韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


ナッツ婆

【バ韓国・大韓航空】ナッツ婆と水かけ婆が全ての役職から辞任させられる事態に!!

バ韓国の財閥には犯罪者しかいない


この度、水かけ婆の騒動を受けて、

姉のナッツ婆と妹の水かけ婆が全ての役職から辞任させられることになったようです。



と言っても、屑チョンどものことですから、いつものようにほとぼりが冷めたら復帰するんでしょうね。


なにしろ3歩あるいたら記憶が消えてしまうような低能どもです。

しれっと復職していても気づかない可能性が高そうですなぁwwwww



この二匹の父親が、経営体制を改めると発表していました。

しかし、二匹の婆より数多くの犯罪を犯している屑チョンが何を言っても説得力がありませんね。


-----------------------
大韓航空 創業家の姉妹 全役職を辞任へ

 韓国で、大韓航空を傘下に置く財閥「ハンジン(韓進)・グループ」の会長は、4年前、客室乗務員のナッツの出し方に怒って旅客機を搭乗口に戻させた長女と、先月、会議中に怒って出席者の顔に飲み物をかけたとされる次女の2人を、すべての役職から辞任させると発表しました。

 このうち、長女のチョ・ヒョナ(趙顕娥)氏は、4年前、大韓航空の副社長だった当時、客室乗務員のナッツの出し方に怒って滑走路に向け動き始めた旅客機を搭乗口に戻させた、いわゆる「ナッツ・リターン事件」を起こしました。

 また、大韓航空の専務で次女のチョ・ヒョンミン氏は、先月、会議中に「自分の質問に答えていない」と激怒して出席者を罵倒したうえ、顔に飲み物をかけたとして、警察が暴行の疑いで調べています。

 国民の間で批判が高まる中、姉妹の父親で大韓航空を傘下に置く財閥「ハンジン・グループ」のチョ・ヤンホ(趙亮鎬)会長は22日、「会長として、また一家の長として、娘が起こした未熟な行動に惨めな気持ちを禁じえません。すべては自分の不徳です」とする謝罪文を発表しました。

 そして、現在、グループ内のホテル運営会社の社長を務める長女と次女の2人を、すべての役職から直ちに辞任させることを明らかにし、韓国の財閥に多い創業家中心の経営体制を改めると強調しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413741000.html?utm_int=news_contents_news-main_005
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国・水かけ婆】チョ・ヒョンミンは、憤怒調節障害だった!?

バ韓国の新たな妖怪・水かけ婆


ナッツ婆の妹である水かけ婆のチョ・ヒョンミン。

この水かけ婆に対して、憤怒調節障害があるのではとみられているようです。


って、おい!!


憤怒調節障害は、バ韓国の国民全てが持っている病気だろうがっ!!

まともな日本人なら誰でも知っている周知の事実にしか過ぎません。




ね? 顔面殴打されたMさん。

バ韓国塵夫がDVするのは当たり前

淘汰されてしかるべきDNAが、今日現在まで生き残ってしまっているのが間違いなのです。




先人には尊敬の念を払いたいものですが、

朝鮮半島を併合してきゃつらを生き残らせてしまったのは過ちでしたね。



その責任を負い、子孫である我々がなんとしても朝鮮ヒトモドキどもを駆逐しなければならないでしょう。


-----------------------
ナッツ姫の妹に「憤怒調節障害」の可能性=韓国に患者6000人

 怒りを抑えられずに突然、怒声や罵声(ばせい)を浴びせる「間欠性爆発性障害(別名:憤怒調節障害)」の患者が韓国で約6000人に達することが分かった。広告代理店社員にコップの水をかけたとして非難を浴びている「ナッツ姫の妹」大韓航空の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)専務(34)もこの間欠性爆発性障害の可能性があると専門家は言う

 健康保険審査評価院が17日に発表した医療ビッグデータの分析結果によると、習慣および衝動の障害の1つである間欠性爆発性障害で診療を受けた人は2017年に5986人いたことが分かった。15年は5390人、16年は5920人で、毎年増加傾向にある。性別では、男性が全体の83%(4939人)で女性よりも多かった。年齢別では20代が29%、30代が20%、10代が19%など、若年層で多かった。40代は12%、50代は8%だった。専門家は「年を取れば取るほどストレスなどの外部刺激に鈍くなるためだ」と話している。

 間欠性爆発性障害とは、ある行動をしたいという刺激を調節できずに衝動的な行動に出る一種の精神疾患だ。脳の交感神経がうまく調節されずに理性をもって状況を判断できなくなるもので、症状がひどくなると事故を起こしたり、犯罪をしたりすることもある。障害の原因としてはストレス、アルコール依存症、前頭葉の問題、脳血管疾患などが挙げられる。健康保険審査評価院では「障害が疑われる場合は精神科医の診察を受けた方がいい。単に性格や習慣の問題だと考えて治療を先送りすると症状が悪化し、いっそう大きな問題につながる恐れがある」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/18/2018041801041.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国・大韓航空パワハラ事件】ナッツ婆の妹、騒動を受けて急遽帰国!!!!!!!

