韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

事故

【インドネシア空軍】バ韓国産戦闘機の事故で負傷していたパイロットが死亡!

バ韓国産の戦闘機は空飛ぶ鉄くずです


先月、インドネシアで発生したバ韓国産戦闘機の事故。

重症を負っていたパイロットが、先日死亡していたようです。



インドネシアでは、過去にもバ韓国産戦闘機の墜落事故で犠牲者を出しています。



しかし、屑チョンどもがこれに反論。


「機体の欠陥ではなく、操縦者のミスに決まってるニダ」


「パイロットをしっかり訓練してから飛ばすべきニダ」


「最強だと言われる米国のF-35だって墜落するニダ」



事故の原因を一方的にパイロットの責任にするとは、実に屑チョンらしいですねwww



ま、インドネシア側に同情する気も起きません。



バ韓国産のものを導入すると決めた時点で、こうなることは火を見るよりも明らかでしたからね。



-----------------------
インドネシアで韓国産戦闘機がまた事故、操縦士死亡=韓国ネット「欠陥ではなく操縦ミス?」

 2020年9月4日、韓国・聯合ニュースによると、インドネシア空軍が所有する韓国製戦闘機の事故で負傷したパイロットが死亡した。

 記事によると、先月10日に東ジャワの空軍基地で、T-50i訓練機が離陸時に事故を起こした。負傷して入院治療を受けていたパイロットはその後死亡し、今月2日に葬儀が営まれたという。事故の経緯については「滑走路で滑り離陸できなかった」と空軍が説明しているが、詳細や写真などは公開されていない。

 T-50iは韓国航空宇宙産業(KAI)が開発したT-50のインドネシア輸出モデル。インドネシアは2011年にKAIと16機を4億ドル(約425億円)で購入する契約を結び、13年に引き渡しを受けた。15年12月に航空ショーでT-50iを一般公開したが、垂直に墜落する事故が発生し、パイロット2人が死亡している。現地メディアは、今回のパイロット死亡を「韓国製T-50iの事故は、これが初めてではない」として報じている。

 聯合ニュースは、「インドネシア空軍ではロシア製ヘリMI-17、英国製戦闘機MK.209などの墜落事故が相次いでおり、軍の武器体系でも航空機部門に関心が集まっている」と伝えている。

 韓国とインドネシアは15年から、8兆7000億ウォン(約7800億円)の事業費を共同で負担し、26年までに次世代戦闘機(KF-X/IF-X)を共同開発するという事業を進めていた。しかし、インドネシアが17年下半期から負担金の納付を延期しているほか、韓国に派遣していた技術者114人を今年3月に帰国させた。また、大宇(テウ)造船海洋に注文した1400トン級潜水艦3隻(約1兆1000億ウォン)についても、契約金の納入などが滞っているという。

 韓国のネットユーザーからは「故人の冥福を祈ります」というコメントが寄せられているものの、事故原因についてはパイロットの操縦ミスとの主張が多く、「滑走路で滑ったのなら、欠陥じゃなくて操縦ミスでは?」「こんなに事故が多いなら、パイロットのミスや技量の問題だろう」「パイロットをしっかり訓練してから飛ばすべき」「最強だと言われる米国のF-35だって墜落するんだからな。お金はちゃんと払ってくれ」などと書き込まれている。

https://www.recordchina.co.jp/b833311-s0-c10-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【キチガイ沙汰ww】またインドネシアでバ韓国製戦闘機の事故発生!!

バ韓国製戦闘機は空飛ぶ棺桶です


2011年からインドネシアへの輸出が始まったバ韓国製T-50練習機


2015年にはそのT-50がインドネシアで墜落し、操縦士2名が死亡するという事故が起きています。


そして、またもやインドネシアで事故が発生!


離陸時に突然滑走路から外れ、乗員が負傷していたようです。



ま、同情する気はおきませんね。



国防を担う戦闘機をバ韓国製のものにするのは、自殺行為にしか過ぎないのですからwww



いったいインドネシアは後何人殺したら気付くんでしょうかね?



