韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

マナー

【バ韓国塵の成りすまし】新大久保のコリアンタウン全体が生ゴミ置き場状態に!!!!!

新大久保でバ韓国の食べ物を喰うのはキチガイだけ


東京の新大久保に数多く巣食っている朝鮮ヒトモドキども。

そのおかげで街がカオスになっているようです。


ハットグとかいうジャンクフードを目当てに客が押し寄せ、その客どもが食いかけを街のアチコチにポイ捨てしているとのこと。


ま、当然の結果でしょうね。


屑チョンどもの餌を食いに来るのもまた屑チョンなのですから、マナーを守れるわけがないのです。



新大久保でこうしたポイ捨てをするのは真性のキチガイか屑チョンどもと相場が決まっています。

見かけ次第銃殺できるように条例を改正するべきでしょうね。


そうなれば、新大久保が浄化され、土地の価値が数十倍にハネ上がることは間違いなさそうです。


-----------------------
韓国式「チーズドッグ」ポイ捨てに困惑 新大久保「日本人のマナーどこへ」

 コリアンタウンの新大久保(東京都新宿区)で、住民がゴミのポイ捨てに悩まされている。商店街だけでなく、環境美化を図る新宿区も危機感を強めている状況だ。主因は、韓国グルメ「ハットグ(チーズドッグ)」の食べ残しや食べた後のポイ捨て。地元住民は「インスタ映えだか何だか知らないが、写真だけとってひと口食べてポイ捨てする若者もいた。迷惑だ」と憤る。

●「ハットグ」のゴミ、自販機の下にも

 ハットグ(400円程度)は、ソーセージの代わりに大量のチーズが入っており、韓国版アメリカンドッグとも呼ばれる。食べるときにチーズが長く伸びるのが特徴で、「インスタ映え」するとして若者を中心に人気。現在、新大久保では約20のハットグ店があるという。

 12月上旬、記者が実際に付近を歩いて確認したところ、狭い歩道でしゃがんで食べるひとだけでなく、自動販売機の下に捨てられた食べ残しもあった。ハットグ店では店前にゴミ箱を設置し、店員が「並ぶ時に横に広がらないでください」「そこでは食べないでください」などと呼びかけているが、大量に押し寄せる客のすべてに注意するのは難しそうだった。

 また、この問題を12月3日に報じた情報番組「モーニングショー」(テレ朝系)では、実際にポイ捨てする男性2人組に取材班が注意したところ、「じゃあいいっすよ」などと逆ギレされていた様子が流されていた。

●年配者のポイ捨ても

 新大久保商店街振興組合では月に数回、清掃活動をしたり、一部のハットグ店では店員が周辺のゴミ拾いなどをしたりしているが、労力は限られており対応には限界があるという。商店街振興組合の事務局長は取材に、「みなさんのマナーに呼びかけるしかない」と話した。

 さらに、インスタ映えを求めてやってくる若者だけでなく、年配のひとによるポイ捨ても確認されているという。事務局長は「本来、日本人のマナーは素晴らしく、世界に誇れるもののはず。どこへいってしまったのか。その精神をどうか取り戻してほしい」と求めている。

●新宿区、店舗にゴミ箱設置を依頼

 新宿区も新大久保の状況に懸念を抱いている。今年に入り、新大久保でハットグ人気が膨らむのにつれて、「ゴミが散乱している」「自販機の脇に捨てられている」などの住民からの苦情が増えたという。このため新宿区の担当者は、食べ歩き可能なものを売っている店舗をまわって、客への啓発や店前でのゴミ箱設置を依頼した。

 新宿区の多文化共生推進課は、「店側に聞いたり客の動向調査をしたりしていると、マナー違反をしているのは多くが日本人のようだ。ポイ捨てはしてはいけないというマナーは当然わかっているはず。ゴミが落ちているとそこに捨てられやすいという問題もある。新大久保が汚いというイメージをもたれることがないようにしていきたい」としている。

