韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ベトナム

【情報弱者】年収以上の金を支払ってまでバ韓国の整形手術を受けるベトナム人女性が急増中!

バ韓国で整形手術を受けるベトナム人が急増中


バ韓国で整形手術を受けるベトナム人女性が急増しているようです。

どうやらバ韓流のアイドルの顔に憧れをもつベトナム人女性が増えたことがその理由みたいですね。



はぁ……、情報弱者というのは本当に惨めですね。



数年後には二目と見られない化け物顔になるのがオチだというのに……。





一時期この日本でもバ韓国にプチ整形しに行く情報弱者が存在していましたが、

今でもバ韓国に行くのはキチガイだけとなりましたからね。





きゃつらの手口にまんまと騙されているベトナム人が少し可哀そうな気もしますが、

世界中にバ韓国の実態を知らしめるためには必要な犠牲かもしれませんねwwww



-----------------------
ソウルの美容整形外科にベトナム人客殺到

 ベトナム人のパム・ティト・ウエンさん(30)は8月16日午後、ソウル市江南区にある美容整形外科を訪れた。彼女は医療費・宿泊費・航空機代がセットになった「整形観光ツアー」に850万ウォン(約85万円)を払って同日、韓国に来た。ウエンさんは「若いベトナム人女性の間で韓国整形旅行が流行している。韓国のアイドルグループのように細い顔と高い鼻にしたい」と言った。

 美容整形をするため韓国に観光旅行でやって来るベトナム人が増えている。「K-POP」「K-BEAUTY」(韓流美容)の影響を受けた若いベトナム人女性たちだ。整形観光ツアーの価格は300万-1000万ウォン(約30-100万円)台で、昨年のベトナム人1人当たりの国民所得(2385ドル=約26万6000円)より高い。保健産業振興院によると、韓国に来たベトナム人患者数は2010年の921人から昨年は7447人へと8倍に増えた。ベトナム人患者が増えているのを受けて、ソウル・江南の大手整形外科では、英語・中国語・日本語・ロシアに続きベトナム語の通訳スタッフを置く所が増えている。病院の術後回復室ではK-POPと共に、ベトナムの人気歌手の歌が流れている。近くのベトナム料理レストランと契約してベトナム料理を患者の食事として提供する病院もある。

 ソウル市江南区新沙洞のある整形外科で働くベトナム人職員レ・ティ・ゴックさん(30)は「最近は1人で対応するのが難しいほど患者が増えているので、ベトナム語の通訳スタッフをもう1人採用した」と言った。同区鴨鴎亭洞の整形外科では「ベトナム人患者は昨年に比べ2倍に達し、中国人患者数を上回った」と話した。

 ベトナム人の整形患者が増えている背景には、病院側の努力も一役買っている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復の影響で、整形を希望する中国人観光客が減ったため、東南アジア市場に目を向けたのだ。ベトナム人患者を集める代理店も繁盛している。病院側は「口コミ」を特に神経を使っている。ベトナム人患者のほとんどが知人の薦めで韓国に来るからだ。ベトナムの医療観光エージェンシーで働くフン・ウィエンさんは「ユーチューブやソーシャル・メディアに掲載されている、韓国での整形体験記を見て韓国観光を計画する女性が多い」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101558.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















電子足輪の意味ナシ!! バ韓国の性犯罪者がまたもや国外に逃亡!!!!!!!