-----------------------
インドネシアの韓国製T-50練習機、離陸時に滑走路外れる事故=過去にも同様の事例―中国メディア

 2020年8月12日、環球網は、インドネシア空軍が所有する韓国製戦闘機が離陸時に滑走路から外れ、乗員が負傷する事故が発生したと報じた。

 記事は、海外の軍事情報サイトFighter Jets Worldが11日に報じた内容として、インドネシア空軍のT-50Iゴールデンイーグル練習機が11日に東ジャワのイスワヒュディ空軍基地を離陸する際に滑走路から外れ、機上の教官と訓練生が負傷したと伝えた。

 同軍の報道官は「当時事故機は定例の訓練を実施中で、離陸準備中にスリップが発生した。機内には教官と訓練生が1人ずつ乗っており、2人は直ちに機外に脱出した。病院に運ばれ治療を受けているが、いずれも軽症だ」と説明したという。

 記事はT-50Iについて、韓国が開発した軽量級の練習機であり、主に飛行訓練に用いられる一方で、一定の戦闘能力も持っていると紹介。T-50はこれまでも何度か事故を起こしており、2018年2月にはシンガポールの航空ショーで離陸時にタイヤがバーストして滑走路から外れ横転したと伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b827941-s0-c10-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【南北軍事境界線の銃撃】バ韓国が必死で北朝鮮を擁護wwwww

北朝鮮に銃撃されても抗議できないバ韓国


先日発生した南北軍事境界線で銃撃事件。


北朝鮮側が突然銃撃したのがきっかけでしたが、

バ韓国側は何の抗議もしていないようですwwww



「たしかに軍事合意違反だが、意図的な挑発ではないニダ」



……とのロジックで穏便に済ませようとしています。



そして、

「北朝鮮側の説明を待つニダ」

と北朝鮮を擁護するような発言までしていたのです。




これはかなりいい傾向ですね。


この分なら、突然ソウルにミサイルを撃ち込まれても、


「偶発的なものかもしれないニダ」


「まずは北朝鮮側の言い分を聞きたいニダ」


などと発言しそうですねwwwww




双方入り乱れて盛大に殺し合ってもらうのが理想ですが、

初撃で1000万匹近くの害獣が死ぬという展開も面白いです。




-----------------------
北に抗議もできない韓国軍「9・19軍事合意違反だが意図的な挑発ではない」

 韓国軍合同参謀本部は3日、江原道鉄原にある第3師団地域の北朝鮮軍によるGP(監視哨所)銃撃挑発について「意図的な挑発の可能性は小さいとみられる」という趣旨の説明を行った。この説明にはかなりの時間を割愛したが、挑発そのものに関する具体的な説明は少なかった。北朝鮮軍がどのような武器で挑発を行ったかについては「分析中」という言葉を繰り返し、韓国軍による応戦射撃、警告放送の時間も公表しなかった。ある韓国軍関係者は本人の職責まで前面に出し、北朝鮮軍による意図的な挑発の可能性が小さい理由を説明した。北朝鮮側が韓国軍GPを攻撃したことについて何も言及していない段階で、韓国軍が大急ぎで「北朝鮮軍による偶発的な銃撃」と解釈するかのように見えた。複数の専門家は、北朝鮮軍の銃弾が韓国側GPの外壁に4発も突き刺さっていることを取り上げ「意図的な照準射撃でなければ起こりえない」と説明している。そのため「韓国軍は性急に北朝鮮擁護に乗り出したのでは」との指摘も相次いでいる。