 商店街振興組合では、新宿区に対し、清掃サービスなど人的支援をしてもらいたい考え。この点について、新宿区の多文化共生推進課は「当然コストとして、税金を投入するべきかどうかという問題になってくるので簡単な話ではない」と難色を示す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000673-zeiricom-soci
-----------------------

記事では日本人のマナー云々と書かれていますが、そのほとんどは成りすましのヒトモドキどもでしょう。

これ以上国土を汚されないうちに、きゃつらを完璧に駆除したいものです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国!! 旅行ガイドが率先して観光マナーを破るwwwwwww

世界中の観光地で迷惑行為をするバ韓国塵ども


世界中の観光地で糞迷惑な行いをし続けているバ韓国塵ども。


こうした迷惑行為は、ガイドが率先してやらせているケースも多いようです。


「有料トイレ用の硬貨がないから、そこらの草むらで用を足すニダ!」

「禁煙場所でも問題ないから、ここで一服するニダ!」

「空港のセキュリティーチェックで待ちたくないから、大量にカバンを置いておいて割込みするニダ!!」


……とガイドが迷惑行為を推奨しているというのです!!



いやぁ、さすが屑チョンどもですなぁ。


世界各地に出かけ、バ韓国塵の醜さをアピールするとは本当にご苦労様です。


こうした活動のおかげで、除鮮活動が捗ると思えば胸熱ですなぁwwwwww


-----------------------
海外旅行3000万人時代…依然成長しない「醜い韓国人」

 韓国にも海外旅行3000万人時代がやって来た―。韓国観光公社によると、海外に出国した韓国人は2015年には1931万人だったが、16年に2238万人、昨年は2650万人へと増加した。今年は上半期(1-6月)だけで1432万人が出国し、年間出国者数は3000万人を超えると予想される。

 だが、韓国人の旅行文化は相変わらず成長が見られないようだ。とりわけ手ごろな価格で複数の観光地を回れるパッケージツアーに対する評価は低い。強行スケジュールの消化を優先するあまり、現地の公共秩序を乱す「アグリー・コリアン(醜い韓国人)」を量産しているというのだ。韓国旅行業協会によると、昨年に韓国で旅行会社のパッケージツアーを利用した人は988万人。海外旅行に行く韓国人の3人に1人以上(37%)がパッケージツアーを利用している。

 昨年6月にN旅行社のパッケージツアーに参加して北欧を旅行したキムさん(45)=女性=は、ノルウェーの有名な観光スポット、リレハンメル・スキージャンプ台を訪れた。旅行ガイドはツアー客に対し、トイレに行きたい場合は外で用を足すよう促したという。キムさんは「有料トイレがあったが、ガイドには『ノルウェーの通貨(クローネ)しか使えない。この先2時間トイレがないので、必ずここで用を足すように』と言われた」として「ほかの国の観光客も大勢いる場所で、茂みに入って傘で体を隠して用を足した」と話した。このときツアー客たちはユーロしか持っておらず、クローネがなかったという。同じツアーを利用したチェさん(50)=女性=は「ガイドに『国際的な恥ではないか』と言ったら『これまでのツアー客もみな外で用を足した』と言って『選手用宿舎の陰や茂みに行けば大丈夫』と場所まで指南した」と話した。この旅行会社はこれについて「ツアー客からそのような不満は届いていない上、昨年のことなので、事実確認は難しい」と説明した。

 禁煙エリアで喫煙を勧めるガイドもいる。今年2月にベトナムを旅行したチェさん(37)は、世界遺産のハロン湾にある食堂で、禁煙にもかかわらず韓国人ガイド3人がたばこを吸っているのを目撃した。チェさんによると、食堂には「No smoking zone(禁煙区域)」と複数の場所に大きく書かれていた。チェさんがガイドに禁煙について指摘したところ「ここはたばこを吸っても大丈夫。ベトナムはもともとそういう所」と答えたという。

