韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ブーイング

MLBホーム開幕戦に出場したバ韓国塵選手・金賢洙に大ブーイングの嵐wwww

カバの出来損ないヅラの金賢洙


アメリカのメジャーリーグに今季から移籍したバ韓国のキムなんちゃら。

なんでしょうね、このカバの出来損ないみたいな醜いツラはwwwwww


この屑チョンがホーム開幕戦の入場時、地元ファンから大ブーイングを浴びたようです。


なんでも、オープン戦の打率はたったの1割台にもかかわらず、契約を盾にマイナー行きを拒否して無理やり1軍枠に入ったことに対するブーイングだったみたいですね。


で、結局この屑の出場機会は無いまま試合は終了したようです。

いかにも屑チョンらしい醜態を晒してくれたわけです。



まぁ今後も間違いなくブーイングを浴びせ続けられるでしょうね。
なにせこんなキチガイじみた顔してるんですからwwww

-----------------------
MLB:金賢洙入場に地元ファンがブーイング

 5時間39分。5日、米大リーグ(MLB)のボルチモア・オリオールズがミネソタ・ツインズと行ったホーム開幕戦の所要時間だ。雨のため予定より2時間51分遅れで試合が始まり、9イニングを2時間48分かけて終えた。

 この日はマイナーリーグ拒否権を行使して公式戦出場25人枠に入った金賢洙(キム・ヒョンス、28)の野球人生で最も長い「悪夢の一日」として記憶に残るだろう。約5時間のうち、金賢洙がグラウンドに立った時間は10分にもならなかった。いばらの道が待っていることを暗示した開幕戦だった。

 初めてグラウンドの芝を踏んだのは開幕戦の入場イベントの時だった。背番号25というコールと共に金賢洙の名が呼ばれ入場すると、ホームのファンたちは「ウー」というブーイングを浴びせた。オープン戦打率1割台という不振に加え、マイナーリーグ行きを拒否して25人枠に入ったことに対する反発だと見られる。一方、オープン戦3割台と活躍し、開幕戦レフトのポジションで先発リストに入っていた金賢洙のライバル、ジョイ・リカルドは大歓声を浴びた。「バードランド(birdland・オリオールズの愛称)へようこそ」という応援プラカードを持ったファンも中継カメラにとらえられた。

 試合中、金賢洙はダッグアウトで交代を待った。しかし、彼の名前は結局、電光掲示板には出なかった。この10年間、韓国では故障時以外にラインナップから外れることが非情に珍しかっただけに、見慣れない光景だった。リカルドがデビュー戦で4打数2安打1得点と活躍したことから、その姿はいっそう寂しそうに見えた。

 金賢洙は、チームメートのサヨナラ安打でチームが勝ってやっと、セレモニーに参加するため再びグラウンドを踏んだ。地元紙「ボルチモア・サン」は「夢に描いてきた大リーグの最初の姿とは違っていたはずだ」と書いた。バック・ショーウォルター監督は「ここは彼が28年の人生で初めて経験することだらけだろう」と言った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/06/2016040600558.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








予想通りすぎてツマラン!! 仁川アジア大会開会式で、日本代表団に強烈なブーイング!!!!!!!!!!!

屑チョンどもが大ブーイングを浴びせた日本代表団




ま、予想通りすぎて何の面白味もありませんが……。


仁川アジア大会の開会式で日本代表団に強烈なブーイングが発生していました。


中国のネットユーザーは呆れ顔でバ韓国を批判するような書き込みを数多くしています。





ハゲ都知事はこういうところも見習いたいんですかね?



だとしたら都民あげてヘイトスピーチしても問題ないということですね。


ま、我々日本人自らあんなヒトモドキと同じステージに立つような真似はしませんがね。



顔を真っ赤にすることなく、粛々と嫌韓を広め、断交を目指し、除鮮活動を進めていくだけですから。




-----------------------
<アジア大会>開会式で日本選手団に強烈なブーイング、日本ネットには「予想通り」の声も・・「韓国は永遠に成長しない子どもみたい」―中国ネット

 中国メディア・新浪体育は20日、19日に行われた韓国・仁川アジア大会の開幕で日本代表団の入場時に強烈なブーイングが起きたことを、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で伝えた。

 ブーイングに対して日本のネットユーザーからは「予想どおりだ。別に気にしない」、「韓国人はブーイングで日本選手団を歓迎したのか。嬉しいじゃないか」といった意見が出た。

 このニュースに対して、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。


「聖火をレーザーポインターで点火しなかったことに驚いた」

なんと素晴らしい韓国の民度

「スポーツと政治を一緒に語る韓国人は愚かだ。サッカーユース世界選手権でもユニフォームを脱いで『独島は韓国のもの』などと言っていたが、サッカーが政治に関与しないということすら知らないのだ」

