韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

仲裁役

バ韓国政府高官「もう米国は不要ニダ! これからは中国様が日韓の仲裁役になってくれるニダ!!」

中国の飼い犬がバ韓国の立ち位置


バ韓国の統一外交安保特別補佐官が、いかにも屑チョンらしい発言をしていましたwww



「これからは、中国が日韓の仲裁者になるニダ!」



……アメリカを役立たず扱いしていたのです!!



結局、あのキチガイどもは大国の力にすがらないと、日本と対等になれないというワケですねwww



大きな勘違いです。


ダニほどの価値もないニダどもが、人類と対等の立場を目指すとは。



きゃつらはコウモリ外交が有効だと思ってるんでしょうか?


本当にお目出度い連中ですなぁ。



-----------------------
韓国統一外交安保特補「米国がしてきた韓日間の仲裁を中国がする時」

 韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官が「中国は韓国と日本の間の重要な仲裁者になることができる」とし「今までは米国がその役割をしたが、これからは中国がする時だ」と述べたと、中国メディアが報じた。

 中国国営メディアのグローバルタイムズは、7、8日に中国北京で開催された第3回太和文明フォーラム期間に文特別補佐官にインタビューした内容をオンライン版に15日晩に掲載した。

 文特別補佐官は韓日葛藤の仲裁のための中国の役割を問う質問にこのように答え、「韓日中3カ国の協力は北東アジアの平和と安定、共同繁栄のために非常に重要だ」とし「中国が韓日間の隔たりを狭めるのに積極的な役割をすることを望む」と述べた。

 韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を決めた理由については「非常に簡単だ」とし「日本は韓国を信頼できないために経済制裁をすると言う。日本が我々を信頼しないのなら、どうやって敏感な軍事情報をやり取りできるのか」と語った。続いて「2015年に慰安婦問題で韓日葛藤が深まると、オバマ政権が介入して隔たりを埋めた」とし「しかしトランプ政権は介入せず韓日間の問題だと話した。これが韓日葛藤がさらに深まった理由の一つ」と説明した。

 文特別補佐官はGSOMIA終了決定が韓米同盟に及ぼす影響については「GSOMIAは韓日間の協定だ。米国が韓日間の協定を締結するよう仲裁したとはいえ、米国はこの協定といかなる関係もない」と強調した。また、韓日米3カ国間の国防当局間の情報共有に関する取り決め(TISA)が別にあるとし、「GSOMIA終了決定が韓米関係にマイナスの影響を及ぼすとは見ていない」と述べた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=257647&servcode=a00&sectcode=a00
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















米朝首脳会談でバ韓国が自画自賛www 脇役に徹した文大統領は素晴らしいニダ!!!!!!

得意満面の醜いツラを晒すバ韓国の文大統領


先日、南北境界線で行われた米朝首脳会談。

トランプ大統領と金正恩の間で、非核化交渉が行われていたようですが……。


この場では、バ韓国は完全に蚊帳の外状態でしたwwww


アメリカにしろ北朝鮮にしろ、

バ韓国を相手に時間を割くのは無駄だと完全に理解しているからです。



しかし!


バ韓国はまだ“仲裁役”としてのポジションにこだわっているようです。



「トランプ大統領を粘り強く説得し、米朝非核化交渉を再開させるきっかけをつくったのは文大統領ニダ!」


「脇役に徹した文大統領は素晴らしいニダ!!」


「結果的に今日の助演が主演2人より輝きを放つに違いないニダ!!」



……などと自画自賛していたのです!!



相手にされず隅っこに追いやられていただけなのに、

脳内でこんな風に変換できるとはwwww



さすが、嘘で塗り固められた歴史しか知らない低能どもですね。



-----------------------
史上初の板門店での米朝首脳会談で「脇役」に徹した文大統領

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、米国のトランプ大統領と首脳会談を行い、その後共に南北軍事境界線のある板門店を訪れた。板門店では、平壌から来訪した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長、トランプ大統領と3人で8分ほど言葉を交わした。しかしトランプ大統領が米国の現職大統領として初めて北朝鮮の地を踏むときは、一歩退いて様子を見守った。本格的な非核化交渉はトランプ大統領と金委員長の2人で行われた。板門店の韓国側施設「自由の家」で、トランプ大統領と金委員長が53分間にわたり会談した際、文大統領は別の部屋で待機していた。

 今回板門店で行われた米朝首脳会談での文大統領の役割をめぐっては、評価が分かれている。一部では「トランプ大統領を粘り強く説得し、ハノイでの会談失敗以降全く進展のなかった米朝非核化交渉を再開させるきっかけをつくった」と肯定的な評価が聞かれる。一方で「韓国の地で世界的な外交イベントが開催されたのに、肝心のわが大統領は周囲で見ているだけだった」と残念がる声もある。「文大統領が、非核化交渉の主導権を握っている米朝の間で実質的な進展を引き出すのであれば、結果的に今日の『助演』が主演2人より輝きを放つだろう」という指摘も出ている。

