韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

メンテナンス

【情報弱者】年収以上の金を支払ってまでバ韓国の整形手術を受けるベトナム人女性が急増中!

バ韓国で整形手術を受けるベトナム人が急増中


バ韓国で整形手術を受けるベトナム人女性が急増しているようです。

どうやらバ韓流のアイドルの顔に憧れをもつベトナム人女性が増えたことがその理由みたいですね。



はぁ……、情報弱者というのは本当に惨めですね。



数年後には二目と見られない化け物顔になるのがオチだというのに……。





一時期この日本でもバ韓国にプチ整形しに行く情報弱者が存在していましたが、

今でもバ韓国に行くのはキチガイだけとなりましたからね。





きゃつらの手口にまんまと騙されているベトナム人が少し可哀そうな気もしますが、

世界中にバ韓国の実態を知らしめるためには必要な犠牲かもしれませんねwwww



-----------------------
ソウルの美容整形外科にベトナム人客殺到

 ベトナム人のパム・ティト・ウエンさん(30)は8月16日午後、ソウル市江南区にある美容整形外科を訪れた。彼女は医療費・宿泊費・航空機代がセットになった「整形観光ツアー」に850万ウォン(約85万円)を払って同日、韓国に来た。ウエンさんは「若いベトナム人女性の間で韓国整形旅行が流行している。韓国のアイドルグループのように細い顔と高い鼻にしたい」と言った。

 美容整形をするため韓国に観光旅行でやって来るベトナム人が増えている。「K-POP」「K-BEAUTY」(韓流美容)の影響を受けた若いベトナム人女性たちだ。整形観光ツアーの価格は300万-1000万ウォン(約30-100万円)台で、昨年のベトナム人1人当たりの国民所得(2385ドル=約26万6000円)より高い。保健産業振興院によると、韓国に来たベトナム人患者数は2010年の921人から昨年は7447人へと8倍に増えた。ベトナム人患者が増えているのを受けて、ソウル・江南の大手整形外科では、英語・中国語・日本語・ロシアに続きベトナム語の通訳スタッフを置く所が増えている。病院の術後回復室ではK-POPと共に、ベトナムの人気歌手の歌が流れている。近くのベトナム料理レストランと契約してベトナム料理を患者の食事として提供する病院もある。

 ソウル市江南区新沙洞のある整形外科で働くベトナム人職員レ・ティ・ゴックさん(30)は「最近は1人で対応するのが難しいほど患者が増えているので、ベトナム語の通訳スタッフをもう1人採用した」と言った。同区鴨鴎亭洞の整形外科では「ベトナム人患者は昨年に比べ2倍に達し、中国人患者数を上回った」と話した。

 ベトナム人の整形患者が増えている背景には、病院側の努力も一役買っている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復の影響で、整形を希望する中国人観光客が減ったため、東南アジア市場に目を向けたのだ。ベトナム人患者を集める代理店も繁盛している。病院側は「口コミ」を特に神経を使っている。ベトナム人患者のほとんどが知人の薦めで韓国に来るからだ。ベトナムの医療観光エージェンシーで働くフン・ウィエンさんは「ユーチューブやソーシャル・メディアに掲載されている、韓国での整形体験記を見て韓国観光を計画する女性が多い」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101558.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【まさにノータリンwww】太陽光発電システムを設置しても、管理の方法が分からないバ韓国塵どもwwww

太陽光発電はバ韓国では無意味


バ韓国でも、太陽光発電システムが普及し始めているようですが……。


やはり屑チョンどものすることなので、かなりいい加減なものでしたwwwwww


パネルを設置した後、なんの管理もしないのでほこりまみれとなり、発電効率が低下しまくっているようなのです。



太陽光発電の普及に大量の金を投じておきながら、設置後にそのまま放置とはwwww


さすがヒトモドキどものやることですなぁ。




この地球上の限られたエネルギーを効率的に使うためにも、

生かしておく価値がない屑チョンどもを粛正することが一番大事でしょう。



あ!

屑チョンの命なんてものは価値がないどころか、マイナスにしか過ぎませんでしたねwwwww


-----------------------
韓国の太陽光設備、大気汚染で発電効率が低下

 新・再生可能エネルギーの拡大に向け、公共機関がこぞって太陽光発電機を設置している。政府補助金などを使って設置し、宣伝する。しかし、設置後の管理を怠ったことで、太陽光発電設備にほこりがたまってしまっている。特に粒子状物質が頻繁に見受けられる春先は深刻だ。ほこりが積もれば太陽光の受光がままならず、発電効率は低下してしまう。実績のための普及には熱心だが、実質的な電気生産の助けとなる事後管理はおろそかにされている。

■放置された太陽光発電設備

 3月30日午前11時、ソウル市銅雀区のある文化福祉センター6階の屋上を訪れた。横10メートル、縦5メートルの太陽光発電パネル2枚が設置されていた。ティッシュペーパーで板を拭いてみたところ、黒い汚れが確認できた。センターの関係者は「太陽光パネルの掃除をいつすればいいのか分からない。掃除したのを見たことがない」という。同日午後4時に訪れた冠岳区役所の屋上にある太陽光パネルも状況は変わらなかった。区役所の関係者は「太陽光発電パネルは掃除していない。1年に2回行われている庁舍外壁の水掃除の際に一緒に洗っている」という。

