韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ハングル

バ韓国メディア「日本でハングル書道が大人気ニダ! 嘘じゃないニダ!!」

バ韓国メディアが「ハングル書道、大人気ニダ」と紹介


大阪のバ韓国文化院では、定期的にハングル書道講座が開設されているとのこと。


記事では大人気の講座と紹介されていましたが……。



「ハングルはさまざまな図形と曲線から成り立っており、非常にきれいで面白い文字」


「直線と曲線の美しさを一緒に感じることができる幾何学的文字」


「日本の文字と違って曲線が多く、筆文字で書いたときに水が流れるように柔らかく、自然な魅力がある」



……という受講者の声からして、屑在日どもが参加しているだけの話のようです。



低能民族向けの低能文字。

そこには美しさの欠片も存在していません。



とんでもないデマカセ記事ですねwwww



-----------------------
ハングル書道、日本で人気

 毎週金曜日と土曜日の午前10時、大阪市北区にある大阪韓国文化院の教室には会社員、主婦、定年退職したお年寄りなど、さまざまな年代の日本人が20人集まる。これらの人々は2週間に1回ずつここでハングルの書き方を毛筆で学ぶ。今年4月から子音と母音を学び始めた学生たちは、いつの間にかハングルの文章を書くことができるレベルになった。机の上に置かれた数十枚の半紙には「懐かしさ」「さつまいも」「落ち葉がひらひら」など、決して上手とは言えないが、真心のこもったハングルがしたためられている。

 ハングル書道講座は、大阪韓国文化院で最高人気を誇る講座だ。2015年の開設以降、毎年申請者が定員(20人)を上回り、抽選で受講生を選抜している。バスと地下鉄に乗って2時間以上もかけてやって来る京都府民もいる。講座を受け持って今年で4年目を迎えたパク・ヒジャさん(77)は「ハングルの書道を学ぶ人なんているだろうかと心配したが、申請者数を見てびっくりした」という。

 受講生は「ハングルはさまざまな図形と曲線から成り立っており、非常にきれいで面白い文字」と口をそろえる。日本の書道を始めたが、今後はハングルの筆文字を学ぼうと、毎回休まずに通っているというシンヤマ・ヒロコさん(38)は「丸や三角、四角が全て含まれていて、直線と曲線の美しさを一緒に感じることができる幾何学的文字」と笑みを浮かべる。オオクボ・トシコさん(65)は「日本の文字と違って曲線が多く、筆文字で書いたときに水が流れるように柔らかく、自然な魅力がある」と話す。

 ハングル特有の歴史も受講生にとっては魅力的な要素だ。講師を務めるパクさんは、書道を教える前にハングルの誕生過程と価値を最初に紹介する。シンヤマさんは「なぜ、何のために作ったのかについての記録が詳しく残っており、ユネスコ(国連教育科学文化機関)遺産にまでなったというのは本当にすごい。570年前にハングルが作られた当時はコンピューターもなかったのに、非常にタイピングしやすい文字というのも本当に不思議なこと」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/20/2019122080147.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これぞバ韓国! コーヒー専門店にタンブラーを持参して客のフリする屑チョンが急増中wwwww

客の振りをするバ韓国塵が急増中


バ韓国のコーヒー専門店で、異様な光景が広がっているようです。


タンブラーを手に来店し、何も注文せずに席に居座る連中が急増しているんだとかwwww


しかも!


金も払わずに、店員に氷を要求しているとのこと。


なかには、


>タンブラーにインスタントコーヒーを入れてきて、カウンターでホイップクリームを載せてくれと要求する客もいた


>店内に置かれてあるミルクとシロップだけを飲んで帰ってしまうケースもある


というケースもあるようで、呆れてしまいますね。



いやぁ、本当に酷い話ですね。



タンブラーを持参することで客のフリをして居座るとは、まさに屑チョンの醜い習性を体現していますなぁwwww



この日本は言うに及ばず、世界中のコーヒー専門店でもこのような屑チョンが、これから先に大量発生しそうです。



各国のコーヒー専門店で、「バ韓国塵入店禁止」とハングルで書かれた注意書きが張り出されるのも時間の問題でしょうね。



-----------------------
韓国のコーヒー専門店、注文せずに居座る顧客が増加

 韓国政府がコーヒー専門店内での使い捨てコップの使用を禁じたことで、個人用タンブラーの使用が増加する中、タンブラーは持ち込むもののコーヒーを注文せずに居座る「ノーオーダー(No order)族」が増えている。

 仁川のあるコーヒー専門店でアルバイトをする大学生のファンさん(24)は、最近毎朝タンブラーを持ってきては氷をいっぱい入れるよう要求してくるある顧客のため、頭を悩ませている。顧客に「氷はコーヒーを注文した際に差し上げる」と言うと「そんな規定など見たことがない」とまくし立てるという。ファンさんは「氷水でいっぱいのタンブラーをテーブルの上に置き、何時間も居座るケースもある」と肩を落とす。

 家からココアや緑茶、はったい粉を持ってきてコーヒー専門店で飲む「ノーオーダー族」もいる。ソウル市冠岳区のコーヒー専門店で働くパクさん(26)は「外部から持ち込んだお飲み物を店内で作って飲むのは控えるようお願いしても全く効果がない」とした上で「タンブラーにインスタントコーヒーを入れてきて、カウンターでホイップクリームを載せてくれと要求する顧客もいた」と眉間にしわを寄せる。