バ韓国ナッツ婆の妹。醜いツラしてますなぁ


バ韓国塵らしさ全開のチョ・ヒョンミン


部下に水をぶっかけ、暴言を吐いていたナッツ婆の妹・チョ・ヒョンミン。

騒動を受けて海外に逃亡していましたが、急遽帰国したようです。


警察も立件を目指して動き始めたようで、今後さらなる議論を巻き起こすことでしょう。


ここは是非とも被害を受けた部下の屑チョンに頑張っていただきたいものです。


ま、応援するまでもなく金目当てで奮闘するでしょうけどwwwwwww

ナッツ婆の時と同様、仮病作戦を実行してくるかもしれませんねぇ。



でも、どんな厳罰が処せられたとしても、

姉の時と同様に1年もしない内に重職に返り咲くんでしょうね。


-----------------------
「ナッツ姫」妹、きょう早朝に帰国「愚かだった」

 大韓航空のチョ・ヒョンミン専務  広告代理店の社員に水をかけるなどパワハラ議論に包まれている大韓航空のチョ・ヒョンミン専務が15日早朝に帰国した。チョ専務はベトナムのダナンで休暇を過ごしていた。 

 大韓航空によると、チョ専務はこの日午前5時26分に大韓航空KE464便で仁川(インチョン)空港第2ターミナルを通じ帰国した。 

 チョ専務はこの日仁川空港で会ったMBC取材陣とのインタビューで「私が愚かだった。顔にはかけていない。押しつけただけだった」と話した。 

 これに先立ち12日にチョ専務は大韓航空の広告を代行するA社との会議でA社社員に暴言を吐き、水をかけたなどとされるパワハラ議論に包まれた。 

 大韓航空によると、チョ専務は12日午前に休暇で海外に出国した。休暇は来週初めまで予定されていたが、議論が拡散したことから急遽帰国したものとみられる。 

 チョ専務は出国当日に自身のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に「愚かで軽率な行動に対し頭を下げ謝罪申し上げる」という書き込みを残していた。 

 一方、ソウル・江西(カンソ)警察署は13日、チョ専務の行動が暴行や業務妨害に該当するのかに対する内偵捜査着手を公式化し、正式立件の可否を検討している。 

 同日午後、民衆党のソウル市長候補キム・ジンスク氏も「労働者を冒涜し勝手気ままに振る舞うことが日常になった企業家が処罰を受けるようにするだろう」としてソウル中央地検にチョ専務を特殊暴行などの容疑で告発した状態だ。 

http://japanese.joins.com/article/552/240552.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国・大韓航空】ナッツ婆の妹、騒動を報じられ国外逃亡wwww

バ韓国塵らしく、実に醜い顔のチョ・ヒョンミン


会議中に、奇声をあげながら部下に水をぶっかけたナッツ婆の妹

この屑チョンが、大韓航空に休暇届けを出して雲隠れしたようです。


ま、ネットで拡散してしまったので、ほとぼりが冷めるまで国外に逃げ出そうという魂胆でしょう。


しかし、さすがは屑チョンwwwww


黙って逃げていればいいものを、わざわざインスタに写真をあげてネットユーザーを挑発していたのです。


飛行機の中で醜い顔を自撮りして、その写真に“私を探さないで”、“休暇を取ります”などのハッシュタグを付けていたとのこと。


自意識過剰というか、能天気というか……。


まさにノータリン状態ですねwwww



ま、人類より遥かに脳が足りない屑チョンなので、これがデフォなんでしょうな。


-----------------------
「私を探さないで」大韓航空“ナッツ姫”妹の行動がさらに波紋

 2018年4月13日、韓国・聯合ニュースは、広告代理店の職員に向かって水の入ったコップを投げ「パワハラ」騒動を起こした韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女チョ・ヒョンミン大韓航空専務が休暇を取得していたと伝えた。 

 記事によると、チョ専務は12日から休暇を取り、海外に出国した。大韓航空関係者は「休暇はもともと計画されていたもの」と説明したという。 

 また、チョ専務は12日に自身のインスタグラムを更新し、機内で撮影したとみられる写真を投稿。写真には「私を探さないで」「休暇を取ります」などのハッシュタグが付いていたというが、同投稿は翌日午前までに削除されたとのこと。 

 チョ専務は12日、先月行われた広告に関する会議中に広告代理店社員らを怒鳴りつけ、水の入ったコップを投げていたことが明らかとなった。同問題が波紋を広げると、チョ専務は自身のフェイスブックで「未熟で軽率な行動を深くお詫びいたします」と謝罪した。しかし世論の怒りは収まらず、ネット上の掲示板や観光業界関係者を通してチョン専務の過去の不適切な行動の数々が暴露されているという。 

 大韓航空の匿名アプリ「ブラインド」には「チョン専務は日ごろから所属部署のチーム長に暴言を吐き、ここ1年で3〜4回チーム長を替える身勝手な人事をした」との文章が掲載された。また、多数の広告業界関係者は「大韓航空のこうした振る舞いは広告業界では昔から有名」とし、「パワハラのため大韓航空の広告を拒否する会社もある」と述べたという。その他、韓国大統領府の掲示板に「チョ専務を厳重に処罰すべき」「大韓航空の社名とロゴを変更してほしい」と訴える請願が相次ぐなど論争が広がると、大韓航空は「一連のことについて事実確認はできないが、今回のことに心から謝罪し、深く反省する」との立場を示したという。 

 韓国では14年12月にも、チョ専務の姉であるチョ・ヒョナ元大韓航空副社長がいわゆる「ナッツリターン」事件を起こし、世論から批判を浴びていた。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「この家族はお金以外に興味がないようだ」「恥ずかしい」「今後は絶対に大韓航空には乗らない」など批判的な声が相次いでいる。 

 また、「まずは大韓航空の名前を変更すべき!」「大韓航空との名前がふさわしくない。パワハラ航空がお似合い」など社名変更を求める声も。 

 そのほか、「ハッシュタグを見る限りでは全く反省していない」「私を探さないで?まるで悲劇のヒロイン」「自分を被害者だと思っているよう」などチョ専務の謝罪の真意を疑う声も多く寄せられており、同問題の波紋はさらに広がりそうだ。

http://www.recordchina.co.jp/b591800-s0-c30.html
-----------------------

それにしても、なんてグロい顔してるんでしょう。

食事中の方、失礼いたしました。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る