韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

世界市場

需要急増中の電気自動車用バッテリー、バ韓国企業だけがシェア下落中wwwwwww

電気自動車バッテリー、バ韓国産だけ需要減


バ韓国で作られた電気自動車用のバッテリー。

現在需要増で景気のいい電気自動車用バッテリーの世界市場ですが、バ韓国産のものだけが低迷しているんだとかwwww


当然の結果でしたね。


価格面も品質面も最悪のバ韓国産バッテリーが、高いシェアを獲得できるわけがありません。



いつ爆発するのか分かったものではないので、バ韓国国内でどんどんシェアを伸ばしていただきたいものです。


そして、


朝鮮半島のアチコチで電気自動車が爆発炎上……。


そんなニュースが連日飛び込んできてくれることを祈ってますwwww


-----------------------
EV用バッテリー市場 韓国企業のシェア低迷=中国・日本勢が躍進

 昨年の世界の電気自動車(EV)用バッテリー市場で、中国と日本の企業が急速な成長を続ける一方、韓国ブランドは不振だったことが4日までに分かった。中国企業は自国政府の政策的支援で技術力を確保して韓国企業の追い上げを退けており、格差がさらに広がるのではないかとの懸念も出ている。

 エネルギー業界専門の市場調査会社、SNEリサーチによると、昨年1~11月の世界のEV用バッテリー出荷量は計7万6950MWh(メガワット)相当で、前年同期間(4万4522メガワット)比72.8%増加した。

 メーカー別では日本のパナソニックが前年比113.0%増の1万7606メガワットで1位を記録し、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が同111.1%増の1万6176メガワット、比亜迪(BYD)が同105.2%増の9359メガワットで後に続いた。

 韓国のLG化学は6183メガワットで4位に入ったが、増加率は前年比42.2%にとどまった。サムスンSDIは同26.1%増の2731メガワットで、前年の5位から6位に後退。日本のオートモーティブエナジーサプライ(AESC)が同113.6%増の3568メガワットで5位に入った。

 出荷量上位8社のうち、3桁台の成長率を記録できなかったのは韓国の2社のみだった。

 これにより、LG化学の市場シェアは前年(9.8%)から1.8ポイント下落した8.0%にとどまり、サムスンSDIも4.9%から3.5%に下落した。

 中国・日本企業の躍進が続く反面、韓国企業は頭角を現すことができなかった。

 SNEリサーチは報告書で「昨年11月には中国系企業がトップ10に7社含まれ、日本のパナソニックとAESCも平均以上の成長率でシェアを高めた」とし、「このような傾向が12月も続き、LG化学とサムスンSDIへのプレッシャーが続くと推定される」と見通した。

 一方、韓国の2社はグローバル自動車メーカーに製品を供給してトップ圏への浮上を狙っている。

 業界関係者は「EV市場は急速に成長しており、韓国企業の技術力が優れているため今年からはシェアが急上昇するとみている」としながら、政策的な支援も必要だと指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/04/2019010480088.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済】スマホ世界市場、ついに中国メーカーの収益がサムスンを越える!!

バ韓国・サムスン製スマホはただの危険物


世界のスマホ市場で、中国メーカーの収益がサムスンを越えたようです!



高級スマホではアップルに惨敗し、低価格スマホでも中国メーカーに市場を奪われているサムスンwwww



中国メーカーの高級機種も増えてくるので、そのしわ寄せが今後もサムスンを襲うことになります。



いやぁ、なんともワクワクさせられますね。


バ韓国経済が崩壊し、大量のヒトモドキの死体を目にするのが楽しみでなりません。



-----------------------
サムスン電子、中国「ビッグ4」に収益で抜かれる

 世界のスマートフォン市場で、中国メーカーの収益がサムスン電子を抜いたことが分かった。4-5年前までコピー商品を生産しているにすぎないと思われていた中国メーカーは、販売台数だけでなく、収益規模でもサムスンを抜き始めた。サムスン電子はプレミアム市場の雄であるアップルと中低価格帯の市場を掌握した中国メーカーの板挟みとなるサンドイッチ現象が深刻化するのではないかという懸念が聞かれる。

