韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

不倫

【これぞバ韓国!】走行中のタクシー運転手が心臓発作で気絶、その時乗客がとった行動は……

バ韓国のタクシー運転手は全匹レイパーです


実にバ韓国らしい死亡事故が発生していました。

・50代のオスとメスがタクシーに乗車

・走行中に運転手が心臓発作で気絶

・そのタクシーは、前を走っていた車に衝突

・この時点で運転手は生きていたが……

・乗客のオスとメスは運転手を放置して、トランクから荷物を取り出して他のタクシーに乗って現場を立ち去る

・気絶した運転手は病院に運ばれた後、目出度く死亡……


いやぁ、凄い流れですねwwwwwwww

我々人類には逆立ちしたって真似のできない行いですねぇ。



死者が1匹なのは物足りませんが、こういう心温まる事故はこれから先もっともっと増えることでしょう。

なんとも読後感の素晴らしいニュースでした。


-----------------------
韓国でタクシー運転手が心停止で死亡、乗客は“知らんぷり”で別のタクシーに=「これが人間のすること?」「韓国が情のない社会に…」―韓国ネット

 2016年8月26日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国で乗客を乗せて走行していたタクシーの運転手が前の車に追突した後、心停止により死亡する事件が起きたが、乗客2人が事故の直後に別のタクシーに乗って現場を去っていた事実が明らかとなり、批判を浴びている。 

 大田屯山警察署によると、25日午前8時40分ごろ、大田市西区屯山洞の路上でイさん(62)が運転していたタクシーが前の車に追突する事故が発生。事故当時、イさんは意識を失い、青ざめた顔色でよだれを垂らして気絶していた。しかし、タクシーに乗っていた50歳代の男と女は、トランクに積んでいたゴルフバッグと荷物を取り出した後、別のタクシーを捕まえ、現場を立ち去ったという。 

 事故を目撃していた駐車監視員が119番通報し、イさんは病院に運ばれたが、その後死亡した。 

 事故発生から約4時間後に警察に連絡をした乗客の男は、「空港に向かうバスの発車時刻が迫っていたため、すぐに現場を離れるしかなかった」と説明した。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは批判的なコメントが多く寄せられた。 


世も末だ。全く人間味が感じられない」 

「ゴルフバッグを持って飛行機に乗って遊びに行くことが、人の命より重要なの?」 

「すぐに通報していたら、運転手は助かったかもしれない」 

心臓マッサージはできなくても、電話1本くらいはできたはず」 


「これが人間のすること?」 

タクシー料金も払わずに立ち去ったの?」 

「韓国が情のないすさんだ社会になっていく…」 


「何か怪しい。ゴルフバッグの中に本当にゴルフクラブが入っていたか調査するべき」 

セウォル号沈没事件の船長を思い出した。彼らには未必の故意による殺人罪を適用してほしい」 

男女は不倫関係にあったのでは?不倫の事実が明らかになることを恐れ、通報できなかったのかも

http://www.recordchina.co.jp/a148650.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【えッ? まだLINEなんて使ってるの!?】姦通罪の廃止で、興信所による違法ハッキングが急増中のバ韓国wwwwwwww

在日と情報弱者が利用するLINE


2015年の2月に、バ韓国で姦通罪が廃止されました。

それ以降、大手を振って不倫する屑チョンどもが倍増しているんだとか。


それに伴い、興信所を使って配偶者の不倫の証拠を掴もうというケースも急増!!


