安倍首相とオバマ大統領がリンカーン記念館を訪問


アメリカのオバマ大統領による安倍首相の歓迎ぶりに屑チョンどもが発火しています。


安倍首相は金を積んだから米上下院合同会議で演説することができるニダ!」などとトンチンカンな言いがかりをつけて妬んでいるのです。



中国の習近平ですら招待されて今年中にも米国を公式訪問する予定なのに、パククネ婆がガン無視されているのも笑えますねwwwww


そもそも国際政治ってのは我々人類が行うもので、蛆虫ほどの価値すらないバ韓国塵なんざそこに入り込む余地があるわけないのです。


妬みからの火病発症でそのまま屑チョンどもが焼け死んでくれればいいものを。

今後もバ韓国抜きで粛々と諸外国との関係を築いていきたいものですね。


-----------------------
米日が仲良しぶりを見せつける、韓国ネットユーザーは妬みの声―台湾紙

 米国が異例の厚遇で安倍晋三首相を迎えたことに対し、韓国のネットユーザーが妬みをあらわにしている。30日付で台湾紙・自由時報が伝えた。

 オバマ大統領は2009年の就任以来、インド、メキシコ、中国、ドイツ、韓国、フランス、日本の国家元首や首脳を招待しており、中国の胡錦濤・前国家主席や韓国の李明博・前大統領もホワイトハウスの上客としてもてなされている。習近平主席も今年、米国を公式訪問する予定だが、朴槿惠大統領は招待されておらず、韓国は焦りを募らせている。

 韓国のネットユーザーは、安倍首相が米上下院合同会議で演説することについて、「金を積んで権利を得た」と妬みをあらわにし、「習主席も恐らく金を積んでいる」、「朴大統領は金を積んでいないため、上下院での演説は不可能だろう」との声も上がっている。

 朴大統領は就任後、中国との関係を重視し、日本には歴史カードや慰安婦カードを出しまくってきたが、セウォル号事故以降、政府に対する国民の不満は高まり、視線を日本に向けさせることができなくなった。中国もアジアインフラ投資銀行(AIIB)創設のため、日本との関係を修復し、朴大統領の南米歴訪中にアジア・アフリカ会議で日中首脳会談が行われ、和解ムードを醸し出した。こうしたことが、韓国を焦らせている原因だと記事は指摘している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000019-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