韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

中国市場

【中国市場】限韓令の時よりも売れないバ韓国車!! ついに北京工場の稼働中止に!!

北京にあるバ韓国の自動車工場が稼働中止に


中国市場でのバ韓国車がいよいよ追い詰められてきました。


なんと、THAAD問題に端を発した限韓令の時よりもバ韓国車が売れていないとのこと。


現代自動車は前年比18.4パーセント減で、

ついに北京の工場の稼働を中止することになったんだとか。



それでも、現代自動車は、


「中国市場をあきらめることは絶対にできないニダ!」


「中国の消費者の嗜好に合う新モデルを出すニダ!!」



……と無駄な抵抗を続けるようです。


今更何をしても意味がないというのに、低能どもは現状を理解できないようですね。




その結果、ますますバ韓国の国力が下がるだけなので、

我々にとっては楽しい展開になりそうですwww



-----------------------
THAADの時よりも中国で売れない現代自動車

 現代自動車の中国における第1四半期(1-3月期)の販売台数が、「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)報復」の真っ最中だった2017年第1四半期よりも悪化した。第1四半期の実績としては10年ぶりの低い数字だ。

 現代自動車が18日に明らかにしたところによると、中国の合弁会社「北京現代」の第1四半期販売台数は13万2678台で、前年同期の16万2612台に比べ18.4%減少したとのことだ。これは、2009年第1四半期の10万9072台以降で最低の水準だ。小型乗用車「エラントラ(韓国販売名:アバンテ)」や小型クロスオーバー・スポーツタイプ多目的車(SUV)「ツーソン」など主力モデルの販売がすべて振るわなかった。特に、バス・トラックなど商用車を生産する「四川現代」の販売台数は1210台にとどまり、法人設立(2012年)以来、最悪の実績となった。四川現代は現在、資本食い込み状態にある。

 現代自動車は来月から年間30万台の生産が可能な北京第1工場の稼働を中止するなど、大々的な構造調整に入っている状態だ。起亜自動車の中国法人も塩城第1工場を来月から稼働中止する。業界では、現代自動車が中国でさらなる構造調整に乗り出す可能性が高いと見ている。中国の自動車メーカー「吉利汽車(吉利自動車)」が各種先端機能を備えた安価な車で中国市場第3位(シェア7%)に浮上し、ホンダ・日産・トヨタなど日本の自動車メーカーが高級車イメージを打ち出した一方で、現代自動車は独自の競争力を確保できなかったためと見られている。現代自動車関係者は「中国市場をあきらめることは絶対にできない。常時構造調整を通じて生産台数を弾力的に調整し、中国の消費者の嗜好(しこう)に合う新モデルを出す」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/19/2019041980004.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国自動車業界が崖っぷちwww 中国でのシェアが3パーセント台に急落!!!

バ韓国車の性能は世界最低


中国におけるバ韓国車のシェアが激減していました!!


なんと現代自動車と起亜自動車の両社を足しても、

そのシェアは3.9パーセントwwww


完全に支那畜どもに見限られた格好ですね。


支那畜も屑チョンに負けず劣らず低能揃いですが、

バ韓国車の品質の悪さにようやく気付いたのでしょう。



挽回することはまず不可能でしょうから、

これでまたバ韓国崩壊のタイミングが速まってと言えるでしょう。


バ韓国側は、中国を諦めてインド市場を狙っているようですが、

今更どこを狙っても焼け石に水でしょうねwww



-----------------------
韓国・現代自動車、中国市場に進出して以来最大の危機―韓国メディア

 2019年4月11日、中国メディアの環球網は、韓国車の中国市場シェアが4%を割り込み、韓国国内が危機感を募らせていると報じた。 

 記事は「中国乗用車市場情報連席会が先日発表したデータが、韓国自動車企業の危機感を高めている」としたうえで、韓国メディア・ニューシスが11日、「現代・起亜自動車の今年3月の中国市場シェアが4%を割り込んだ。これは、現代自動車グループが2002年に中国市場に進出して以来最大の危機だ」と報じたことを紹介した。 

 同会が先日発表したデータによると、3月の中国市場での広義の乗用車小売販売台数は前年同月比12%減の178万台となり、中でも現代・起亜は同27%の大きな減少になった。同時に、現代・起亜の中国市場シェアも落ち込み、現代は2.6%、起亜は1.3%で両社を足しても3.9%と4%に満たなかった。 

 2002年に中国進出した現代・起亜グループは、2011~14年に中国市場シェアを10%まで拡大し、15~16年も8%のシェアを保っていたが、この2年でシェアを急激に落とした。 

 記事は、韓国の業界関係者が「中国の消費心理の委縮が自動車市場にマイナス成長をもたらしたほか、世界の自動車業界間の競争もますます厳しくなっており、決して簡単な状況ではない」としたうえで、現代自動車が中国依存の構造の転換に力を入れ、中国での販売回復を目指すと同時に将来的に重心を中国からインドへと移すことを検討していると語ったことを紹介している。

https://www.recordchina.co.jp/b702315-s0-c20-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国サムスン、中国スマホ市場のシェアがゼロパーセント台に突入!!

バ韓国・サムスン、中国でのスマホシェア1パ―セント未満に!


