韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ポンコツ

【お笑いバ韓国軍劇場】ウリの国防費、6年後には日本を追い越すニダぁぁぁぁぁぁ!!

バ韓国軍は世界最弱のポンコツ集団


バ韓国の国防費が6年後には日本の防衛費を上回る見込みなんだとか。


何かにつけ日本と比較したがるバ韓国塵ども。

我々はいちいちバ韓国と比べたりしないというのに、本当に気色悪い話ですねwwww


それに、どれだけ国防費を増やしたところで、バ韓国軍が世界最弱なことに変わりはありません。



なにしろ、有事の際に一番最初に逃げ出すのは兵士どもというのがバ韓国の伝統なんですからwww





結局、バ韓国の国防費が50兆ウォンを超えたとしても、

その半分以上が関係者のフトコロに消えるだけの話です。


-----------------------
韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み

 韓国国防費が遅くとも2026年には日本国防費を上回る見込みだだ。

 国防部によると、2026年韓国国防予算は71兆2000億ウォンを上回り、日本の防衛予算69兆6000億ウォンより2%程度多くなるという予想が出ている。これは現在の国防予算増加率を維持するという仮定にともなう計算だ。今年2020年の韓国国防予算は50兆1527億ウォン(約4兆7000億円)、日本の防衛予算は5兆3222億円だ。

 韓国の国防予算は日本の防衛予算より格差が毎年減っていく傾向を見せている。韓国の国防予算は2001年日本の防衛予算の30%水準に過ぎなかったが、2011年には60%水準、2020年には86%水準まで上昇した。

 韓日間国防費の逆転現象はその間韓国国防予算増加率が高まった結果だ。特に、文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足してから最近3年間に10兆ウォンが増加した影響が大きかった。国内総生産(GDP)に比べて国防予算の割合は2011~2017年間2.2%水準にとどまったが、今年2.5%水準まで上昇した。

 反面、日本防衛予算は2000年代入って以来下落傾向を見せている。2012年安倍晋三首相執権以降増加傾向に転じたが、追い上げる韓国を締め出すことは難しかった。韓国のここ5年(2016~2020年)間国防予算の平均増加率は6%を維持し、日本の1.3%水準を大きく圧倒した。

 2019年資料(2018年予算)を基準にして韓国の国防予算は▼ロシア(453億ドル)の84%▼ドイツ(457億ドル)の84%▼フランス(534億ドル)の72%水準だ。韓国国防費が日本防衛予算をリードする2026年ごろ、この国国防費とも似たような水準に到達したり、上回ったりする可能性が大きいというのが国防部の分析だ。

 韓国の国防費規模が主な先進国に比べても劣れない水準に到達したが、G2国家にはまだ及ばない水準だ。世界で最も多い国防費を支出する米国(6433億ドル)の6%、中国(1682億ドル)の23%水準だ。

 年間50兆ウォン規模を支出する国防費はどこに使われるのだろうか。2020年国防予算の項目を調べた。兵器を取得する「防衛力改善費」は全体国防予算の中で33.3%を占めている。先端兵器の導入が増加することで防衛力改善費の割合は2006年25.8%から2020年33.3%に多くなった。

https://japanese.joins.com/JArticle/261871
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすが朝鮮製ww バ韓国・サムスンのGalaxy Note10、登録してない指紋でもロックが解除できてしまう!!

バ韓国・サムスンのGalaxy Note10にトンデモない欠陥


サムスンが今年発売したGalaxy Note10にトンデモない欠陥がありました!!!!!!!!!


なんと、指紋認証機能がポンコツで、

登録していない指紋でもロックが解除されてしまうというのです。



ま、朝鮮製のスマホを使っているようなキチガイがどんな被害を被ろうと構いませんがwwww



ファーウェイの通信機器や、支那製の監視カメラと同様、

全世界規模でサムスンのスマホを禁止するようにしなければならないでしょう。




屑チョンどものことですから、どんなマルウェアを仕込んでいるか分かったものではありません。


きゃつらヒトモドキにセキュリティという概念は皆無なのですからwwww



-----------------------
サムスンのスマホ2機種で指紋認証に穴、第2の「電池発火事件」になる可能性も

 2019年10月20日、中国メディアの中国経済網は、サムスンのスマートフォンGalaxy S10シリーズで、登録していない指紋でロックが解除される現象が発生し、「第2の『電池発火事件』になる可能性がある」と報じた。

 記事は、今年発売されたGalaxy S10に搭載された超音波指紋認証システムにセキュリティーホールがあり、英国内のユーザーがシリコンケースに入れ、ディスプレイに保護フィルムを貼っていた同機を使用中、登録していない指紋でロックが解除できてしまうことを発見したという英メディアの17日付報道を紹介した。

 また、韓国のユーザーからもGalaxy Note10で同様の問題が起きたとの報告が出ており、韓国の銀行やクレジットカード会社が「すぐに指紋認証機能を解除してほしい」と注意喚起する緊急通知を発表したと伝えている。

 そして、この件が韓国社会で大きくクローズアップされ、サムスンは事態が発覚した翌日に声明を出して問題を認めると同時に、機器の欠陥ではなくソフトウェアの問題とし、程なく修復パッチをリリースするとの姿勢を示したという。業界関係者からは「もしサムスンが今回の件を適切に解決できなければ、『(Galaxy Note7による)電池事件』の二の舞を演じることになる」との見方が出ているとした。

https://www.recordchina.co.jp/b753682-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】来年から量産される新型無線機は寒くなると使えないwwwww

バ韓国の無線機は寒くなると使えないwwww


バ韓国軍が10年以上かけて開発中の次世代無線機が、来年から量産開始となるようです。


しかし!

この無線機は低温になるとバッテリーが放電して使い物にならなくなる代物だったことが判明!!


