韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ミサイル発射

バ韓国・平昌冬季五輪の施設維持、予定の倍近くの赤字にwwww

今後も赤字をタレ流すバ韓国平昌冬季五輪の施設


平昌冬季五輪で造られた施設が、とんでもない赤字になっているようです。


当初は毎年40億ウォンの赤字が見込まれていましたが、

蓋を開けてみたら毎年80億ウォン近くの赤字になっているようです。


さすが屑チョン!!

3つ以上の数字を数えられない脳構造なので、先のことなんて考えられないんでしょうねwwww



間違いなく、今後も更なる赤字を垂れ流すことになります。


本当に間抜けな連中ですなぁ。



ま、経済崩壊への一助となるので、頼もしい限りです。



-----------------------
いまだにもめる平昌五輪施設の活用問題、予想外の赤字規模に「当惑」=韓国ネットからはため息

 2019年8月18日、韓国メディア・プレシアンなどによると、平昌五輪の一部施設の事後活用問題が1年以上解決しない中、運営主体が未定の三つの施設(スライディングセンター、スピードスケート場、アイスホッケーセンター)の赤字規模が当初の計画よりはるかに膨れ上がり、数十億ウォンに達することが分かった。 

 韓国与党「共に民主党」のキム・ヨンジュ議員が文化体育観光部と江原道から報告を受けた韓国開発研究院(KDI)の「五輪競技場の効果的な事後活用案に関する研究」によると、三つの施設の年間赤字規模は約74億4200万ウォン(約6億5100万円)に達する。これは当初推定されていた約40億ウォンの2倍近く増えた金額。施設所有者の江原道は三つの施設の予想運営費用を80億5100万ウォンと算定していたが、KDIは「人件費と電気料金の算定方法に誤りがある」と指摘し、約102億9300万ウォンを要すると分析した。施設運営による収入は28億5150万ウォンと予想した。 

 KDIの結論を受け、文化体育観光部と江原道は予想よりはるかに大きい赤字規模に「当惑した様子」だという。江原道は当初40億ウォンほどの赤字を見込んで政府に20億ウォンの国費支援を要請したが、文化体育観光部は「最大10億ウォン」との立場を示していたという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「二度と五輪を誘致してほしくない」「冬季五輪を続けるべきじゃない。得するのは国際オリンピック委員会(IOC)だけ」「南北合同チームをつくるなど平和五輪のために頑張ったのに、結局北朝鮮は今もミサイルを発射している。一体何のための五輪だったのか…」などため息交じりの声が上がっている。 

 また「それくらいの赤字が出ること初めから予想できなかった?。関連責任者個人の財産で埋め合わせをすればこういうこともなくなるよ」「施設を維持できないのなら撤去するしかない」「無償で民間人に譲渡し、せめて税金の無駄遣いをやめてほしい」などと訴える声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b568241-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















挑発されても、暴言を吐かれても……、北朝鮮に物言えぬバ韓国政府wwww

北朝鮮に物言えぬバ韓国


ここ最近、北朝鮮によるバ韓国への口撃がますます過激になっています。


アホだの、怖気づいた犬だの、座して語る価値がないだのと、

罵詈雑言でバ韓国を叩いています。


もちろん口撃だけではなく、数多くのミサイル発射で物理的な挑発も継続中です。



しかし!

バ韓国政府はこれらの言動や行動に対して沈黙するだけwwww



日本相手だとキャンキャン吠えまくるくせに、北チョンに対しては何も言えないようですね。


ま、国のトップが北のカリアゲ君に完全降伏しているような状況ですから、何も言い返せないんでしょう。



この調子なら、北朝鮮からミサイル攻撃されても、

何もせずにじっとしているだけなんでしょうね。



大量の屑チョンが土に還ってくれるのは何よりです。


-----------------------
エスカレートする北朝鮮の韓国批判、沈黙守る政府に「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と韓国紙

 北朝鮮が韓国批判をエスカレートさせ、短距離弾道ミサイルの発射も繰り返している。日本に対しては過剰と思えるほど反応する韓国政府は沈黙を守ったままだ。南北対話の扉を閉ざしたくないためとみられ、韓国紙は「挑発・暴言になぜ何も言えないのか」と不満を募らせている。 

