韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

レッドチーム

怒り心頭の中国政府! 明日、王毅外相が訪韓してバ韓国に最終警告か!?

バ韓国に引導を渡すことになる王毅外交担当国務委員兼外相


4日から5日にかけて、中国の王毅外相が訪韓するようです。


THAAD配備、GSOMIA破棄の撤回を受け、怒り心頭の中国政府。


果たしてどんなメッセージを出すのか実に楽しみですwwww


中国政府が腰を引くわけがないので、ますますバ韓国の立場が悪化することは確定しています。


こうした中国政府の脅迫に、文政権がどう応じるのか?


溜まりに溜まったコウモリ外交のツケが爆発し、国家崩壊がより現実味を帯びてきました。


追い詰められた文大統領がどんな迷走ぶりを見せてくれるのか?



後の世の歴史書に「この訪韓がターニングポイントだった」と記載されるような展開を望みたいものです。



-----------------------
中国外相、あす「警告状」持参で来韓

 中国の王毅外交担当国務委員兼外相が4日から5日にかけて訪韓し、韓国政府に「米国の中距離ミサイルを配備してはならない」という警告メッセージを伝える方針であることが分かった。慶尚北道星州に一時的に配備されている在韓米軍の「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)」問題にもあらためて言及するとの見方もある。

 外交消息筋は2日、「韓国に駐在する邱国洪中国大使が先日、韓国の議員たちの前で、『米国の武器を韓国に配備するなら、どんな後果(中国語で悪い結果の意)をもたらすか想像できるだろう』と脅迫するような発言したのは、事実上、王毅外相訪韓の予告的な性格が強い。中国の安全保障・通商圧力は王毅外相の訪韓以降、いっそう強まるだろう」と語った。

 王毅外相は今回、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に会い、習近平中国国家主席の訪韓計画を話し合うと共に、米中紛争事案である中距離ミサイル、THAAD、ファーウェイ社問題を取り上げるものと見られる。王毅外相は韓中関係の改善を強調しながらも、韓国が米中間のうち中国側に立ってほしいというメッセージを出すものと予想される。王毅外相に先立って訪韓した劉家義・山東省委員会書記は2日、康京和長官に会い、THAAD問題で行き詰まっている韓中関係を回復させる必要があるとして、中国側にいっそう協力的な姿勢に転じるよう要求したとのことだ。

 こうした中、米国は「これ以上『ただ乗り』はさせない」として韓国政府に防衛費分担金引き上げ圧力を露骨にかけてきている。米国側は3日(現地時間)から二日間、ワシントンで行われる第11回韓米防衛費分担特別協定第4回会議で、従来の5倍に当たる分担金案引き続き要求するもの言われている。米国はまた、同盟国にホルムズ海峡派兵要求を続けており、このため韓国政府も派兵するかどうか苦慮していることが分かった。日本は今月中旬の閣議でホルムズ海峡に海上自衛隊を派遣する案を決定する予定だ。 峨山政策研究院安保統一センターの申範チョル(シン・ボムチョル)センター長は「政府は米中のはざまで様子を見ながらグレーゾーンにばかりいようとせず、原則を定めた上で、周辺国と共同対応してはじめて米中覇権争いの被害を最小限に抑えることができる」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/03/2019120380054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















崩壊間近wwww アメリカの狙いはバ韓国の半導体産業を焦土化すること!?