興信所は携帯電話会社のサーバーを違法ハッキングして、調査対象者の情報を得ているとのこと。



実に、屑チョンらしいイタチごっこですね。

それにしても、簡単に携帯やスマホの情報が流出してしまうとはwwwwww


バ韓国製のスマホやLINEなるキムチ臭いアプリを使用している人の気が知れません。



ま、利用者激減中と報道されているLINEなので、

この日本で現在も利用しているのは屑在日かよほどの情報弱者くらいなものでしょうけどwwwwwww


-----------------------
姦通罪廃止で韓国の興信所倍増、違法手段使った調査も

 ある興信所の経営者(40)は今年初め、夫と離婚訴訟中の妻(35)から「夫の不倫の証拠を見つけてほしい」という依頼を受け、他人の個人情報を探るのが得意なA氏(40)に連絡を取った。警察の捜査の結果、A氏はハッカーのB氏(27)を雇って韓国携帯電話会社のサーバーをハッキングさせ、盗み出した調査対象者の位置情報などを興信所に売ったことが明らかになった。A氏はまた、宅配業者ドライバーのC氏(43)を買収し、調査対象者の配送先住所や電話番号などを手に入れていた。

 ソウル地方警察庁のサイバー捜査隊は4日までに、A氏ら3人を逮捕し、A氏から調査対象者の個人情報を買い取った疑いで興信所関係者ら5人を立件した。また、興信所に位置情報の追跡などを依頼した34人も立件した。

 警察によると、A氏は2014年9月18日から今年5月26日にかけ、647回にわたりハッキングなどで個人情報を盗み出し、これを売って2億7477万ウォン(約2400万円)の利益を得た疑いが持たれている。また、逮捕されたハッカーのB氏はハッキングで得た位置情報を1件当たり30万ウォン(約2万6000円)で、ドライバーのC氏は会社のシステムを使って入手した顧客の情報を1件当たり15万ウォン(約1万3000円)で、それぞれA氏に売ったとされる。

 姦通(かんつう)罪が昨年2月に廃止されて以降、不倫の証拠を得るため興信所を訪れる人が増えており、興信所が個人情報を入手する手口もハイテク化している。警察は、全国の興信所がこの1年余りで約1500社から2倍ほどに増えたとみている。姦通罪があったころは配偶者の不貞行為を国が暴き、処罰していたが、廃止されたことで警察は不倫を捜査しなくなった。そのため、離婚したい人が配偶者の不倫の確実な証拠を手に入れて離婚訴訟を有利に進めようと、興信所の門をたたいているのだ。立件された興信所の依頼者34人を見ても、28人が配偶者の不貞を疑い調査を依頼した人だった。

 興信所同士の競争が激しくなり、調査に違法な手段が用いられるようにもなっている。全州地裁は昨年9月、配偶者の不倫を疑っている人が通話内容などを調べられるスマートフォン(スマホ)向けアプリケーション(アプリ)、別名「スパイアプリ」を販売した罪で、被告の男(38)に懲役1年の判決を言い渡した。このアプリを配偶者のスマホにインストールすれば、通話やメールの内容、写真、動画などをリアルタイムで確認できる。アプリはスマホの画面上には表示されないため、ウイルス対策ソフトを使って見つけるしかない。

 通販会社や携帯電話会社のコールセンターに情報員を潜り込ませ、住所やクレジットカード番号などを盗み出す興信所もある。警察庁の関係者は「フィッシング詐欺メールを送りつけて調査対象者のスマホをハッキングしたり、車載カメラをすり替えたりといった手法で依頼を遂行している興信所も存在する」と語った。中には「警察捜査官」が所属しているとうたっている興信所もあるが、実際には興信所業界に入った元警察官はほとんどいないという。

 専門家は、興信所に依頼して入手した証拠は法廷ではあまり役に立たないと指摘している。ハン・スンミ弁護士は「離婚訴訟を専門とする弁護士は、できるだけ多くの慰謝料を取ろうとするのではなく、より金額の大きい『財産分与』に焦点を当てて訴訟を進めるケースが多い。500万ウォン(約44万円)を費やして不貞の証拠を手に入れても、その費用の分だけ慰謝料を多くもらうのは難しい」と説明する。また「配偶者の不貞は状況証拠でも十分に立証できるため、あえて依頼人に『不貞の証拠を持ってこい』とは言わない」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/22/2016072201940.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【これぞバ韓国】ついにパククネ婆に調査の手が!! セウォル号沈没当日の「空白の7時間」の解明開始へ!!