バ韓国の電子足輪は意味がない


先日、バ韓国の性犯罪者が電子足輪を切って大阪に逃走していましたが、

また性犯罪者が国外に逃げ出そうとしていたようです。


・レイプの前科があり、出所後2回も電子足輪を切断して逃亡

・その男がまたレイプを犯し、警察に捕まる

・しかし、裁判所は電子足輪で男の居場所を把握できるとして逮捕状の請求を却下

・男は仁川空港に向かい、そのままベトナムに逃走


……こんな流れだったようです。


結局、電子足輪があろうがなかろうが、

バ韓国による性犯罪者の輸出は止まらないということですね。



だから、我々人類としても、

電子足輪があろうがなかろうが、屑チョンを見かけ次第ぶっロコすというのが正しい対処方法でしょう。




-----------------------
性犯罪:電子足輪38歳男が仁川空港から出国、韓国に送還

 性的暴行容疑で警察の取り調べを受けていた30代の男が位置追跡電子装置(電子足輪)をはめたまま海外に出国し、現地警察に捕まった。裁判所が「電子足輪がはめられているので逃走の恐れがない」として逮捕状請求を棄却したすきに逃走していた。現在の空港セキュリティーチェックや出入国管理事務所のシステムもこの男を止められなかった。電子足輪とは、再犯の可能性が高い性犯罪前科者の位置を把握するためにはめられるものだ。

 男(38)は4日、仁川国際空港からベトナム・ホーチミン行きの飛行機に搭乗した。男は今年3月初め、京畿道平沢市内の物流センターでアルバイトをしていて知り合った女性(20)に性的暴行を振るった容疑で警察の取り調べを受けていた。男には暴行の前科があり、出所後2回、電子足輪を切って逃走した前歴もあるという。検察は男の逮捕状を請求したが、裁判所は逃走の恐れがないとして却下した。電子足輪で男の位置をリアルタイムで把握できると判断したためだ。警察も同じ理由で男の出国禁止申請をしなかった。

 釈放された男は仁川空港に行った。男は「空港の近くの物流センターに用事があって来た」と担当の清州保護観察所に虚偽報告した。空港近くに男がアルバイトをしている会社の物流センターがあるからだ。保護観察所の職員もその言葉を信じた。だが、航空券を購入した男は電子足輪をはめたまま出国セキュリティーチェックを通過した。金属でできている電子足輪がセキュリティーチェックに引っ掛かると、男は別の場所でチェックを受けた。

 セキュリティーチェック係員は性犯罪前科者だということを知っていたが、「許可を受けて出国する」という男の言葉を信じたという。電子足輪着用者も法務部(省に相当)の事前許可を受ければ、海外旅行が可能だからだ。男は出国審査も通過した。法務部側は「出国禁止措置が出ていなければ、電子足輪着用者が許可を受けて出国するかどうか出国審査場の担当者には分からない」と話す。

 出国した男の位置情報が消えて初めて、保護観察所は男がベトナムに向かったことを知り、ソウル・蘆原警察署に通報した。ベトナムの公安当局や警察の協力により、男はホーチミン空港で拘束され、韓国に送還された。

 電子足輪をはめた性犯罪前科者が海外に逃亡したのは今回が初めてではない。先月末、性犯罪の前科がある50代の男が電子足輪を切って金浦空港から大阪に逃走した。この男はまだ検挙されておらず、法務部は国際刑事警察機構(ICPO、通称:インターポール)に、男に対する赤手配書(国際逮捕手配書)を要請した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/10/2018041001221.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












ベトナムでバ韓国塵観光客死亡! ガイドの制止を無視して溺死wwwwwww

ベトナム人に殺されて当然のバ韓国塵ども


ベトナムの観光地で、屑チョン観光客が死んでいましたwww

ガイドの制止を無視して湖に入り、25メートルほど泳いでから戻れなくなって死んだとのこと。



ああ、ベトナムの地がまた屑チョンのせいで汚れてしまいましたね。


きゃつらが死ぬのは大歓迎ですが、

我々人類に迷惑をかけないよう朝鮮半島の中で死んでほしいものです。



馬鹿は死ななきゃ治らないといいますけど、

屑チョンどもはたとえ生まれ変わっても馬鹿のまんまなんでしょうねwwww


-----------------------
ベトナムで韓国人観光客1人湖に落ちて死亡

 駐ベトナム韓国大使館と現地の僑民雑誌『ライフプラザ』などによれば、6日の午後3時頃にベトナム南東部のビントゥアン省ファンティエット市にある休養地・ムイネーの砂漠の湖で、韓国人観光客のAさん(58歳)が湖に落ちて死亡した。 

 Aさんは「危険だから下りないで」というガイドの注意を聞いたのだが、もう一人の仲間と一緒に砂丘の下の湖に入って事故に遭った事が分かった。 

 もう一人は湖からすぐに出たが、以前から水泳が得意だったAさんは25mほど泳いでから戻れなくなった事が分かった。

 韓国大使館は事故の消息を聞いてすぐに現場に警察領事を送り、現地警察と協力して事件経緯を把握した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0010563543
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【生きてるだけで大迷惑!!】給与未払いは当たり前! ベトナムで夜逃げしまくるバ韓国企業!!