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は、5日から20日までの予定で行われている米韓合同軍事演習が名称を当初の「同盟19-2」から「後半期韓米連合指揮所訓練」に変えて11日から本格的な訓練に入ると発表したことを糾弾する談話を発表。「演習の名称を変えるからといって訓練の侵略的性格が変わったり、またわれわれが難なく見過ごしたりすると思うなら誤算である」「アホは成長するほど、より大きなアホになるというが、それは南朝鮮当局者たちを指していう言葉だ」などと非難した。 

 クォン局長はさらに、「われわれの目には青瓦台(韓国大統領府)の振る舞いが、おじけづいた犬がさらにうるさくほえまくること以上には見えない」「そのように安保を考える青瓦台だから明け方に寝ていられないだろう」とやゆ。韓国の国防相を名指しして「鄭景斗のようなおかしな者が体面を保とうとでたらめな妄言を並べるのは、火に油を注ぐ愚かな行為だ」と痛罵した。 

 最近の北朝鮮について、中央日報は「青瓦台はなぜ、北朝鮮の挑発・暴言に何も言えないのか」と論じる社説を掲載。北朝鮮の相次ぐ短距離弾道ミサイル発射に触れ、「米国でも日本でもない韓国だけを狙ったミサイルを3日に1度は発射したわけだ。新技術を立証させた北朝鮮版イスカンデル・ミサイルは核弾頭を搭載することができる。次は実戦配備だ。今まで北朝鮮の短距離戦力の主力だった古いスカッドミサイルとは比べものにならないほど新しい脅威が現実化している」と危機感をあらわにした。 

 社説は「残念なのは青瓦台と韓国軍当局の姿勢だ。対応発射はもちろん、軍首脳部名義のまともな警告声明すらなかった。文在寅大統領は最近5回にわたる挑発に対してただ1度も国家安全保障会議(NSC)を主宰しなかった」とも指摘。「北朝鮮に対しては何も言えていない。青瓦台に対する侮辱は国民全体に対する侮辱なのに当局は限りない忍耐心を発揮している」と文政権を批判した。

https://www.recordchina.co.jp/b737314-s0-c10-d0059.html
-----------------------


北朝鮮のミサイル発射映像を眺める屑チョンども。

この画像を見ていると、沈没真っ最中のセウォル号の屑餓鬼どもを思い出します。

ノン気に構えているうちに、あっさり死んでいくとも知らずにwwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【キチガイ沙汰ww】バ韓国与党代表「北のミサイル発射は深刻な事案じゃないニダ! もっと食糧支援するニダ!!」

北がミサイル発射しても支援を口にするバ韓国


5月4日に、北朝鮮が行ったミサイル発射。

しかし、バ韓国の与党代表は、


「北の発射体は深刻な事案でないニダ! もっと食糧支援が必要ニダっ!!」


と述べていたようです。



さすが、ヒトモドキですねwwww


起きてる状態で寝言を言えるのは、キチガイ屑チョンならではでしょう。



あの阿保どものことですから、ソウルにミサイルを撃ち込まれても、


「これは攻撃じゃないニダ! もっと北朝鮮を支援するニダ」


などと言いそうですね。



この調整で能天気に構えてもらえれば、有事の際に屑チョンが大量に死んでくれるのは間違いないでしょう。



-----------------------
韓国与党院内代表「北の発射体は深刻な事案でない…食糧支援を」

 韓国与党・共に民主党の洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表が7日、任期終了を控えて最後に主宰した会議で、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射について「従来の南北関係と韓米関係を脅かす深刻な事案ではない」と述べた。 

 洪院内代表はこの日午前に国会で開かれた院内対策会議で「今回の発射体は現在の南北関係および韓米関係を脅かす深刻な事案ではないという暫定的結論を出している。米国、日本政府も今回の発射体を深刻な挑発と規定していない」とし「ポンペオ米国務長官が明らかにしたように、北の非核化問題は対話と交渉を通じて解決していくという立場に変化はない」と述べた。 

 洪院内代表は「いま重要なことは南北対話および米朝対話再開のための新しいモメンタムを作ることだ。これを通じて北を非核化交渉テーブルにまた引き出すことができる多角的な努力が必要な時期」とし「私はこのために人道的レベルの対北食糧支援が現時点で積極的に考慮されるべき案の一つだと考える」と伝えた。 

