韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

乳幼児

GJ! 我が子を殺す屑バ韓国塵が急増中! 児童虐待発生件数はこの5年で2.5倍に!!!!!

実の子を殺すバ韓国塵が急増中


この5年間で、バ韓国における児童虐待の件数は2.5倍にも増えているそうです。


少し安心しましたwww



あのキチガイどもにも、ある程度の理性はあったようです。


こんな醜い餓鬼を成長させてはいけないニダ!


……そう判断して親の手でトドメを刺しているのでしょう。



死んだ児童のうち、64パーセントが1歳未満だったというのも素敵ですね。


育児する労力を節約できたんですからwwww




ヒトモドキの幼獣は、一匹の例外もなく生まれた時から「さっさと殺してくれニダ!」と言わんばかりの醜い容姿をしています。



だから、親の責任としてぶっロコした屑チョンには一定の評価を与えてあげてもいいのでは?



-----------------------
児童虐待で死亡、64%は満1歳以下だった

 昨年、虐待を受けて犠牲になった28人の子供のうち、18人(64%)が満1歳以下の赤ん坊だったことが分かった。韓国保健福祉部(省に相当)が20日に開催された「児童虐待予防フォーラム」で明らかにした。昨年、虐待によって死亡した満1歳以下の子供18人のうち、半数の9人は実の親からの暴力によって命を落とした。育児に慣れていない親が「育児ストレス」に苦しみ、子供に暴力を振るって死に至らせるケースが多かったのだ。

 年齢の範囲を広げてみても、実の親が子供を虐待して死に追いやるケースは多かった。昨年、虐待で死亡した子供は28人で、加害者の可能性がある大人は30人、うち9人が実の父親、16人が実の母親だった。加害者の中では女性(20人)が男性(10人)の2倍に達していた。年齢別では20代(14人)が最も多く、無職は12人だった。梨花女子大学社会福祉学科のチョン・イクチュン教授は「昨年、虐待を受けて死んだ子供の中には、親が出生届さえ出していないケースもあった」「病院が役所に出生を伝える『出生通報制度』を導入すべきだ」と指摘する。

 虐待で死亡した子供は2017年には38人にまで増えたが、昨年は28人に減った。しかし児童虐待全体の件数は毎年増加傾向にある。児童虐待発生件数は14年には1万27件だったが、昨年は2万4604件で5年の間に2.5倍に増えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/21/2019082180069.html
-----------------------


あ!

この日本に巣食うヒトモドキの幼獣も、可及的速やかに親の手でぶちロコしてくださいね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これは期待!!!! バ韓国の不買運動、ベビー用品にも拡大中!

バ韓国産の粉ミルクで乳幼児大量死亡か


キムチ臭い鼻息を荒くしながら日本製品不買運動を続けるヒトモドキども。

その対象がベビー用品やゲーム機にも拡大し始めたようです。



あ! なんか分かっちゃったんですけどwwww



粉ミルクを粗悪な支那製や国産のものに切り替えた途端、

大量の乳幼児が死ぬわけですね。



どうぞどうぞ、どうぞ!


命がけで不買運動を継続してください。



-----------------------
韓国で日本製品ボイコット開始から1カ月、対象がベビー用品やゲーム機にも拡大―韓国メディア

 2019年8月12日、中国新聞網によると、韓国での日本製品ボイコット運動がすでに赤ちゃん用品やゲーム機などの分野にまで波及している。 

 記事は韓国KBSの報道を紹介。日本による対韓輸出規制強化を発端として韓国消費者による日本製品ボイコットの動きが始まってからすでに1カ月が経過した現在、ボイコットの対象が生活用品の分野にまで広がっているとした。 

 そして、韓国のオンラインショッピングサイト・11号街が「7月7日から8月6日の1カ月間で日本の有名紙オムツ製品の販売数が前年の同時期に比べて48%減少した」と明かし、他のショッピングサイトでも日本製紙おむつの売り上げが減少する一方で代替製品の販売が急激に伸びたと紹介した。 

 記事によると、KBSはこの状況について「通常、消費者は現在使っている紙おむつや粉ミルクなどの赤ちゃん用品を容易に変えることはしないが、日本製品ボイコットの波が大きくなる中で、代替品を求める韓国の消費者が増え続けている」と解説している。 

 また、オンラインショッピングでは日本の携帯型ゲーム機や著名ゴルフ用品メーカー製品、児童向けのゼリーやハンドソープ、男性用化粧品などの検索数や販売数も大きく減少する一方、「No Japan」と書かれたステッカーや衣服が人気を集めていると伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b736644-s0-c10-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【素晴らしい!!】バ韓国の粉ミルク、対中国の輸出量が急増中!!!!!!!!