 待ち時間を短縮しようと観光地や免税店で割り込みをするケースもある。会社員のチェさん(30)は今年2月、日本の九州を旅行したとき、ショッピングバッグによる割り込みの場面を目撃した。ある韓国人ガイドが午前中の早い時間に熊本空港のセキュリティーチェックの前にショッピングバッグ数十個を一列に並べていたのだ。チェさんは「セキュリティーチェックのゲートが開くと、ガイドが免税店で買い物をしていたツアー客約20人を呼んできて、ショッピングバッグを置いていた場所に割り込ませた」「その後ろにいた日本人や他国の観光客数十人が激怒し、大声でののしる人もいた」と話した。

 ある旅行業界の関係者は、「ガイドはツアー客による評価やチップに対して非常に敏感な職業だ」として「禁煙の場所で喫煙できるよう便宜を図ったり、割り込みを促したりしてでもツアーのスケジュールをきっちりこなす。そうでなければツアー客から『ベテランガイド』と評価してもらえないため、旅行のマナーを後回しにするケースが多い」と話した。

 漢陽大観光学部のイ・ヨンテク教授は「海外旅行ブームと共に、ガイドのサービス意識に対する利用客の目も肥えてきたが、現地のガイドのレベルはそれに追い付いていない」として「韓国国内の旅行会社が利用客のフィードバックを積極的に反映し、現地ガイドのサービス意識とレベルをチェックし、教育する必要がある」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/20/2018082003280.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の公園には、リード無しの犬だらけ!! 飼い主の言い分は……

バ韓国の都市は犬の糞だらけ


バ韓国の首都ソウルの公園には、リード無しで放置されている飼い犬がたくさんいるようです。


通りや公園でリードを外すと罰金を科せられることになっているようですが、屑チョンどもにとってそんな罰則は意味がないみたいです。


しかも、職員が飼い主に注意すると、


「うちの犬は絶対に噛まないニダ!」

「公園なのに遊ばせて何が悪いニカ!?」


……と逆上してくるんだとかwwwwwwww



さすが、鶏ほどの脳みそすら持ち合わせていない連中ですなぁ。


きゃつらの辞書にはモラルだのマナーだのといった文字が載っていないことがよく理解できます。


そもそもヒトモドキの分際で、ペットを飼うという行為そのものが異常なのです。


これ以上可哀そうなペットを増やさないためにも、一刻も早くきゃつらを根絶やしにしたいものですね。



-----------------------
公園にリードなしの犬が増加、ソウル市が取り締まり強化

 7月7日午後、ソウル市汝矣島漢江公園の芝生で、プードル2匹とゴールデンレトリバー3匹がじゃれ合いながら遊んでいた。5匹は全てリードが外されていた。

 現行法上、通りや公園で犬の首のリードを外した場合、飼い主は罰金として5万-50万ウォン(約4900-4万9000円)を支払わなければならない。飼い主である50代の男性は、ござに横になって眠っていた。犬のリード不着用に対する取り締まりに乗り出したソウル市の公務員に起こされた飼い主は「うちの犬たちは絶対にかまない。路地でならともかく、ここは公園なのに遊ばせて何が悪い」と語気を荒らげる。

 同日週末を迎え、漢江公園を訪れた会社員のキム・ジョンスさん(28)は「飼い犬にかまれて亡くなった人もいる。公園でもリードの着用は必須ではないか」と眉間にしわを寄せる。

 猛暑が続いたことで、犬と共に外出する飼い主が増えている。飼い主の中には、犬のリードの着用を嫌がる人々が多い。これらの飼い主が好んで訪れる漢江公園では、毎日のように取り締まり係と飼い主による押し問答が見受けられる。

 ソウル市でペットを飼っている世帯は約82万世帯に上る。2013年の約70万世帯から約12万世帯も増えた。ペット犬は増えるものの、飼い主たちの市民意識は足踏み状態といった声が上がっている。

