韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


パワハラ

【ナッツ婆の妹www】バ韓国・大韓航空の会議中にファビョってしまう!!

バ韓国・ナッツ婆の醜い妹


先日、また大韓航空でひと騒動あったようです。

ナッツ婆の妹が、会議中に突然発火!!

奇声をあげながら水の入ったコップを床に投げたとのことwwwwww


いやぁ、血筋ですねぇwwww



あ! 血筋も何も関係ありませんでしたね。



屑チョンの血ってのはどいつもこいつも一緒です。

ツリ目でエラ張りでキチガイで……。



よくお互いの顔を識別できるものですねぇwwwwwww

顔じゃなくて、ウンコ臭い体臭で識別しているだけかもしれませんが。


-----------------------
大韓航空またパワハラ騒動
「ナッツ」事件の妹

 韓国の大韓航空の趙顕ミン専務(34)が、3月に行われた同社の広告を担当する代理店社員らとの会議で、声を荒らげて怒った上で水の入ったコップを床に投げたと12日、大韓航空が明らかにした。顕ミン氏は同社を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬会長の娘。

 顕ミン氏の姉の顕娥氏は、大韓航空の副社長だった2014年に、同社機内で乗務員のナッツの出し方に怒って離陸前の機体を引き返させた「ナッツ・リターン」事件を起こしており、同社を巡るパワハラ疑惑が再び注目を集める形となった。

https://this.kiji.is/357138416737567841
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












ファビョったら降格wwww パワハラ・セクハラを問題視し始めたバ韓国wwww

常にファビョってる害獣の韓国塵


いまバ韓国の企業ではパワハラ撲滅という名の言葉狩りが流行っているようです。


>「これで月給を受け取るなんて恥ずかしくないニカ

>「次長なのに係長よりできないニカ

>「精神科で治療した方がよいのではなニカ


などと激しく部下を叱責すると、その発言が問題視されてポストを追われる事態になるんだとかwwww



屑チョンにしてみたらタダの日常会話レベルなのに、それに耐えられない部下が増えたということでしょうか?

常に火病を患い、すぐにブチ切れるバ韓国塵にしてみたら生きにくい社会になっているみたいですね。




ね、韓国塵のみなさん。

生きていたって苦しいだけですよ。

さっさと自殺でもしたほうがよっぽど幸せです。


もしかしたら霊的に生まれ変わって、バ韓国塵よりも遥かに高位な存在であるゴキブリくらいにはなれるかもしれませんよ。


屑在日や糞帰化チョンどもも、ぜひ霊的に生まれ変わるチャンスに賭けてどんどん自殺してくださいな。



-----------------------
パワハラでイメージ失墜、韓国企業に警戒感

 ある保険会社の部長は部下をどなりつけることで悪評が立っていた。この部長が「これで月給を受け取るなんて恥ずかしくないのか」と叫んでいるのを見かねた隣の部署の部長が「もうちょっとソフトに対したらどうか」と助言すると、「部下は私が頑張れという意味で言っているのを知っているから問題はない」という答えが返ってきた。

 しかし、問題の部長の自信は勘違いだったことが分かった。数日後、部下らは人事部に対し、部長の怒声を収めた音声ファイルとともに、「侮辱的な言葉にこれ以上耐えられない」とする報告書を提出した。結局、問題の部長は待機を命じられた後、ポストを追われた。

 同社関係者は「暴言を吐いたわけでもないのに人事処分を受けた格好で、処罰の基準がだんだんややこしくなっているようだ。社員の間では目下の人に対する暴言はもちろん、叫んだり、人身攻撃的な発言を行ったりしても、処罰を受ける可能性があるので注意すべきだという話が広まっている」と話した。

 ある銀行でも最近、支店長が待機を命じられた。同じ支店に勤務していた次長がモバイルメッセンジャーによる支店長のメッセージの記録を人事部に提出したことがきっかけだった。「次長なのに係長よりできないのか」「精神科で治療した方がよいのではないか」といった発言が「証拠」として決定的な役割を果たした。

 大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長の「ナッツリターン」事件をはじめ、上司の侮辱的な言動が公にされ、組織のイメージを失墜させるケースが増え、企業は上司によるパワー・ハラスメント(パワハラ)問題をさらに警戒するようになった。

 ある銀行の人事担当役員は「セクハラに対する警戒心はある程度形成されたが、部下の人格を侮辱するパワハラはある程度当然視されているのは事実だ。しかし、それで業務効率が落ち、結果的に企業のイメージに悪影響を与えるリスクがあるとの認識が高まり、懲戒処分が強化され、基準が厳しくなってきている」と話した。

 上司によるパワハラ問題の続出で、企業は続々と対策に乗り出している。背景には携帯電話端末を使った録音、メッセンジャーの記録保存などパワハラの証拠保存が容易になったことも関係している。

 新韓銀行は毎月「新韓エシカル・スタンダーズ(倫理基準)」という動画を作成し、エレベーター内や社内ネットワークで流している。最近作成された動画では、支店の顧客の面前で上司が部下に「おい、さっき言ったことはどうなった」などと仕事を催促する場面が「好ましくない言動」と例として示された。

 中小企業銀行は、上司の言葉による暴力や侮辱的な言動を申告できるホットラインを開設し、必要な場合は人事処分を下している。

 サムスンは昨年、「暴言は会社を害する行為だ」と規定し、改善キャンペーンを展開している。サムスンのガイドラインには「何もしていないのに、めしが食えるのか」といった言葉が暴言の一例として示されている。

 現代海上火災保険は来年の創立60周年を前に、行動ガイドラインを作成し、「卑語(ひご)や悪口を発しない」「大きな失敗は控えめに諭す」などといった指針を盛り込んだ。

 上司の命令は絶対という文化が定着している日本では、数年前からパワハラが根絶すべき社会的弊害と認識されている。厚生労働省が直接通報を受けて調査を行い、上司からのいじめでうつになったケースや自殺したケースを労災認定するなど、政府レベルでの対策も数多く打ち出されている。

 慶熙大経営大学院の李東珪(イ・ドンギュ)教授は「韓国企業の多くは『客は神様』だと言っておきながら、社員を将棋の駒扱いする面があるが、先進国では職場内でのいじめを社会的な犯罪としてとらえるケースが多い。職場での侮辱的な言動は顧客へのサービス低下につながり、結果的に企業の価値を損ねる」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/13/2014121300492.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る