韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

レイプ

【許すまじ】バ韓流アイドルの話で近づき女子大生をレイプした屑在日バ韓国塵

在日バ韓国塵は当たり前のように日本女性をレイプする


日本在住バ韓国籍のオスがレイプ容疑で逮捕されていました。


大久保の飲食店で食事をしていた見ず知らずの女子大生を無理やり自宅に連れ込み、そこでレイプしたとのこと。



しかし、この屑チョンは、


「自宅に彼女以外の人をいれたことはないニダ!」


と真っ向から容疑を否認しているようです。



よくもまあここまで堂々と真っ赤な嘘をつけるものですねwwww





でも、バ韓流アイドルの話に喰いついたというのが本当なら、この女子大生には同情できません。


頭のネジが何十本も緩んでいるようなお馬鹿さんだったのでしょうね。



-----------------------
韓国籍の男、性的暴行で逮捕 韓流アイドルの話で近づき

 東京・大久保の飲食店で、20代の女性に韓流アイドルの話題で近づき、無理やり自宅に連れ込み性的暴行を加えたとして、韓国籍の男が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、韓国籍で自称・美容師のキム・ジョンフン容疑者(25)です。キム容疑者は今年6月の早朝、新宿区大久保の飲食店で、知人と食事をしていた20代の女子大学生が店を出たところ、無理やり自宅マンションに連れ込み性的暴行を加えた疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、キム容疑者は韓流アイドルの話題で女性に近づき、「このあと1対1でどう?」と声をかけ拒否されると、腕をつかみ「いいから、いいから」などと言って、タクシーに押し込み自宅に連れ帰っていたということです。取り調べに対し「自分の部屋に彼女以外の人を入れたことはありません」と容疑を否認しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4046623.html
-----------------------



なんにせよ、屑在日や糞帰化チョンどもは1匹残さず朝鮮半島に送り返すべきでしょう。


きゃつらがこの日本で息をしているというだけで、悪質な犯罪なんですから。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















6年間で611匹が逮捕!!! バ韓国の医師は手術中に性犯罪し放題wwww

バ韓国では医師が患者をレイプするのが当たり前


バ韓国で医師による性犯罪が多発中とのこと。



この6年間で性犯罪によって逮捕された医師は611匹!!!!


3日に1匹のペースで、性犯罪を犯した医師が捕まっているのですwwww



手術中、麻酔で意思をなくしたメスをレイプするのは、バ韓国塵として当然の行いなんでしょう。


その結果、患者が死亡しても「医療事故ニダ!」の一言で済まされてしまうんですからwww



こうした流れを受け、手術室に監視カメラを設置する是非が問われているようです。


しかし、医師会は、


「医師を犯罪者のように扱うのは許せないニダ!(安心してレイプできる環境を守りたいニダ)」


「どうして病院ばかり目の敵にするニカ?どうして全国のレストランに監視カメラを設置しないニカ?みんなレストランで提供される食べ物の衛生状況は心配ではないニカ!?」


……と猛反対しているとのこと。

レイプという既得権益を守るのに必死なんでしょう。





レイプするのを優先して手術中に患者が死んでしまう……。


こんな国は世界広しといえど、バ韓国くらいなものでしょうねww


-----------------------
韓国で医療行為中の性的暴行、事故が頻発=手術室に監視カメラを付けるかが論争に―中国紙

 2020年7月31日、中国紙・環球時報は、医療をめぐる事故やトラブルが頻発する韓国で、手術室の監視カメラ設置の是非に関する議論が繰り広げられていると報じた。

 記事は、韓国の与党・共に民主党の国会議員である金南国(キム・ナムグク)氏が今月初め、手術室の監視カメラ設置を義務化する医療法修正案を国会に提出したと紹介。この動きが韓国社会で注目を集め、次期大統領選の有力候補とされる李在明(イ・ジェミン)京畿道知事も30日に「カメラを設置することで患者の家族が診療過程全体を把握することができる。患者と医師との信頼関係が生まれ、要らぬ紛争を減らすことができる」と支持を表明したことを伝えた。