日本選手団の入場時だけ、アップを映さなかった

「南京ユース五輪の前科から考えると、中国のメディアはこの件を中国人に置き換えて『中国人の根性は腐っている』、『日本人は高貴で美しい』などと言いだすのだろう」

日本と比べて、韓国は死ぬほど嫌い

「日本の選手のことはどうでもいい。安倍の犬をひざまずかせよ」

両国とも好きではないけれど、日本には敬服すべき点がある。それにひきかえ韓国は……

「犬が犬を噛む。いつまでも続けてろ」

韓国人は本当に見下されることばっかりやる

韓国は永遠に成長しない子どものようだ。無茶で極端な行動で、国全体を飾り付けるクズだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140921-00000012-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








中国の格闘イベントで、韓国人選手とコーチが大顰蹙ww

格闘技イベント「武林風」


中国で行われていた格闘技イベントで、糞チョンが大顰蹙をかっていました。



糞チョンと中国の選手が戦い、判定の結果で中国の選手が勝ったようです。

それを不服とした糞チョン側の韓国人コーチが、水の入ったボトルをリングに投げつけたとのこと。



この行為に対して観客は大ブーイング。選手やコーチが退場する際、ペットボトルを糞チョンに投げつける観客までいたそうです。



スポーツだろうが文科系イベントだろうが、とにかく糞韓国人を参加させるだけで必ず周りの人間は不愉快な思いをします。


糞チョンのいない世界の実現をもっと早めなければなりませんね。




-----------------------
格闘技イベントで韓国人コーチが逆ギレ、観衆は大ブーイング

 2014年1月18日、中国・湖北省襄陽市で格闘技イベント「武林風」が開催されたが、中国人選手に判定負けした韓国人選手のコーチが判定を不服として物を投げつけ、それを見た観客が大ブーイングする一幕があった。19日付で捜狐体育が伝えた。

 事件は超級の試合直後に起こった。韓国人ボクシング選手が中国人選手に判定負けしたが、判定結果が告げられたとたん、怒った韓国人選手のコーチが水の入ったボトルをリングに投げ入れた。すると観客はこのコーチの行動に大ブーイング。韓国人選手とコーチが退場する際、彼らにペットボトルの水を投げつける観客もおり、まさに一触即発の場面となった。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20140119029/1.htm
-----------------------
そもそも、韓国人というヒトモドキが生きていることが顰蹙ものなのです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【PSYブーイング事件】最低限のマナーを守れないイタリア人が悪いニダ!!

醜い朝鮮ヒトモドキ


先日のイタリアサッカー場でのPSYブーイング事件。

どうやら韓国では、「イタリアのサッカーファンのマナーが悪いせいニダ!」ということになっているようです。




マナーが悪い……。


自分たちの日頃の行いを顧みることのできない生き物ならではの発想ですね。

まさに害虫です。


-----------------------
 歌手PSY(サイ)が先月26日(現地時間)、ローマのサッカー場で大ブーイングを受けた。今年のイタリア・サッカークラブのチャンピオンを決める「2013コッパ・イタリア(正式名称TIMカップ)」決勝戦直前だった。PSYは世界的ヒット曲「江南スタイル」を歌い「乗馬ダンス」を披露した。ところが、観客席のムードは冷ややかで、ひいきチームの応援歌を歌ったり、爆竹を鳴らしたりしていた。そして歌が終わるとブーイングが巻き起こった。 

 決勝戦はローマを本拠地とする宿敵チーム、ASローマとSSラツィオの対戦とあって、いつになく緊張した空気が漂っていた。観客はPSYの歌に耳を傾ける余裕がなかったようだ。 

 それでもPSYは毅然(きぜん)としていた。もともと何事にもめげない男だが、この出来事にも動揺することなく「イタリアを愛しいます」と言ってステージを降りた。イタリアのインターネットユーザーたちは「観客はPSYをなめているわけではない」として、ライバルチームをたたきのめしてやろうと意気込んでいる観衆にアジア人歌手の歌を聞かせた主催者側のセンスのなさが原因だと話している。 

 しかし、ASローマのファンには、先月12日に相手チームの黒人選手を愚弄(ぐろう)する人種差別的なやじを浴びせ、試合中止という事態を招いた「前科」がある。やじやブーイングは応援の一種とは言えないだろう。ファンたちは世界的スターのライブ公演に対して最低限のマナーを守るべきだった。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/06/02/2013060200329.html 
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る