韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


テロ対策

【バ韓国・平昌冬季五輪】またもやトラブル発生! 今度はテロ対策用の軍用犬が脱走!!!!!!!!!

トラブルだらけのバ韓国・平昌冬季五輪


トラブル続出の平昌冬季五輪。

まだ始まってもいないのに、とんだ醜態を晒し続けてくれますなぁ。


今度は、

テロ対策用に派遣されていた“軍用犬”が脱走するというトラブルが発生していましたwwww


食べられるとでも思ったのかもしれませんねwwww


犬にすら嫌われている屑チョンって、本当に不様ですなぁ。


それにしても、

開幕後は、今まで以上の勢いでトラブルが発生することは間違いないでしょう。



いやぁ、笑い死にしないよう覚悟しておくべきですね。


-----------------------
平昌五輪でまたトラブル、今度はテロ対策の軍用犬が脱走騒ぎ―中国メディア

 2018年2月6日、中国メディアの海外網は、9日の開幕を目前に控えた平昌冬季五輪で、民間警備員が寝泊まりする宿舎で集団食中毒とみられる症状が発生したのに続き、テロ対策支援のために平昌に派遣された軍用犬が脱走し、一時行方不明になる騒ぎがあったと伝えている。 

 韓国・ニュース1によると、平昌郡大和面の駐屯地で5日午前、レトリバー1頭(オス・6歳)が脱走した。軍は軍用犬が脱走したことを町内放送を通じて付近住民に知らせた上で、兵力を投入し捜索作業を行った。約10時間後、駐屯地から約1.5キロ離れた場所で住民が軍用犬を発見し、家畜を飼っておく建物につないだ後、軍に申告した。 

 軍は、軍用犬の脱走による人命と財産への被害はなかったと明らかにした。

http://www.recordchina.co.jp/b567627-s0-c50.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








中国で「LINE」や「カカオトーク」が遮断されている理由が判明!! それは「テロ対策」のためだった!!!!!

LINEやカカオトークのような韓国製アプリを使うのは危険です


バ韓国産の屑アプリである「カカオトーク」と「LINE」。

その二つは、現在中国において遮断されていて使えない状態となっています。


このたび中国当局がその理由を説明していました。



これらのアプリは、テロリストの連絡手段として使用されているアル!



とのことです。



事の真偽はともかく、通話内容はバ韓国政府に筒抜けになってしまうので当然の措置と言えるでしょう。


我が日本でもいまだに「LINE」ユーザーがたくさんいるようですね。



日本政府も中国を見習って、強制的に遮断するべきでしょう。

それと一緒にパチンコも違法にして、屑在日どもの財源を枯渇させるべきですね。





-----------------------
韓国系チャットアプリ、「テロリスト集団が使用の疑い」で中国で遮断―韓国メディア

 2014年8月7日、韓国・聯合ニュースによると、韓国未来創造科学部は同日の記者会見で、中国当局が韓国系の無料通話・チャットアプリ「カカオトーク」と「LINE」を中国国内で遮断していることについて、テロ対策の一環だと中国側から説明があったことを明らかにした。8日付で環球時報が伝えた。

 中国側は「アプリがテロリストの連絡手段として使用されている疑いがある」と説明したという。遮断の対象には、DidiやTalk Boxなど、韓国以外の国のアプリも含まれる。

 朝鮮日報によると、未来創造科学部は「中国がテロ対策を口実に自国アプリに肩入れしているのでは」と韓国の業界関係者から疑問の声が上がっていることについて、「韓国系アプリは中国でのユーザーが比較的少ない上、カカオトークの大株主は中国企業テンセントであることから、その可能性は低い」と説明した。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20140810011/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る