韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

リスク

命の危険も顧みずwww 高齢者の整形手術が増えているバ韓国!

バ韓国の整形技術は世界最低レベル


なんと、バ韓国では高齢者の整形が急増しているようです。


棺桶に片足を突っ込んでいる老害どもが、何を考えているんでしょうねwwww



しかし、高齢ゆえにそれなりのリスクもあるようです。


ということは、整形手術で死んでくれる屑チョンが増えてくれそうですね。



理想は、若い世代の屑チョンどもが大量に死ぬことですが、

ヒトモドキの生息数が減ることは歓迎すべき事態でしょう。



-----------------------
韓国で高齢者の整形が増加―中国紙

 2019年3月14日、環球時報は、韓国で最近、高齢者の整形が増加していると報じた。 

 記事は、「韓国は『整形の都』といわれるほど整形業が進んでおり、毎年100万件近くの整形手術を行っている」と紹介。「これまでは若者が整形の主な顧客だったが、最近では高齢化に伴い高齢者の整形が増えている」と伝えた。 

 ソウル市江南(カンナム)区にある美容整形クリニック「NAMU」では、施術を希望する人の15%が65歳以上で、30%は50歳以上だという。 

 記事によると、高齢者の整形手術で最も多いのは、しわやたるみを解消する「フェイスリフト」。しかし、体の状態によってはリスクが伴うため、医師も慎重に対応しているそうだ。韓国整形外科医師協会の副会長は、高齢者の整形手術について「高血圧などの薬を服用している患者には、少なくとも1週間は服用を止めるよう伝えている。服用を止められないほどの状態なら、手術はできない」と語った。 

 また、高齢者の整形手術は回復が若い人と比べて遅いという問題もある。65歳の女性が目周りと口周りの皮膚のリフトアップ手術を受けた例を紹介し、「術後の回復過程は苦痛を伴うもので、若者が1日で回復するところを高齢者は10日かかる感じだった」という女性の娘の話を伝えた。 

 高齢者の整形が増加している理由について、高齢者相談センターの担当者は「1950年前に生まれた人たちは、国の急速な発展に伴う教育や文化、経済の益を享受した最初の世代。新たな生活に慣れたこの世代は、自分が元気のない姿になることが受け入れられない。この世代の人は、若い時と同じように自分のセンスで生活を変えることができると考えている」と語っているという。

https://www.recordchina.co.jp/b573566-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















もはや出口無し!! バ韓国経済、史上初めて「3年連続2%台」!!

崔順実のおかげでバ韓国経済崩壊の速度が加速中


バ韓国経済が順調に失速し続けているようです。

来年の経済成長率は2パーセント以下と見られていて、史上初めて「3年連続2%台」の低迷状態になるとのこと。


ま、あの屑どものことですから、実際は2パーセントどころかマイナス成長になっている可能性が高いですねwwwwww

進むも地獄、戻るも地獄のスパイラルに陥っているのだから、さっさと諦めてくれないものですかねぇ。


練炭、焼身、飛び降り、首つり……、方法はお任せするので、ここいらで国民総自決でもしてもらいたいものです。


この世から屑チョンどもが消えても、我々人類にはなんの影響もありません。

むしろプラス材料が増えるだけなので、是非とも決断していただきたいものです。



-----------------------
韓国経済失速、史上初の「3年連続2%台」成長か

「崔順実事件」による政局不安が景気心理を冷え込ませ、消費、投資など実体経済に影を落としつつある。来年の韓国の経済成長率は1-2%台に落ち込み、史上初めて「3年連続2%台」の景気低迷となる可能性が高まった。

 韓国銀行が4日発表した11月の消費者心理指数は95.8で、前月を6.1ポイント下回った。2009年4月(94.2)以降で最悪だった。証券市場でも投資心理が冷え込んでおり、ソウル株式市場の有価証券市場(メーンボードに相当)では先月の1日当たり平均出来高が3億30万株で、月次ベースで年初来最低となった。

