韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

バッテリー

【お笑いバ韓国軍劇場】来年から量産される新型無線機は寒くなると使えないwwwww

バ韓国の無線機は寒くなると使えないwwww


バ韓国軍が10年以上かけて開発中の次世代無線機が、来年から量産開始となるようです。


しかし!

この無線機は低温になるとバッテリーが放電して使い物にならなくなる代物だったことが判明!!


性能を試験することなく、量産化へのGOサインを出していたとのこと。


このことが報道されると、慌ててバッテリーの改善に取り組むことを発表していたようです。



いやぁ、さすがバ韓国ですね。


こんなのは氷山の一角でしょう。


これからも関係者が金目当てに、使い物にならない兵器に大量の税金を投入していくんでしょうね。



ま、有事の際、バ韓国軍の兵士は武器を放り出して真っ先に逃げるという習性があるので、

何を持たせていても大差なさそうですねwwww




-----------------------
韓国軍の次世代無線機に「寒いと使えなくなる」欠陥?=韓国ネット「怪しい」「不正では?」

 2019年10月6日、韓国・KBSは「韓国軍の次世代無線機に内蔵されるバッテリーが酷寒に耐えきれない」と報じた。

 報道によると、この無線機は防衛事業庁傘下の国防科学研究所(ADD)が主導して開発した。次世代軍用無線機として2007年に開発が始まり、来年から生産が開始され軍で使用されるという。

 この無線機は、極めて厳しい寒さの中での訓練を考慮した合同参謀本部の「作戦運用性能規定」に基づき、氷点下32度まで耐えられるように開発された。しかし、共に開発されたバッテリーは氷点下20度までしか耐えられず、氷点下20度以下になるとバッテリーが放電し、無線機が使えなくなる可能性があるという。

 ところが、問題のバッテリーを搭載した無線機は、昨年5月の陸軍の運用試験評価で適合判定を受けた。その理由は、リチウムポリマー素材の2次電池である該当バッテリーに対する「作戦運用性能規定」がないためだという。

 しかし、軍需品の品質管理を行う国防技術品質院は「バッテリーが温度の要求条件を満たしておらず、性能立証試験もろくに行われていない」とし、防衛事業庁に改善を要求した。事実上の不合格判定にあたるという。

 これについて国防委員会所属の金炳基(キム・ビョンギ)議員は「(軍が)最も重要な性能を実際に試験せずにADDが提出した文章のみを基に合格処理をしたことが原因で、このような問題が繰り返し発生している」と指摘したという。

 防衛事業庁は国防技術品質院から指摘を受けてからも改善を行わずに事業を進めてきたが、KBSの取材が始まると問題を認めバッテリーの規格改善に取り組むと明かしたという。

 これを受け、韓国のネット上では「以前よりも性能が良くない製品を採用したってことは何か不正があったのだろう」「改善もせず(事業を)進めてきたなんて怪しい」「ADDに問題があるのではないか」「防衛事業庁の監査や捜査を依頼しなきゃ。取材を受けて認めたってことは取材を受けなかったら?」など防衛事業庁やADDの不正を疑う声が上がっている。

 一方で「氷点下20度以下を耐えられるバッテリーなんてあるの?」「低温で性能効率が落ちるのは改善できないと思う」などと懸念するコメントも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b729299-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















需要急増中の電気自動車用バッテリー、バ韓国企業だけがシェア下落中wwwwwww

電気自動車バッテリー、バ韓国産だけ需要減


バ韓国で作られた電気自動車用のバッテリー。

現在需要増で景気のいい電気自動車用バッテリーの世界市場ですが、バ韓国産のものだけが低迷しているんだとかwwww


当然の結果でしたね。


価格面も品質面も最悪のバ韓国産バッテリーが、高いシェアを獲得できるわけがありません。



いつ爆発するのか分かったものではないので、バ韓国国内でどんどんシェアを伸ばしていただきたいものです。


そして、


朝鮮半島のアチコチで電気自動車が爆発炎上……。


そんなニュースが連日飛び込んできてくれることを祈ってますwwww


-----------------------
EV用バッテリー市場 韓国企業のシェア低迷=中国・日本勢が躍進

 昨年の世界の電気自動車(EV)用バッテリー市場で、中国と日本の企業が急速な成長を続ける一方、韓国ブランドは不振だったことが4日までに分かった。中国企業は自国政府の政策的支援で技術力を確保して韓国企業の追い上げを退けており、格差がさらに広がるのではないかとの懸念も出ている。

 エネルギー業界専門の市場調査会社、SNEリサーチによると、昨年1~11月の世界のEV用バッテリー出荷量は計7万6950MWh(メガワット)相当で、前年同期間(4万4522メガワット)比72.8%増加した。

 メーカー別では日本のパナソニックが前年比113.0%増の1万7606メガワットで1位を記録し、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が同111.1%増の1万6176メガワット、比亜迪(BYD)が同105.2%増の9359メガワットで後に続いた。

 韓国のLG化学は6183メガワットで4位に入ったが、増加率は前年比42.2%にとどまった。サムスンSDIは同26.1%増の2731メガワットで、前年の5位から6位に後退。日本のオートモーティブエナジーサプライ(AESC)が同113.6%増の3568メガワットで5位に入った。

 出荷量上位8社のうち、3桁台の成長率を記録できなかったのは韓国の2社のみだった。

 これにより、LG化学の市場シェアは前年(9.8%)から1.8ポイント下落した8.0%にとどまり、サムスンSDIも4.9%から3.5%に下落した。

 中国・日本企業の躍進が続く反面、韓国企業は頭角を現すことができなかった。

 SNEリサーチは報告書で「昨年11月には中国系企業がトップ10に7社含まれ、日本のパナソニックとAESCも平均以上の成長率でシェアを高めた」とし、「このような傾向が12月も続き、LG化学とサムスンSDIへのプレッシャーが続くと推定される」と見通した。

