韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

不良品

中国からバ韓国に送られた20万枚のマスク、中国でブラックリスト入りしていた不適合品だった!?

マスクに群がるゴミ屑のようなバ韓国塵ども


武漢肺炎が発覚して間もない頃、バ韓国の仁川市から姉妹都市の中国・威海市にマスクが送られていたようです。


今回、そのお返しとして中国・威海市からバ韓国の仁川市へマスクが送られていたとのこと。


そのマスクが、

中国で「不適合」判定を受けた不良品だったという話が出回っているみたいです。



ま、あり得る話ですよね?


道端に落ちているマスクすら再利用する屑チョンどもなので、不適合判定を受けたマスクで十分でしょう。



さすが、中国はその辺りのことを熟知しています。

中国側も不良品在庫を処分出来て助かっているはずです。



今後も人類の使用に適さない不良品の送り先としてバ韓国が活用されることでしょう。



どうせなら、最初から新型コロナウイルスをたっぷりと付着させたマスクを送り付けてほしいものですね。




-----------------------
中国が韓国に送ったマスクは「不適合品」?=韓国ネット「それでもちょうだい」

 2020年3月5日、韓国・マネートゥデイは、中国が韓国に送った使い捨てマスクについて「中国での自主品質検査で『不適合』判定を受けたものだったという指摘が出ている」と伝えた。

 記事によると、今月2日、韓国の仁川市に姉妹友好都市である中国・威海市から使い捨てマスク20万1370枚が到着した。同封された手紙には「仁川市が送ってくれた応援に感謝する。市の役に立つとともに、両都市の友好を願う」と書いてあったという。

 仁川市は先月12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、威海市にマスク2万枚余りを支援していた。当初は中国内の姉妹友好都市15カ所にマスク24万枚、防護用メガネ2万1000本を支援する計画だったが、韓国内でも感染者が急増したため支援を中断していたという。

 ところが、韓国の一部のインターネット掲示板では「威海市から送られたマスクは中国の自主品質検査で『不適合』判定を受けたもの」という主張が出た。あるユーザーは「マスクの価格を見ると、中国のマスク20万枚より韓国が送ったマスク2万枚の方が高い」と指摘したという。

 これについて記事は「実際に中国最大の検索エンジン『百度』で当該製品の製造会社『家至宝』を検索すると、不適合判定を受けたという情報が出てくる。同社のマスクは昨年10-12月期には中国国家機関・江蘇省市場監督管理委員会の検査結果でブラックリストに入っていた」と伝えている。

 ただ、これに対し仁川市関係者は「威海市が送ったマスクは家至宝から出た別の製品。不適合判定を受けたマスクではない」と説明したという。

 これを受け、韓国のネット上では多くのコメントが寄せられている。内容を見ると、「製造会社は同じだけど、モデルは違うよ」「元々くれなくてもいいのに送ってくれたもの。みんな敏感になり過ぎ。ないよりはマシ」「不適合判定のものでもいいからちょうだい」と擁護の声が上がっている。

 一方で「(韓国は)いいマスク送ったのに、不合格のマスクを送ってくるなんて。韓国を何だと思ってるの」「そのまま返品して」「韓国は中国のことを勝手に友だちだと思っているようだ。中国は韓国をバカにしてるのだろう」など不満に感じているユーザーも多いようだ。

 その他「文大統領やその支持者が使ったら?」「中国の会社に確認するべき」「もし不適合の情報が事実でなかったら中国からまたたたかれるだろう。こういう報道はやめて」などの声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b784759-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】空軍のPAC-2航空機迎撃弾が自爆!!!!!!!!!

バ韓国のPAC-2航空機迎撃弾が自爆


バ韓国で行われていた射撃大会での出来事。


航空機迎撃弾1発が、突然自爆していたようです!!


