韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ユーチューバー

バ韓国・ソウルのアメリカ大使館で反米デモ! ユーチューバーとの乱闘になるも、デモ団体はお咎めなしにwwww

ソウルの米国大使館を取り囲むバ韓国塵ども


一昨日、ソウルのアメリカ大使館前で反米団体がデモを行っていたようです。


そこに通りがかったユーチューバーとその団体が衝突!!


殴り合いの喧嘩となり、警察が出動する事態になったようです。



その結果……、


連行されたのはユーチューバーだけwwwww




デモしていた連中は何のお咎めもなかったとのこと。



さすがテロ支援国家のことだけはありますねwwww



今後も、司法の手厚い加護の元、さまざまなテロを起こすことでしょう。


どんなキチガイっぷりを披露してくれるのか、ある意味楽しみです。




-----------------------
米大使館前で反米デモ隊とユーチューバーが衝突…

 14日に駐韓米国大使館前で、反米団体のデモ隊と、あるユーチューバーとの間にもめごとが起き、警察や対テロ要員まで緊急出動していたことが分かった。ハリー・ハリス駐韓米国大使は事件翌日の15日、韓国警察に「感謝する」というメッセージをツイッターに載せた。

 鍾路警察署によると、民衆民主党と関連がある反米団体が14日午後1時30分ごろ、ソウル市鍾路区の米国大使館正門前およそ10メートルのところで、在韓米軍撤収を主張するプラカードを持ってデモを行った。この時、その前方を通り過ぎたユーチューバーのA氏が「なぜこんなまねをするんだ」とののしり、双方の間でけんかが起きた。米大使館の外郭で警戒勤務に立っていた警察の隊員や一部対テロ要員が現場に出動した。この過程で、ユーチューバーのA氏は警察に連行された。大使館は万一の事態に備え、大使館周辺への爆発物の設置など特異事項がないかどうか、現場点検まで行ったという。

 昨年10月に反米団体が米大使公邸乱入事件を起こした後、米大使館の保安当局は一部反米・親北団体の過激な行為を懸念してきた。

 ハリス駐韓米国大使は15日、韓国警察に対し「感謝する」という立場を明らかにした。ただし、前日の事件には言及しなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/16/2020051680010.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【さすが朝鮮ヒトモドキww】サムスン電子に入社するより、ユーチューバーになりたがるバ韓国塵ども

バ韓国塵ユーチューバーはキチガイだらけ


バ韓国のミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭までに生まれた層)どもは、

サムスンで働くことよりも“ユーチューバー”になることを望んでいるようです。


そろそろ屑チョンどもも気が付いてしまったようですね。


バ韓国経済に未来がないということにwwwww


それに、楽して稼ぎたいという屑チョンどもの習性ゆえ、

“ユーチューバー”に憧れるのは自然な流れなんでしょうね。



今後もこの流れは加速していくことでしょう。


朝鮮ヒトモドキの生産性が限りなくゼロに近づき、

ますます国家崩壊が現実味を帯びてきましたねwwww



非常に喜ばしいことなので、全力で応援したいところです。



-----------------------
韓国のミレニアル世代は年収640万円のサムスンで働くことよりユーチューバーを選ぶ―英メディア

 2019年4月2日、中国メディアのTechWEBによると、ロイター通信は1日、韓国のミレニアル世代は年収6500万ウォン(約640万円)のサムスン電子よりもユーチューバーになることを選ぶと報じている。 

 記事はまず、「世界最大のスマートフォンやメモリーチップのメーカーであるサムスン電子の社員の年収は6500万ウォンと、韓国の新入社員の平均年収の3倍だ。加えて同社が提供する一流のヘルスケアやその他の福利は、多くの新卒者の羨望(せんぼう)の的になっている。だがそれでもサムスンは、韓国のミレニアル世代を引き止めることはできないようだ」とした。 

 そして、「ますます多くのミレニアル世代が安定したホワイトカラーの仕事を捨てるようになっている」とし、2015年にサムスンを辞めてユーチューバーに転身した男性を紹介した。 

