韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ナヌムの家

【生き残りに必死www】バ韓国・ナヌムの家の職員が運営側の実態を暴露!!!!

偽証婆どもが暮らすバ韓国・ナヌムの家


正義連と同様、ナヌムの家でも寄付金と支援金を横領しまくっていたわけですが……。



今回、そのナヌムの家の職員が国民請願掲示板に書き込みを行っていました。



「生活施設を元慰安婦と国民に返してほしいニダ」



……どう考えても保身のためですねwwww



自分の職を失いたくないがため、運営側を売る気のようです。


続きを読む

【偽証の国www】バ韓国・ナヌムの家支援団体に寄付金返還要請が殺到中!!

バ韓国の偽証婆とそれに群がる屑チョンども


寄付金を横領しまくっていたナヌムの家の支援団体に対し、

大量の寄付金返還要請が届いているようですwwww




しかし、団体側は寄付金の払い戻しには応じないとのこと。



これは泥沼化しそうですね。


1日に450件もの要請があるようですが、

そのほとんどは便乗しているだけの詐欺師でしょう。



訴訟が始まる動きもあるようなので、今後もますます醜い争いが繰り広げられるはずwwww



どうせなら死傷者が出るくらい憎み合ってほしいものです。




-----------------------
疑惑相次ぐ元慰安婦支援団体、1日450件の寄付金返還要請が殺到

 2020年5月21日、韓国・マネートゥデイは「寄付金流用疑惑を受け、ナヌムの家に寄付金の返還要請が殺到している」と報じた。

 記事によると、元慰安婦を支援する社会福祉法人「ナヌムの家」には寄付金の解約・払い戻しの要請が1日に約450件寄せられている。同法人は今月20日、ウェブページで寄付金の解約・払い戻しに関する立場を明らかにしているが、過去の寄付金の払い戻しは難しいとしている。

 専門家らは「現時点で寄付金の払い戻しはできない」と指摘。内部規定がない限り、訴訟など法的手続き以外には払い戻しが難しいという。

 ナヌムの家をめぐる論争は今月19日、ある韓国メディアが寄付金流用疑惑を報じたことから火がついた。寄付金が後援者の同意なしに施設の増築に使われたというものだった。また、3年間で67億ウォン(約5億8660万円)の寄付金収入があったが、実際に使用した金額は39億ウォンにとどまり、寄付金流用の疑惑も持ち上がっている。

 これを受け、韓国のネット上では「本来の目的は元慰安婦のおばあさんの面倒を見ることじゃなかった?」「おばあさんたちを全面に立たせて番人にしていた」「こんな団体に寄付するのはやめて、関係者を刑務所に送ろう」などナヌムの家に対する厳しい批判が続出しており、「返還して」「きちんと処罰すべき」「弁護士を立てて返還訴訟を始めよう」「解散させて、政府が直接管理して」と求める声も後を絶たない。

https://www.recordchina.co.jp/b807194-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国!! 売春婦どもが暮らすナヌムの家でも支援金疑惑が発覚wwww

売春婦どもが暮らすバ韓国のキチガイハウス


戦時中に売春婦として荒稼ぎをしていた偽証婆ども。

その醜い婆どもが暮らす「ナヌムの家」に対し、

警察の捜査が始まっていましたwwwww



内部告発により、政府からの補助金や支援金が勝手に流用されていたことが判明したとのこと。



この家に暮らす偽証婆は9匹、そしてそこで働く職員は16匹のようです。


その16匹の食費も、支援金から支出されていたんだとかwwww



水曜集会の主催団体にしろ、ナヌムの家の運営団体にしろ、

偽証婆どもにタカっていた形ですねwwww



こういう実態が明らかになると、つくづく理解できます。


寄生している連中にとって、日韓の合意は意地でも阻止しなければならなかったんでしょう。


そうしなければ、待っているのは飢え死にですからねwwww






一連の告発で被害者ビジネスの裏側が暴露されたワケです。


果たして、これから先は今まで通りに寄付金が集まるんですかね?


