韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

トランプ大統領

さすが文在寅www バ韓国・文政権になってから対米ロビー資金が10倍以上に!! その結果は、ただの税金の無駄遣いwww

バ韓国塵の低脳ぶりに呆れるトランプ大統領


バ韓国の対米ロビーに費やした額が、世界1位だったと判明していました!


これはバ韓国史上初めてのこと。


文政権がなりふり構わず金をバラ撒いていた結果です。



しかし、1億6552万ドルを使ったにもかかわらず、大した効果はナシwww


トランプ大統領からは嫌われただけで、気が付いたら国内経済がズタボロになっていたわけです。



さすがバ韓国ですねwwww



この金額の一部でも国内に回していれば、救える命もたくさんあったことでしょう。


これも文在寅による国民殺しの一環と言えるでしょうね。


素晴らしい結果です!!



-----------------------
文政権の対米ロビー資金は世界1位

 韓国が全世界の国の中で米国相手に最も多くのロビー資金を公式に支出していたことが1日までに確認された。米国の非営利政治資金追跡市民団体「責任ある政治センター(CRP)」が、2016年以降に外国政府や企業が米国に対してロビー活動を行ったと米法務省に申告した金額を追跡した結果、韓国(1億6552万ドル=約177億8500億円)は日本(1億5698万ドル=約168億6800万円)、イスラエル(1億1839万ドル=約127億2100万円)、サウジアラビア、中国などを抑えて1位だった。

 特に注目を集めるのは、文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足した2017年、韓国政府による対米ロビー支出が前年度(633万ドル=約6億8000万円)の10倍にあたる6350万ドル(約68億2000万円)に急増したことだ。複数の専門家は「韓国が公式のロビー資金としてワシントンDCで年間6000万ドル(約64億円)以上使い、ここ4年間のロビー支出額が世界1位になったのは、大韓民国外交史上はじめてのことだ」と述べた。

 2017年は米国でトランプ政権が発足した年だ。文在寅政権に対するワシントン政界のイメージ改善、行政や立法府の実力者らとの水面下での接触、韓米自由貿易協定(FTA)改正といった経済や通商面での懸案対応などの必要性が、ロビーを刺激したと解釈されている。

 駐米政務行使を歴任したある外交官OBは本紙の取材に「ロビー支出2位の日本と3位のイスラエルは米国としっかりした友好関係を維持しているが、韓国は経済や通商分野で特別な恩恵もなく、最近のボルトン元補佐官の回顧録からもわかるように、韓米関係と米朝関係のいずれの調整にも失敗した」「国民の税金を持って無駄遣いしたとしか言いようがない」と指摘した。

 CRPによると、2017年1月はじめから12月末まで、「韓国政府」名義で依頼したロビーは合計21件だった。韓国政府はこのロビー物量を複数の米国ロビー専門会社に支払った。17年のロビー受注1位はスクライブ・ストラテジーズ、2位はエイキン・ガンプだった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/02/2020070280052.html
-----------------------

それにしても、文在寅が大統領になった途端、対米ロビー資金が10倍にも膨れ上がっていたとはwww

本当に能無しの屑ですなぁ。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・文在寅「トランプ大統領によるG7への招待、喜んで応じるニダぁぁぁ!」