中国におけるスマホ市場のサムスンのシェアが、とうとう1パーセント未満になったようです。

この事態を受け、サムスンのトップが中国市場での失敗を認めていたのです。



ちなみに、この日本でのサムスン製スマホのシェアは……、

2017年1-3月期で「3.8」パーセント!



こ、これはとても恥ずかしい結果です。


支那畜どものほうがよっぽど正しい判断をしていることになります。


ま、日本でサムスン製スマホを使っているのは真性のキチガイか成りすましどもに決まってるでしょうけど……。


一刻も早く害獣どもを駆逐して、日本でのサムスンのシェアを「ゼロ」にしたいものです。



-----------------------
サムスン、スマホ中国シェア1%満たず、ついに中国市場での失敗認める

 2018年11月24日、米華字メディアの多維新聞は、「韓国サムスン電子のスマートフォンの中国市場におけるシェアは1%にも満たない」とし、「同社はついに中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 記事は、「調査会社ストラテジーアナリティクスの最近の発表によると、サムスンの今年第3四半期の中国でのスマートフォン販売はわずか60万台で、同社のスマートフォン事業トップの高東真(コ・ドンジン)氏が中国市場での失敗を認めた」と報じた。 

 さらに「調査会社カウンターポイントによると、サムスンのスマートフォンの今年第3四半期の世界市場におけるシェアは19%で依然トップの地位にある。だが中国のファーウェイはすでに米アップルを抜き14%のシェアで2位につけている。中国市場では、ファーウェイのシェアは23%と大きくリードしているのに対し、サムスンは6位まで落ち込み、vivoやOPPO、シャオミなどの中国メーカーの後塵を拝した。サムスンは今年第1四半期、中国市場で1%のシェアを有していたが、こうした状況を見ると、現在のシェアは1%に満たないだろう」と報じた。

https://www.recordchina.co.jp/b665355-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















今度は飲料市場から撤退!! 中国からどんどん追い出されるバ韓国企業wwww

バ韓国ロッテ関連企業がまた中国から撤退


THAAD配備で始まった中国の限韓令。

その影響でバ韓国・ロッテグループの関連企業の撤退が相次いでいます。


今回は、中国での飲料市場からの撤退です!!



いやぁ、中国人どももなかなかやりますなぁwwwww


いくら政府主導とはいえ、

不買運動でバ韓国企業の息の根をきっちりと止めるんですから。




ここは我々日本人も見習うべきでしょう。


朝鮮ヒトモドキが関わっている企業を儲けさせることは、人類に対しての裏切り以外の何物でもありません。



きゃつらが死に絶えるその日まで、徹底的に排斥していきたいものです。



-----------------------
韓国ロッテ、中国の飲料市場から撤退へ―韓国メディア

 2018年8月28日、中国メディアの観察者網によると、韓国・亜洲経済はこのほど、ロッテが中国の飲料市場から撤退すると報じた。以下はその概要。 

 ロッテの「THAAD(高高度防衛ミサイル)悪夢」はまだ進行形だ。 

 消息筋によると、ロッテは中国河南省ラク河市にある楽天澳的利飲料有限公司の工場敷地と設備の売却作業を進めている。工場の敷地は16万5000平方メートルで、ロッテの中国国内にある飲料工場の中で最大規模だ。現地の業界関係者は「工場の生産ラインは稼動が中断され、労働者たちも退社した状態」と説明している。 

 楽天澳的利の労働者数は多い時で1300人を超え、構造調整前は500~600人程度だった。韓国人の従業員3人だけ残り、売却作業を進めている。 

 ロッテは2005年、地元企業の昌達実業有限公司との合弁で楽天澳的利飲料有限公司を設立した。その後、株式を買い取り、持分100%の子会社とした。ロッテが昨年、持ち株会社制に移行したことで、楽天澳的利の株式はロッテ七星からロッテへと移った。 

 楽天澳的利の2016年の売上高は438億ウォン(約43億8700万円)、当期純損失が103億ウォン(約10億3100万円)を記録するなど、収益性の悪化に悩まされていた。それに加え、昨年のTHAAD事態による打撃で、経営危機に直面している。

 現在550億ウォン(約55億700万円)前後の資産が残っているがどれだけ回収できるかは未知数だ。ロッテ関係者は「売却交渉の過程で価格が変動することがあり、現時点での価格を予断することは難しい」としている。 

 楽天澳的利のほか、北京市の楽天華邦飲料公司と吉林省白山市の楽天長白飲料有限公司の売上高も100億ウォン(約10億100万円)未満の赤字状態だ。北京工場は稼動が中断され、ミネラルウォーターを生産する楽天長白も撤退危機にある。 

 ロッテは中国の飲料市場からの撤退を決定したが、完全撤退まで少なくとも2~3年かかるとみられる。現地消息筋は「THAAD事態以降、韓国製品不買運動などが拡散し、最終的に工場の売却を決定した」とし、「ただ河南省政府が売却に同意しておらず、売却承認が遅れる可能性が高い」としている。 

 ロッテが市場に開けた穴は中国企業が急速に埋めている。ロッテマートの華東地区の53店舗を買収した中国の流通企業、利群グループは、上海や連雲港、揚州などの店舗を今月から新たにオープンした。北京の店舗を買収した物美グループも開店作業に向けた準備を進めている。

https://www.recordchina.co.jp/b638773-s0-c20-d0054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る