うヒトモドキの“完全駆除”はセットにしなければなりませんね。



-----------------------
米大使公邸の塀を乗り越えた4人、総選挙出馬者のみ保釈許可=ソウル中央地裁

 昨年10月に駐韓米国大使公邸へ集団で乱入し、逮捕・起訴された親北朝鮮団体のメンバー4人が保釈を申請した。申請の結果、1人だけ保釈されたことが確認された。唯一釈放されたメンバーは来月、民衆党比例代表候補として総選挙に出馬する予定だ。ソウル中央地裁刑事18単独の梁銀祥(ヤン・ウンサン)判事は、業務妨害などで逮捕された韓国大学生進歩連合(大進連)所属の22歳の被告など4人の保釈申請に対し、キム・ユジン被告(29)の保釈のみ許可したことが明らかになった。残る3人の保釈は、逃走の恐れを理由に棄却したという。

 この日の裁判所の決定により、キム被告は在宅状態で裁判を受けると同時に選挙を戦うことができるようになった。キム被告は、解散した統合進歩党の後身である民衆党の青年比例候補の予備選に出馬して2位になり、今月5日に民衆党比例代表国会議員候補7番を割り当てられた。当時、キム被告は獄中出馬宣言文を通して「大韓民国は米国の属国ではない」として「外勢の干渉を排除し、わが民族同士力を合わせて統一を実現するため先頭に立って闘争したい」と主張した。キム被告は保釈翌日の17日、韓国国会の「正論館」で開かれた韓米防衛費分担金関連の民衆党記者会見に国会議員候補の資格で出席し、「韓米防衛費交渉中止」を要求した。

 キム被告らを含む大進連の男女メンバー計17人は昨年10月18日、ソウル市中区にある米国大使公邸の塀を乗り越えて無断侵入した。ハリー・ハリス駐韓米国大使一家が生活している公邸の玄関前を占拠するなど、1時間以上にわたって反米デモを繰り広げた。このうち主導者4人が、「犯罪容疑は疎明され、証拠隠滅および逃走の恐れがある」という理由で身柄拘束・収監のまま裁判にかけられた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/18/2020031880087.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【平昌冬季五輪】バ韓国政府がテロ危険人物17人を国外退去させる!!

開催前から失敗確実のバ韓国・平昌冬季五輪


平昌冬季五輪を目前に控えたバ韓国が、

テロを起こす危険性のある外国人17人を国外退去させていました。


こ、これは是非とも我が国でも導入すべきでしょう。



東京五輪の際には、

国内に巣食う糞帰化チョン、屑在日、成り済ましどもを国外退去処分にするべきですね。

ま、手早く殺処分にしたほうがいいのですが……。


そして再入国させないようにすれば、

さらに日本の治安が向上するのですから!!


-----------------------
韓国政府がテロ危険人物17人を国外退去に 平昌五輪控え

 韓国政府は19日、テロ対応の司令塔となる「国家テロ対策委員会」の会合を李洛淵(イ・ナクヨン)首相の主宰で開催した。

 同委によると、政府は平昌冬季五輪・パラリンピックを控え、国内滞在の外国人のうちテロを起こす危険性のある人物17人(国籍は5カ国)を昨年1年間に国外退去させた。外交摩擦を避けるため国籍などは公表しない。退去させられたのはテロ組織の構成員として韓国に入国した外国人ではなく、以前から韓国にいてテロ組織に従うようになるなどテロとの関連性が見つかった外国人とされる。

 同委ではあわせて、昨年3月に英ロンドンで起きた車によるテロで負傷した韓国人女性1人に治療費と特別慰労金を支給することを決定した。2016年6月のテロ防止法施行以降、テロ被害を受けた国民に政府の支援金が支払われる初のケースとなる。この女性は旅行で訪れたロンドンで暴走するテロ犯の車を避けようとして地面に頭をぶつけ、帰国後も治療を続けている。

 同委は会合で、先制的なテロ予防やテロへの対応力強化に重点を置いた「2018年国家対テロ活動基本計画」を確定させた。12の対テロ関係機関が参加する協議会を随時開いて情報を共有し、国際刑事警察機構(ICPO)の情報などを用いてテロの危険性のある人物リストを最新化するほか、外国人の指紋・顔確認制度の実施を継続する。

 来月9日開幕の平昌五輪・パラリンピックの安全な開催に総力を挙げることも改めて確認した。警察は車によるテロを予防するため障害物を設け、軍は警戒活動に加え爆発物処理班と化学・生物兵器などへの対応班を運用し、海洋警察は競技場近くの沖に艦艇などを配備する。国土交通部はドローン(小型無人機)によるテロなどを防ぐため競技場付近に飛行禁止区域を設定し、高速鉄道(KTX)駅などでの警戒を強化する。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/0120/10205389.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る