韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

不具合

バ韓国・サムスンの折り畳みスマホ、発売延期となった不具合がまたまた発生!!!!!!

バ韓国・サムスンの折り畳みスマホにまたまた不具合


またまたサムスンの折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」に欠陥が見つかっていましたwwwww


画面中央にガッツリ縦線が現れ、まるで2分割画面のようになってしまうんだとか。



この現象は、発売延期になった当時にも指摘されていた不具合。


つまり、半年以上も発売を遅らせておきながら、なにも修正されていなかったわけですね。


さすがバ韓国のことだけはあります。


サムスン側は、「顧客の過失でそうなったニダ!」と反論しているようですが、

果たしてどうなることやら。



今後の展開が楽しみですwww



-----------------------
サムスン折り畳みスマホにまた欠陥?使用者から不満の声

 2019年10月29日、韓国・スポーツソウルは、サムスンの折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」に相次いで欠陥が見つかり、使用者の不満が高まっていると報じた。

 記事によると、「ギャラクシーフォールド」はこのほど、ディスプレイ内部に「緑色の縦線」が生じる欠陥が見つかり物議を醸したが、今度はメイン画面の中央に「黒い縦線」が入りまるで二つの画面であるかのように見える」欠陥が見つかったという。「ギャラクシーフォールド」は今年4月に画面の欠陥で発売を延期していたが、その時と欠陥の状況が類似しているためさらに波紋を呼んでいるそうだ。

 欠陥を訴える使用者らは「使用開始から1カ月も経っていない上、落とすなどの外部衝撃もなかった」と主張しているというが、サムスン電子側は「原因は外部からの衝撃で、顧客の過失だ」と反論しているという。

 記事は「問題はギャラクシーフォールドの販売量が極めて限定的で、欠陥事例がかつてのギャラクシーノート7の発火事故のように多くないということ」と指摘している。業界関係者は「欠陥問題が訴訟にまで発展し、品質をめぐる議論が浮き彫りになれば、ブランド信頼度への打撃は大きくならざるを得ない」とみているという。

 これを受け、韓国のネット上では「これは致命的な問題」「サービスをしっかりしないとヤバいことになるよ」と指摘する声が上がっている。

 一方で「あえて折り畳みを買う必要あるかな(笑)。今のスマホでも全く問題がないっていうのに」「(新製品に)何でもすぐ飛びつくのはよくない」「プライド持って高いサムスン製品を買ったのなら、修理にお金がかかっても我慢しなきゃ」とのコメントも。

 また「サムスンは海外で問題が起こると平謝りなのに国内で問題が起こると強気だ」「米国で10万回以上折り畳みする実験映像では何の問題もなかったけど、なんでかな?」など、韓国内と海外での性能や対応の違いを皮肉る声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b755801-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【片腹痛しwww】バ韓国・サムスン電子の折り畳みスマホ、土壇場で発売延期に!!

バ韓国・サムスン電子の折り畳みスマホ、発売延期に


今月の26日にアメリカで発売される予定だったサムスン電子の折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」。

しかし!

土壇場で発売延期することになっていました!!



複数のメディアで指摘されていたように、

使用して1日目で画面が壊れてしまうのが原因ですwwwww



いやぁ、残念です。


大規模のリコールや損害賠償で、バ韓国経済に大打撃を与えてくれそうだったのに。



でも、しょせんは屑チョンのすることなので、

発売を中止にでもしない限り問題は発生し続けることでしょう。



新たな発売日は数週間以内に発表されるとのことですが、

またこの発売日も延期となるんでしょうねwww



-----------------------
サムスン 折り畳みスマホ “不具合”報道で発売延期

 スマートフォンメーカー最大手のサムスン電子は、画面を折り畳んで使うことができる新たなスマホを今月26日にアメリカで発売する予定でしたが、画面の不具合を指摘する報道が相次ぎ、延期すると発表しました。

 韓国のサムスン電子はことし2月、広げた状態ではタブレット端末のように使えて、画面を本のように折り畳むとスマートフォンとして使える「ギャラクシーフォールド」を今月26日にアメリカで発売すると発表しました。

 価格は最も安い機種で1980ドル、日本円でおよそ22万円です。

 発売に先立って一部のジャーナリストが使ってみたところ、画面が故障したり、正常に作動しなくなったりしたということで、不具合を指摘する報道が相次ぎました。

 これを受けてサムスンは22日、「指摘を検証し社内でテストを行うために発売を延期することを決めた」と発表しました。

 新たな発売時期は数週間以内に明らかにするとしています。

 画面が折りたためるスマホをめぐっては、スマホの出荷台数で世界シェア3位の中国のファーウェイも発売を計画していて、先進的なスマホをいち早く売り出すことで起爆剤としたいサムスンは、出だしからつまずいた形となりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190423/k10011892971000.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国製!! サムスンの新型折り畳みスマホ、1日で画面が壊れるwwwww