ベトナムから夜逃げするバ韓国企業


以前からも指摘されていた問題ですが、

ベトナムに進出していたバ韓国企業の夜逃げがさらに深刻になっているようです。


給与未払いは当たり前で、

社会保険料も滞納したままトンズラするので、

ベトナム全体に甚大な被害を与えているとのこと。



戦時中は現地のベトナム人を強姦したり虐殺しまくっていたバ韓国ですが、

現在もなおベトナムに迷惑をかけまくっているとは……。



こうした被害を防ぐためにも、一刻も早くきゃつらを根絶やしにしなければならないでしょう。

朝鮮ヒトモドキなんていう生物は、生かしておく価値がないどころかマイナスでしかないのですから。



-----------------------
韓国企業がベトナムで夜逃げ、現地で信頼低下懸念

 2月21日、ベトナム南部ドンナイ省チャンボム地区にある韓国系の繊維メーカーK社を訪れた。一時は従業員3000人が働いていた工場に人影はなく、公安(警察)と警備員7人が正門と通用門を守っているだけだった。国旗掲揚台の太極旗(韓国国旗)とハングルの案内板はここが韓国企業だったことを物語っていた。現地従業員によると、2月8日にK社の韓国人社員12人が蒸発したのだという。2000人近いベトナム人労働者の1月分の賃金と社会保険料などの312億ドン(約1億4500万円)が未払いとなった。

 ベトナムに進出する韓国企業が4000カ所を超える中、経営が悪化すると、ベトナムから夜逃げする企業が見られる。賃金遅配だけでなく、工場の設備まで放置したままで帰国し、連絡を絶つパターンだ。現地の業界筋によれば、K社に続き、2月9日にはホーチミン市にある韓国の縫製工場B社も操業を中止した。ベトナム人労働者350人が賃金29億ドンを受け取れなかった。1月にはホーチミン市の韓国系縫製工場N社が従業員約600人の賃金と社会保険料計306億ドンを滞納したまま、雲隠れした。

■突如蒸発する韓国企業

 ドンナイ省のK社付近で会った同社総務担当職員、ド・ハン・ティさん(43)は「韓国人社員が跡形もなく消えた」と話した。操業は中断し、従業員らは工場のゲート前に座り込むしかなかった。ティさんは「家族を養わなければならない地方出身の女性が大半で、工場前で3日間も泣き明かした」と振り返った。K社は米国向けの衣料品をOEM (相手先ブランドによる生産)で受注した韓国本社の指示で操業してきた。韓国本社は資金繰り悪化で倒産の危機に追い込まれ、ベトナム、インドネシアの工場から韓国人職員を突然引き揚げた。

 ベトナムで最も大切な祭日であるテトを前に相次いだ韓国企業の夜逃げ騒動はベトナム社会の怒りを買った。ベトナムメディアは賃金を受け取れなかった従業員の実情を争うように報じた。ソーシャルメディアでは「こんな企業をレッドカーペットで迎え、インセンティブを提供したのか」といった批判が噴出した。事態が拡大すると、グエン・スアン・フック首相も乗り出し、労働者支援を指示した。ドンナイ省政府とベトナムの労働組合団体は、1月の賃金の半額と賞与の一部を肩代わりした。周辺の繊維工場10カ所余りは、K社の従業員を優先雇用することを表明した。韓国企業の夜逃げで生じた被害をベトナム社会全体が背負っている格好だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/21/2018032100895.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る