そろそろ新しいビジネスを準備したほうがいいのでは?





-----------------------
京畿道・警察、「ナヌムの家」支援金疑惑も調査へ

 慰安婦被害者たちの生活施設である京畿道広州市内の「ナヌムの家」について、京畿道が13日から三日間の特別調査に着手したことを発表した。道関係者は「慰安婦被害者のために使うべき政府の補助金・支援金が正しく使われていないという内部告発があった」と明らかにした。京畿道広州警察署も支援金横領疑惑についてナヌムの家の調査を開始した。

 ナヌムの家の職員Aさんは今年3月10日、政府に対する国民の提案や要求を書き込むインターネット・サイト「国民申聞鼓」に「慰安婦被害者の食費として支給された補助金が職員の食費に使われている。支援金のほとんどは建物の増築に使われている」という内容の訴えを書き込んだ。ナヌムの家には昨年、政府と道・市費の補助金が6億1742万ウォン(現在のレートで約5370万円)支給され、支援金は約30億ウォン(約2億6000万円)が集まった。

 情報提供があった後、実際に広州市が先月2日と3日に情報提供内容に基づいて実査した結果、慰安婦被害者たちに支給された食費を職員たちが一緒に使っていたことが確認された。広州市は、平均年齢95歳の慰安婦被害者6人が生活しているナヌムの家に、慰安婦被害者の食費として毎年約2000万ウォン(約170万円)を支給している。1食当たり2800ウォン(約240円)ほどの食事や間食の費用だ。ナヌムの家で働いている職員16人はこの費用を一緒に使っていたことが明らかになったものだ。同市関係者は「施設収容対象者に支給された補助金を職員が一緒に使うのは違法だ。どの福祉施設も職員が食費を一緒に使うことはない」と語った。

 支援金の建築費流用疑惑について、ナヌムの家側は「これも慰安婦被害者のための事業だ」と主張した。ナヌムの家がホームページ上で公開している収入・支出内訳によると、昨年の支出15億ウォン(約1億3100万円)のうち、最も多い8億3805万ウォン(約7300万円)が建物の増築費用として支出されていた。ナヌムの家の安信権(アン・シングォン)所長は「昨年、歴史館と生活館を増築したが、これにかかった費用のうち、国費で充当できない部分を支援金から使ったのは事実だ」と言いながらも、「これも慰安婦被害者たちのための事業であるため、問題ないと判断している」と述べた。2020年5月現在、ナヌムの家に積み立てられている支援金は65億ウォン(約5億6600万円)だ。

 ナヌムの家は慰安婦被害者たちの生活基盤を設けようという趣旨で仏教界を中心に募金運動が起こり、1992年10月にソウル市麻浦区に初めて開館した。その後、1995年12月に現在の京畿道広州市に移転した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/14/2020051480061.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・女性家族部長官、売春婦の話を聞いて感涙!!!!!

偽証婆の話に泣いたフリするバ韓国・女性家族部長官


先月、女性家族部長官に就任した屑チョンが、売春婦どもの家を訪れていたようです。


偽証に偽証を重ね、醜い生きざまを世界に見せつけている元追軍売春婦ども。


そのキチガイ婆どもの話を聞き、泣いたフリをアピールしている姿は本当に醜いですなぁ。





大統領や女性家族部長官が変わる度に繰り広げられる醜いショーにしか過ぎません。


政府のトップと犯罪者がこれだけ仲良しだなんて、本当に笑わせてくれますねwww



-----------------------
女性家族相 慰安婦被害者と面会

 先月就任した韓国の陳善美(チン・ソンミ)女性家族部長官が旧日本軍の慰安婦被害者を支援する福祉施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)を訪れ、被害者らと面会した。被害者の話を聞き、涙を浮かべる陳氏。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20181011079000882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る