韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

レーダー

【お笑いバ韓国軍劇場】GSOMIA破棄で実力が露わにwww ミサイルの数さえ把握できないバ韓国軍の情報収集力!

バ韓国が火の海になる日は近い!


先日の10日に発射された北朝鮮のミサイル。


バ韓国軍の発表ではミサイル2発が発射されたとなっていましたが、

それが間違いだった可能性があるようです。



「1発は軍の探知レーダーからすぐに消えて正確な判断ができなかったニダ」


……つまり、ミサイル1発の行方を把握できなかったんだとかwww


いやぁ、GSOMIA破棄の効果がさっそく現れていますね。


有事の際にソウルがターゲットとなった場合、

バ韓国側は何もできずに集中砲火を浴びることでしょう。


もっともGSOMIAが機能していたとしても、

イの一番に兵隊どもが逃げ出すので意味はなかったでしょうねwww



-----------------------
日本とのGSOMIA破棄も影響?韓国軍の「情報収集力」がまた問題に

 2019年9月12日、韓国軍の「情報収集力」に不安の声が上がっている。 

 韓国・朝鮮日報によると、韓国軍は10日、「北朝鮮が安南道・ケチョン一帯から東側に向けて短距離飛翔体を2回発射した」と発表した。しかし北朝鮮が11日に公開した写真を見ると、移動式発射台車両(TEL)に搭載された4本の発射管のうち3本の蓋(ふた)が開いていた。発射前の写真では4本とも蓋が閉まっていたという。これについて、記事は「写真が正しければ、韓国の情報当局が放射砲1発の軌跡を把握できずに間違った発表をしたことになる」と指摘している。 

 軍内外では「韓国軍の情報収集力にまたも問題が生じたのではないか」との声が上がっているという。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は「1発は軍の探知レーダーからすぐに消えて正確な判断ができなかったため、2発発射されたと発表したのではないか」と話した。情報当局は今年数回にわたり、北朝鮮の挑発行為について発表する際にミサイルの発射数や射程距離を間違えて発表し批判を浴びていた。 

 軍関係者は「今のところ北朝鮮は2発発射したというのが米韓情報当局の判断。今後さらなる分析が必要だ」と話したというが、一部からは「韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した後、米韓当局の情報交流に問題が生じているのではないか」との指摘も出ているという。 

 これに韓国のネットユーザーからは「こんな状態でなぜGSOMIAを破棄したのか」「日本からの情報は必要ないと言っていたのに!」「日本からの情報がなければ2発か3発かも分からないの?米国も韓国には正確な情報をくれないんだね」など落胆する声が上がっている。中には「日本とのGSOMIAを破棄してタイと結んだのだから、今後はタイに尋ねればいいよ(笑)」「北朝鮮に電話して直接聞いたらいい。これまで国民の税金を使ってさんざん支援してきたのだからそれくらいできるはず」と皮肉交じりの声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b739156-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】ウリの技術で戦闘機のレーダーを国内開発できるニダ!!

バ韓国塵に戦闘機を乗りこなせるわけがない


バ韓国の防衛事業庁が、

「戦闘機に搭載するレーダーの国内開発は可能ニダ!」

と発表していました。


さっすが、鶏にも劣る低能屑チョンですなぁwwwwww


やたらと“国内開発”を連呼するわりに、

今までモノになった事は一度もないですからwwwwwww


やはり、きゃつらには過去の行いから学習するということができないのでしょう。




ま、多くの税金が無駄に消えることになるのですから、

なんとも面白いお話です。


-----------------------
韓国型戦闘機に搭載する先端レーダーを国内で開発へ、韓国ネットで期待高まる

 2018年4月12日、韓国・中央日報によると、韓国防衛事業庁は11日、韓国型戦闘機(KF−X)搭載用AESA(アクティブ電子走査アレイ)レーダーの国内研究開発が可能であるとする結果を発表した。 

 記事はKF−Xに搭載するAESAレーダーについて「トンボの目のように1000以上の小さなレーダーで構成され、これにより同時に複数の敵戦闘機と陸海空の標的を識別して攻撃することができる」と説明している。 