品質が世界最低のバ韓国・サムスン製半導体


レッドチーム入り目前のバ韓国。



アメリカは最初からそれを予想していた節があり、

バ韓国から半導体産業を引きはがす作戦が綿密に練られていたようです。



ま、当然ですね。


敵国に半導体を好きなだけ作らせるわけにはいきませんから。



アメリカ高官が相次いで訪韓してGSOMIA破棄を引き留めているのは、ポーズにしか過ぎないのでしょう。



外資の撤退、在韓米軍の撤退、バ韓国産業の破壊、とお膳立てはほぼ整いつつあります。




近日中に行われるであろう朝鮮半島焦土化作戦は、

是非とも全編生中継してほしいものです。



その中継画像を見て笑わない者はヒトモドキ確定なので、どんどんぶちロコしていきたいものですねwww



-----------------------
GSOMIA失効まで残りわずか 米は“制裁”準備 「メモリ製造」引き剥がしで韓国経済壊滅

 韓国が、日韓のGSOMIAを破棄した先には、いばらの道が待ち受けている。米国は事実上、中国の「属国」になろうとしている韓国を「焦土化」するだろう。要人を相次いで派遣して、熱心にGSOMIA破棄を撤回するよう説得しているように見せたのも、それに向けての「警鐘」と考えた方がよい。

 現在、韓国の半導体輸出は、同国の全輸出の20%を占める。サムスン電子1社の時価総額は韓国市場全体の20%以上になる。まずは、その半導体産業を壊滅させるのだろう。

 日本が韓国への輸出管理を強化したのは半導体製造の材料だった。そこには「米国の意志」も透けて見える。日米両政府は、阿吽(あうん)の呼吸で輸出管理強化を決めたはずだ。

 半導体は安全保障に直結する戦略製品だ。韓国が得意とするのは「メモリ」(=情報を記憶する半導体)の製造だ。その2大アイテムは「DRAM」と「NAND型フラッシュメモリ」。世界需要のうち、DRAMの約72%、NAND型フラッシュメモリの約44%を韓国の2社(=サムスン電子とSKハイニックス)で生産している。

 米国がこれを許してきたのは韓国が同盟国だからだ。中国の「属国」になろうとしている国に、世界のメモリの大半を製造させるわけにはいかない。中国に生殺与奪権を握らせるからだ。日本の輸出管理強化は半導体産業を韓国から引き剥がす意味を持つ。

 加えて、ジャーナリストの鈴置高史氏によると、北朝鮮が最近、300ミリの8連装ロケット砲を配備した。射程圏には、サムスン電子の主力工場である京畿道・平沢(ピョンテク)工場と、SKハイニックスの主力工場、忠清北道・清州(チョンジュ)工場が入る。砲撃されれば、世界のメモリはたちまち不足する。砲撃しないまでも「砲撃するぞ」と脅すことができる。

 韓国に、世界の大半のメモリ製造拠点を置くことは安全保障上も問題なのだ。

 その意味でも、半導体製造の韓国依存を止め、韓国から引き剥がす必要がある。だが、そうなれば、韓国経済は壊滅する。

 米国は直ちには米韓同盟を解消せず、韓国が言い出すのを待ち、その間、「焦土化」に向けて韓国の首をじわりじわりと絞めていくはずだ。「在韓米軍駐留費の大幅増額」も、その文脈で考えるべきだ。

 仮に、李氏朝鮮時代に、清帝国の攻撃を受けて降伏させられた「丙子胡乱」(へいしこらん=1636年)という歴史的事情(記憶)から、韓国が「レッドチーム」入りしたとしても、米国の後ろ盾を失った韓国を中国はまともな国扱いすまい。文字通りの「属国」扱いするに違いない。北朝鮮も韓国を下僕扱いする。

 現に北朝鮮は、文大統領が「南北融和の柱」に据えた金剛山(クムガンサン)観光事業についても、「南朝鮮(韓国)が入り込む余地はない」と相手にしていない。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191122/for1911220001-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【真っ赤な泥舟www】中韓通貨スワップの延長が決定wwww