残念ながら死傷者はゼロとのことですが、惜しかったですねぇwwww



どうせ自爆するなら大量の屑チョンどもを道連れにしてほしかったものです。


しかし、同じような不良品が他にもたくさんあることでしょう。


次こそは我々がほっこりするようなニュースに期待したいものですね。


-----------------------
韓国、空軍の射撃大会中に航空機迎撃弾が自爆=韓国ネット「不良品」「敵が消えたから?」

 2018年10月25日、韓国・聯合ニュースは、忠清南道(チュンチョンナムド)大川(テチョン)射撃場で開催された射撃大会で、航空機迎撃弾1発が自爆したと報じた。 

 記事によると、韓国空軍は「25日午前10時47分ごろ、大川射撃場で実施された防空誘導弾射撃大会でPAC-2航空機迎撃弾1発が発射されたが、約4秒間上昇した後に射撃場付近の沖合い上空で自爆した」と発表した。PAC-2は異常が発生した際、安全のため自爆するよう設計されていたという。空軍は「人命被害はなく、その他の被害確認および詳しい経緯を調べている」と説明した。 

 これを受け、韓国のネット上では「古過ぎた?」「米国が廃棄する不良品を高く買い入れたのだろう」「元々迎撃ミサイル技術は、大部分が武器を売るため迎撃率をごまかしている」「不良品だから払い戻ししてもらいなよ」など、さまざまな声が上がっている。 

 また自爆の理由について、あるユーザーからは「この国を守るために頑張って飛んで行ったのに、主敵(=北朝鮮)が消えたからどこに行くべきか分からずに自爆したのだろう」と皮肉を織り交ぜたコメントも寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b656375-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【さすが朝鮮製www】北朝鮮のミサイルに対してバ韓国軍が報復ミサイル発射! しかし、わずか2秒後に海へドボンwwwww

バ韓国軍の地対地ミサイル玄武


9月15日の早朝に発射された北朝鮮のミサイル。

その6分後にバ韓国軍が報復措置として地対地ミサイルを2発ほど発射していたワケですが……。


な、なんと!

そのうちの1発が、数秒後に日本海に落下していたことが判明していたのです!!



いやぁ、さすが屑チョンどもですなぁ。

朝鮮有事の際は、もっと我々を楽しませてくれることでしょうwwwww


でも、あまりにもバ韓国側がショボ過ぎると困りものです。

北も南も分け隔てなくチョーセンチンには大量に死んでほしいので、

もう少し精度を高めてほしいものですね。



-----------------------
北朝鮮の挑発に対抗の韓国軍、弾道ミサイル2発発射も1発は数秒で落下=韓国ネットにも落胆の色

 2017年9月15日、15日早朝の北朝鮮の弾道ミサイル発射に対応して、韓国軍が6分後に韓国製地対地ミサイル「玄武2A」2発を発射したが、この中の1発が数秒で日本海に落下し、有事の際に北朝鮮のミサイル発射の兆候を捕捉して攻撃するキルチェーンの核心戦力に異常があるではないかという懸念が出ている。韓国・ニュース1が伝えた。 

 軍当局は、北朝鮮が15日午前6時57分頃、ミサイルを発射してから6分後の午前7時03分、東海岸から平壌(ピョンヤン)の順安(スナン)飛行場への攻撃を想定して玄武2Aミサイル2発を発射したと説明した。 

 現在陸軍は、玄武2A(射程距離300キロ)と玄武2B(同500キロ)の弾道ミサイル、巡航ミサイル玄武3A(同500キロ)、玄武3B(同1000キロ)、玄武3C(1500キロ )を運用している。 

 米韓大統領間の協議で、ミサイル弾頭重量の上限が撤廃されたことを受け、軍当局は最近、玄武系ミサイルの弾頭重量を最大2トンまで増やし、同時にミサイルの推力も増加させる方針を定め、防衛事業庁と関連業界が共同研究に着手したと伝えられている。 

 韓国軍は、これら対策によって、北朝鮮の核ミサイルによる挑発に対し、直ちに報復に出る韓国軍のKMPR(大量報復報復)や、挑発の兆候を事前に捕捉して打撃するキルチェーン計画が一層強化されるとみていた。 