 防衛事業庁はこの1年間ほどで4分野112項目の国内(国防科学研究所)試験データを点検。またイスラエルの現地企業(ELTA)が開発した送受信装置を連動させてデモ表示を行い、開発能力を最終確認したという。1次検査は昨年7月に完了しており、当時防衛事業庁は開発企業の「ハンファシステム龍仁(ヨンイン)研究所」でAESAレーダーを公開し、「1次検査で162の要求項目を全て満たした」と明らかにしたそうだ。この事業は2026年までに総額3600億ウォン(約360億円)の予算が投入される予定とのこと。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「多くの資金を投入していいから必ず成功させてほしい」「性能も良く故障もしないように頼む」「政府は自主国防技術の確立に全力を尽くしてほしい」「国内技術で開発できるなんて素晴らしいことだ」など、独自技術での開発の可能性に期待の声が多く寄せられた。 

 また「国防不正問題を解決するだけでも、自主国防開発を10年は短縮できる」と、後を絶たない防衛不正問題を憂える声も。 

 その他「技術支援を約束しておきならが約束を破る米国を信じてはいけない」と、米国の対応に言及するコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b591536-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【お笑いバ韓国劇場】北チョンのミサイルを高度1000キロまで追跡できるニダ! 今回は380キロで見失ったが、性能には満足しているニダ!!

北チョンのミサイルを把握できないバ韓国軍


先日の北チョンのミサイル発射で、またもやバ韓国軍のポンコツ具合が明らかになっていました。


バ韓国軍は今まで、

ウリのイージス艦は1隻で1兆ウォンもかかっているニダ! だから北朝鮮のミサイルは高度1000キロまで追跡できるニダ!!

と大口を叩いていたのです。


ところがどっこい、
先日の北チョンのミサイルに対しては高度380キロであっさり見失っていたんだとかwwwww


いやぁ、相変わらず期待を裏切りませんね。


きっと朝鮮戦争再開の時も、ソウルが火の海になるまで気付かないんでしょうねぇ。


ぜひパククネ婆が大統領の座に着いているうちにドンパチを始めてもらいたいものです。


-----------------------
「高度1000キロまで追跡可能」と主張した韓国軍、実際は380キロで北のミサイル見失う=韓国ネット「情けない」「口で戦争するつもり?」

 2016年2月10日、韓国・中央日報によると、7日午前9時半に打ち上げられた北朝鮮の長距離弾道ミサイルを追跡していた韓国軍が、発射地点の平安北道東倉里から南に790キロ、高度380キロ余りの地点で見失っていたことが分かり、韓国で批判の声が上がっている。 

 7日に北朝鮮が発射したミサイルは、発射から6分後に韓国軍のレーダーから消えた。そのため韓国軍は急きょ、日本と米国に共同分析を要請したという。韓国軍はこれまで、「1隻1兆ウォン(約1000億円)を超える韓国軍のイージス艦は、高度1000キロまで追跡できる」と主張してきたが、実戦では期待に及ばなかった。 

 これについて、韓国国防部の当局者は「イージス艦は正常に稼動したが、推進体より(弾頭の)レーダー反射面積(RCS)が小さかったため、今回はうまく追跡できなかった」と説明した上で、「2段目と本体の分離を正常に識別できたので、性能には満足している」と強調したという。 

 これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。 


韓国軍のうそにはもう慣れた」 

韓国軍はお笑い芸人よりおもしろい!」 


「国民相手にうそをつく国家を処罰する方法はない?」 

「恥ずかしい。何のために多額の予算を投入したの?」 


「装備に問題があるのなら、改善方法を探るべき。なぜ隠そうとする?」 

日本や米国がいないと何もできないのか…」 

追跡もできないのに、どうやって迎撃するの?」 


高度380キロなら肉眼でも確認できる」 

「韓国軍は口で戦争するつもりか?情けなくて涙が出る」

http://www.recordchina.co.jp/a125825.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る