韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


不正

バ韓国・ソウルのタクシーに「制服制度」導入! しかし1週間もしないうちに……

バ韓国のタクシーはぼったくりが前提


タクシー運転手のマナー向上の一環として、バ韓国のソウル市が「制服制度」を導入していました。

制服を支給するため、16億ウォン以上の税金を投入するという力の入れようですが……。


しかし、制度導入から1週間もしないうちに、醜態をさらしていましたwwwww


窮屈なベストなんて着てられないニダ!


として、登山服にスリッパを履いた運転手やジャージ姿の運転手などの姿が見られているようです。

こんな結果、火を見るより明らかだったというのにとんだ税金の無駄遣いですなぁ。



そもそも屑チョンどもに似合う制服なんてものは、獄衣くらいでしょうねwwwwwww


-----------------------
日本のように定着させるのは無理?ソウル市がサービス向上のために導入した制度に不満の声

 2017年11月17日、責任意識の欠如によるタクシー運転手の乱暴運転や不親切問題を解消するため、韓国のソウル市が導入した「制服制度」に不満の声が相次いでいる。韓国経済などが伝えた。 

 「タクシー運転手の服装の乱れがサービスの質の低下につながっている」という市民の苦情が多いことを受け、ソウル市は13日から法人タクシー運転手の「制服制度」を導入している。ソウル市は16億1000万ウォン(約1億6000万円)を投入し、法人タクシーの運転手らに1人当たり5万ウォン(約5000円)相当の制服(シャツ2枚、ベスト1枚)を支給した。しかし、導入から1週間も経たないうちに服装の規定を守らないケースが続出しているという。 

 ソウル経済の記者が16日にソウル市内にあるタクシー会社の社員食堂に行ってみると、ブルーのシャツにベストを着て、スラックスタイプのズボンをはいているはずの運転手らは思い思いの服装をしていた。登山服にスリッパをはいた人やジャージ姿の人もいたという。あるタクシー運転手は「1日10時間も働くのに、窮屈なベストなど着られない」と話した。このように窮屈な制服に不満を抱く運転手は多く、同制度が定着化するには時間がかかるとみられている。仕事でタクシーをよく利用するというある市民は「昨日だけで4回タクシーを利用したが、制服を着た運転手は1人もいなかった」と明らかにした。 

 また、ソウル市が同制度を法人タクシーの運転手だけに義務付けたことに不満を抱く運転手も多いという。13年の経歴を持つある運転手は「制服を着ていなくても常に親切な接客をしている」とした上で、「市が統制しやすい法人タクシーだけに制服を義務付けることで、まるで法人タクシーが問題であるかのように見えるのは残念だ」と述べた。 

 同制度について、韓国のネットユーザーからも「考えが単純過ぎる」「ソウル市長は慈善事業家なの?何でも金を与えて解決しようとする」「ソウル市に所属する職員でもないのに、なぜソウル市が制服を買ってあげるの?ソウル市長はソウル市のお金を自分のお金と勘違いしていない?」など否定的な意見が多数寄せられている。また「支給された制服の製造工場に何かストーリーが隠されているのでは?」「16億!?少なくとも8億は誰かの懐に入ったね」と横領を疑う声も。 

 一方で、少数ではあるが「外国人観光客はスリッパをはいたタクシー運転手を見ていい気はしない」「機能性に優れた制服を開発すればいい」など制服制度に好意的な意見もあった。 

 また、きちんとした服装姿のイメージが強い日本のタクシー運転手と比較する声も多く、「日本はきちんとしたスーツなのに、韓国は登山服?改善が必要だ。それにタクシー料金も日本くらいに引き上げてサービスの向上を目指すべき」「日本のタクシー運転手は帽子まで着用しているのに。これが民族性の違い?」「これが日韓の国民性の違いだ。日本人は全員がプロ意識を持って働いている」「日本のように定着させるのは無理だよ」などが見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b172926-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【これぞバ韓国】山火事用の消防ヘリは飛べないただの鉄の塊だったwwwwww

バ韓国の消防ヘリは飛べない鉄の塊


いかにもバ韓国らしい不正が発覚していましたwwww

山火事用消防ヘリの積載量が偽装されていて、

消火用の水を満タンにすると離陸できないというのですwwwwww



この不正には公務員の関与もあったようで、

関係者がたんまり懐を温めてたとのこと。


いやぁ、さすが屑チョンどものやることですなぁ。


我々人類には到底想像もできないことばかりですwwwwww



-----------------------
水を満タンにすると飛べない?韓国の山火事用消防ヘリの実態に、ネットが驚き=「山火事見学用のヘリ?」「韓国は不正のデパート」

 2017年11月1日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で水の積載量を偽った山火事用消防ヘリを自治体に貸し出し、不当に利益を得た民間ヘリコプターの賃貸業者が警察に摘発された。 

 韓国・全羅北道地方警察庁の知能犯罪捜査隊は1日、詐欺などの疑いで賃貸業者のA氏ら2人を書類送検したと明らかにした。A氏らは2013年から今年まで、山火事用消防ヘリコプターのバンビバケット(ヘリコプターにひもをつるして使用するバケツ)の容量を偽って貸し出した疑いが持たれている。 

 韓国の国土交通部の基準では、ヘリコプターが離陸可能な最大重量からヘリ自体の重量と運航所要時間に合わせた燃料の重さを引いた後でも、バンビバケットに満タン(2000リットル)の水を積んで運航できなければならない。しかし、A氏らが貸し出していたヘリコプターは1000リットルほどしか積めない上、バンビバケットを満タンにしてしまうと離陸すら不可能であることが分かった。 