性能を試験することなく、量産化へのGOサインを出していたとのこと。


このことが報道されると、慌ててバッテリーの改善に取り組むことを発表していたようです。



いやぁ、さすがバ韓国ですね。


こんなのは氷山の一角でしょう。


これからも関係者が金目当てに、使い物にならない兵器に大量の税金を投入していくんでしょうね。



ま、有事の際、バ韓国軍の兵士は武器を放り出して真っ先に逃げるという習性があるので、

何を持たせていても大差なさそうですねwwww




-----------------------
韓国軍の次世代無線機に「寒いと使えなくなる」欠陥?=韓国ネット「怪しい」「不正では?」

 2019年10月6日、韓国・KBSは「韓国軍の次世代無線機に内蔵されるバッテリーが酷寒に耐えきれない」と報じた。

 報道によると、この無線機は防衛事業庁傘下の国防科学研究所(ADD)が主導して開発した。次世代軍用無線機として2007年に開発が始まり、来年から生産が開始され軍で使用されるという。

 この無線機は、極めて厳しい寒さの中での訓練を考慮した合同参謀本部の「作戦運用性能規定」に基づき、氷点下32度まで耐えられるように開発された。しかし、共に開発されたバッテリーは氷点下20度までしか耐えられず、氷点下20度以下になるとバッテリーが放電し、無線機が使えなくなる可能性があるという。

 ところが、問題のバッテリーを搭載した無線機は、昨年5月の陸軍の運用試験評価で適合判定を受けた。その理由は、リチウムポリマー素材の2次電池である該当バッテリーに対する「作戦運用性能規定」がないためだという。

 しかし、軍需品の品質管理を行う国防技術品質院は「バッテリーが温度の要求条件を満たしておらず、性能立証試験もろくに行われていない」とし、防衛事業庁に改善を要求した。事実上の不合格判定にあたるという。

 これについて国防委員会所属の金炳基(キム・ビョンギ)議員は「(軍が)最も重要な性能を実際に試験せずにADDが提出した文章のみを基に合格処理をしたことが原因で、このような問題が繰り返し発生している」と指摘したという。

 防衛事業庁は国防技術品質院から指摘を受けてからも改善を行わずに事業を進めてきたが、KBSの取材が始まると問題を認めバッテリーの規格改善に取り組むと明かしたという。

 これを受け、韓国のネット上では「以前よりも性能が良くない製品を採用したってことは何か不正があったのだろう」「改善もせず(事業を)進めてきたなんて怪しい」「ADDに問題があるのではないか」「防衛事業庁の監査や捜査を依頼しなきゃ。取材を受けて認めたってことは取材を受けなかったら?」など防衛事業庁やADDの不正を疑う声が上がっている。

 一方で「氷点下20度以下を耐えられるバッテリーなんてあるの?」「低温で性能効率が落ちるのは改善できないと思う」などと懸念するコメントも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b729299-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】ついに国産戦闘機KFXの試作機を作るニダ! 最強性能でアジアの覇者になれるニダ!!

バ韓国のKFX。完成する日は永遠にこない


バ韓国が国産戦闘機の試作機製造段階に入ったとのこと。


その性能は、


「世界の一般戦闘機のうち最強性能を備えるニダ!」


「北朝鮮の戦闘機は全く相手にならず、中国はもちろん日本の一般戦闘機より優れているニダ!!」


……とのこと。



相変らず脳内がお花畑状態ですねwwwww


過去に作られたバ韓国産兵器のことを忘れているんですかね?



2026年までの開発終了を目指しているようですが、

そんな先までバ韓国という国は存在していないでしょう。



今回も計画だけを披露して、関係者のフトコロが温かくなるだけというオチですね。



-----------------------
日中を超える“最強性能”、韓国型戦闘機KFXが試作機製造段階に=韓国ネットから期待の声

 2019年9月27日、韓国・YTNによると、韓国が2016年から開発を進めている韓国型戦闘機KFXが試作機製造段階に入った。

 韓国の防衛産業庁は24日から4日間、KFXの詳細設計を検討する会議を行った。その結果、軍の要求条件がKFXに全て反映されており「試作機の製造を開始できる」と判断したという。

 これによりKFX事業を管理する韓国航空宇宙産業が試作機の製造に着手。再来年上半期に試作1号機を完成させる計画だという。

 試作機は2022年上半期から飛行試験を開始し、2026年までの開発終了を目標としている。

 また中央日報によると、KFXには急旋回や機動などの飛行能力に、最先端の装置が装備される。中央日報は「世界の一般戦闘機(非ステルス機)のうち最強性能を備えることが予想され、北朝鮮の戦闘機は全く相手にならず、中国はもちろん日本の一般戦闘機より優れている」と説明している。開発が完了すれば「北東アジアで空中戦が起きた場合、まず空軍のF-35Aが出動して相手のステルス機に対応し、その後の一般戦闘機はKFXとF-15Kが制圧できる」とし、「さらにKFXのステルス機能が改良されれば、北東アジアで韓国の空を狙える者はいなくなるだろう」と予想している。

 これに韓国のネットユーザーからは「成功して最強の韓国になろう」「応援する。最強の性能を備えた戦闘機になりますように」「米国産戦闘機より性能が低く、単価も変わらないとしても、自分で自分を守るために必ず成功させるべきだ。安保は単純に費用だけの問題ではない」など応援と期待の声が寄せられている。

 一方で「うまくいくよ。不正を厳しく取り締まればね」「設計図面を北朝鮮にハッキングされないよう保安に万全を期してほしい。時期が時期だけに不安だ」「韓国の技術でドローンを造るべき。将来はドローンの時代になる」「日中はKFX以上のものを開発中と聞いたけど?」などと指摘する声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b748063-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る