 一部のノーオーダー族は、店内に置かれてあるミルクとシロップだけを飲んで帰ってしまうケースもあるという。カウンターでコップをもらい、ミルクを注いで飲むわけだ。釜山市海雲台区のあるコーヒー専門店でアルバイトをしているクォン・ヒリムさん(24)は「数日前に団体客が訪れて、お湯を4杯くれと言うから差し上げた。すると、シロップを入れて『ハチミツ湯』と言いながら飲み始めた。店内のミルクやシロップはもともとコーヒーの濃度や糖度を調整するために備えられているものだ。いくらお客さんだからといっても、これはちょっとやり過ぎという気がした」と話す。

 ノーオーダー族は、フランチャイズのコーヒー専門店を好む。店内の片隅や2、3階に座っていれば目立たないためだ。これに対する別途の規定が業者側にも存在しないため、アルバイトだけではなく、マネージャーたちも手をこまねいている。コーヒー専門店「コーヒービーン」の対外協力部に勤務するチョン・ボベ主任は「タンブラーを持っているため、飲み物を注文したのかどうか、確認するのが難しい」という。コーヒー専門店の立場としては、ノーオーダー族を厳しく監視するよりも、これらのノーオーダー族が次に来店する際は飲み物を注文するよう期待して待った方が得といった計算もある。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091401838.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の観光地、中国語だけで書かれた注意書き看板が乱立しているワケ……

ハングルでの注意書き。バ韓国塵の迷惑行為にうんざり


現在、バ韓国の観光地では、中国語で書かれた看板が乱立しているとのこと。


その内容は、


「壊したら責任を取ってもらうニダ」

「ごみを捨てるな!」

「観光客は立ち入り禁止ニダ!!」


……というもの。



ヒトモドキの分際でナニをヌかしてるんでしょうね?


やはりきゃつらは己の身分をわきまえていないようです。



この日本でも、ハングルだけで書かれた看板をアチコチに立てたいものです。


「屑チョンは息するな!」


……と。



-----------------------
韓国各地に乱立する中国語の警告、中国人の韓国旅行再び冷え込ませる恐れ―中国メディア

 中国メディアの捜狐は13日、韓国で激減していた中国人旅行者は徐々に回復しつつあるが、再び減少する恐れがあると主張する記事を掲載した 

 THAADミサイル配備の問題で中韓関係が2016年に悪化し、中国では韓国への団体旅行が事実情禁止される事態になった。それから10数カ月が経過して、「禁止令」は徐々に解除され、韓国を訪れる中国人の数も回復しつつある。韓国の観光とその関連産業を支えているのは中国マネーと言ってもよく、韓国人にとって中国人観光客が戻ってくるのは願ったりかなったりのはずだ。 

 ところが、韓国では市中や多くの観光地で「壊したら責任を取ってもらう」「ごみを捨てるな!」「観光客は立ち入り禁止」など反感を買いそうな警告や注意書きがわざわざ中国語でだけ随所に掲示されているという。記事は「まるで人種差別のようだ」と反発した。

https://www.recordchina.co.jp/b228352-s0-c30-d0139.html
-----------------------

これぞ、目糞鼻糞を笑うってやつですねwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















なぜバ韓国のソウルで? 日中韓共用漢字辞典の出版イベント開催される

日中韓共用漢字辞典のイベントがバ韓国ソウルで開催


日中韓共用漢字辞典というものが出版されるようです。


漢字文明を共有し、人的・文化的交流を深めようという狙いのようですが……。


その出版イベントがソウルで行われていたことが解せませんね。


さも、バ韓国も「漢字文明」の一員であることをアピールするのが狙いなんですかねぇ。



そもそもオデン文字程度しか扱えない低能の分際で、

日中と肩を並べようとすること自体が大間違いなのです。


本当に不愉快な話ですなぁ。



-----------------------
韓国ソウルで日中韓共用漢字辞典の出版イベント―中国メディア

 日中韓三国協力事務局は16日、日中韓の言語文化交流の最新成果である「日中韓共用漢字辞典」の出版イベントを韓国のソウルで行った。 

 「日中韓共用漢字辞典」は2014年に第9回日中韓賢人会議が発表した「日中韓共同常用八百漢字表」を基に、日中韓三国協力事務局の組織した専門家チームが2年の月日をかけて編纂。日中韓の常用漢字約600字の3カ国における類似していたり、異なる発音及び意味の注釈を行っている。 

 李鍾憲・日中韓三国協力事務局長は出版イベントで、「漢字は悠久の歴史を持つ文字体系だ。『日中韓共用漢字辞典』の出版は3カ国国民の相互理解増進の助けとなるほか、3カ国間の意思疎通と交流を促進し、相互理解の基礎を固めることにもなる」と指摘した。 

 中国の金燕光駐韓国臨時代理大使は、「『日中韓共用漢字辞典』の出版は非常に重要な意義があり、日中韓にとって漢字文明をシェアしていく上で新たな一歩となる。これにより日中韓の人的・文化的コミュニケーションがさらに緊密化し、文化分野の交流・協力が促進されることを期待する」との見方を示した。

https://www.recordchina.co.jp/b635269-s10-c30-d0046.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る