韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ラドン

さすが放射能大国! バ韓国の新築マンションから基準値超えのラドンがゾクゾクと検出!!

バ韓国のマンションにはラドンが充填されている


昨年から今年にかけて竣工されたバ韓国のマンション。

60戸を調査したところ、その62パーセントにあたる37戸から基準値超えのラドンが検出されていたのです!!



いやぁ、凄いですなぁ。


バ韓国の首都圏の道路に使われているアスファルトが常に放射線を放っているのは有名な話ですが、

まさか新築マンションに住んでいるだけでラドンを吸引していたとはwwww



しかも!


「室内空気質管理法」が施行される前の建設だったため、違法性を問えないんだとか。



その結果、建設会社が住民からの部材交換を拒否しているとのこと。



素晴らしいですなぁ。


こうしている間にもラドンによって肺がんになる屑チョンが増え続けているわけですね。



-----------------------
まさかわが家も「ラドン・マンション」? 韓国新築10棟中6棟は基準超過

 韓国国内の新築マンション10棟中6棟で、1級発がん性物質のラドンが基準値を超えて検出された。26日に国会環境労働委員会の李貞味(イ・ジョンミ)議員(正義党)が環境部(省に相当)から受領した韓国国内の新築マンションにおける屋内ラドン調査の資料に表れた結果だ。同資料によると、国立環境科学院は韓国首都圏および忠清道地域で、昨年11月から今年5月までの間に竣工したマンション9団地60戸で屋内ラドン濃度を測定した。その結果、37戸(62%)で世界保健機関(WHO)勧告基準の1立方メートル当たり148ベクレルを上回る値を検出した。ある団地では、ラドンの平均濃度が勧告値の2.4倍にもなる1立方メートル当たり345ベクレルを検出したというケースもあった。

 ラドンは気体の状態で空気中に存在しているが、人が吸い込むとたばこを吸っていなくても肺がんを誘発しかねない1級発がん物質だ。WHOは「肺がん患者の3-14%はラドンのせいで発病していると推定される」として「基準値以上のラドンを吸入したらがんにかかる危険性がある」と発表している。

 ラドンは、屋内で使われる一部の仕上げ材や、コンクリートそのものから検出されると推定されている。今回の調査に先立ち、全州のあるマンションの浴室でラドンが勧告基準値の20倍に達する1立方メートル当たり3000ベクレルまで検出されるなど、韓国各地のマンション団地で基準値以上のラドンが検出され、「ラドン・マンション恐怖」が生じていた。

 だが韓国政府は「ラドン・マンション」に対し、これといって手が打てない。現行の室内空気質管理法によると、事業承認が昨年1月以降に出たマンションは室内ラドン濃度が1立方メートル当たり200ベクレル、今年7月以降に出たマンションは同148ベクレルを超えてはならないと勧告してある。だが昨年1月より前は規定がなく、その後も勧告事項にすぎないので、建設会社が基準に違反しても別に制裁条項はない。このため、ポスコ建設が手掛けたあるマンション団地の入居者が「トイレの棚や玄関の足置きの石などからラドンが検出された」として交換するよう要求したが、会社側がこれを拒否して論争が起きている。今回調査されたマンション団地は、まだ住民が入居する前の状態だ。環境部は、財産価値が落ちるなど論争が生じる可能性があるとして、当該団地の名前を公開しなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/27/2019092780061.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすが汚染半島! バ韓国製の寝具や下着から基準値を30倍近く上回る放射性物質が検出!!!!

バ韓国で作られるものは全て危険!


バ韓国で売られている寝具や下着から、大量の放射性物質が検出されていました!!


この6年間に売られていた製品の数は8000点以上。


それらから、年間の被ばく量を超える値が検出されていたのです。

なかには、基準値の30倍近くも検出された製品もあるとのこと。




どれも体に密着するものばかりなので、相当数の屑チョンへダメージを与えていたことになります。



それにしても、こんな危険な製品が6年以上も放置されていたとはwwww


さすがバ韓国としか言いようがないですね。



-----------------------
布団や女性用下着からも基準値を上回るラドン検出=原子力安全委

 市場に出回っている一部電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基準を上回る放射性物質「ラドン」が検出されたため、政府は16日にこれらの回収を命じた。

 原子力安全委員会は16日、韓国水脈教育研究協会が製造したパッド、エイチビーエスライフ(旧スリム&スリム社)社製の枕1種、ネガボメディテック社製の電気マット1種、ヌガヘルスケア社製の布団1種、バーズ社製のソファ1種、ディーディーエム社製の女性用下着1種、オシンプラス社製のマット1種、カンシルジャンカンパニー社製の電気マット1種について回収命令を下したと発表した。2013年から19年5月までに販売された基準を上回る製品の数は8149点だ。

 原子力安全委員会の調査によると、これらの製品はラドンを発生させるマイナスイオン物質(モナザイト)を使用し、年間の被ばく量換算で基準値の1ミリシーベルトを上回るラドンが検出されたという。とりわけ韓国水脈教育研究協会のパッドからはラドンが基準値の29倍を上回る29.74ミリシーベルトも検出された。今回回収される製品は改正生活放射線法施行日(7月16日)以前に製造されたもので、この法律は身体接触が多い「身体密着型」製品へのマイナスイオン物質の使用を禁止している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/17/2019091780029.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国製のマットレスから、基準値13倍の放射能が検出される!!!!!!!!!!!!!