バ韓国の珍獣を見つめるトランプ大統領


先日、トランプ大統領がG7にバ韓国・オーストラリア・インド・ロシアを招待したいと語っていましたが……。


早速、キチガイ文在寅が応じていたようです。



「トランプ大統領の招待に、喜んで応じるニダ!!」


「やはり世界はバ韓国を求めているニダ!!」



バ韓国大統領府が、文在寅の弁を大々的に伝えていました


ゲイコロナで急落している支持率を支えるためのポーズでしょうね。


中国の報復を恐れている文在寅が、いつものように口先だけの約束をしたにすぎません。



なにしろ、国と国の約束ですらまともに守れないキチガイどもなんですからwwww



どちらにせよ、今回の発言で中国を怒らせたのは間違いないでしょう。


バ韓国経済がますます悪化して国の崩壊が早まるので、いい事尽くめと言えます。



-----------------------
文大統領「トランプ大統領のG7招待、喜んで応じる」

 米国のドナルド・トランプ大統領が最近、韓国を主要7カ国首脳会議(G7)に招待したことに関連し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、「トランプ大統領の招待に喜んで応じるつもりで、防疫と経済の両面から韓国ができる役割を果たす考え」と話した。文大統領はこの日午後9時30分から15分間にわたって行ったトランプ大統領との電話会談で「今年度のG7首脳会議主催国として韓国を招待してくださったことを歓迎し、感謝申し上げる」と述べたと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

 姜報道官によると、文大統領は「今年度のG7の拡大形態として対面拡大首脳会議が開催されれば、ポストコロナのマイルストーンになるだろう」としながら「適切な時期に対面会議として成功裏に開催されれば、世界が正常な状況と経済に戻るという信号弾になるだろう」と話した。

 トランプ大統領が文大統領に「G7が古い体制で現在の国際情勢を反映できていない。これをG11あるいはG12体制に拡大する方を摸索中だが、文大統領の考えはいかがか」と質問すると、「G7体制は限界がある」という趣旨で同調した。両首脳はG7に韓国・オーストラリア・インド・ロシアを加えたG11、さらにブラジルまで含めたG12に拡大する案についても話し合った。専門家はトランプ大統領の提案を韓国も反中連合戦線に引き込む趣旨だと解釈している。

https://japanese.joins.com/JArticle/266557
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【どっちを選んでも地獄ww】トランプ大統領がG7にバ韓国を招く提案をする!!

G7へのバ韓国参加を提案したトランプ大統領


トランプ大統領が、現在のG7(米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、日本)にバ韓国とオーストラリアとロシアとインドを招くべきだと発言していました。


中国包囲網をより強固なものにするためという狙いでしょう。



実現するかどうかは不明ですが、バ韓国に対する中国の締め付けがより厳しくなることだけは間違いありません。



参加するも地獄、参加しないも地獄という2択です。


それを見越してバ韓国の名前を挙げていたとしたら、トランプ氏も相当な策士ですね。



どちらにせよ、バ韓国が苦しむ提案なので今後の進展から目が離せんません。




-----------------------
トランプ大統領「G7は時代遅れ…9月の会議で韓国招きたい」

 トランプ米大統領は30日、来月末に予定された主要7カ国(G7)首脳会議を9月に延期すると明らかにした。

 ロイター通信によると、トランプ大統領はこの日フロリダ州のケープカナベラルで民間宇宙開発企業スペースエックスの有人宇宙船打ち上げ場面を参観後ワシントンに戻る大統領専用機内で記者らにこのように話した。

 また、トランプ大統領は現在のG7の構成が「時代遅れ」とし、韓国とオーストラリア、ロシア、インドを会議に招きたいとの意向も示した。現在G7は米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、日本の7カ国をメンバーとしている。

 ホワイトハウス関係者はトランプ大統領がこれら4カ国と中国に関し議論したいと話したとロイター通信は付け加えた。

https://japanese.joins.com/JArticle/266505
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















南北鉄道連結事業をゴリ押しするバ韓国政府に、トランプ政権がダメ出し!!

南北鉄道連結事業をゴリ押しするバ韓国政府


バ韓国政府が躍起になって再始動させようとしている南北鉄道連結事業。

総選挙で大勝したことにより与党がゴリ押ししながら水面下で進めています。



しかし、


その動きを察知したアメリカ政府が、


「非核化が進展していないのに勝手なことをするな」


とダメ出しをしていました。




それでも、あの文在寅のことですから、

既成事実を作って事業を加速させそうです。



ま、自殺したがっているのですから、下手に口出しする必要もないのでは?