 その上で、韓国警察庁のデータとして、2014~19年の間に韓国では性犯罪によって611人の医師が逮捕されており、ある整形外科医は麻酔が効いた状態の患者3人に性的暴行を加えた罪に問われたほか、16年には顔の輪郭の整形手術を受けた女性が失血死して社会問題となり、昨年10月にも簡単な扁桃体手術によって6歳の女児が死亡する事故が起きるなど、医療をめぐる事故、事件が頻発していることを説明。被害者の家族、遺族から手術室への監視カメラ設置を求める声が強まっていたとしている。

 また、韓国市民の多くも監視カメラの設置に賛成しているとし、韓国・聯合ニュースがこのほど大統領府の公式サイトで数万人が金南国氏による法案成立を請願する署名があったと伝えたこと、韓国の世論調査機関リアルメーターが23日に発表した調査結果で、7割以上がカメラ設置に賛成と回答し、プライバシーなどの問題から反対する人の10.9%を大きく上回ったことを紹介した。

 一方で、カメラ設置法案はこれまでにも2度国会に提出されながら、「医師を犯罪者のように扱うのは許せない」という医療界の激しい反対で否決されてきたと指摘。今回も大韓医師会が反対の姿勢を明確に示していると伝えた。

 そして、釜山のある医師が「どうして病院ばかり目の敵にするのか。どうして全国のレストランに監視カメラを設置しないのか。みんなレストランで提供される食べ物の衛生状況は心配ではないのか」と不満をぶちまけたことを紹介している。

https://www.recordchina.co.jp/b824944-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国! 警察官が脱北女性を1年9か月に渡ってレイプしまくる!!

バ韓国の警察官はレイプし放題


バ韓国の警察官が1年9か月にも渡って同じメスをレイプし続けていました!!


そのメスは脱北者!


この警察官は脱北者の身辺保護を担当していたようですが、その立場を利用してレイプしまくっていたわけです。



いやぁ、実に朝鮮ヒトモドキらしい犯罪ですねwwww


あ! バ韓国ではレイプは犯罪じゃありませんでしたね。


ちなみに、この事実は警察署ぐるみで今まで隠蔽されていたとのこと。



さすがレイプを国技としている国だけのことはありますね。




-----------------------
脱北者の保護を命じたのに…警察官が脱北女性に1年9カ月性的暴行

 脱北者の保護を担当していた現職の警察官が脱北女性に1年9カ月にわたって性的暴行を加えた疑いで検察の捜査を受けている。問題の警察官は職務を誠実に遂行したとして、政府の表彰まで受けていた。その上、問題の警察官の上司は「死線を乗り越えてやって来た大韓民国で後悔なく暮らすためには忘れるべきだ」と語り、脱北女性の訴えを黙殺していた。

 被害者側のチョン・スミ、ヤン・テジョン両弁護士が28日、ソウル中央地検に提出した告訴状によると、ソウル瑞草署保安係に勤務していたA警衛(警部補に相当)は2016年5月から18年2月まで12回以上、被害者に性的暴行を加えていたという。A警衛はまた、被害者から500万ウォン(約43万9000円)相当の高級時計を脅し取っていた。

 A警衛は瑞草署保安係から捜査課経済チームに異動したが、今回の事件が発覚したために6月に待機を命じられた。瑞草署は独自に監査を進めてきたとされるが、今回の告訴を受け、検察が直接捜査を開始した。A警衛は2010年から18年まで脱北者の身辺保護を担当していた。職務能力が優れているという理由で、16年には大統領直属の国民大統合委員会から「英雄牌」という盾を受け取った。被害者側の弁護人は「A警衛は北朝鮮情報の収集などを理由に被害者に接近し、16年に被害者宅で性的暴行に及び始めた」と指摘した。

 検察による捜査はA警衛にとどまらず、その上司に拡大する可能性がある。被害者は18年3月、A警衛の上司である瑞草署のB警監(警部に相当、現保安係長)に、同年8月と9月には当時の瑞草署経済チーム長、瑞草署身辺保護担当官にも助けを求めたが黙殺されたと主張している。当時B警監は「正式に告訴状を提出するか、忘れてしまうのがよい。時間が解決する」と述べたという。今年2月に地方の派出所長に異動となったB警監は本紙の電話取材に対し、「以前のことなのでよく覚えていない」と話した。