バ韓国製の粉ミルクは人外用のものです


な、なんと! バ韓国の粉ミルクの対中国輸出量がココにきて急増しているようです。


いやぁ、わくわくが止まりませんなぁ。

バ韓国製の粉ミルクのせいで、支那畜の幼獣どもがバッタバッタと死んでいく姿が目に浮かびますwwwwwww




アルもニダもこの地球にとっていらない子なので、

お互いに殺しあってもらうのが理想です。



ま、支那畜どもが圧勝するでしょうが、

少なくともヒトモドキの数が減るのは目出度いことですからね。


-----------------------
韓国の粉ミルク、3月の対中輸出が急増―韓国メディア

 2018年4月19日、参考消息網は、中韓関係が徐々に改善するのに伴い、3月の韓国の対中粉ミルク輸出が前年同期比で139.4%増と大きく伸びたと報じた。 

 韓国農水産食品流通公社が18日に発表した情報によると、今年3月の韓国の粉ミルク総輸出額は742万9000米ドル(約7億9800万円)で、前年同期比101.0%増を記録した。前年同期比でプラスになるのは13カ月ぶりだという。 

 韓国・聯合ニュースは18日、韓国の粉ミルク輸出が大きく伸びた主要因が対中輸出の回復にあるとし、3月の対中粉ミルク輸出が同じ139.4%増の529万3000ドル(約5億6900万円)に達したと報じている。対中輸出においても昨年2月以降前年同期比で12カ月連続のマイナスを記録しており、13カ月ぶりの反発となったとした。 

 また、昨年3月以降韓国の粉ミルクの対中輸出が急速に激減し、粉ミルク輸出全体の規模も大きく縮小、昨年1年間の粉ミルク輸出額は前年比36.0%減、対中輸出は41.6%減だったと伝えている。 

 さらに、中国政府が今年から「史上最も厳しい粉ミルク政策」と呼ばれる「乳幼児向け配合粉ミルク製品の配合登録管理方法」を実施し、乳幼児用粉ミルクの品質の安全管理を強化したことについて、韓国の粉ミルク業界関係者が「中国は粉ミルクの管理を強化したが、競争力を持つ韓国の粉ミルク業界にとっては新たなチャンスになるだろう」と語ったことを紹介した。

http://www.recordchina.co.jp/b593264-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












バ韓国の乳幼児の『睡眠時間』は欧米平均より1時間以上も短い!!!!!!!!!!!

バ韓国の乳幼児入浴方法


バ韓国の乳幼児の睡眠時間が諸外国に比べて極端に短いことが判明していました!!

就寝時間も遅く、昼寝の回数も少なく、バ韓国の乳幼児は劣悪な環境に晒されているわけです。


その原因は、親と一緒に寝る生活様式なんだそうです。


なるほど、深夜遅くまで親がギャーギャーと家庭内でファビョっているから、ロクな睡眠を得られないわけですねwwwwww


このようにして先天的なキチガイが、後天的な理由によってそのキチガイぶりに磨きがかかっているのです。





どうせなら睡眠不足がさらに深刻となり、バ韓国の乳幼児が一匹残らず死んでくれればいいものを。

でも、かなり現実味がありますね。

バ韓国の乳幼児の大量死のニュースが届くのをワクワクしながら待ちたいものです。


-----------------------
韓国の乳幼児は親のせいで寝不足

 韓国の乳幼児(満3歳まで)の一日の平均睡眠時間は欧米の乳幼児よりも1時間以上短く、就寝時刻は1時間40分以上遅いことが分かった。また、アジアのほかの国の乳幼児に比べても睡眠時間は26分短く、就寝時刻は43分遅かった。

 乙支病院小児科のアン・ヨンミン教授チームや米フィラデルフィア小児病院研究チームなどは、韓国の1036人を含む世界17カ国・乳幼児3万人の睡眠時間などを分析した「乳幼児の睡眠パターン国際比較」を19日に発表した。この研究結果は国際学術誌「大韓医学会誌」2月号で発表された。研究チームは、乳幼児を韓国、韓国以外のアジア圏(日本・中国・香港・インド・インドネシア・フィリピン・マレーシア・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム)、欧米圏(米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド)に分けて比較した。

 その結果、韓国の乳幼児は一日平均総睡眠時間が11時間53分で、アジア圏(12時間19分)より26分、欧米圏(13時間1分)より1時間8分少ないことが分かった。米国睡眠財団(NSF)が推奨する年齢別の一日の睡眠時間は新生児(0-3カ月)が14-17時間、4-11カ月が12-15時間、1-2歳が11-14時間、3-5歳が10-13時間だ。

 乳幼児に不可欠な昼寝の時間も韓国の乳幼児は2時間26分で、アジア圏(3時間)や欧米圏(3時間9分)より短かった。一日の昼寝回数でも韓国(1.64回)はアジア圏(2.04回)や欧米圏(2.08回)より少なかった。

 就寝時刻も韓国の乳幼児は夜10時8分で、アジア圏(夜9時25分)より43分、欧米圏(夜8時25分)より1時間43分遅い。

 韓国の乳幼児の睡眠時間が欧米圏よりも短いのは、親と一緒に寝る生活様式の影響があるためと見られている。韓国では親と別の部屋で寝る子どもが5.5%、親と同じ部屋で寝る子どもは30.6%、親と同じ布団やベッドで寝る子どもは63.9%だった。一方、欧米圏では別の部屋で寝る子どもが66.2%、親と同じ部屋で寝る子どもは21.3%、同じベッドで寝る子どもは12.5%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/20/2016022000691.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る