 記事は、「15日の玄武射撃訓練で、2発中の1発が失敗した事で、保有する玄武ミサイルの信頼性の問題が台頭と思われる」と指摘。軍当局は「(失敗の)原因について関係機関合同で分析に入った」と説明した。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは3000を超えるコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「メーカーに問い合わせすれば?」「不良品だな」「これでキルチェーンか」と落胆する声や、「北朝鮮にミサイルの造り方を聞いてこい」「金正恩(キム・ジョンウン)の嘲笑が聞こえてきそうだ」など、皮肉も交えて批判的な声が多く並んだ。 

 また、「防衛不正が横行しているから、こんなことになる」「多くの国防費が、誰かのポケットに入った結果だ」など、後を絶たない不正問題に言及する意見もみられた。その他に、「このような問題は、内部的に早急に解決すべき。敵に軍事情報を公開すべきではない」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b190785-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








過去5年間、毎日故障!! バ韓国製自走砲「K9」でまたもや屑チョンが死亡!!!!

屑チョン殺しの名品・K9


一昨日、バ韓国製の自走砲「K9」が爆発事故を起こし、2匹の死者を出していました。

このK9は、自称「バ韓国産の名品武器」とのことですが、

過去に1708回も故障や事故が発生しています。


そんな欠陥武器を未だに使い続けるとはwwwwwww


この名品とは、屑チョン兵士を効率良く殺してくれるところから名づけられたんですかねぇ。


ま、有事の際もこのK9は盛大に屑チョンどもを殺してくれそうです。

いやぁ、楽しみで楽しみで仕方ないですなぁ。


-----------------------
爆発し兵士2人の命奪った韓国軍の“名兵器”、過去5年で1708回故障=「どこが名品?」「1日に1回は壊れる不良品だ」―韓国ネット

 2017年8月19日、韓国陸軍の射撃訓練場で火災事故により2人の死者を出した韓国型自走砲「K9」について、韓国・ニュース1などが詳しく報じた。陸軍砲兵戦力の中核火力であるK9は海外にも輸出され、韓国内では「韓国産の名品武器」とも呼ばれるが、実際は故障や事故が後を絶たないという。 

 K9は、長射程砲、放射砲(多連装ロケット)など北朝鮮に比べ劣勢にあった砲兵火力を強化するため、10年間にわたる開発の末、2000年から戦力化された。現在、最前線に500門以上が実戦配備されている。 

 90%を超える命中率に自動射撃統制装置、毎分6発の高速射撃機能などを備える同機の1両の価格は37億ウォン(約3億5600万円)に達するが、すでにトルコ、ポーランド、フィンランド、インドなどに輸出実績があり、ドイツ、ロシア、フランスなど世界有数の軍事大国と輸出競争を繰り広げているという。 

 しかし導入からの歴史を振り返ると、故障や事故が後を絶たない。1997年12月、試作1号機の火力性能試験中には、弾が発射されず、内部が炎に包まれ研究員1人が死亡する事故が発生した。2010年には、北朝鮮による延坪(ヨンピョン)島砲撃によって海兵隊に配備されていたK9が被弾し、一部装置の損傷で、反撃に支障が生じた。 

 こうした事故・故障について韓国メディア・YTNは専門家の話を基に、「“名品武器”が5年間で1708回故障」とする記事を報じた。番組に出演した建国(コングク)大警察学科のイ・ウンヒョク教授は「事故は5年間で1700件程度は確実に発生していた」と述べた。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「他の武器は問題があれば生産を中止するのに、K9だけ中止しないのはなぜ?」「このどこが名品?」「自国の兵士を殺す殺人兵器じゃないか」など、K9への批判の声が多く寄せられた。 

 また、後を絶たない防衛産業の不正問題に「開発費の3分の1が実際に開発に使われ、3分の1は賄賂に消え、残りの3分の1は関係者のポケットに入ったんだろう」と疑惑の声も。 

 その他、「5年間で1700回も故障したのなら、1年で340回壊れたことになる。ということは、休日を除けば1日に1回はどこか壊れる不良品ということじゃないか」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b176807-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る