バ韓国・サムスンの新型スマホに早くも不具合


バ韓国・サムスン電子の新製品である「ギャラクシーフォールド」。

アメリカでは4月26日から発売されるようですが……。


それに先駆けてメディアがレビューしていました。


なんと、

使用してたったの1日で画面が壊れてしまったとのことwwwww



さすが、バ韓国製ですなぁ。


また盛大なリコールが発生しそうでなによりですwwww



これでまたバ韓国の国力がガタ落ちすることになるので、

今後の展開がとても楽しみです。



-----------------------
サムスンの折り畳みスマホ、使用1日で不具合=メディアレビュー

 韓国サムスン電子(005930.KS)の新製品である折り畳み可能なスマートフォン「ギャラクシーフォールド」が、使用してわずか1日や2日で画面に不具合が生じていることが明らかになった。レビューのため今週、同製品を受け取ったブルームバーグ、ザ・バージ、CNBCのテクノロジー担当ジャーナリストが、ツイッターに投稿した。 

 それによると、この問題は端末の画面が割れたり、ちらついたりすることに関係しているようだ。ギャラクシーフォールドは米国で4月26日に発売される。 

 サムスンは、メディア向けに配ったギャラクシーフォールドのサンプルでメイン画面に関する問題がいくつか報告されたとし、調査する方針を明らかにした。画面の保護材を外す時に損傷する可能性があり、この件を顧客に伝えると説明した。

 今回の問題は、2016年の「ギャラクシーノート7」の発火問題を想起させる。発火問題でサムスンは、7のリコール(無料の回収・修理)と販売中止を余儀なくされ、16年第3・四半期にモバイル部門の利益のほぼすべてを失った。 

 ブルームバーグの記者、マーク・ガーマン氏は「私のギャラクシーフォールドのレビュー端末は、スリーンが完全に壊れ、たった2日で使えなくなった。これが広範に及ぶ問題なのかどうかは分からない」とツイートした。

https://jp.reuters.com/article/samsung-elec-galaxy-malfunction-idJPKCN1RU067
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】不具合だらけのK11複合小銃、またもや「戦力化中断」の決定!!

またまた中断されたバ韓国のK11複合小銃


2010年から4485億ウォンもかけて戦力化を計画していたバ韓国のK11複合小銃。

過去に何度も爆発事故を起こしていましたが、またもや「戦力化中断」の決定がなされていましたwwwww



問題が発生する度に計画が中断されていて、大量の税金が無駄になっているわけですね。



ま、今回の中断決定も、半年もすればまた再開ってことになるのでしょう。

何しろ、開発費用を懐に収めたい屑チョンどもが履いて捨てるほどいるのですからwwww



-----------------------
韓国軍:不具合相次ぐK11複合小銃に「戦力化中断」決定

 幾度もトラブルを起こしてきた韓国軍のK11複合型小銃にまたも問題が生じ、防衛事業庁(防事庁)は3日、「戦力化中断」決定を下した。K11複合型小銃は、既存の5.56ミリ小銃と20ミリ空中炸裂弾発射装置を一体化して火力を強化した新兵器で、第一線部隊に1分隊あたり1丁ずつ配分するというのが本来の計画だった。

 しかし防事庁は3日、「K11複合型小銃52丁を今年9月に韓国軍へ納入するのに先立ち試験運用する過程で、このうち1丁に問題が発生し、原因究明を行っている」と発表した。演習弾を利用して射撃の実演を行う過程で、薬きょうが銃の外に排出されないという現象が発生したのだ。薬きょうが銃の内部に引っかかると銃身に圧力がかかり、爆発の危険が高まる。防事庁は「銃の問題なのか、弾の問題なのかを明らかにしなければならない」として、既に支給されたK11小銃の運用も中止させた。

 当初、韓国陸軍は2010年から今年にかけて4485億ウォン(現在のレートで約444億円)を投じ、K11小銃1万5000丁を戦力化する計画だった。ところが爆発事故の発生や射撃コントロール装置の亀裂といった問題が相次ぎ、現在までに戦力化されたのは914丁にとどまる。戦力化が2度にわたって中断され、昨年はK11関連予算が大幅に削減されるという紆余曲折を経て、ようやく戦力化作業を再開しようとしたところにまた問題が生じたのだ。防事庁の関係者は「銃に欠陥があると確認されたら、設計変更等の補完作業を経て再び生産に入る計画。今後6カ月間の生産中断は避けられなくなった」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/04/2018080400377.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る