 景気見通しを示す国内外の機関は、政局不安が景気低迷を加速させる可能性について警告を発し始めた。格付け会社大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは「朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が関与したスキャンダルと両極端に分かれた政局が韓国経済に悪影響を与える可能性がある」と分析した

 現代経済研究院は「1996年から2016年の資料を分析した結果、国政支持度が10ポイント低下すれば、消費者心理指数が2.9ポイント低下する効果があることが分かった」と指摘した。韓国ギャラップが調べた朴槿恵大統領の支持率は10月第1週に25%から先週には4%にまで急落した。

 経済協力開発機構(OECD)は先月、韓国の来年の経済成長率予測値を3.0%から2.6%へと0.4ポイント下方修正し、「政治リスクが短期的なリスク要因になっている」と分析した。国際通貨基金(IMF)のマタイ・アジア太平洋担当副局長は1日、「7-9月の指標からみて、韓国の来年の3%成長予想を下方修正する必要がある」と指摘した。既に野村証券(2.0%)、バークレイズ(2.3%)、モルガン・スタンレー(2.3%)など数多くの投資銀行が韓国の成長率を2%台前半から半ばと予想している。

(以下、糞どうでもいいので略) 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/05/2016120500459.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








また新たな危機wwww バ韓国経済にトドメを刺す存在になりうる「新興国リスク」!!

経済崩壊に向かって全力前進中のバ韓国wwww


すでに青息吐息、もとい糞尿口臭キムチ口臭のバ韓国経済。

そんなバ韓国経済にトドメを刺す存在となりそうなのが「新興国リスク」なんだとか。


現在のバ韓国の輸出事業の半分以上は「新興国」頼りになっていて、その新興国の需要不振がバ韓国経済に直撃するとみられているようです。


ま、バ韓国経済を取り巻く環境はすべてバ韓国に対して「NO」を突きつけているのですから、どれがトドメになってもおかしくないというのが現状でしょうね。


何一つ明るい材料が存在していないのですから、そろそろ楽になってしまえばいいものを。




我々も準備しておきたいものです。

バ韓国崩壊と同時に、国内に巣食う屑在日や糞帰化チョンどもを狩り出してキッチリと駆除すべきなのですから。


-----------------------
韓国経済に「新興国リスク」が急浮上=韓国メディア

 韓国メディアのニュースウェイは24日、韓国経済の新たな危機として、「新興国リスク」を挙げ、徐々に可視化されている中国の景気鈍化と年内の米国における金利引き上げを目前に、「新興国リスク」が急速に浮上し、韓国経済に新たな暗雲が立ち始めていると報じた。

 国際金融市場によれば24日、現在、新興国通貨が下落し続けているとし「異常事態」が起きていると伝えた。

 続けて記事は、このような状況は韓国経済にとってはリスクが高いとし、まずは新興国の需要不振による輸出減少で、中国の景気鈍化と米国の金利引き上げが重なりつつある現段階では、韓国経済にとっては大きな問題となりえるうえ、新興国の輸出不振は、韓国の輸出にも直結していると伝えた。

 また記事は、なぜ新興国の輸出不振が、韓国の輸出にも直結しているのかといえば、現在、韓国の新興国への輸出が全体の半分を超えているからであるとしたほか、米国が年内に金利を引き上げた場合、「韓国の輸出に対する悪材料に資金流出も加わるからである」と報じた。

 この資金流出に対し、記事は、新興国の資金繰りが悪くなれば、デフォルト危機を招く可能性が高く、自然と信用格付けが低くなるとし、信用格付けが低くなれば、当然投資も減少するうえ、輸出を含む経済が悪化していくという悪循環になるからであると報じた。