 香港の市場調査会社、カウンターポイントが発表した4-6月期のスマートフォン市場分析によると、華為(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)という中国「ビッグ4」は、スマートフォン市場で合計20億ドル(約2240億円)の利益を上げた。これは世界のスマートフォンメーカー約600社が上げた収益全体の20%に相当する。アップルは62%、サムスン電子は17%をそれぞれ占めた。また、アップル、サムスン電子、中国メーカー4社で収益全体の99%を占めた。

 中国メーカーは2年前、収益面でサムスン電子の相手ではなかった。アップル(62.8%)とサムスン電子(28.8%)で全体の91.6%を占め、中国メーカー4社の割合は7.9%にすぎなかった。サムスン電子は当時、「中国メーカーは中国、インドなど開発途上国と一部先進国で低価格機種の販売に集中しており、当面脅威となるライバルではない」との立場だった。しかし、年間で億単位の台数を販売する中国メーカーが相次いで高級機種を発表し、サムスンの主力市場に食い込んでいる。

 電子業界の関係者は「100万ウォン(約10万円)以上の最高級市場でアップルの牙城が揺るがない中、サムスン電子は50万-100万ウォン台のプレミアム市場で中国メーカーに追い上げられている」とした上で、「アップルと中国メーカーによる上下からの圧力の中で、今年の新機種『ギャラクシー9』が予想より不振で、サムスンが突破口を見いだすのは難しい状況だ」と分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/17/2018091700867.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















中国無しでは立ち行かないバ韓国、中国の気分次第で消えて無くなるバ韓国wwww

中国の使者を土下座して迎える朝鮮の王www


バ韓国における中国との貿易額はこの20年間で50倍にも膨れ上がっているんだとか。

輸入にしろ輸出にしろ、中国無しでは国家として存続できないレベルに達しているようですねwwww



しかし、この20年間で中国は着実に力をつけ、ほとんどの分野でバ韓国より多くの世界市場を占めるようになったとのこと。


つまり、バ韓国の存続はまさに中国の気分次第になっているのですwwwwwwwww



嫌われ者国家の中国にたかることでしか生きていけないバ韓国塵ども。

奴隷民族にはお似合いですが、そろそろ楽にしてあげたいものです。


朝鮮戦争の再開により屑チョンどもが1匹残らず死に絶えてくれれば、全ての問題は解決ですね。


-----------------------
最近の韓国の異常な中国依存 経済的に不可避だが隷属への道

 最近、「韓国の2ちゃんねる」といわれるインターネット掲示板「イルベ」では、韓国の中国依存の是非について活発な論争が展開されている。賛成する者、反対する者、なぜか日本についても言及する者など様々だ。

 確かに、最近の韓国の中国依存は異常なほどだ。特に経済面での結びつきは、ますます強固になっている。

 韓国が中国と国交を樹立した1992年当時の中国との貿易額(輸出入の合計額)は50億ドルだった。長年の間、韓国の貿易額ランキングでは、トップが米国で2位が日本だったが、2004年に対中国が900億ドルに達してトップになり、2013年には2500億ドルに迫ろうとしている。わずか20年で貿易額が50倍にも達し、日本と米国を足した額をも上回る。韓国経済は、もはや中国抜きで語れなくなっている。

 そんな状況下、韓国の保守系の最大手紙、中央日報(2014年12月17日付)は、「『中国のおかげ』、そして『中国のせい』」と題したコラムを掲載した。韓国は中国人観光客の激増で、ソウル市内の化粧品店やホテルの売り上げが大幅に増加するなど経済的な恩恵を受けている。

 その反面、〈韓国の10大輸出品目を8産業で再構成して、世界市場の占有率を基準として比較してみたところ、何と6産業で中国が韓国を追い抜いたことが分かった〉という。追い抜かれたのは、スマートフォン、自動車、石油化学、造船、鉄鋼、精油の6分野。