バ韓国の首都は放射能に汚染されています


バ韓国の寝具メーカーが作っていたマットレスから、

基準値の13倍の放射能を含んでいたことが判明していました!!


我々人類にとっては衝撃的な出来事ですが、

屑チョンどもにとっては珍しくもなんともない日常の光景ですね。


なにしろ、首都のソウルですら、東日本大震災で被爆した地域より放射線量が多い所なんですからwwwwww



きゃつらが放射能に耐性を持ってしまう前に、屑チョンの血が絶えてほしいものです。



-----------------------
韓国メーカー製のマットレスから1級発がん性物質検出…基準値の13倍の放射能も

 1級発がん性物質である「ラドン」に被爆した韓国寝具メーカー「テジン寝台(チムデ)」のマットレスが、既に確認された7モデル以外にも追加で14モデルあることが確認された。

 国務調整室は、原子力安全委員会や産業通商資源部など関係部署と共に25日に記者会見を開き、「テジン寝台が販売していたベッド用マットレス14モデルが生活周辺放射線安全管理法(以下、生活放射線法)の加工製品安全基準に適合しない製品であることが確認された」とし「回収・廃棄のための行政措置を施行する」と明らかにした。

 原子力安全委員会は今月3日からテジン寝台に対する調査を進めている。

(中略)

 特に、パワーグリーンスリーパーRでは基準値の13倍を越える放射能が検出されたことが確認された。

 原子力安全委員会はこれら14モデルに対し、今日から回収と廃棄のための行政命令を下したと明らかにした。

 一方、原子力安全委員会は弱い放射能を持つモナズ石の輸入業者に対する流通現況調査の結果、13社にモナズ石が販売されたことが明らかになった。

 これら13社が腕輪、電気カーペット用不織布、ネックレスなどを生産する場所で被爆線量が基準値を越える製品は発見されなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000027-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












放射能だらけの韓国は平昌五輪を返上すべき!このままではアスリートたちが癌になる!!

日本はボイコットするべきです

高放射線量のせいでキチガイっぷりがますます加速しているバ姦酷。

放射能うんぬんで東京五輪の邪魔をしていましたが、平昌五輪がかなり危険なようです。
平昌五輪の主会場近辺は環境基準を超えるラドン濃度となっているからです。


日本のテレビや新聞は、こうした事実を報道しようとはしません。

それどころか、平昌五輪の観戦旅行をゴリ押ししてくることでしょう。



放射能と大腸菌にまみれた馬鹿ウンコ喰うには決して行ってはいけないのです。




貴方の身近な大切な人にだけでもいいので、この事実を伝えてあげてください。


-----------------------
【新・悪韓論】東京より放射線量が多いソウル いつもの日本非難の鉄面皮

 そもそもが「ディスカウント・ジャパン」(=国際社会で日本を貶める)運動の一環なのだが、2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会に向けた、韓国の工作は執拗だった。そして、ウルトラCかDかとばかりに出してきたのが、「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」のキャンペーンだった。

 それまでは“民間の運動”の形だったが、最後は韓国政府も「福島周辺8県からの水産物輸入禁止」という緊急措置を発表することで、運動の隊列に加わった。

 それでも「東京開催」に決まったことは“よし”として、韓国や中国から攻められると、日本の関係者が防戦一方になるのはなぜか。

 今回だって、絶好のカウンターパンチはいくらでも見舞えた。

 例えば、大気中の放射性物質量は、東京よりソウルの方が2倍以上も多いのだ。

 聯合ニュースは先月7日、駐日韓国大使館のホームページにあった文言として「東京の放射線量は時間あたり0.034~0.052マイクロシーベルトで、同日のソウル(0.108~0.154マイクロシーベルト)より低かった」と報じている。

 それとの因果関係は分からないが、「韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍」(中央日報12年11月2日)という事実がある。

 「鬱陵島(ウルルンド)の南方海域に核廃棄物を大量に投棄したのはどこの国か」

 「放射能がいっぱいで、危ない国とは韓国のことではないか。18年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を返上すべきではないのか」

 日本の外務省当局者は、外国人記者向けブリーフの席で、このぐらい言うべきだったのではないか(いや、これからでもいい)。

 平昌五輪と放射能の関係では、さらに恐ろしいニュースがある。

 「環境省の国立環境科学院は、11年と12年の冬に全国の住宅7885戸の室内でラドン濃度を測定したところ、1752戸(22・2%)で環境基準を上回るラドンが検出されたと25日発表した。韓国のラドン環境基準は、米国と同じく大気1立方メートルあたり148ベクレルだ。ラドンの環境基準超過率は、花崗(かこう)岩地帯が比較的多い江原道(カンウォンド)が42・0%(調査対象424戸のうち178戸)と最も高かった」(朝鮮日報13年1月25日)

 ラドンは花崗岩の風化により生じる放射性物質であり、濃度によっては肺がんの原因になる。平昌五輪の主会場は江原道だ。

 こんな重大な問題を抱えながら、平気で「放射能がいっぱいで、危ない国・日本」と叫べる鉄面皮の国があることを知っておくべきだ。「ディスカウント・ジャパン」運動が、これで終わったのではないことにも留意が必要だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130912/frn1309120735000-n1.htm
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ





アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る