真っ赤なレッドーチームの泥舟


バ韓国と中国の間で結ばれている通貨スワップ。

その延長が決まったようです。


真っ赤っかのレッドチームの泥舟が沈むのが楽しみでなりませんね。


ま、中韓通貨スワップの発動が必要な際、中国がその約束を守るとは到底思えませんがwwwww


-----------------------
韓中、通貨スワップ満期の延長合意

 柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官は11日(現地時間)アメリカ開発銀行(IDB)の年次総会が開かれるバハマのナッソーで周小川・中国人民銀行総裁と会い、韓中通貨スワップ(対等交換)協定の満期を延長することで原則合意した。韓中通貨スワップは3600億人民元(約64兆ウォン)を同じ金額のウォンでいつでも交換できるようにしたもので、満期は来年10月10日だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000011-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








日本とベトナムの連家強化に焦るバ韓国ww 「日本を信じるなんて大きな誤算ニダ!!!!」

ベトナムとの連携強化を確認した中谷元防衛相


先日、日本の中谷元防衛相がベトナムを訪問して南シナ海問題での連携強化を確認していました。

具体的にはベトナムの海軍基地に海上自衛隊の艦船を寄港させたり、日本とベトナムで合同海上訓練を行う方針を決めたりといった具合です。

糞支那をけん制する意味でも、アジア内でこうした連携を取るのは素晴らしいことですね。


と・こ・ろ・が・っ!

バ韓国塵どもがなにやら騒ぎ始めていたのです。



>「日本の艦船が寄港する以上は、ベトナムも日本の属国ニダ!

>「いくらなんでも、日本人を信じるなんて大きな誤算ニダ!

>「きっとひどく後悔する日が来るニダ!!


などと僻み根性丸出しでディスカウントジャパンのコメントをクチにしているのです。



あれだけベトナムの民間塵を虐殺した屑チョンどもが、「日本を信じるなんて大誤算ニダ!」とよくもまあ言えるものです。


バ韓国なんざ中国と同じ陣営のレッドチームにしか過ぎません。

だからこそ中韓を除いたアジア全体が仲良くなることに危機感を覚えているのでしょうね。



本当に小蠅のように五月蠅いニダどもです。

さっさと駆除してこの地上を浄化したいものですね。


-----------------------
南シナ海問題、日本との軍事連携強化を決めたベトナムに、韓国ネットが忠告?「日本を信じるなんて大誤算」「韓国はたくさん援助しているのに…」

 2015年11月6日、中谷元防衛相がベトナムを訪問、南シナ海問題に関する日越の連携強化を確認したことについて、韓国・聯合ニュースは、ベトナムが中国に対し「協力とけん制」の二重戦略を取っていると報じた。

 中谷防衛相は6日、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相と会談し、南シナ海の要衝であるカムラン湾の海軍基地に海上自衛隊の艦船を寄港させることで合意した。また、日越が初めて合同で海上訓練を行う方案も進める。南シナ海の領有をめぐり中国と対立するベトナムと連携を強めることで、中国をけん制する狙いがある。

 一方、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席も5日からベトナムを訪問し、グエン・フー・チョン共産党書記長と会談、南シナ海の問題について「2国間の関係に大きな影響を及ぼさないよう適切に処理する」ことで一致している。

 このようにベトナムが中国との協力を維持する反面、けん制策も整えつつあることについて、記事は「ベトナムが二重戦略を駆使している」と伝え、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。


日本人の薄っぺらな策を信じたら、いつか木から落ちるよ

「ベトナムも二股を掛けてるね」

「ものすごく間抜けな手だと思う」

きっとひどく後悔する日が来る


日本の艦船が寄港する以上は、ベトナムも日本の属国だ

いくらなんでも、日本人を信じるなんて大きな誤算

「危険な綱渡りだ。気を付けて」

「墓穴を掘ってるようなものだ」


「ベトナムの言い分:でも、中国が信じられないんだ」

韓国はベトナムやフィリピンにたくさんの援助をしているのに、どちらの国もなぜ日本の影響の方が強く、韓国を嫌っているんだろう?

「ベトナムは東南アジアで唯一、中国と戦って勝った国。近代ではフランスや米国とも戦って独立を勝ち取った強大国だ」

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151107028/1.htm
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る