国民の命より自分の交尾を優先していたパククネ婆


セウォル号犠牲者の遺族様どものために設立されたセウォル号特別調査委員会。

その委員会が事故当日のパククネ婆の「空白の7時間」の真相解明に乗り出すことにしたんだとか。


委員会の要請により、陳述書の提出、出頭、資料提出、聴聞会への出席などが要求さるとのこと。


現政権を追い落としたい野党と、1ウォンでも多くあぶく銭を手に入れたい遺族様どもの思惑が見事に合致しているわけですね。



ま、パククネ婆側はとっくの昔に口裏合わせが終わっているのでしょうが、所詮は屑チョンのすることなのでどんなボロが出てくるのか楽しみですねwwwwww


-----------------------
朴大統領の「空白の7時間」、セウォル号調査委が解明へ

 セウォル号特別調査委員会は18日、非公開で常任委員会会合を開き、昨年4月に起きたセウォル号沈没事故当時の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の「7時間の行動」について調査を開始することを決めた。23日に特別調査委の全員委員会で正式決定されれば、同委の大統領に対する調査が確定する。

 特別調査委による調査対象になれば、対象者と参考人に対し、陳述書の提出、出頭、資料提出、聴聞会への出席などを要求できる。委員会メンバーの傾向からみて、大統領と大統領府(青瓦台)に対し、そうした調査に踏み切る可能性が高い。

 決定は特別調査委で多数派を占める野党と遺族推薦の委員が主導した。大統領に対する調査に反対し、会議場から退席したイ・ホン副委員長(与党推薦常任委員)は本紙の電話取材に対し、「(遺族が推薦した)李錫兌(イ・ソクテ)委員長が23日の全員委員会に案件を上程すると述べた。大統領に対する調査着手は特別法が定める『委員の政治的中立性』義務にも違反するものだ」と主張した。

 いわゆる「7時間」疑惑とは、朴大統領が事故の報告を受けた午前10時から中央災難安全対策本部を訪れた午後5時までどこで何をしていたかに関するものだ。

 これについて、東国大法学部のキム・サンギョム教授は「セウォル号特別法と法的手続きを考慮すると、大統領に対する特別調査委の調査は法的な根拠が全くない。万一そうなれば、今後大統領はあらゆる災難、事故の責任者として調査を受けなければならなくなる」と指摘した。

 チョ・デファン元特別調査委副委員長は「憲法に従い、大統領は任期中に訴追されず、国会による弾劾以外には責任を問われない。(大統領に対する)調査行為には根拠がない。ただ世間の注目を集め、利益を得るための政治宣伝行為だ」と批判した。

 与党セヌリ党の河泰慶(ハ・テギョン)国会議員事務所が特別調査委から提出を受けた文書と同委関係者によると、今年9月29日に遺族P氏は「事故当日の朴大統領の『消えた7時間』の行動と大統領の所在が把握できずに報告が遅れた点について調査を求める」とする真相究明申請書を特別調査委に提出した。特別調査委は特別法に従い、調査対象に該当しない場合や相当な理由がない場合には、調査申請を却下することができるが、同委はそうした対応を取らなかった。

 その後、事故の真相究明小委員会は当初、遺族が申請書に明記した「7時間」「行動記録」「所在把握」と言った表現を削除し、「青瓦台などの事故対応関連業務の適正性などに関する調査の件」と表現を変え、10月20日に小委を通過させた。その過程に加わった与党推薦委員は「当時大統領の足跡については調査しないことになっていた。しかし、常任委員会で論議になると、野党推薦委員が『調査対象から大統領の行動記録を排除したわけではない』『当然(調査対象に)7時間が含まれる』と主張を変えた」と証言した。今回の常任委では、野党や遺族推薦の委員が一部常任委員の反対を押し切り、案件を通過させた格好だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000891-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【セウォル号】産経新聞前ソウル支局長に懲役1年6カ月を求刑!! 「被害者や遺族様が厳罰を求めてるニダ!!」

産経新聞前ソウル支局長に懲役を求刑したバ韓国


産経新聞前ソウル支局長のに対し、バ韓国の検察が懲役1年6カ月を求刑していました。

きゃつらが言うには、

加藤前支局長は疑惑が虚偽であることを認知しても誹謗する目的で記事を作成したニダ!