 一方、韓国の2社はグローバル自動車メーカーに製品を供給してトップ圏への浮上を狙っている。

 業界関係者は「EV市場は急速に成長しており、韓国企業の技術力が優れているため今年からはシェアが急上昇するとみている」としながら、政策的な支援も必要だと指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/04/2019010480088.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の研究チームがエネルギー保存素子を発見!! 「これでスマホの充電が1分以内に終わるニダ!!」

バ韓国製のバッテリーはどこでも爆発


バ韓国の研究チームが、「エネルギー保存素子」を開発したと発表していました。

この素子を使えば、スマホのバッテリーを1分以内にフル充電できるとのこと。


へぇぇ、凄いですねwwwww



かなり眉唾な話ですねぇ。


ただでさえ危ない屑チョン製のバッテリーですが、

より爆発力の高いバッテリーになる予感しかしませんねwwwww



-----------------------
韓国研究チームがスマートフォンのバッテリーを1分で満充電にする技術を開発 早ければ数十秒で充電完了

 気付いたらスマートフォンのバッテリーが残り20%を切り「充電してください」という警告が出たり、寝てるときに充電を忘れて起きたら充電が無いと言う状況に陥ったことはないだろうか。

 スマートフォンはもはや生活には欠かせないものであるが、同時にバッテリーも心配しなくてはいけなくなった。今はモバイルバッテリーを持ち歩く人も増えたが、移動中にケーブルを挿して充電するのも煩わしいものである。そんな煩わしさから解放される日が来るかもしれない。

 韓国のカイスト研究チームが驚異的な技術を開発したのだ。8月26日、カイストEEWS大学院新素材工学科教授と江原大学材料工学専攻教授の共同チームは「エネルギー保存素子」を開発したと発表。

 この技術は物理的な問題で、充電時間や容量を増やすのに限界があるリチウムイオン電池の短所を克服したもの。

 開発されたエネルギー貯蔵素子を利用すれば1分、早ければ数十秒以内に充電が完了する。外出する前にバッテリーの充電が完了するのを待たなくても、ちょっと充電ケーブルに差し込めば即充電が完了するのだ。

 また急速充電だけでなく、従来のリチウムイオン電池よりもはるかに多くの回数の充電が出来ると言う点でも注目されている。既存のリチウムイオン電池は500回~1000回だったが、新しいエネルギー貯蔵素子は3万回以上可能としている。

 ここではスマートフォンを例に挙げているが、リチウムイオン電池を使っているものであればパソコンやカメラなどどのようなバッテリーにも応用が利く技術。

http://gogotsu.com/archives/42499
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ショック!! 日本と中国でEV充電器の次世代規格が統一される見込み!!

バ韓国産充電器は爆発するのが当たり前


日本と中国の間で、電気自動車用の急速充電器の次世代規格が統一されることになりそうです。

日中の自動車充電器市場のシェアは90パーセント以上になるので、今後の国際基準になると見られているとのこと。



この報道を知った屑チョンどもが、「仲間はずれにされたニダ!」とやきもきしているようです。



爆発する充電器やバッテリーしか造れない連中が何をほざいているんでしょうね。


国際規格の統一にあたり、屑チョンどもを関与させたら世界中で爆発事故が起きるだけですwwww


このままバ韓国を関与させずに規格を統一させてほしいものです。



-----------------------
韓経:日本、中国と電気自動車充電器同盟…韓国「仲間はずれ」

 日本と中国が電気自動車(EV)用急速充電器の次世代規格を統一することで合意した。世界の自動車充電器市場の90%以上を掌握している両国が充電器規格を統一する場合、国際標準も両国が作った規格に従う可能性が高い。 

 読売新聞は22日、「日本の急速充電器の規格『CHAdeMO(チャデモ)』の普及に向け、自動車や充電器のメーカーなどが設立した『チャデモ協議会』と中国の規格『GB/T』を推進する『中国電力企業連合会』が、月内にも北京で合意書に調印する」と報道した。 

 両協会は2020年を目標に、10分以内に車両充電が可能な機器を共同開発することにした。これまで電気自動車用バッテリー充電器は日本と中国、欧州連合(EU)が標準規格の先取りに向け競争してきた。今年までに設置された世界の電気自動車急速充電器は中国のGB/T方式が22万台、日本のCHAdeMO方式が1万8000台ほどだ。欧州のコンボ方式の充電器は7000台ほどが供給されたと推定される。 

 中国と日本が作った統一規格が国際標準になれば日本の自動車メーカーの電気自動車輸出と中国市場進出に弾みがつくと予想される。 

 両国は今後出力500キロワット級の製品を実用化し、充電時間を現在の30分程度から10分以下に短縮するという目標を立てた。日本は中国側に急速充電技術と安全管理方法を伝授し、中国は円滑な部品供給を担当する方針だ。 

 日本のトヨタ自動車と日産は最近それぞれ1000億円ほどを投資して電気自動車生産を含め中国での車両生産を20~30%増やす計画を発表した。中国は2016年1月から電気自動車補助金支給基準を新たに定め、LG化学やサムスンSDIなど韓国企業の電気自動車バッテリー製造と販売を規制してきた。

http://japanese.joins.com/article/296/244296.html?servcode=800&sectcode=860&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る