 つまり、もはや韓国は中国に太刀打ちできず、経済的に依存しなければ生きていけない。しかし、同時にそれは隷属への道でもあり、韓国が抱えるジレンマが現われている。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/postseven-20150722-336754/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国政府がアニメ・キャラクター産業のパクリ事業に投資開始wwwww

バ韓国政府が海外アニメのパクリ事業に投資を開始wwww


バ韓国政府が、アニメやキャラクター産業の世界市場での競争力を高めるために3800億ウォンの投資をするようです。


きゃつらの言う競争力確保は、他国のいい物をパクるという意味に他なりません。


現在もバ韓国では日本のアニメやキャラクターをパクったもので溢れかえっていますが、今後ますます増えていくんでしょうね。



著作権侵害、違法コピー、海賊版ソフトなどに対しなんの違和感も覚えずに暮らしているバ韓国塵ども。

こんな似非人類が世界市場で通用するアニメやキャラクターを生み出せるワケがないのです。


ま、せいぜい無駄金をドブに捨ててくださいなwww


-----------------------
韓国政府、アニメやキャラクター産業に4年で400億円超を投入

 韓国政府が、アニメーションやキャラクター産業のグローバル競争力確保のために2019年までの4年間で3800億ウォン(約412億円)を投資することにした。

 文化体育観光部は26日、政府ソウル庁舎で会見を開き、「アニメーション・キャラクター産業の育成のための中長期計画」を発表した。

 文化体育観光部によると、アニメーション産業は2007年に創作の売上が下請の売上を超え、2013年には創作の売上比率が70%を占め、乳幼児市場を中心に海外進出も活発になったという。キャラクター産業も2009年以降、輸出が88.7%に増加している。

 しかし、中小企業中心の脆弱な捜索基盤と、乳幼児及び放送用に偏った狭い市場構造、優秀・専門人力の不足、キャラクター違法コピーの蔓延などによって世界水準の競争力を確保するのが困難な状態である。

 これに対して文化体育観光部は、今回の中長期計画を通じて2019年までアニメーション分野に2000億ウォン(約217億円)、キャラクター分野に1300億ウォン(約140億円)、専門投資ファンド500億ウォン(約54億円)の計3800億ウォンを支援・投資し、2つの産業を積極的に育成する計画である。

 アニメーション創作力を強化するため、2017年まで「自動支援制度」を申請し、作品の放映と上映実績によって、次回作の企画・制作費を支援し、500億ウォン規模のファンドを追加で結成して投資も強化する。

 またWEBやモバイル、IPTVなどのニューメディアプラットフォームを活性化できるよう新規チャンネルを構築し、劇場用アニメーション公開の支援と放送事業者が作品購入時に放映権料の支援も行う。

 文化体育観光部は、アニメ放送前後にキャラクターを使った広告を禁止している規制を関係機関と合意し、緩和できるようにして関連キャラクター事業が活性化されるようにする予定。

 これとともに「アニメーションやキャラクターの融合創作センター」を構築して小規模の創作集団や1人の創造企業のアイディアが現実化できるインキュベーティングなどの事業家を支援する。

 アニメーションとキャラクター産業の海外進出を総合的に支援するため、2017年まで海外の主な拠点に「ビジネス支援センター」を構築して、韓国コンテンツ振興院の米・英・日・中の事務所機能を強化する計画である。

 文化体育観光部のユン・テヨン文化コンテンツ産業室長は「世界のアニメーション・キャラクター市場は2018年までに200兆ウォン(約21兆円)規模に成長する展望で、韓国の業界にはとても大きなチャンスだ。潜在能力が発掘されるよう民間のアイディアを覚醒させて、世界市場に出て行けるような産業環境を積極的に造成して、羽ばたいていきたい」と述べた。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/0226/10139984.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る