 続いて「国際機構を通じた対北食糧支援については、4月の韓米首脳会談でトランプ米大統領も前向きな立場を明らかにした」とし「国連の調査によると、食糧不足で苦しむ北の住民は1010万人にのぼり、春窮期に食糧不足が危険な水準になる見込みという」と話した。 

 さらに「対北制裁とは別に食糧支援を含む人道的レベルの支援を積極的に検討すべき」とし「これを通じて南北、米朝が会って新しい対話のきっかけを用意することもできる。政府は米国、国連と速やかに議論することを望む」と述べた。 

 一方、国防部は北朝鮮が4日に東海(トンヘ、日本名・日本海)に向けて短距離飛翔体を発射したことに関し、ミサイル挑発というよりは火力打撃訓練のようだと国会に同日報告した。

https://japanese.joins.com/article/098/253098.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・野党前代表「文大統領は国が危機になると休暇を取るニダ!!!!」

国家の危機になると休暇を取るバ韓国の文大統領


バ韓国の前自由韓国党代表が、文大統領を猛烈に批判していました。


「文大統領は国の危機の時ごとに休暇を取るニダ!」


「自営業者が滅びる最低賃金法を作っておきながら、大統領が休暇に行ったせいで首相が主宰して議決したニダ」


「マティス米国防長官がバ韓国に来た時には、接見が予定されたのを取り消して休暇に行ったニダ!!」


……確かにもの凄いタイミングで休暇を取っていますねwwww



文大統領はこれを機に性根を入れ替えてほしいものです。

彼が頑張れば頑張るほど、バ韓国という国の終わりが近づいてくれるのですからwwww


-----------------------
洪準杓氏「文大統領は国の危機のたびに休暇取る」と批判

 洪準杓(ホン・ジュンピョ)前自由韓国党代表は28日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は(国の)危機の時ごとに休暇を取る」と主張した。自身のユーチューブチャンネルを通じてだ。 

  洪前代表は「24日の閣議で最低賃金法施行令改定案が確定した。(最低賃金時給算定基準に)週休手当てを含め、自営業者には新年になればもう滅びる水準となる最低賃金法を作っておきながらこれも大統領が休暇に行ったせいで首相が主宰して議決した」と話した。 

  続けて「25%に達する自営業者を根絶やしにするそんな決定をして(大統領は)休暇に行った」と述べた。 

  洪前代表は、「文大統領は国が危機にあるたびに休暇を取った」として文大統領に向けた批判を続けた。「2017年5月21日に北朝鮮のミサイルが発射された時、翌日の22日に休暇に行った。23日には盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領追悼式に参加した。2017年7月28日に北朝鮮のミサイルが発射された時には7月30日から5泊6日で休暇に行った。6月28日にマティス米国防長官が韓国に来た時には接見が予定されたのを取り消して休暇に行った」。 

  合わせて洪前代表は文大統領が8月の夏休みの際に読んだ図書のうち1冊も批判した。 

  彼は「文大統領が昨年の夏休みに『国手』という囲碁小説を読んだが、休暇に行って本を読むなら経済や外交関係を扱う書籍を読むべき。のんきに囲碁小説を持って休暇に行ったというのは国民が理解し難いだろう。大統領が考えを変えなければならない」と話した。 

 その上で「休暇に行くのは責めない。(ただ)休暇に行っても仕事をする他の国の大統領らを見れば良い。休暇もわが国の国民のためにする、そんな大統領になってほしい」とした。 

  これに先立ち文大統領はクリスマス前日の24日に年次休暇を使った。この日の休暇で今年に入り12日の年次休暇を使い果たした。 

  2月と6月にそれぞれ1日休暇を取り、米朝非核化交渉の仲裁者として強行軍した6月末に風邪による疲労で2日間休暇を使った。 

  7~8月には5日間の夏休みを取り、9月の米国訪問を終えた直後に1日の年次休暇を使って慶尚南道梁山(キョンサンナムド・ヤンサン)の私邸で休息を取った。欧州歴訪直後のある先月2日には青瓦台の官邸で1日休暇を使っている。

https://japanese.joins.com/article/623/248623.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る