 被害者は瑞草署の独自監査もまともに行われなかったと主張した。今年1月に被害者が瑞草署の弔問監査官と会って被害について相談したが、瑞草署は「陳情書を受け取っておらず、監査を実施できない」として監査を回避したという。今年6月13日に被害者が弁護士を選任し、法的対応に乗り出すと、瑞草署はA警衛に待機を命じて監察を開始したが、被害者側は「警察の捜査は信用できない」として、検察に直接捜査を求めた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/29/2020072980070.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・未成年者への性犯罪者「処罰厳し過ぎるニダぁぁぁぁ!! 不当な処罰ニダッ!!」

バ韓国の電子足輪はハサミで簡単に切断可能


バ韓国では、未成年者への性犯罪者に対し、名目上は500時間までの教育を施すようです。


しかし、実際はそれが短縮されてわずか40時間未満の教育で終わらせることがほとんどなんだとかwwww


それでも屑チョンどもは、


「処罰が厳しすぎるニダ」


と声を挙げているようです。


ま、ヒトモドキの常識からしたらそうなんでしょうね。


挨拶をするような感覚で幼獣をレイプする生き物なんですからwww



今後はもっと刑が軽くなる可能性もありそうですね。


なにしろ、国民全匹が性犯罪者なので、刑務所をいくら作っても足りないでしょうから。


-----------------------
未成年者への性犯罪者、再犯防止教育後も半分は「処罰厳しすぎ」と認識

 児童・青少年に対する性犯罪を犯して再犯防止教育を受けた人の半数以上が、自分の過ちに比べ処罰が厳しすぎると考えていることが分かった。法的には500時間まで教育を命令できるが、裁判所の大半は短期間教育を強制するにとどまり、教育の実効性が落ちるという指摘が出ている。

 15日、ハンギョレが入手した韓国性平等教育振興院の「児童・青少年対象(性犯罪の)再犯防止教育報告書」(2019)によると、昨年児童・青少年に対し性犯罪を犯した者のうち、24.4%(191人)は「一部過ちはあったが、法的処罰を受けるほど大きな過ちではなかった」と答えた。25.4%(199人)は「過ちは全面的に認めるが、法的処罰が重すぎる」と答え、7.6%(60人)は「過ちは全くなく、不当に処罰された」と答えた。回答者のうち半分以上が過ちを認めなかったり、「過剰な処罰を受けた」と答えたのだ。過ちを全面的に認め、裁判結果に納得すると答えた人は、半分以下の324人(41.3%)にとどまった。今回の調査は、昨年の教育対象の1018人のうち784人を対象に実施したものだ。

 このように児童・青少年に対して性犯罪を犯して再犯防止教育命令を受けた人々の大半は、短期間の教育を受けて終わる。保護観察と性犯罪再犯防止教育の履修などを条件に宣告猶予を受けた人々だ。今回の調査に応じた人々のうち、76.3%(598人)は受けた教育が40時間以下。有罪と判断されても教育期間は1日8時間ずつで5日間のみということだ。女性家族部は昨年、5億2400万ウォン(約4670万円)をかけて法務部から委託を受けた1018人に性犯罪再犯防止教育を実施している。

 京畿大学犯罪心理学科のイ・スジョン教授は、「性犯罪再犯防止教育の履修は、これを条件に寛大な処分を下す措置だが、数十年にわたって誤って形成されてきた性認知思考が40時間の短期間の教育で改善されるかは疑問だ。児童・青少年に対して犯した性犯罪は、厳罰なしに教育だけで改善するのは難しい」と指摘した。今回の調査で13.4%(105人)は同種犯罪の前歴のある再犯以上の性犯罪者と確認された。

 厳罰も重要だが、再犯防止教育を現実化しなければならないという指摘が出ている。十代女性人権センターのチョ・ジンギョン代表は、「ほとんどの教育が40時間で終わるというのは、裁判所が犯罪の重さを軽く見ていることを裏付けている。教育内容も犯罪者の特性に対する考慮なしに一律に行われているが、教育内容と時間を両方とも補完しなければならない」と述べた。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36960.html
-----------------------



日本や欧米の場合、未成年者への性犯罪者が刑務所のリンチでキンタマを潰されるケースもあるようです。

その結果、物理的に再犯ができなくなるわけです。



でも、バ韓国の場合、未成年者への性犯罪があまりにも日常的なのでリンチを受けることもないのでしょうね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る