 当時32歳だったこの男性は、夜間シフトの繰り返しや昇進機会の狭まり、住宅価格の急上昇などにより、安定したサムスンを辞めて不確実なインターネットコンテンツプロバイダーになったという。 

 男性は「多くの人から狂ってしまったのかと尋ねられた。でも戻ったとしてももう一度辞めるだろう。私の上司は幸せそうに見えなかった。彼らは働きすぎで、孤独だった」と話しているという。 

 記事は、「経済成長が停滞し、低コストの生産者との競争が賃金を圧迫しているため、一流大学を卒業して財閥に就職したミレニアル世代でさえ、社会の期待を満たすことを試みる意欲は強くないと話している」とし、「若い労働者の間で同様の問題は世界的な傾向だ。労働市場研究員のBan Ga-woon氏によると、韓国の厳格で階層的な企業文化と同種のスキルを持つ大卒者の過剰供給が問題を悪化させている」と伝えた。 

 記事はまた、「2012年を基準にすると、韓国人の平均勤続年数は経済協力開発機構(OECD)加盟国で最短の6.6年だったのに対し、平均は9.4年で、日本は11.5年だ。同じ調査によると、韓国で仕事に満足していると答えた人の割合は55%とOECDで最も低い。今年1月には、韓国の大手ソーシャルメディアの『新年の10大決心』の1位に『仕事を辞める』が選ばれた」とも伝えている。

https://www.recordchina.co.jp/b699586-s0-c30-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国与党「ユーチューバーに非難されるのが嫌なので、放送法で規制するニダ!!!!!」

バ韓国の有名なユーチューバー


バ韓国のユーチューバーには、保守系や野党系の過激な主張を繰り返すユーザーが少なくないようです。


見る気はさらさらありませんが、ただでさえ醜い顔をさらに歪めているんでしょうねwwww



そんなユーチューバーたちを面白く思っていないのが、非難の的になっているバ韓国の与党。

こうした言論を封殺するべく、放送法を改正して規制する動きがあるとのこと。





臭い物に蓋をするつもりなんでしょうけど、

我々人類からしてみれば生きている屑チョンは1匹の例外もなくただの汚物にしか過ぎません。



一刻も早くこの地上から汚物を消し去りたいものです。


-----------------------
韓国保守系ユーチューバーに規制の網をちらつかせる韓国与党

 韓国与党・共に民主党やその周辺がこのほど、動画共有サイト「ユーチューブ」などを通じて1人で撮影・編集・動画投稿することにより情報を提供する「インターネット1人放送局」を規制する放送法改正に着手したことから、政治的論議が高まっている。同党は「1人放送局ではフェイク・ニュース(偽のニュース)が幅を利かせているので、地上波放送局や総合編成チャンネルのように規制が必要だ」と主張している。しかし野党では、「ユーチューブで人気を集めている政治・時事関連1人放送局のほとんどが、保守系や野党系のため、規制しようとしているのではないか」と言っている。また、「インターネット・ニューメディア規制は国家主義的な発想であり、世論の口を封じようとするものだ」と反発する声も上がっている。

 共に民主党の金聖洙(キム・ソンス)議員や正義党の秋恵仙(チュ・ヘソン)議員らが所属している国会言論公正性実現会は先月24日、1人放送局も放送法の枠に入れることができるようにする法律改正案の草案を公表した。1人放送局は現在、ユーチューブなど放送プラットフォームを提供する事業者が自主規制指針を作成・管理している。しかし、放送法に1人放送局の規制条項を盛り込むことになれば、地上波放送局などと同様、放送通信委員会が罰金や放送禁止などの強度な制裁を課すこともできる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/21/2018092101937.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【閲覧注意!】バ韓国のプロゲーマー写真、どっかのユーチューバーみたいなツラばかりwwww

バ韓国のプロゲーマー集団


ネットでたまたま見つけた画像なのですが、

なんという破壊力の高さなんでしょう。


調べてみたら、こいつらはバ韓国のプロゲーマー集団とのこと。



どっかのキムチ臭いユーチューバーみたいなツラばかりですね。



きゃつらは人様に不快感を持たせるのが上手ですなぁwwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る