 文大統領は韓米首脳会談の後の共同記者会見で、今日の板門店での会合の当事者は米国と北朝鮮になるだろうと述べていた。文大統領は「私も今日、板門店に招待されている。しかし、今日の中心は北朝鮮と米国間の対話だ」と明らかにした。また、南北対話の可能性に関しては「今日は朝・米間の対話に集中するようにし、南北間の対話は次の機会に計画されるだろう」と述べた。この日の板門店での会合は米朝間の非核化交渉再開に向けたものであり、南・北・米3か国あるいは南北間の対話のための場ではないと言ったわけだ。

 実際に文大統領はこの日、米朝首脳の対話の仲介役に徹している様子だった。午後3時46分にトランプ大統領が板門店の軍事境界線を越えて北朝鮮の地を踏んだ瞬間、文大統領は少し離れた場所から様子を見守った。トランプ大統領と金正恩委員長は、軍事境界線を北へ南へと行き来する「越境イベント」を繰り広げた。文大統領は、このイベントが終わった午後3時50分、自由の家の入り口前で2人とあいさつを交わし、共に写真撮影に応じた。3人の真ん中に立ったのは金委員長だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/30/2019063080054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「上手くいったら文大統領の手柄ニダ!」、習近平の訪朝に期待を寄せるバ韓国塵どもwww

中朝首脳会談に期待を寄せるバ韓国塵ども


中国の習近平が20日に訪朝します。

バ韓国塵どもはその訪朝に大きな期待を寄せているようです。


「この訪朝でいい結果が出れば、文大統領の仲裁者としての株が上がるニダ!」


「これで次回の米朝首脳会談の開催が実現できるニダ!」


「全部、文大統領のおかげニダ!!」


などとはしゃいでいるとのことwwwwww



本当にキチガイの脳みそって理解不能ですね。




自分たちの失敗は全て他者のせいにして、

他者の成功を全て自分たちの手柄にする……。


まさにバ韓国塵の醜い習性そのものです。


-----------------------
「仲裁役」文大統領にもプラスに?習主席の訪朝に韓国メディアが期待

 2019年6月18日、韓国・聯合ニュースによると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が20~21日に訪朝することを受け、韓国では今回の中朝首脳会談が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「仲裁者」としての役割に与える影響に注目が集まっている。 

 文大統領は米朝間の非核化交渉の「仲裁役」を務めてきたが、2月の米朝首脳会談以降に交渉はこう着状態に陥っている。文大統領は先週の北欧歴訪中にも北朝鮮に向けて積極的な対話を要求していた。そのため記事は今回の中朝首脳会談で「中国が対話の雰囲気をつくってくれることは、文大統領にとって悪いことではない」と分析している。 

 習主席は今回の訪朝で、朝鮮半島問題の政治的解決を推進するものとみられている。習主席が具体的にどのような形式で推進するかは分かっていないが、専門家らは「進展のない非核化対話に変化を与える要因になることは確か」とみているという。ある専門家は「朝鮮半島の平和プロセスにおいて仲裁者は多ければ多いほどいい。対話のきっかけをつかめるとの点で、習主席の訪朝が文大統領にとってマイナスになることはない」と話したという。 

 また記事は、今回の中朝首脳会談を前に「注目すべき点」として、「中韓が習主席の訪朝準備の状況を共有してきたこと」を挙げている。韓国大統領府報道官は同日、「韓国政府は習主席の訪朝が朝鮮半島問題の平和的解決に寄与するものとみて、早期実現に向け中国政府と緊密に協議してきた」と明らかにした。7日には韓国大統領府関係者が、南北首脳会談の準備状況をめぐり「北朝鮮との接触を何度も試みている。なかなか会えないからといって何もしていないわけではない」と説明していたが、記事は「南北間に具体的な進展がないことを考えると、習主席の訪朝計画を共有する中で、中朝首脳会談で文大統領の立場が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に伝えられることになった可能性がある」と予想している。 

 さらに、韓国大統領府は文大統領がその必要性を繰り返し強調していた「6月末の米韓首脳会談前の南北首脳会談の開催」について「現実的に難しい」との立場を示していたが、記事は「習主席の訪朝により実現の可能性も否定できない」と指摘している。 

 その他にも記事は、金委員長がトランプ米大統領に親書を送ったことや、金委員長がこれまで非核化交渉でアクションを起こすたびに習主席と会談してきたことも「本格的な米朝対話が始まる前に南北対話が実現するという予想を可能なものにしている」と伝えている。 

 これに、韓国のネットユーザーからは「文大統領の平和政策が日の目を見ることを願う」「いい結果を期待。文大統領、頑張れ」など期待の声が寄せられている。一方で「国民のほとんどがもう北朝鮮の非核化に期待していない」「文大統領を仲裁役と考えているのは韓国政府だけ(笑)」「緊密な協議?。どうせ中国が一方的に習主席の訪朝を知らせてきただけでしょ」「ただの夢だ。実際は絶対に韓国にとって有利になることはない」「金委員長は非核化なんて1ミリも考えていないのに、訪朝に何の意味がある?」など否定的な声も数多く寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b585637-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る