とのこと。


虚偽であることを知りながら捏造歴史教科書を作っている屑チョンがナニを眠たいこと言ってるのでしょう?

ま、あの馬鹿どもは虚偽であることをもう覚えていないんでしょうね。なにせニワトリ脳ですからwwww



さらにバ韓国検察は、

セウォル号惨事発生による重大な国家危機状況で大統領の男女関係を事実確認なく報道し、その後、いかなる謝罪もないニダ!

セウォル号の被害者が強力な処罰を望んでいるニダ


とまで言ってのけてます。



ほほぅ、セウォル号の被害者様や遺族様どもが厳罰を望んでいるんですか。


じゃあ仕方ありませんね。

もっと重い求刑でもして、世界中の笑い者にでもなってくださいな。




-----------------------
検察、「朴大統領名誉毀損」前産経ソウル支局長に懲役1年6月求刑

  昨年のセウォル号沈没事故当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の行方に対する疑惑を報道し、朴大統領の名誉を毀損した容疑(情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律違反)で起訴された加藤達也前産経新聞ソウル支局長(49)に対し、検察が懲役1年6月を求刑した。 

  19日にソウル中央地裁刑事30部(部長イ・ドングン)の審理で開かれた結審公判で、検察は「噂の内容が虚偽であることを知りながらも事実確認なく報道し、朴大統領とチョン・ユンフェ氏ら被害者の名誉を深刻に毀損した」と述べ、このように求刑した。 

  加藤前支局長は昨年8月3日、「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」という見出しの記事で、セウォル号事故当日に朴大統領がチョン氏と一緒にいたという疑惑を提起し、2人が密接な男女関係であるかのように表現し、在宅起訴された。 

  検察は「加藤前支局長は疑惑が虚偽であることを認知しても誹謗する目的で記事を作成した」と主張した。当時の国内メディアの記事や国会速記録などを通じて朴大統領の行方に関する事実関係を確認したにもかかわらず、大統領の男性関係に焦点を合わせて記事を作成し、誹謗目的が明確だということだ。また「記事に妻帯者、男女関係、密会、品格が落ちる噂などの言葉を使用し、悪意性が相当ある」と述べた。検察は「セウォル号惨事発生による重大な国家危機状況で大統領の男女関係を事実確認なく報道し、その後、いかなる謝罪もない」とし「被害者が強力な処罰を望んでいる」と述べた。 

  しかし加藤前支局長側の弁護士は「被告は朴大統領の行方に関する噂を紹介しただけ」とし「特定人の社会的評価が阻害されるほど具体的な事実を書いておらず、誹謗の目的もなかった」と無罪を主張した。また「被告は海外メディアの記者として取材の限界がある状況で、朝鮮日報の記名コラム内容をそのまま引用したにすぎない」とし「記事も大統領の男女関係に焦点を合わせたのではなく、当時の大統領の支持率が墜落する現象と原因を日本国民に知らせようと作成した」と反論した。さらに「重要な公的事項を報道するメディアに誹謗の責任を問うことはできない」と述べた。 

  この日、検察と弁護人側は4時間にわたる加藤前支局長に対する被告尋問で、虚偽事実を認識していたかどうか、誹謗の故意性などの争点をめぐり激しい攻防を繰り広げた。 

  加藤前支局長に対する判決は11月26日に言い渡される。

http://japanese.joins.com/article/186/207186.html?servcode=400&sectcode=430
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る