 すなわち、これは、「新興国とG2(米国・中国)の間で、輸出での成長を主導してきた韓国の立場が、徐々になくなってきていると言えるであろう」と伝えた。

 この状況に対し、ある専門家は「新興国の需要不振といくつかの新興国のデフォルト危機により、韓国のリスクが高まった」とし「家計負債と企業の業績不振などの金融リスクに対応するための構造調整の努力を持続的にしていかなければならない」と述べたと報じた。

http://news.searchina.net/id/1590011?page=1
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【みんなとっくに知ってたwwww】米国格付け会社「バ韓国企業は紙クズ寸前!!」

企業も政府も国民もゴミ屑だらけのバ韓国



ま、何を今さらといった感がバリバリですが、

米国の格付け会社がバ韓国企業を「紙クズ寸前」と評していました。



韓国が依存する中国経済のリスクが高すぎる

日本企業のような製品の魅力が無く、成長も停滞している

という理由のようです。





格付けの順位としては、今年になって投資適格級として最も低い「トリプルBマイナス」に下落しているとのこと。

最下位がお似合いなバ韓国らしいですねwwwww


あとは、MERSの再流行や朝鮮戦争再開などのちょっとした要因があれば、投資不適格クラスの「ジャンク」入りするのは確定でしょう。


通貨危機が間近に迫っているバ韓国。

こんどはちゃんと引導を渡して息の根を止めたいものですね。



-----------------------
韓国企業は「紙クズ」寸前、格付けの米S&Pが警告 中国経済依存のリスク露呈

 韓国企業の格付けは「紙クズ寸前」と米格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が警告した。韓国が依存する中国経済のリスクもあって製品の魅力が低く成長も停滞、日本企業と比べて見劣りする-とメッタ斬りしている。(夕刊フジ)

 聯合ニュースなど韓国メディアによると、ソウルで開かれたセミナーで、S&Pアジア太平洋地域の幹部が「韓国企業の信用格付けは2段階下落した」と明かした。「中国リスクが現実化するなかで、韓国企業は四面楚歌(そか)に陥っている」と分析したという。

 S&Pによると、韓国主要企業38社の格付けの平均値は2009年時点で最上位から8番目の「トリプルBプラス」だったが、今年6月には最上位から10番目で、投資適格級として最も低い「トリプルBマイナス」まで下落。あと1段階下がれば、「ジャンク(紙クズ)」と呼ばれる投資不適格級入りするが、S&Pは「今後の改善の見通しも不透明」と先行きについても厳しい見方をしたと報じられた。

 また、S&Pは、日本企業が円安に支えられて収益を回復させ、中国企業も継続的に成長する一方、韓国企業の売上高と利益、投資額は減少しているとした。

 韓国企業の不振は、貿易の不振にも表れている。8月の輸出は前年同月比14・7%減と09年以来最大の落ち込みで、前年割れは8カ月連続だ。韓国の輸出の約4分の1が中国向けのため、中国経済失速の直撃を受けた形だ。

 為替はこのところ、ウォン高から一転してウォン安が進んでいる。輸出産業にとっては追い風となるはずだが、韓国銀行(中央銀行)は逆にウォン安を阻止しようとウォン買いドル売り介入を行ったとみられる。外貨準備高が7月、8月と2カ月連続で減少していることがその傍証だ。

 韓国当局がウォン安への危機感が強いのは、1997年のアジア通貨危機やリーマン・ショックのあった2008年、韓国はウォン安で困難な状況に陥った苦い記憶があるからだ。すでに韓国株は外国人投資家を中心に売られているが、ウォン安が進めば資金の国外流出が一段と加速しかねない。

 このためか、景気低迷が深刻ななかでも、韓銀はウォン安につながる追加利下げを見送っている。

 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は、「今後、米国が利上げすると韓国からの資金流出はさらに増える。これを阻止するには韓国は追随して利上げするしかないが、低迷する景気にさらに打撃となる。身動きが取れない韓国経済は苦境に直面している」と指摘する。政策のバックアップも受けられないまま、韓国企業は沈んでゆくのか。

http://www.sankei.com/world/news/150915/wor1509150035-n1.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る