さっさと南北を統一してもらったほうが、後に控えている除鮮作業が捗りますからwwww




ヒトモドキが1匹も存在しない地球……。


考えただけでも胸が熱くなります。



我々の世代で、是非とも成し遂げたいものです。




-----------------------
南北鉄道連結を加速させる青瓦台に米政府が待った「非核化と歩調合わせろ」

 青瓦台(韓国大統領府)は28日、南北鉄道連結事業について「米国と協議を行った」と発表した。4・15総選挙圧勝の雰囲気に乗り、南北協力をさらにスピードアップしたいという意味だった。だがこの日、米国トランプ政権は「北朝鮮の非核化進展に歩調を合わせるべき」とした。北朝鮮の非核化に全く進展がない状況で南北交流事業ばかり急いではならない、という意味だと解釈されている。米国政界からも「韓米防衛費分担金交渉や北朝鮮政策を巡って韓米間の緊張が表面化している」との指摘が出た。

■防疫協力・鉄道連結でスピードアップする青瓦台

 青瓦台の関係者は28日、韓国政府の推進する南北交流事業が北朝鮮制裁と衝突する可能性について「(防疫協力は)人道主義的事案なので制裁に該当しない」とし、「大きな制約はないだろうとみている」と語った。また、南北鉄道連結事業や北朝鮮個別観光については「米国と緊密に協議してきた」とした。非武装地帯の平和地帯化構想については「全世界が全て支持・賞賛し、反対する国もない」と指摘した。この関係者は「まだ北朝鮮の反応はないが、文大統領の提案を受け入れるというなら、すぐに実行する準備ができている」として、「(実現の可能性を)希望的に期待する」と語った。米国の反対や北朝鮮制裁違反の可能性より、北朝鮮が呼応するかどうかが変数だという趣旨と解釈されている。

 青瓦台は総選挙後、南北間の防疫協力など人道的支援はもちろん、鉄道連結事業など経済協力事業にも意欲を示してきた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4・27南北首脳会談2周年に合わせ、コロナに共同対処する南北防疫・保健協力からスタートして離散家族再会など人道的交流、鉄道・道路連結事業などを推進していきたい、と表明した。「韓半島の運命の主人はわれわれ自身」だとし、独自の南北協力事業をより力強く推し進めたいという意図も覗かせた。

■米国では早すぎる経済協力への「警戒」続く

 米国務省は27日(現地時間)、「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が4・27南北首脳会談2周年について論評を求めたのに対し「米国は南北協力を支持している」としつつも、「南北間の協力が非核化進展と歩調を合わせて進められるようにするため、われわれの同盟国である韓国と調整している」とコメントした。非核化の進展がない状態で韓国が独自に南北経済協力をスピードアップすることを警戒する、従来の立場を再確認したのだ。

 米議会調査局(CRS)も、今月22日に発刊した韓米関係の報告書で「トランプ政権と文在寅政権の間では、根本的な緊張が多様なイシューで表面化し続けている」として、北朝鮮政策や防衛費分担金問題を挙げた。CRSは、北朝鮮政策に関連して「文在寅政権は概して、トランプ政権より北朝鮮の方により多く、より早く譲歩することに友好的」とし、「国際社会や米国の制裁は、文大統領が米国の承認なしにより多くのことを行うのを妨げており、これが周期的な緊張の原因となっている」と指摘した。

 双方の綱引きが当分続く可能性が高い、というわけだ。峨山政策研究院の崔剛(チェ・ガン)副院長は「米国も韓国の総選挙の結果を見てある程度予想していたはずだが、文在寅政権のスピードアップを支持するのは難しいだろう」としつつ、「南北協力が目に見える形になったら、『制裁の枠組み』が稼働しつつも韓米の呼吸が合わなくなる可能性が高い」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/29/2020042980035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る