 ソウル市は2022年までに太陽光発電機を原子力発電所1機の用量に相当する1ギガワットにまで拡大普及する計画だ。現在のソウル市内の太陽光発電用量(131.7メガワット)のおよそ8倍に当たる規模だ。2013年から17年まで予算約202億ウォン(約20億2000万円)を投入し、253カ所の公共施設に太陽光発電機を設置した。現在計489カ所に設置されている。今後は関連予算も増やしていく計画だ。太陽光発電機を設置する民間業者も数多く現れた。全国的にも太陽光発電機の設置メーカーは8500社に上っている。

 太陽光パネルにほこりと異物が積もっているものの、どのように管理したらいいのかよく分からない。公共機関の関係者たちは、そのほとんどが「雨や風でほこりが吹き飛ばされて、これと言った管理は必要ないと思っていた」と口をそろえる。

 太陽光発電の効率は、パネルに太陽光がどのくらい届くかによって決まる。ソウル大学電気・情報工学部のイ・ビョンホ教授は「空気中にほこりが多い場合は太陽光発電の効率が落ちる。ほこりが積もれば効率はさらに低下するほかない」と説明する。

■普及には熱心だが、管理機関は存在せず

 太陽光発電機の普及にはこぞって関心を示すが、事後管理のためのマニュアルや組職は存在しない。太陽光発電は設置メーカーと管理メーカーが別々になっている。業界の特性上、設置メーカーは設置拡大にのみ集中し、苦情が入ってこない限り事後管理はしないという。ある太陽光設備の管理メーカー関係者は「設置メーカーが事後管理の方法について説明しないため、どのように掃除すればいいのか問い合わせてくる顧客が多い」と現状に触れた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/20/2018042001777.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












フィリピンの鉄道網、バ韓国企業がメンテを担当した途端にズタボロwwwwwww

脱線事故はバ韓国で日常茶飯事


フィリピンのマニラのケソンとパサイを結ぶ鉄道網は、現在バ韓国の企業がメンテナンスを行っています。

以前は日本の三菱重工が行っていたのですが、バ韓国の企業が低価格でのメンテナンスを提案して切り替わっていたようです。



ところが、バ韓国側がメンテを担当した途端、

車両も線路もズタボロとなり正常運転ができない事態に陥っているとのこと。



ま、あの低脳どもにメンテを依頼した時点で自業自得と言えるでしょう。



バ韓国塵のやることなんざ、安かろう悪かろう臭かろうに決まっています。

そんな常識を理解していなかったフィリピンですが、今回の事で身にしみたことでしょう。


-----------------------
韓国のメンテナンスでボロボロ廃車目前「マニラMRT-3」脱線回避の徐行運転

 2017年6月15日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今月も頻発しており、正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している。

 ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40~60→20kmへ)を行い長蛇の列ができた。代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時~8時、17時~19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっている。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性は皆無です。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4403&&country=12&&p=2
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








「世界一の早期警戒管制機ニダ!」と自画自賛していたバ韓国の“ピースアイ”。部品製造中止で早くも役立たずにwwwwww

役立たずとなったバ韓国の早期警戒管制機“ピースアイ”


2011年に鳴り物入りでバ韓国に導入された早期警戒管制機“ピースアイ”。

当時は「世界一の性能を持つ空中早期警戒機ニダ!」と屑どもが騒いでいたものですが……。


今回、このピースアイの部品製造が既に中止されていたことが判明していました。

レーダーの部品などの重要部品が製造中止となっていたので、ピースアイが役立たずになることが確定したワケですwwwwwwwwww

わずか3年ほどでお蔵入りになるだなんて、ここでも法則がいかんなく発揮されたということでしょう。


もっともまともなメンテナンスなんて行っていないでしょうから、部品があろうがなかろうがハナから役立たずだったに違いありませんねwwwww



-----------------------
韓国空軍の早期警戒管制機が無用の長物に?!重要部品が製造中止に

 2015年4月17日、環球網は記事「韓国の早期警戒管制機“ピースアイ”、中核部品の製造中止が発覚」を掲載した。

 韓国・聯合ニュースによると、韓国国防研究院(KIDA)の報告書で早期警戒管制機“ピースアイ”の中核部品製造中止が明らかになったと報じた。ピースアイはボーイング737-700をベースにレーダー・アンテナを設置した早期警戒管制機。2011年に韓国に導入された。

 ところがこのピースアイの一部部品の製造がすでに中止されていることがわかった。レーダーなどの中核部品が含まれており、運用が継続できない可能性も考えられる。ピースアイの同型機を導入しているのは韓国以外にオーストラリアとトルコだけ。製造数もわずかに14機しかない。米国の兵器輸出許可の問題もあり、関連情報の収集に手間取っているという。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20150419038/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る