 全羅北道は毎年、A氏らの運営する業者から、山火事が発生しやすい春と秋に3機のヘリコプターを1機当たり約6億ウォン(約6000万円)で借りていた。水の積載量が不足しているにもかかわらず、全羅北道は本来の価格を支払い、ヘリコプターを借りていたということになる。 

 警察は全羅北道がヘリコプターを借りる際にこの事実を知っていたかどうかについて調べる方針だという。警察関係者は「バンビバケットに2000リットルの水を積んでもヘリが離陸できるかどうかの実験も行う計画」とし、「業者らが数年にわたってヘリコプターを全羅北道に貸し出すことができていた背景に公務員らの関与があった可能性も視野に入れている」と明らかにした。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「信じられない。山火事見学用のヘリなのか?」「実験もせずに契約したの?」「人を乗せたら走れないバスのようなもの?」など驚きの声が上がっている。 

 また、「韓国は不正のデパートだ」「ヘリの強い風で山火事が拡大するだけ。この国は一体、どこまで腐っているのだろう」などと嘆く声も。 

 そのほか、「不正があったに決まっている。徹底的に捜査して朴槿恵(パク・クネ)前大統領のように“解雇”しよう。まじめに働きたい人はたくさんいる」「国民の命に関わる問題だ。法的処罰を与え、全財産を没収してほしい」など厳しい処罰を求める声もみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b195688-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国】ナッツ婆でお馴染みの大バ韓航空、家宅捜索される!

大バ韓航空が家宅捜索される


空飛ぶ棺桶を運航している大バ韓航空が、警察当局から家宅捜索を受けていました。


空港付近のホテルを新築する際、ついでに趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の自宅のインテリア工事を行い、

会社側でそのインテリア工事費用を処理していたとのこと。


いかにも屑チョンらしい、せこい犯罪ですねwwwwwww





世界中の空港で、迷惑をかけまくっている大バ韓航空。

全世界が一丸となって、バ韓国からの国際便の乗り入れを禁止にすべきでしょう。

我々人類にとって、不便になるどころかメリットだらけですものねぇwwwwww



-----------------------
大韓航空を家宅捜索 会長自宅工事巡る不正疑惑で=韓国警察

 韓国警察は7日、大韓航空会長の自宅工事と関連した不正疑惑に絡み、大韓航空の本社を家宅捜索した。

 警察庁の特殊捜査課はこの日午前、ソウル市内の大韓航空本社を家宅捜索。工事関連資料や税務資料、契約書などを押収したと明らかにした。

 同社は2013年5月~14年8月に趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の自宅のインテリア工事費用などのうち、相当額を仁川空港付近のホテルの新築工事費として処理し、不正に使用した特定経済犯罪加重処罰法上の背任容疑が持たれている。

 警察は、大韓航空が趙会長の自宅工事とホテルの新築工事が同時に行われた点を利用して行為におよんだと見ており、一部の大企業会長らの自宅インテリア工事を担当した業者の脱税疑惑を捜査する過程でこのような状況をつかんだと伝えられた。

 警察は、押収した資料の分析が終われば工事費の支出に関与した大韓航空の関係者らを順次呼び出し、事実関係を確認する計画だ。

 警察関係者は「個人の自宅の工事費用は個人が支出しなければならないにもかかわらず、ホテルの工事費からその費用を充当して犯罪を行った疑いがあり、捜査中だ」とし、「問題になった費用の総額はまだ正確に分かっていない」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/07/2017070702175.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【余裕で想定内wwww】バ韓国製・K2戦車、欠陥発覚で生産中断に!!

欠陥だらけのバ韓国製K2戦車


バ韓国が国内技術で開発したK2戦車

しかし、早速欠陥が見つかり、生産が中断したとのことwwwww


国内技術で作ると言っていたにも関わらず、ドイツ製の部品を使っており、

それが原因と発表しているようですが……。


要するに、ドイツ製の部品に耐えうる筺体を作れなかったのが本当の理由でしょう。



ま、生産性の無いことに大金を投入するという実に屑チョンらしい結末でしたねwwwwww


-----------------------
韓国の国産戦車部品に欠陥、生産中断へ=韓国ネットからは「つくれないなら国産化にこだわらなくても」の声も

 2017年3月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国内技術で開発したK2(黒豹)戦車のパワーパック(エンジンと変速機)で欠陥が見つかり、本格生産のための手続きが中断している。 

 韓国防衛事業庁は17日、「K2戦車2次量産のための国防技術品質院の最初の製品検査の中、国産パワーパックでいくつかの欠陥が発見された」と明らかにした。防衛事業庁は、「パワーパックに装着されたドイツメーカーZF社の一部構成部品に欠陥が発生し、品質検査を中断している」と説明した。問題の部品はパワーパックに入ったボルトで、ひびが入る現象を見せたことが分かった。これによって、パワーパックの正常動作に必要な圧力が低下したというのが防衛事業庁側の説明だ。

 問題を起こしたK2戦車は国産パワーパックを装着した2次量産分の最初の製品だ。軍当局は、K2戦車1次量産では、核心部品となるパワーパックをドイツ製にしたが、2次量産では韓国製パワーパックを装着することにした。防衛事業庁の関係者は、「国産パワーパックを装着したK2戦車は戦闘用適合判定を受けた状態であるため、品質保証のプロセスと見ればよい」とし、「再発防止のためのさまざまな方策を検討中」と述べた。 

 この報道に対し、韓国のネットユーザーからは、「開発費の一部を裏金に使ったから、実際の開発費用が不足して影響が出たんじゃないの」「いろんな修正はあるだろう。ドイツや米国の技術力に追いつくのは容易ではない」「独自開発する実力がないのであれば国産化にこだわらず、そのままドイツ製を使った方がよい」などの声が寄せられているが果たして。

http://www.recordchina.co.jp/b172599-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る