 2015年以降、犬のリード不着用により飼い主を取り締まったケースは、毎年3万件に上っている。今年1-5月に漢江公園で犬のリード不着用により罰金が科された件数は、193件にも上っている。2015年にわずか16件にとどまっていた罰金の賦課件数は、3年後の今年は300件を突破する見通しだ。取り締まりの対象となった飼い主たちは「うちの犬はリードがなくても人をかんだりはしない。公園なんだから、いいではないか」と居直るケースがほとんどだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/27/2018072702009.html
-----------------------

家畜未満の存在価値しかない屑チョンが、ペットを飼うだなんて本当に腹立たしい話です。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の街角に設置されている「融雪剤保管箱」がゴミ箱と化すwwwww

バ韓国塵にゴミ捨てマナーは守れない


冬の積雪に備え、バ韓国の各自治体は街角に「融雪剤保管箱」を設置しているようです。

しかし、所詮は屑チョンのすることです。

その運用の実態は相変わらずの不様っぷりでしたwwww


・融雪剤が補充されておらず、空っぽのまま

・スコップやラッセルなどが持ち出され、返却されていない

・ゴミ箱代わりに使われ、生活ゴミや酒瓶などが詰め込まれている


……といった有様のようです。



ま、いかにも屑チョンらしい結末でしたねwwwwww



-----------------------
ソウルの冬に必須の融雪剤保管箱、開けると中に「ごみ」がたんまり=韓国ネット「市民意識が問題」「日本に追い付くには100年かかる」

 2017年12月20日、韓国・JTBCは、急な積雪に対応するため韓国の街角に自治体などが設置している「融雪剤保管箱」のずさんな管理の実態を報じた。 

 20日、ソウルや近郊の京畿道(キョンギド)地域に大雪が降り、市民らの通勤や通学の足に影響が出た。都心部では除雪車が出動し作業が行われたが、除雪車が通りにくい地域も多い。こうした路地の多い住宅街などで活躍するのが、各自治体が設置する融雪剤保管箱だ。中には融雪剤の袋が備えられているはずなのだが、JTBCの記者がこの日ソウルの保管箱を確認したところ、空っぽの所が目に付く。先週の大雪以降、融雪剤が補充されていないようなのだ。 

 またソウル市は試験的に除雪道具箱も設置しているという。雪かき用ラッセルとほうき、スコップが各3本ずつ備えられており、市民が自由に使用できるものだ。もちろん使用後は元の場所に返さなければならない。しかし箱によってはすでにシャベルが2本消えた所もあり、同様の被害は別の道具箱でも発生しているとのこと。 

 融雪箱の方は、空っぽであれば「まだいい方」のよう。中には生活ごみの詰まった袋が捨てられていたり、包丁や鉄の棒、靴、酒瓶などが入れられている所も。肝心の融雪剤が凍ってしまって取り出せないケースもあるという。 

 またソウル市は融雪剤保管箱の位置情報をスマートフォン用アプリで提供しているが、このアプリの作動に障害が多く、市民の不満が募っているそうだ。 

 JTBCは「一部市民の身勝手な考えと地方自治体のずさんな管理から、最低限の安全装置である融雪剤保管箱が無用の長物になっている」と指摘。「誰もが使えるということはそれだけ責任が伴うものだ」とマナー順守を呼び掛けた。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは1500件ほどのコメントが寄せられている。「未開な市民意識。この上、除雪作業が遅れれば政府のせいにする」「管理が問題というより浅はかな市民意識が問題」など「市民意識」を非難する声が相次いでいる。 

 また道具箱などのサービスは「まだこの国のレベルに合ってない」との指摘も出ており、「防犯カメラを探して盗んだ人間から罰金を取るべき。こういう時は米国を見習って」と厳しい処罰を求めるコメントも。 

 その他にも、日本と関連して「7年前に日本に来てよかった。毎年感じることだけど、韓国との市民意識の差はひどい」「日本に追い付くには100年はかかるだろう」と嘆くユーザーもみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b162058-s0-c30.html
-----------------------

>日本に追い付くには100年はかかるだろう

とんでもない勘違いですね。

ヒトモドキは何億年経とうとも決して人類にはなれないというのに。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る