韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

バドミントン

【仁川アジア大会】インチキしたにも関わらず決勝戦は中国人同士ww 優勝者はバ韓国に対して感謝のコメント!!

世界に大恥をさらした仁川アジア大会の韓国塵インチキ



まったくと言っていいほど競技の結果が気にならない仁川アジア大会。

どの国が勝ったか、誰が勝ったかまったく興味が湧いてきません。

たかがアジアの国の中だけで金メダルをとったとしても、それにいかほどの価値があるんでしょうか?




バドミントンの試合中、空調操作でバ韓国側に有利になるようとんでもないインチキをしていたバ韓国ですが、結局その決勝戦は中国人選手同士のようでした。


で、勝った方が試合後のコメントで、

コートではこれまでの選手生活で感じたことのない向かい風を経験し、とても鍛えられたアル。ありがとう韓国、ありがとう仁川


と皮肉たっぷりに語っていました。


残念ながらその場にいた通訳が気を使ってこの部分を通訳しなかったので、その場でニンマリしたのは中国人記者だけだったようですね。



こういうことこそ率先して世界中に拡散していかねばなりませんね。


全てのスポーツ界からバ韓国を追い出すのが先か?

バ韓国という国が消えて無くなるか?


ま、後者のほうが間違いなく先でしょうがねww





問題はバ韓国という国が消えても、屑チョンという存在が残ってしまうことです。

困ったことに、半島だけではなく世界中に散っていますからね。




断交とか国の崩壊とかなんて実は些細なことです。


とにかく一番大事なのは朝鮮ヒトモドキの血を絶やさせることでしょう。




-----------------------
<仁川アジア大会>空調操作疑惑のバド、優勝した中国男子選手が絶妙コメント「韓国のおかげで僕は…」―中国メディア

 2014年9月29日、網易体育は、バドミントン男子シングルスで優勝した中国の林丹(リン・ダン)選手の試合後の会見について伝えた。

 林選手は決勝で世界選手権王者であり同じ中国のチェン・ロン選手に2―1で逆転勝ち。試合後の会見ではまずチェン選手の健闘をほめたたえた後、「今回は特別な戦いだった。コートではこれまでの選手生活で感じたことのない向かい風を経験し、とても鍛えられた。ありがとう韓国、ありがとう仁川」と、大会組織委員会への皮肉ともとれるコメントをした。

 これに対し中国人記者の間からは納得の笑い声がもれたものの、担当通訳者は皮肉った発言部分を故意に英語と韓国語に通訳しなかった。さらに林選手は「バドミントンはとても体力を使うので、いつもベストで試合に出られるわけではない」としつつ、「できたら東京オリンピックまで現役選手でいたい」と希望を述べた。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20140930025/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








仁川アジア大会・バドミントン競技、バ韓国による空調操作問題。

仁川アジア大会バドミントン競技で韓国の不正が発覚!



仁川アジア大会・バドミントンの日本-韓国戦で行われた空調操作。


汚い手段で日本側は負けてしまったわけですが、日本人コーチは、

負けたことはわれわれに力がなかったと認めているし(風を)言い訳に使う気は全くない。」と潔く負けを認めていました。



ちょっと潔すぎですね。



しかし、一部の国がこの試合の有様を見て組織委員会に抗議したとの報道もありました。




ま、屑チョンどもが操作したのは間違いない事実です。

そのことを粛々と世界に知らせるのが今後の重要な課題でしょう。



そもそも屑チョンのようなヒトモドキがスポーツの国際大会の運営などできるワケがありません。

今回の仁川アジア大会がバ韓国で行われる最後の国際大会となることを願ってやみません。



ま、当ブログの管理人である私が願わなくても世界の流れがそちらに向かうことでしょうが……。



-----------------------
「風の影響じゃなければ何だ!?」 アジア大会・バドミントン男子の「空調操作疑惑」=中国メディア

 仁川アジア競技大会バドミントン男子団体戦の日本-韓国戦で、日本が「不可解な向かい風」に苦しめられたとされる件について、中国メディアの新浪体育は23日、日本のネット上では録画映像を使って風向きを検証する動きがあると紹介、「日本人選手が打ち返したシャトルは不可解なほど飛ばず、これが風の影響でなければ何だというのか」と報じた。

 記事は、問題となっている田児賢一選手と孫完虎(ソンワンホ)選手のゲームについて、日本のネット上における検証を紹介し、田児選手が打ち返したシャトルは最高点に到達する前に「突然、地面に向かって向きを変えた」などと伝え、「非科学的なシャトルの動きは理解できず、場内の空調が“明らかに”操作されている」といった批判の声があがっていることを伝えた。

 問題の試合はバドミントンの男子団体準々決勝で起き、先に1ゲームを失った孫選手が田児選手に逆転勝利を収めたと紹介。さらに最終的には韓国が日本に勝利し、準決勝に駒を進めたと伝え、田児選手が試合中に風向きが変化していたことに不満を示したと紹介した。

 問題のシーンについて、記事は田児選手が打ち返したシャトルは最高点に到達する前に突然、自分のコートへと落ちていったことが分かると指摘したうえで、「シャトルが急落下するような動きをするだろうか?」と疑問を呈したうえで「試合中の鍵となる場面で意外なことが起きた田児選手は動揺したのか、そのまま敗れた」と伝えた。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1248491
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る