 ある韓国軍関係者はこの日、銃撃挑発直後に行われたブリーフィングで「今日(3日)午前7時41分、勤務者が数発の銃声を聞いた直後、GP周辺を直ちに確認したところ、外壁に4発の銃弾が確認された」「わが軍は10余発ずつ2回、警告の次元で射撃を実施した」と事件の概要を簡略に説明した。その一方で質問が行われる前から、北朝鮮による意図的な挑発の可能性が低い理由について大きく4つの理由をあげて説明した。この関係者は「当時、視界が1キロ前後と悪く、深い霧がかかっていた」「さらに状況発生当時の時間帯は、通常は北朝鮮側での勤務交代後の火気点検が行われていた時」と述べた。

 韓国軍は「GP銃撃前後、北朝鮮地域の農民らが特別な反応なしに農作業を続け、北朝鮮軍による特異な動向はなかった」とも説明した。さらに「今回銃撃を受けた韓国軍GPは北朝鮮軍GPよりも地形的に有利なため、北朝鮮が挑発を敢行する理由は少ない」とも指摘した。韓国軍のある幹部は自らの職責にまで言及しながら「(敵の挑発に)過度に備えるべき立場から挑発の適切性をみなければならないが、視界が悪く、霧がかかっていたのに正確な挑発をするだろうか」と述べた。

 韓国軍関係者はこの日、「北朝鮮の挑発は9・19軍事合意違反」と明言はしたが、その一方で「9・19の精神は南北がこのような問題を平和的に解決するというもの」と強調した。さらに別の韓国軍関係者は「明らかに軍事合意違反だが、意図性については追加の確認が必要だ」と述べた。韓国軍は挑発から2時間後の午前9時35分ごろ、南北将星級会談の韓国側首席代表名義で北側に電子通信文を送り、状況についての説明を求めたという。しかし北朝鮮側からの回答はなかったようだ。このような状況にもかかわらず、韓国軍は北の挑発に対して公式に抗議の論評や説明も行っていない。

 韓国政府関係者は「われわれは対応射撃を行ったが、北朝鮮からそれに相応する軍事的対応がなかった点を評価している」「まずは北側の説明を聞かねばならないだろう」とコメントした。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ専門研究員は「今回の挑発は偶発的な状況ともみることはできるが、北朝鮮の説明がなければ故意の挑発だった可能性もある」として「韓国軍自ら北朝鮮を擁護するかのような発言をするのは、軍本来の存在理由を考えると適切ではない」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/04/2020050480017.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵観光客、ラオスのレジャー施設で事故死wwww

ラオスのレジャー施設でバ韓国塵が事故死!


東南アジアのラオスで、バ韓国塵観光客1匹が死亡し、2匹が負傷していました。


その原因はレジャースポーツ「ジップライン」の事故。

高さ7メートルの支柱が折れ、転落死した模様wwww


どうせなら3匹ともキッチリと死んでほしかったものです。



それにしても、よくもまあラオスに観光する気が起きたものです。



昨年、ラオスでダム崩壊テロを起こしたバ韓国。





加害者側である屑チョンどもの記憶には残っていないんでしょうね。




本当に許しがたい生物です。



-----------------------
ラオスで「ジップライン」体験の韓国人観光客1人死亡・2人負傷

 韓国人観光客3人がラオスで、ロープにぶら下がって滑降するレジャースポーツ「ジップライン」を体験中に1人が死亡、2人が負傷する事故が発生した。

 駐ラオス韓国大使館によると、事故は19日午前10時30分(現地時間)、ラオスの有名観光地バンビエン地域で発生した。

 ジップライン中継地にある高さ7メートルの木製支柱が折れ、Aさん(48)が転落して死亡、先にスタートしたBさん(40)とCさん(40)もロープが垂れ下がって脚・背中・腰などを負傷して治療を受けた。

 Aさんらは17日に観光のため現地旅行代理店を通じてジップライン体験中に事故に遭ったという。事故が発生すると、駐ラオス韓国大使館は直ちに事件担当領事を現地に派遣して事実関係の把握に乗り出し、現地警察に徹底した事故調査を要請した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/21/2019112180051.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る