韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

乱暴運転

バス運転手の「挨拶」を義務化したバ韓国www しかし、わずか50日で頓挫wwwwww

バ韓国のバス運転手は挨拶すらもできない


バ韓国のバス運転手というのは、実にヒトモドキらしい屑っぷりのようです。


・手を上げないで乗車したところ暴言を吐かれたニダ

・学生たちに卑劣な言葉や悪口を言ったニダ

・運行中に運転手が降りてコンビニエンスストアに行ったニダ

・運転手が走行中に携帯電話をしていたニダ

・乱暴運転が深刻ニダ


……といった苦情が絶えないようです。


これを受け、「挨拶の義務化」を課して違反した場合は課徴金を払わなければならなくなったようです。


しかし!


この義務化の制度がわずか50日ほどで頓挫wwwwwww


挨拶を強要することは運転手の塵権を侵害するニダ


などという頓珍漢な抗議が寄せられたためなんだとか!!


挨拶することが人権侵害になるだなんて、世界広しといえどバ韓国くらいなものでしょうね。



やはり、見た目も性根も我々人類とは全く別の生き物なんですねwwww


-----------------------
50日で中断されたバス運転手の挨拶義務化…人権侵害など論争に=韓国

 忠清南道天安市(チュンチョンナムド・チョナンシ)が市内バス運転手の挨拶義務化政策を撤回した。昨年11月にバス運転手の不親切など市内バスに関する苦情を改善するとして対策を発表してから約50日だった。 

 市は市内バス運転手の挨拶義務化政策を強制せず自律的な参加に切り替えると3日、明らかにした。人権侵害問題が巻き起こり、安全運転の邪魔になる可能性があるとの憂慮のためだ。 

 天安市庁の「市庁嘆願掲示板」には絶えず「運転手のおじさんがとても不親切」「乱暴運転が深刻」等の不満のコメントが掲載されている。市内バスを担当する部署にも苦情電話が絶えない。 

 天安地域の市内バス関連の苦情は2015年450件から2016年484件に増加して2017年には475件に小幅減少した。昨年は10月末までに351件が発生した。 

 そのほとんどがバス運転手の不親切や乱暴運転、定時にバスが来ないなどだった。「手を上げないで乗車したところ暴言を吐かれた」「学生たちに卑劣な言葉や悪口を言った」「運行中に運転手が降りてコンビニエンスストアに行った」「運転手が走行中に携帯電話をしていた」など、重大なものも少なくなかった。 

 このような問題を解決するとして市は昨年11月12日に市内バス運転手のユニフォームとハンズフリー着用など改善命令を下した後、2週間の啓蒙期間を終えて26日から取り締まりに入った。バス運転手には乗客に対して「こんにちは」「ありがとうございました」という挨拶を生活化するように規定した。 

 取り締まりの他にも市内バス輸送従事者を対象に親切教育を進め、優秀な運転手には「労働者の日」に賞牌を授けるなどの対策も用意した。運輸業界代表者と勤労者代表には不親切事例を説明して改善を求めたりした。 

 啓蒙期間以降、市は特別覆面取り締まり班を運営してユニフォームとハンズフリー着用や挨拶の生活化などを取り締まり、これを守らなければ最高120万ウォン(約11万5000円)の課徴金をバス会社に賦課するなど強力な行政措置に出る方針だった。 

 だが、市内バス挨拶文化の定着など肯定的な意見の他にも「運転中、乗客に対する挨拶が運転手の集中力を落として安全をおびやかされる」「挨拶を強要することは運転手の人権を侵害する」というような反対意見も少なくなかった。 

 結局、市は挨拶義務化を自律施行に変更した。バス運転手自ら不親切行為を減らし、親切なサービスを提供することができるように教育を強化する方向に政策を転換した。その代わり、海外旅行インセンティブ提供など他の対策は継続推進することにした。 

 市関係者は「市民の不便と不満が絶えなくて格別の対策を出したが、さまざまな問題で中断することになった」とし「市内バスの安全と不親切を改善するために賞罰を明確に区分する方針」と説明した。 

 一方、忠清南道天安市では3つの会社が395台の市内バスを運行している。輸送従事者(バス運転手)は752人(11月末基準)だ。

https://japanese.joins.com/article/756/248756.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【やっぱりね】10匹が死んだバ韓国のバス火災、いの一番に逃げたのは運転手だったことが判明!!!!

10匹の屑チョンが焼け死んだバス火災


先日もお伝えしたバ韓国の観光バス火災事故。



その一報に触れた際、逃げ出して無傷だった運転手にセウォル号の船長の姿をダブらせた人は多いと思うのですが……。


案の定、バ韓国ではこの運転手に非難の声が集中していました。


なんと! この運転手は誰よりも早く車外に脱出していたというのです!!




乱暴な運転で事故を起こし、10匹もの屑チョンを殺しただなんて……。

とても立派な行いですね。

是非この屑チョンには運転手の職を続けていただき、より多くの害獣駆除に頑張っていただきたいものです。


-----------------------
10人の死者を出した韓国の観光バス火災、真っ先に脱出した運転手が物議=「セウォル号から何も変わっていない」「バスの運転手も人間」―韓国ネット

 2016年10月17日、韓国・中央日報によると、13日午後10時ごろ、韓国南東部、蔚山市内の高速道路を走っていた観光バスで火災が発生し、乗客10人が死亡した事故で、バスを運転していたイ氏(48)が事故の直後、最も先にバスから脱出していたことが明らかとなった。 

 事故を調査している蔚州警察署捜査本部は16日、「運転手のイ氏が事故直後、最も先に脱出した事実を確認した」と明らかにした。事故の生存者であるA氏も、「運転手が消火器で窓を割り、一番先に外へ出た。運転手は脱出後も積極的に救護活動を行わず、道路に座っていた」と証言した。 

 警察によると、イ氏は16日、事故原因について「タイヤが破裂して車体が傾き、ガードレールにぶつかった」というこれまでの立場を覆し、「蔚山市に入るため車線変更をしようとした。工事中の道路を制限速度以上で走り、割り込みをした」などと述べ、自身の過失を一部認めた。 

 「被害者の会」代表は「ずさんなバス管理や不十分な安全措置などの事故原因を作った責任をバス会社が負うべき」と主張している。 

 この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。 


先に脱出したとしても、その後に乗客を助けようともしないなんて…」 

セウォル号の船長に仲間ができた」 

「またか…。韓国はセウォル号惨事から何も変わっていない」 


「乗客を助ける運転手はそんな危険な運転をしない」 

韓国はバスの運転手に対して安全教育もしないし、前科を確認することもしない。当然の結果」 


「バスの運転手も人間。本能的に逃げ出すのは当然のこと」 

どうにかしてバスの運転手に責任を押し付けたいようだ」 


「先に脱出した運転手の行動は正しい。そして、脱出した後にできることはほとんどない。火災用のマスクを持っているわけでもないし…。今回の運転手はセウォル号の船長とは違う。セウォル号沈没事件は全員を脱出させるだけの十分な時間があった」 

「運転手が自分の家族だったと考えると批判できない」

http://www.recordchina.co.jp/a152839.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る